風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:山ノ内町

長野県山ノ内町の志賀高原の紅葉 10月14日分。

朝は霧が深い。
群馬県草津町から長野県側に入る。

志賀高原の紅葉。
小雨が降ったりやんだり、時々霧に包まれる。

一沼にはカメラマンが多かった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

澗満滝。

イメージ 8

親戚のおじさんが亡くなったので、予定変更で帰宅することにした。

12時45分に出発。1時過ぎに滋賀中野道路。
1時10分頃に信州中野ICから上信越道に入る。

長野道・中央道・東名・名二環・東名阪・名阪道を通り、
8時20分頃に西名阪の法隆寺ICから出る。

信州中野ICから法隆寺ICまで7時間10分(休憩合計1時間45分含む)

今回の16日間の総走行距離は3027キロ。

中部関東方面の取材記は今回で終了です、ありがとうございました。

長野県山ノ内町の志賀高原 6月15日分2-1。

朝は雲が多かったがしだいに晴れてくる。

朝から横手山へ。
スカイレーターは8時45分から運行、スカイリフトと込みで往復1000円。
JAF割りで900円。


無料駐車場からの眺め。

イメージ 1

横手山からの眺め。下に写るのがスカイリフト。
スカイリフトの山上駅の上が展望台。
西から南側に欠けての展望。

イメージ 2

イメージ 3

木戸池。

イメージ 4

琵琶池。

イメージ 5

その後、国道292・403・406号線を経由して峰の原高原へ向かう。

長野県山ノ内町の志賀高原 6月14日分3-3。

渋峠を越え、長野県の志賀高原に移動。

上ノ子池の新緑。

イメージ 1

澗満滝。
無料の駐車場から展望台まで2分。トイレなどはなし。

イメージ 2

一沼のツツジは咲きはじめ。
天気は曇りに変わり、時々霧の中。

イメージ 3

夕方、時々霧が現れるが、沼の方に比べ奥の道沿いには、濃い霧が来ない。
かなり待ってやっとうっすら。
沼沿いに比べ、道沿いのツツジは、結構咲いていた。

イメージ 4

イメージ 5

ループ橋付近から望む夕景。

イメージ 6

夜は道の駅で車中泊。


長野県山ノ内町の志賀高原の紅葉、高山村の山田牧場と松川渓谷の紅葉 10月27日分。


27日土曜日、朝6時半過ぎに起床、霧が出て時々雨も降ってくる。
7時頃から志賀高原入口近くの坊平橋で霧の紅葉撮影。

志賀高原の坊平橋近くの紅葉。

イメージ 1

8時に急に霧が晴れてくる、急いで澗満滝に移動。
三重県の写真クラブの方たちが撮影に来ていた。
しばらく待機して、再び大きな靄が滝にかかった時に撮影する。
左側の松が成長してかなり邪魔、脚立を使ってハイアングルから撮る。

10時前出発しようとしていると、見覚えのあるデリカがやって来て、
写真家の川島さんにばったり、情報交換していると、高橋さんも現れ、
カメラマンムックのカメラマンが三人も揃った。

志賀高原の澗満滝の紅葉。

イメージ 2

10時半前に出発、途中丸池で撮影。

志賀高原の丸池の紅葉。

イメージ 3

12時前に平床から高山村の松川渓谷に向かう。
途中、かなり雨が激しくなってくる。
山田牧場から高山村の松川渓谷の間の紅葉を撮影。
雨に濡れて美しいが、撮影はたいへん。

高山村の山田牧場から松川渓谷の間の紅葉

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

2時半前に雷滝に到着、駐車場はいっぱい。
水量が多い、紅葉は少なくまだ少し早い、広角レンズが必要。

高山村の松川渓谷の雷滝。

イメージ 8

3時前に出発、かなり本降りになってくる。
すでに服もカメラもびしょびしょ、
モチベーションもかなり下がったので撮影終了。

途中休憩して、4時過ぎに須坂市の須坂長野東ICから高速に入る。
5時過ぎに塩尻北ICを出て、すぐの24Hサウナに泊まる。
ここには無料のインターネットや個人別のテレビもある。

