風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:室生寺

奈良県宇陀市の室生寺の石楠花 5月5日分3-2。

次に室生寺に移動。
門前すぐの駐車場1日600円。
室生寺の拝観は600円。石楠花は見頃後半で散りも多い。
今年は花が少ない裏年の感じ。


イメージ 1

奈良県宇陀市の室生寺と鳥見山の紅葉、11月27日分。

天気は雨。

今年は全然地元の紅葉撮影していなかったので、
最後に少しだけ撮影。
前日にも、うろうろしていたのだが、あまり紅葉よくなかったので、
ほぼ撮影せず。

朝一で室生寺へ。拝観500円、民間駐車場500~600円。

紅葉は見頃後半から終盤の感じ。

イメージ 1

イメージ 2

その後、鳥見山に移動。カメラマン数名。
ここは、まだ見頃。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

奈良県宇陀市の室生寺の雪景色 1月24日分。
再び、寒波到来。

今日は朝から奈良県宇陀市の室生寺へ。
7時ごろに出発、8時ごろに到着。

開門を待っていたら、10分くらいに職員の方たちが来られて、
15分過ぎに、中に入れてもらえた。

通常開門は9時からだが、階段の除雪作業前に撮りたいので、
早く入れてもらえるのは大助かり。
ここの職員の方たちは、カメラマンに理解があるのでありがたい。

10年ぶりの大寒波らしいが、関西中部以南はそれほどでもない感じ。
寺のツイッターの写真では、19日のほうが雪が多い。
まぁ積もりすぎると階段が見えなくなるので、ほどほどでよいのだが。

撮影しているとカメラマンがぱらぱら、自分以外で合計4名、
日曜日にしては少ない。

9時ごろになり日が差してきたので、帰路に着いた。
青空が見えてきたが、風は冷たい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

室生寺でお会いしたカメラマンの山口さんのFlickr やFBを紹介します。



奈良県宇陀市の室生寺の石楠花 4月25日分2-1。


朝から待望の雨で、室生寺へ向かう。
開門の8時にはかなりの数のカメラマンが集まった。

五重塔付近と鎧坂の石楠花は満開には少し早かったが、少なめでさびしい感じ、ハナズオウは見頃。
入り口の受付左側付近の石楠花は満開散り始め、ここは数も多い。

今年は例年よりかなり早い感じ、本堂の修理は先日終了。
石段が入る構図では、雨天か雨上がりがベストだが、

撮影は濡れて体力も消耗するし、機材にも気を使うので精神的にも倍疲れる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

奈良県明日香村の石舞台と橘寺の桜、桜井市の長谷寺の桜、宇陀市の室生の里と室生寺の桜 4月5日分。


昨日の雨での霧の発生を期待して、朝から撮影に出る。
天気は、朝はくもり昼頃から日が射し始めるが白い空。

最初に奈良県明日香村の石舞台の桜を撮影。
カメラマン数名、、桜は5分から7分咲き、菜の花はほぼ見頃。
橘寺も桜は5分から7分咲き、甘かしの丘の桜は満開、梅林は半散り。

明日香村の石舞台の桜。

イメージ 1

7時半ごろに桜井市の長谷寺へ向かう、駐車場は500円、すでにほぼ満車。
開門は8時半からなのだが、すでに多くのカメラマンが勝手に入っている。
8時前に受付が開いたので中に入る、境内500円。
山桜としだれ桜は満開散り始め、染井吉野は5分から満開で平均7分咲きくらい。
白木蓮は傷んで半散り状態。

