風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:山梨県

神奈川県箱根町の箱根湯本温泉の箱根時代行列、山梨県山中湖村の山中湖の紅葉 11月3日分。

天気は晴れ、雲有り。

神奈川県箱根町の箱根湯本温泉の箱根時代行列を撮影。
祭り好きとしては、前からぜひ一度来たかった祭り。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8

祭り終了後の3時過ぎに出て、山梨県山中湖村の山中湖へ。
湖畔の紅葉のライトアップを撮影、見頃。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11




山梨県富士河口湖町の新御坂峠からの朝焼けの富士山・河口湖からの富士山、御殿場市の乙女峠からの富士山、神奈川県箱根町芦ノ湖湖畔にある山のホテルのツツジ庭園・花月園のツツジ 5月19日~21日分。

うす雲の多い天気。
山梨県富士河口湖町の新御坂峠からの朝焼けの富士山。

イメージ 1

河口湖からの富士山。

イメージ 2

御殿場市の乙女峠からの富士山。

イメージ 3

神奈川県箱根町芦ノ湖湖畔にある山のホテルのツツジ庭園。
ツツジ開花期は入園800円。

イメージ 4

箱根ロープウェイ近くにある花月園のツツジ、無料公開。

イメージ 5

その後、三島市の三嶋大社を見てから、1時半頃に沼津市のジェイピーへ。

19日の午後から21日夕方まで、
中橋先生とライブラリー関係の打ち合わせなどをして過ごす。

21日夜に高速で帰路に着く。
途中SAで車中泊。


山梨県富士河口湖町の河口湖からの朝焼けの富士山、山中湖村の山中湖からの富士山、忍野村の二十曲峠からの富士山、静岡県富士市の大渕の茶畑と富士山 5月18日分。

朝から快晴。
河口湖からの朝焼けの富士山

イメージ 1

イメージ 2

山中湖村の山中湖からの富士山。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

忍野村の二十曲峠からの富士山。
駐車場、バイオトイレあり。

イメージ 6

イメージ 7

まだ八重桜が満開。

イメージ 8

三度、静岡県富士市の大渕の茶畑へ。
観光客用の駐車場と簡易トイレあり。
今回もかなり待っていたが、山頂にかかる雲は切れてくれない、残念。

寒くて遅れていた1番茶の刈り取りが始まっていた。

イメージ 9

夜、河口湖大橋と富士山を撮影。

イメージ 10


山梨県富士河口湖町の河口湖の大石公園からの富士山、御坂峠の天下茶屋からの富士山、富士吉田市の新倉浅間公園からの富士山 5月17日分。

朝は晴、少し雲。今日も朝から富士山周辺を廻る。
河口湖の大石公園。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

新御坂峠。小さな展望台がある。

イメージ 4

道沿いから。

イメージ 5

旧道の御坂峠の天下茶屋の前から。カメラマンが数名。
あっという間に雲が湧いてきた。

イメージ 6

富士吉田市の新倉浅間公園。
この時期は上まで車で行ける。

イメージ 7

ツツジが見頃。

イメージ 8

イメージ 9

再び、大渕の茶畑へ行ったが、またも撃沈。
かなり長い間待っていたが、雲が切れず。
茶畑のみ撮影。

夕方、河口湖からの夕日に染まる富士山。

イメージ 10



山梨県山中湖村の花の都公園のチューリップと富士山、富士河口湖町の富士本栖湖リゾートの芝桜と富士山・本栖湖から夕焼けに染まる富士山、忍野村の忍野八海と富士山、静岡県富士宮市の朝霧高原のこいのぼり 5月16日分。

朝は快晴、少し雲。
再び富士山に戻って来た。

山梨県山中湖村の花の都公園のチューリップ。
無料エリアから撮影。

イメージ 1

忍野村の忍野八海。

イメージ 2

桂川沿いから。

イメージ 3

その後、南下して大渕の茶畑に向かうが、
急激に雲が増えてきて富士山が隠れてしまう。
今年は寒くて摘み取りが遅れていて撮影可能なのだが、
富士山南側の昼前後は、雲が多くてなかなか難しい。

静岡県富士宮市の朝霧高原のこいのぼり。

イメージ 4

午後2時ごろ、山梨県富士河口湖町の富士本栖湖リゾートへ。
芝桜は見頃。駐車500円、入園520円。
芝桜期間は周辺道路は大渋滞。
山にかかる雲が、なかなか切れなかったが、4時頃になってすっきりしてきた。
北西から富士山を見るので、芝桜と富士山を撮る場合、夕方の光線がおすすめ。
夕方遅くはツアー客も帰るので、人が少なく撮りやすい。
山が近く、夕方5時ごろにはほぼ全体日陰になるので注意。