28日日曜日に続く。

長野県山ノ内町の志賀高原の紅葉、高山村の山田牧場・松川渓谷の八滝の紅葉 10月26日分。


朝5時過ぎに起きて、志賀高原の横手山近くで沈む満月を撮る。

6時に渋峠で雲海を撮影、風が出てくるとあっという間に消えていく。
芳ヶ平の紅葉はほぼ終わったので、カメラマンの数は少ない。

天気は曇りがちで、風が強い。
季節はずれの台風の接近で下り坂。

志賀高原の渋峠からの雲海。

イメージ 1

7時に蓮池で少し撮影、見頃後半の感じ。

その後、蓮池から志賀山温泉方面へ向かう。
途中の紅葉が綺麗だったので少しだけ撮影。
志賀山温泉手前からは、山肌の紅葉が撮影可能。

志賀高原の琵琶池近くの紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

9時に坊平橋で紅葉撮影、見頃後半、志賀高原の入口辺りになる。
あまり撮影する人は少ないが、ここはおすすめのポイント。

志賀高原の坊平橋近くの紅葉。

イメージ 5

イメージ 6

10時に雨がぱらぱら降ってくる。
一沼や丸池辺りで撮影後、昼飯。

志賀高原の一沼の紅葉。

イメージ 7

12時前に出発、平床から奥山田に向かう途中から霧に包まれる。
途中、霧の山田牧場を撮影しながら高山村の松川渓谷に向かう。

高山村の霧の山田牧場。

イメージ 8

1時半前に八滝の無料駐車場に到着、やや雨が激しい。
2階立ての東屋から撮影、屋根があるので助かる。
紅葉はちょうど見頃、霧に包まれて綺麗。
ここは観光客も多く、みんな「晴れていたらいいのに」と言うが、
この滝は、晴天時は撮影しづらく雨の時のほうが美しい。

高山村の松川渓谷の八滝。

イメージ 9

2時半前に出発、かなり本降りになってくる。
少し撮影しながら、志賀高原に戻る。

3時半前に澗満滝の無料駐車場に到着。
霧が薄くなったときに撮影するが、すでにかなり暗い。

4時過ぎに出発、再び中野市のジャスコヘ向かう。
ジャスコ内で夕食、インターネットで台風情報と紅葉情報確認。

7時に近くの湯田中駅の前にある湯田中温泉の楓の湯へ、
(300円、コインロッカーあり)
8時過ぎに近くの道の駅で車中泊。

27日土曜日に続く。

長野県山ノ内町の奥志賀高原の紅葉と栄村の秋山郷の紅葉 10月25日分。


25日木曜日、朝5時過ぎに起きて志賀高原に向かう。
6時前に志賀高原の琵琶池到着。

天気は快晴、一沼の楓がとても綺麗。
放射冷却で田ノ原湿原に霜が下りたので、
陽が完全に当たる7時半過ぎまで撮影、カメラマンは数名。

その後奥志賀公園線を北上、秋山郷に向かう。
奥志賀公園の清水小屋辺りから、
雑魚川沿いの切明温泉までの間の紅葉が特に美しかった。
快晴の青空と紅葉の対比が見事、観光客はみんな大喜びしていた。

奥志賀高原と秋山郷の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

あまりにも撮影ポイントが多くて、
秋山郷の切明温泉への分岐に着いたのは1時半過ぎ。
光線状態を考え、切明温泉は後回しにして北上、
屋敷温泉の北側にある柱状節理の岩で有名な布岩に向かう。

