風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:山形県

山形県上山市の蔵王エコーラインと蔵王坊平の紅葉 10月16日分3-2。

御釜を見てから、山形県側に入る。
朝は雲が多かったが、次第に青空が増える。
上の方はもう見頃は過ぎているが、下のつづら折りの当たりはちょうど見頃。
しかしやや茶色ぽいのが多い感じ。

_V9A9490

_V9A9523

11時過ぎに蔵王坊平へ。無料駐車場あり。
この辺りの紅葉は見頃旬でとても綺麗。
雲が多かったが、束の間快晴状態になる。

_V9A9584

_V9A9588

_V9A9550




山形県米沢市の天元台の紅葉 10月21日分5-3。

9時頃に天元台高原へ。
駐車場は無料。ロープウェイは往復1500円。JAF割りで1350円。
上の方の紅葉は終わってるので、リフトには乗らず。


中腹が見頃。

イメージ 1

イメージ 3

高原の展望台からの火焔滝。

イメージ 2


山形県米沢市の白布峠の紅葉 10月21日分5-2。

天気は雲が多いものの晴れ。

16日に行った白布峠へ、再び行ってみる。
標高の高い場所はもう終了だが、中腹は見頃。

芳沢不動滝。路肩駐車可。

イメージ 1

天元台に行った後に再び撮影。

双竜峡近くの紅葉。

イメージ 2

双竜峡の赤滝と黒滝。

イメージ 3





山形県米沢市の大平温泉の紅葉 10月16日分5-5。
その後、秘境温泉と言われる大平温泉へも行ってみた。

SNSで人気になったトトロの森の横を南下。

狭い断崖の九十九折を上り、尾根筋を延々と走る。

終点に車4台分くらいの駐車場。
その先も道はあるが、危険なので歩いてくださいとの看板。

歩いて20分ほど九十九折の急坂を下る。

下の駐車場に宿の軽四が停まっていた。
もしかしたら、泊り客は送迎するのかもしれないが、
かなり怖そうな感じ。

宿の手前に登山道の案内があり、どこにあるのか一瞬わからなかったが、
なんといきなり垂直に近い長いはしご。
上級者じゃないと絶対行きたくなさそうな登山道。

写真は宿の手前の吊り橋と紅葉。
周辺見頃だが、写真撮れそうなポイントは少ない。

イメージ 1


山形県米沢市の姥湯の紅葉 10月16日分5-4。

その後、滑川大滝に行こうと思ったのだが、
登山道入り口の橋が傾き通行止め。
沢歩きでは行けるらしいが、30分以上かかるらしいのでやめる。
ホームページに情報が出ていた。リサーチ不足、失敗。


せっかくここまで来たので、秘境温泉といわれる姥湯温泉へ。
紅葉は見頃。なかなか綺麗。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



山形県米沢市の白布峠の紅葉 10月16日分5-3。

裏磐梯の桧原湖沿いを北上して、白布峠へ。
山形県側に入る。上の方は見頃後半。

イメージ 1

イメージ 2



山形県朝日町の椹平の棚田 10月15日分2-2。

その後、月山南部に移動するものの、
地蔵沼はまだまだの感じで、姥山までの間の紅葉はいまいち。
台風の影響で、葉が飛ばされたり塩害があったのかも。
まったく撮影せずで、再び移動。

2時45分に朝日町の椹平(くぬぎだいら)の棚田に移動。
駐車場、トイレあり。

10月4日に来たときより、刈り入れがかなり進んでいた。

10月4日の分↓

イメージ 1

イメージ 2

その後、山辺町の大蕨(おおわらび)の棚田にも行ってみたが、
こちらはもう稲干しは終了の感じ。

夜は米沢まで走り、ビジネスホテル泊。

山形県酒田市の鳥海山麓の紅葉 10月15日分2-1。

前夜は雨。朝は曇り。
山の上は雲海。
鶴間池に行くつもりだったが、まだまだ緑であきらめ、
中腹の紅葉を撮影。待ってると雲海が流れてきた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


山形県山辺町の大蕨の棚田 10月4日分4-4。

3時35分に山辺町の大蕨(おおわらび)の棚田に移動。
椹平の棚田から13分ほど。

駐車場などはない。

かなり刈り入れが終わっていた。
このあたりの稲干しは独特で面白い。

イメージ 1

夜は国道13号線を北上。
秋田県に入り、湯沢市付近で車中泊。

山形県朝日町の椹平の棚田 10月4日分4-3。

2時45分に朝日町の椹平(くぬぎだいら)の棚田に移動。
駐車場、トイレあり。

天気は高曇りに変わる。

少し刈り入れが始まっていた。

イメージ 1

山形県西川町の月山・姥ヶ岳付近の紅葉 10月4日分4-2。

8時半に出発。
車で羽黒山まで下りて西側をぐるっと大回り、国道112号線を南下。
途中、睡魔に襲われ20分ほど仮眠。

10時40分に月山の南側の入り口である姥山の駐車場へ。
反対側に行くのに2時間近くかかる。
(利用しなかったが、途中少しだけ高速が使える区間もある)