桜井市の長谷寺の桜。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

10時頃、すっかり霧が消えたので室生寺方面に移動。

鳥見山の桜は、まだつぼみ。

滝谷花菖蒲園のしだれ桜は、まだ咲き始め、来週くらいが見頃らしい。
染井吉野は3分咲きくらい。

大野寺は見頃とのことだったが、
ここは空抜きの構図がメインになるので、今日は空が白いのでパス。

昼前に室生の里に到着。
天気がさえないので、室生芸術の森を見学、入園400円、特に花はなし。
西光寺の城之山桜は、6分咲きくらい、臨時の駐車場ができていた。

日が射し始めたので昼過ぎに室生寺へ、境内500円、駐車場は500円から600円。

太鼓橋付近の染井吉野は、5分咲きくらい。
川沿いの染井吉野は、咲き始めから3分咲き。
山桜、江戸彼岸は満開、しだれ桜は8分見頃。

境内には桜は少ないが、乙松桜は8分見頃、山桜も満開、染井吉野は、咲き始めから3分咲き。

宇陀市の室生の里の桜、室生寺横にある。

イメージ 6

宇陀市の室生寺の乙松桜と山桜。

イメージ 7

2時頃に移動、室生湖の山桜数本が見頃。
その後、食事をとり休憩、少し空に青みが出てくる。

夕方再び明日香村へ移動。
橘寺の左近の桜は満開、夕日を浴びて美しい。
最後に、甘かしの丘へ、朝と比べるとかなり散っている。
6時過ぎに日没、帰路に着いた。

明日香村の橘寺の左近の桜。

イメージ 8

奈良県宇陀市の室生寺の紅葉・大野寺前の摩崖仏と紅葉、桜井市の長谷寺の紅葉・素戔嗚尊神社のイチョウ・等弥神社の紅葉、吉野町の吉野山の西行庵の散り紅葉 11月28日分。


朝から雨。
朝一で奈良県宇陀市の室生寺へ(境内600円、周辺の駐車場500円~600円)

8時の開門前に行くと、同じカメラマンムックに執筆している高橋さんにばったり。
共通の知人もいて前からお会いしたいと思っていたところ。
写真教室や吉野観光協会の仕事もされていて、いろいろと興味深い話をお聞きした。
高橋さんのホームページ http://www5d.biglobe.ne.jp/~p-kasuga/index.html

室生寺の紅葉は、太鼓橋と山門付近は見頃後半散り始め、
二人の目当ての鎧坂付近は、下の方はまだ色変わり中で色はいまひとつの感じ、
楓が大きくなりすぎて鎧坂にかかり撮りにくそう、上のほうは散り初めと色変わり中。
金堂前のいちょうは、ほぼ散り、本堂は修復工事中。
雨が強くカメラマンは二人きり。

室生寺の鎧坂。

イメージ 1

高橋さんと別れた後、宇陀市大野寺前の摩崖仏を見に行く。
紅葉は見頃、楓は5分くらい、イチョウはほぼ散り。

大野寺前の摩崖仏の紅葉。

イメージ 2

その後、桜井市の長谷寺へ移動(境内500円、駐車場500円)
雨が上がり時々日が射してくる。
最初に対岸から全景を撮影、その後境内を廻る。
紅葉は見頃で色変わり中も多い、少し色が弱い気がするが何本かは綺麗なのもある。
五重塔付近の楓はオレンジ色から赤色への色変わり中。
天気は、雨になったり晴れたりと目まぐるしく変わる。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、対岸の素戔嗚尊神社のイチョウを撮影、散りイチョウがとても綺麗。

イメージ 8

1時半に桜井市の等弥神社に移動(境内、駐車場無料)
紅葉は見頃、色変わり中、散り混在、少し色が弱い気がする。

等弥神社の紅葉。

イメージ 9

その後、明日香から芋ヶ峠を抜け吉野山へ向かう。
奥千本の金峰神社の西行庵の楓は見頃終盤で散り紅葉を撮影(境内、駐車場無料)
駐車場から西行庵まで歩いて12分ほど。

帰り道、車窓から見た感じでは、高城山の楓も見頃終盤、
上千本、金峯山寺蔵王堂、下千本、吉野神宮の楓は、見頃で色変わり中もあり。

西行庵の散り紅葉。

イメージ 10

イメージ 11

このページのトップヘ