秋山郷の布岩の紅葉。

イメージ 9

だいたい切明温泉から屋敷温泉の北側くらいまでが、秋山郷と呼ばれている。

2時に到着あっという間、途中はほとんど紅葉なし。
布岩の紅葉はまだ少し早い感じ、またもっと早い時間のほうが光線がいいと思う。

この辺りの紅葉はまだ全体的に早いみたいなので、
対岸の国道405号を通り南下、切明温泉に向かう。
この辺りは高度があり眺めは絶景、午前中の光線がいいと思う。

途中少し撮影、3時に切明温泉到着、観光客がいっぱい。

中津川にかかる橋からは滝が見える。
この辺りは高度が低い為、少し紅葉もあるが、
全体的には、まだまだの感じ、11月には、見頃を迎えることだろう。
また周りを山に囲まれているので、晴れている日は昼頃の光線がいいと思う。

3時半前に出発、途中夕方の光線で少し撮影、
どんどんと雲が増えてきて光が弱い。

5時前に志賀高原に戻る。
発哺温泉の入口辺りで夕日を狙うがいまひとつの感じ。
日没後、発哺温泉に入る(800円、コインロッカーあり)

6時に出発、志賀高原の入口近くにある中野市のジャスコヘ向かう。
途中給油を済ませ、ジャスコ内で夕食、
本屋で地元でしか手に入らない資料となる本を探す。
そして入口近くにある無料のインターネットで天気と紅葉情報確認。

8時半過ぎ志賀高原に戻り、夜景の撮影。
11時過ぎに志賀高原の丸池近くで車中泊。

26日金曜日に続く。

群馬県中之条町の山田峠の紅葉、長野県山ノ内町の志賀高原の平床・一沼の紅葉 10月14日分。


14日日曜日、朝5時起きで、群馬県中之条町の山田峠へ向かう。
気温は、昨日より少し温めで3度くらい。

今日も渋峠は、カメラマンでいっぱいだった。
こちらは、ダケカンバの黄葉が遅れているのでパス。

山田峠にもそこそこカメラマンがいたが、
こちらは渋峠と違って開けているので、場所的にかなり余裕がある。

今日は筋状のいい感じの雲が出ていた。
6時頃に、右手の白根山の斜面より日の出、雲が焼けてとても綺麗。
焼けた雲と地上では、かなり露出が違うので、別々に露光したものを2枚合成した。
RAWで1枚の写真を、別々に現像して合成することも出来る。

6時半前に移動、白根山が朝日に染まる所を撮影しようとするが、
雲が多く、朝日の勢いがないのであきらめる。

今日の天気は、薄い雲が多く時々日が射す、
晴れとも曇りともとれるもの。

8時頃ライティングが良くなるのを待って、山田峠のナナカマドを撮影。
その後いろんなポイントをチェックして廻る。

山田峠。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

10時頃、山田牧場への分岐になる平床で、美しい紅葉を見つけ撮影。
この辺りのダケカンバは、全体的にまだ少し早く色変わり中。

長野県山ノ内町の平床の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

1時半頃、一沼に移動、ここはウルシの紅葉が綺麗な所。
近くの琵琶池の大駐車場に車を停め、琵琶池径由で一沼まで歩く。
途中の紅葉がすごく綺麗だった。

一沼はカメラマンや観光客で賑わっていたが、
いかんせん、あまりいい構図で撮れるところがない。
中にはマナーの悪い人がいて、他人と違うアングルで撮る為に、
あきらかに立ち入り禁止の所に入って撮影している、困ったものだ。

一沼の紅葉。

イメージ 6

イメージ 7

天気が良ければ、もっと撮影しようと思っていたのだが、
いまいちなので早めに帰ることにする。

12時40分、志賀高原出発。
途中コンビニで昼飯、1時20分頃に信州中野ICから高速に入る。

途中休憩を挟み、2時45分に諏訪の分岐通過。
3時10分、駒ケ岳SAで食事を取ろうとするが、すごい人であきらめる。

4時20分頃に東海環状、5時前に伊勢湾岸、5時半に東名阪に入る。
渋滞もなく順調そのもので、7時半前に帰宅。
8時間くらいかかると思っていたのだが、約6時間で帰れた。

このページのトップヘ