風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:富山県

富山県高岡市の高岡七夕まつりと街並み 8月5日分2-1。
朝から高岡市へ。



高岡古城公園。駐車場無料。

イメージ 11

イメージ 12

高岡古城公園にある射水神社。

イメージ 1

イメージ 2

高岡大仏。

イメージ 3

高岡駅前。

イメージ 9

イメージ 4

高岡山 瑞龍寺。駐車場無料、拝観500円。


イメージ 5

イメージ 6

金屋町。千本格子の家並み。駐車場無料。

イメージ 7

イメージ 10

山町筋。土蔵づくりの町並み。駐車場無料。

イメージ 8

富山県射水市の新湊大橋 8月4日分3-1。

朝から、能登半島へ向かう。
途中にある新湊大橋。

イメージ 1

富山県魚津市のたてもん祭り 8月3日分。

朝8時10分に法隆寺ICから入り、名古屋経由で北上、
午後3時半に北陸道の魚津ICから出る。
約7時間20分(途中名古屋で渋滞約1時間、休憩合計約1時間含む)

駅前のビジネスホテルに車を停め、歩いて4時半ごろに諏訪神社へ。

「たてもん祭り」は、「じゃんとこい魚津まつり」一環として、
毎年8月第1金・土曜日の夜に行われる。




午後6時ごろに三脚7本、その後3本くらい増える。
7時頃でカメラマン13人くらい。
金曜日なので、比較的人も少なめで撮影しやすかった。
土曜日は花火もあるので、もっと混むと思う。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




富山県立山町の立山の室堂の紅葉 10月1日分。

朝から快晴。

長野県扇沢の駐車場は、12時間1000円。
手前の少し離れたところは無料。

6時から列に並ぶ。手前13人。
6時半前には50人くらいになった。


6時50分からチケット発売開始。
扇沢から室堂往復で9060円、高い。

7時前にトロリーバス乗り場へ。
7時26分にバスに乗る。
バスはいっぱいあるので、まず乗れる。

7時45分に黒部ダム。
10分歩いて、ケーブル乗り場へ。
ロープウエイの整理番号をもらう。

ケーブルやロープウエイは、ほぼ時間関係なしの臨時折り返し運転みたい。

8時10分に黒部平。
ロープウエイは二本目で少し時間がある。

8時35分にロープウエイに乗る。
8時45分にトロリーバスへ。

8時53分に室堂にやっと到着。
ここまで、1時間半近く、遠い。

室堂の紅葉は、やや見頃過ぎで、色合いもいまひとつ。
しかも昼過ぎには曇りに変わる。

山頂に上らないと朝日は見えないところだが、
朝早くから行動するために、夕日に間に合わなくとも前日に入るべきだった、失敗。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夕方。3時前にバス乗り場へ。
反対の経路で、4時20分に扇沢に戻る。



長野県阿智村の月川温泉郷の花桃、富士見台高原、富山県南砺市の五箇山の相倉集落の夜景 5月9日分。

天気は曇り。

朝から再び月川温泉郷の花桃を撮りに行く。
駐車500円。満開散りはじめ。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