入山料200円、観光リフト往復1030円。

姥ヶ岳下のリフト上駅辺りが見頃だった。

イメージ 1

イメージ 2





山形県庄内町の月山の弥陀ヶ原の紅葉 10月4日分4-1。

朝4時15分に出発。
5時に月山八合目の駐車場に到着。

歩いて30分ほどの弥陀ヶ原湿原で撮影。
草紅葉が見頃。
北側の空は快晴状態なのだが、他3方向は雲が多い。

鳥海山がよく見える。月山と同じく百名山の1つ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

弥陀ヶ原湿原は1周70分ほど。

山頂付近の見頃は過ぎているので、駐車場に戻り移動。
ちなみに山頂まで片道3時間ほどかかる。

山形県飯豊町の白川湖の水没林の新緑と桜 5月5日分3-1。 

早朝から白川湖へ。時々雨。
残雪は少な目。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


山形県朝日町の濃平の棚田と桜 5月4日分4-4。 

その後南下して、朝日町の濃平の棚田へ向かう。
無料駐車場・トイレあり。まだ水は貼られていない。
棚田が一望できる一本松公園の桜はほとんど散っているが、

山形県鶴岡市の地蔵沼のブナ林 5月4日分4-3。

その後、月山山麓にある地蔵沼へ向かう。


途中の高台からの展望。

イメージ 1

地蔵沼の周辺のブナ林。
雨はきつくなったり、小雨になったりの繰り返しだが、
霧は流れず、残念。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

周辺の桜。

イメージ 6

イメージ 7


山形県鶴岡市のあさひ月山湖のくわだいさくら公園 5月4日分4-2。

その後、あさひ月山湖のくわだいさくら公園へ。
無料駐車場・トイレあり。
ほとんどの桜は散っているが、一部の桜が満開散り始め。


イメージ 1

イメージ 2

周辺の新緑も見頃だった。

イメージ 3

イメージ 4





山形県鶴岡市の米の粉の滝 5月4日分4-1。

朝は曇り、その後、雨がきつくなったり小雨になったり。

朝から再び羽黒山に向かうが霧はなし。

国道112号線を南下して米の粉の滝へ。
ドライブインの裏手にある。

イメージ 1

山形県鶴岡市の羽黒山 5月3日分2-2。

雨はきつくなったり小雨になったりの繰り返し。
出羽三山の1つの羽黒山へ。

山頂への道路は、往復400円。
無料駐車場あり。山頂付近は深い霧の中。

下の無料駐車場まで戻って見ると霧はなし。



国宝の五重塔と杉並木。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3




山形県戸沢村の幻想の森 5月3日分2-1。

前夜から雨。
早朝から、再び最上峡の幻想の森へ向かう。
時々小雨になったり、きつくなったりの繰り返し。

樹齢数百年の老木群がある神秘的な森。

白糸の滝が見えるドライブインから500m東側から林道へ入り、
さらに1kmほど進んだ終点にある。

砂利道で、やや狭いが走りやすい道。
無料駐車場7台分ほど。トイレなどはなし。
遊歩道は1周しても数分程度。


早朝は独り占めだが、なかなか雲海は廻ってこない。
時々、薄っすら流れるくらい。

そのうち、地元のカメラマンがやってきた。
その人の話によると、雨でもなかなか雲海に包まれることはないみたい。

途中、カップルが1組、
また駅から1時間くらいかけて歩いてきたカップルも入れ替わりやってきた。

10時過ぎに30分ほどの間、雲海に包まれる。
雨の中、全周魚眼での撮影は大変。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


11時半ごろに出て羽黒山に向かう。

山形県戸沢村の幻想の森 5月2日分5-5

最上峡に戻り、幻想の森へ向かう。
樹齢数百年の老木群がある神秘的な森。

白糸の滝が見えるドライブインから500m東側から林道へ入り、
さらに1kmほど進んだ終点にある。

砂利道で、やや狭いが走りやすい道。
無料駐車場7台分ほど。トイレなどはなし。
遊歩道は1周しても数分程度。

雨予報の明日に備えての下見。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


このページのトップヘ