広い展望台がある。上から俯瞰で撮影。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

本栖湖から夕焼けに染まる富士山。

イメージ 11


山梨県北杜市の尾白川渓谷の神蛇滝と精進ヶ滝 5月15日分。 
 
朝から小雨が時々ぱらぱらの天気。
山梨県北杜市の尾白川渓谷へ。無料大駐車場、トイレ、売店あり。
神蛇滝までの渓谷沿いの道は通行止めなので、尾根沿いの道を歩く、約50分。
新緑がとても綺麗で、霧も出て最高。
他にカメラマンも見えず、絶景独り占め。
ツツジが見ごろ。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

尾根沿いの道は、新緑の撮影にも撮り易くていい。

イメージ 4

イメージ 5

吊橋から。

イメージ 6

その後、すぐ近くの精進ヶ滝へ。

山奥だが、途中の道は舗装されているので、快適。

無料駐車場、簡易トイレあり。

歩いて約40分で、終点の精進ヶ滝。

途中吊橋が四ヶ所ほどある。

釣り人が1人いたが、カメラマンはいなかった。

またも絶景独り占め。

イメージ 7

イメージ 8

帰るころには雨が強くなる。

近くの武川にある「むかわの湯 720円」で、冷えた体を暖めてから、
富士河口湖町へ南下。

山梨県富士河口湖町の河口湖の桜、笛吹市御坂の桃畑と菜の花、長野県池田町の陸郷桜仙峡・陸郷夢農場 4月19日分。 

朝はうっすら霧。
その後少し青空も見えてくるが、富士山がすっきりとは見えない。
河口湖北岸の円形ホール周辺の桜。
円形ホール周辺の開花は、長崎などに比べやや遅い。

イメージ 1

その後、富士山はあきらめて、笛吹市に移動。
笛吹市御坂の桃畑。桃の花まつり会場周辺、路肩駐車可。
道の上下の桃畑に菜の花が植えられているのだが、道の上には電線があり、
写真的にはどちらかになってしまう。
道の下側の見晴らしのいいほうに、菜の花がもっとあればいいのだが。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

天気下り坂なので、
夕方に雨でも撮れそうな、長野県池田町の陸郷桜仙峡に移動。
今年は上から下まで一気に開花で桜の具合は良好、後は天気しだい。
駐車場3ヶ所あり、それぞれの中間あたり2ヶ所に遠望の撮影ポイントがある。
北向き斜面をを遠望することになるが、
手前には桜はないのでバリエーションはあまり撮れない。

イメージ 7

桜仙峡から見える陸郷夢農場。
地形に変化があるので、いろんなアングルでバリエーションが撮れる。

イメージ 8

山梨県笛吹市御坂の桃畑と菜の花 4月18日分。 

朝から小雨、曇りの繰り返し、時々日が差すものの、
富士山も見えないので、ひさしぶりにブログ更新。
その後、笛吹市へ。桃の開花具合を見に行く。

笛吹市御坂の桃畑。
桃の花祭りのため、菜の花が植えられていてとても綺麗。
もっと広範囲でやってくれるといいのだが。

イメージ 1




山梨県富士河口湖町の河口湖の桜と富士山・八木崎公園、富士吉田市の新倉富士浅間神社の桜と富士山・富士御室浅間神社 4月17日分。

朝から河口湖周辺を廻る。

ここはやや穴場で、ほとんどカメラマンは来ない、ほぼ近くのホテルの観光客のみ。
カメラマンは定番ポイントに固まる傾向があるが、定番のところは老木が増えてきて、
条件は悪くなるばかり。
桜は満開、朝は風も少なく逆さ富士も見えて、期待できそうな感じもあったが、すぐに失速、どんどん抜けの悪い空に変わる。
河口湖北岸の桜は、富士山を北側から見ることになるので、朝早めがおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

富士吉田市の新倉富士浅間神社。富士山を北東側から見ることになるので、朝早めがおすすめ。

イメージ 3

イメージ 4

河口湖南岸の富士御室浅間神社。昼前後の光線がおすすめ。

イメージ 5

河口湖南岸の八木崎公園の桜。

イメージ 6

抜けの悪い空なので、ほぼ1日ロケハンとアップ撮影のみ。

山梨県富士河口湖町の河口湖の桜と富士山、富士吉田市の新倉浅間公園の桜 4月16日分。

天気は抜けの悪い空。
朝から富士河口湖町の河口湖周辺の桜を撮影。

長崎周辺は、5分~満開。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

円形ホール周辺は、まだ3,4分咲き。
こういう天気の日は、アップ撮影。

イメージ 5

イメージ 6

富士吉田市の新倉浅間公園の桜。
無料駐車場あり、開花期は上までは車では行けない。(身障者の車は可)
歩いて上まで10分くらい、階段と車道がある。
年配者は30分くらいかかるかも。
下から見上げると青空が見える。
富士山の展望もよく、富士山側は午前中早めの光線がおすすめ。

イメージ 7

長崎付近で撮影。
無風で富士山もくっきり見えているのに、夜景を撮る人は少ないのが不思議

イメージ 8

このページのトップヘ