高台の道路沿いからの撮影。

イメージ 16

イメージ 17

ヘブンズ園原の富士見台高原ロープウェイで、山上へ。
往復1600円。富士見台高原は星空で有名なところ。


水芭蕉は終盤の感じ。

イメージ 18

1時前に園原ICから中央道へ入り、白川郷へ。
園原ICは、名古屋方面の入り口と出口のみ。

4時半ごろに白川郷ICから出る。走行2時間35分、休憩1時間ほど。

岐阜県の白川郷、水が入った田んぼは半分ほどで、いまひとつなので、
富山県の五箇山へ移動。

富山県の五箇山の菅沼集落も水が入った田んぼは半分ほど。
奥の民家、屋根の吹き替え中。

5時40分ごろに富山県の五箇山の相倉集落へ移動。

11日から水田のライトアップなので、もう水が入っているかと思いきや、
ここもまだ入っていないところが多かった。

薄暮のタイミングで撮影。

イメージ 19

夜は、道の駅で車中泊。

岐阜県白川村の白川郷と富山県南砺市の五箇山の桜 4月25日分3-3。

砺波ICから白川郷ICまで35分ほど。


白川村の白川郷の天守閣展望台、桜は少しだけ。少しツボミが残る。

イメージ 1

駐車場付近の桜、満開。
駐車場は1000円に値上げ。

イメージ 2

野外博物館 合掌造りの民家園、入場600円。
咲きはじめから満開混在。

イメージ 3

明善寺の桜。5分咲きと満開。

イメージ 4

2時前に移動、富山県の五箇山に向かう。

富山県南砺市の五箇山の菅沼集落の桜。ほぼ満開。
駐車場500円。

イメージ 5

イメージ 6

五箇山の相倉集落に移動。
桜はほとんどない。木蓮は見頃過ぎ。駐車場500円。

イメージ 7

イメージ 8

その後、4時半ごろに五箇山ICから入り、高山西ICから出て、国道41号線を南下。
天気は、あっというまに下り坂。小雨が降り始める。

夜は下呂温泉のビジネスホテル泊。

富山県砺波市の砺波チューリップ公園 4月25日分3-2。

高山西ICから入り、東海北陸道を通り、砺波ICまで、1時間ほど。

砺波ICから臨時駐車場まで5分。
ゲートまでは歩いてすぐ。

ゲートは8時半ピッタリに開いた。
入園1000円(JAF割りで900円)


会場全体的には見頃だったが、
一番目当てのチューリップタワーからの大花壇はまだまだの感じ、残念。
大花壇はGW後半がいいみたい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

10時半に砺波ICから入り、白川郷へ向かう。

富山県南砺市の庄川峡の雪景色 2月12日分5-4。

国道156号線を南下して、庄川峡経由で五箇山に向かう。

庄川峡の雪景色。
雪で駐車スペースがほとんどないのが難しいところ。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 4

その後、五箇山の相倉集落に向かう。
展望ポイントへの道は、除雪されていて、
滑りやすいものの、行くのはたやすかったが、
大雪で屋根の雪の崩れが大きく撮影せず。
また、集落からは大雪で雪の壁がすごくて、合掌作りがよく見えず。
ということで撮影せず。

夕方は白川郷に向かう。

富山県南砺市の瑞泉寺の雪景色 2月12日分5-3。

金沢市まで移動。
途中、吹雪。
兼六園に行きたかったが、雪が勢いが落ち着いてきたので、残念。
そのまま金沢西ICから高速に乗る。

砺波ICで降りて、瑞泉寺へ。拝観300円。


この辺りは雪が多いのか、雪除けが厳重。

参道の街並み。

イメージ 1

大門。

イメージ 2

太子堂の彫刻。

イメージ 3

イメージ 4

その後、南下して庄川峡に向かう。

続く。


富山県南砺市の五箇山の菅沼集落と相倉集落の雪景色 2月9日分2-1。

朝7時起き、まだ雪はぱらぱら。

火曜日と水曜日に寒波到来ということで、やってきたのだが、
昨日の時点で、白川郷の合掌造りの屋根の雪は半分ほど落ちている。

まだしばらくかかりそうなので、
7時50分に富山県の南砺市の五箇山方面へ北上。

途中から、吹雪いてきてあっという間に雪景色。
8時15分に富山県の五箇山・菅沼集落へ。


駐車場に他に車はなし。
道沿いから撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

いったん、駐車場に戻り、駐車場代500円を払って、
高台の道沿いにある駐車場から、無料のエレベーターで集落へ下りる。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

10時40分に出発、11時5分に五箇山・相倉集落へ。駐車場500円。
雪がやんだと思ったら、またすぐに吹雪の繰り返し。

イメージ 14

歩いて5分ほどの展望ポイントより撮影。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

集落内で撮影。
白川郷に比べて、規模も小さいし、撮影ポイントもあまりないが、
観光客も少ないので、のんびりできる。

イメージ 15

イメージ 16










このページのトップヘ