風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:岐阜県

岐阜県八百津町の五宝の滝 5月28日分5-5。

さらに国道41号線を南下。
国道418号線経由で、五宝の滝公園へ。
無料駐車場、トイレあり。
複数の滝があり周遊できるが、東屋のある展望所へは8分ほど。



イメージ 1

東海環状道の可児御嵩ICから高速へ、
中央道、名二環、名古屋高速、東名阪経由で、
西名阪の法隆寺ICまで、走行2時間40分ほど、休憩含まず。

今回の旅、7日間の総走行距離は、2287キロほど。
所用があるため、1時帰宅。6月1日から再び旅に出ました。

岐阜県下呂市の乗政大滝 5月28日分5-4。

さらに国道41号線を南下。下呂温泉から林道を抜け、
県道440号線沿いにある乗政大滝へ。
無料駐車場あり、トイレなし。
滝へは歩いて6分ほど。滝は西向き。


イメージ 1



岐阜県高山市の女男滝 5月28日分5-3

国道41号線を南下して、女男滝公園へ。
無料駐車場、トイレあり。
すぐ横にレストランあり。
滝は駐車場のすぐ横にあるが、滝つぼには下りれない。
流木が引っかかているのが残念。


イメージ 1

岐阜県高山市の銚子滝 5月28日分5-2

平湯大滝から高山市街に向かう途中、
国道158号から少し入ったところにある銚子滝へ。

10台くらいと停めれる空き地から歩いて2分ほどで滝壺。

イメージ 1

岐阜県高山市の平湯大滝 5月28日分5-1

朝から曇り。
国道158号線経由で、平湯大滝へ。
日本の滝100選の1つ。


無料駐車場・トイレあり。
歩いて15分ほどで滝が見える広場。

イメージ 1


岐阜県関市のモネの池 5月22日分2-2。

1時ごろに天空の茶畑を出て、下道を移動。
途中昼飯を食べ、2時40分ごろにモネの池前の無料駐車場に到着。


睡蓮のシーズンには早いのだが、観光客はひっきりなし。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


岐阜県池田町の天空の茶畑 5月22日分2-1。
朝6時45分に出発。
法隆寺ICから入り、名阪国道経由で、東名阪道へ。
鈴鹿ICで出て、国道306・365号を北上。
名神の関ヶ原IC近くまで、約3時間(休憩15分含む)
関ケ原から岩手峠へ、県道257・32号線を通り、
約1時間で天空の茶畑に到着。
無料駐車場有り、20台分ほど。
駐車場に簡易トイレあり。お茶を売ってる売店あり。
歩いてB展望台まで11分、さらに上のA展望台まで2分。
観光客は、ぱらぱら程度。
朝夕の立ち入りは不可、志納。

A展望台から。西向きに見ることになる。昼前後の光線がおすすめ。
簡易ベンチあり。35フルサイズで横位置50mmくらいで全体が入る。

イメージ 1

イメージ 2

B展望台から。簡易ベンチあり。
ここは日陰になるので、休憩するならこちらがおすすめ。

イメージ 3

岐阜県高山市の飛騨大鍾乳洞の氷の渓谷のライトアップ 2月17日分。

入場1100円、駐車場無料。
100円割引券あり(ホームページにもあり)

氷の渓谷は大鍾乳洞の出口付近から。

通常営業時
   9:00~16:00(受付)閉館16:30
ライトアップ時
 9:00~20:00(受付)閉館20:30
ライトアップ実施日
 2月の休前日
 3日・10日・11日・17日・24日
ライトアップは24日がラストです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 4

岐阜県高山市の秋神温泉氷点下の森のライトアップ 2月16日分2-2。

平湯大滝から秋神温泉に移動。車で1時間15分ほど。
ライトアップは、3月末まで夜9時ごろに消灯。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



岐阜県高山市の平湯大滝のライトアップ 2月16日分2-1。

2月16日から19日まで、岐阜県と長野県へ短期取材してきました。
今までは、わりと詳しく取材記を書いてきたのですが、
多忙続きなので、今年からは簡素化することにします。


駐車場から10分ほど。今年は雪が多く滝下への道は通行止め。
平湯大滝のライトアップは、25日まで。

イメージ 1

イメージ 2



岐阜県岐阜市の手力の火祭り・夏 8月13日分。
1時に西名阪の法隆寺ICから入り、1時45分頃に上柘植通過、順調。

2時に亀山PAで20分休憩。

出てすぐに渋滞、新名神との合流を過ぎて、3時ごろに渋滞部分終了。

3時半に名二環に入り、清州・一宮経由で、45分に東海北陸道に入る。

4時前に岐阜各務原ICを出る。20分ほどで岐阜市内。

長良川沿いの駐車場に停める、無料。

手力の火祭り・夏の詳細↓


5時ごろに河川敷に行くと、もうかなりの人が来ていた。
三脚は40~50本ほど立っているが、場所は広いのでまだ余裕あり。

サイドからも撮れるが、正面の高台から撮影。

あまり早いシャッターで撮ると火の粉が短くなり迫力がなくなるので、
シャッター速度は8分の1から15分の1くらい、自分は手持ち撮影。
35フルで、100-400mm使用。手前で250から300mmくらい。
奥の方撮るのは、600mmくらいあってもいいと思う。
写真は、トリミングしています。

開始の6時45分頃には、観客は5倍くらいの数になっていた。
カメラマンは1.5倍くらい。

最初はバトントワリングとかが行われていた。
神輿がでるのは、7時半から。
神輿は6台ほどだが、キャラクターものもあるので、
絵になるのは少ない。爆竹をならして、場内を数周。

7時50分に仕掛け花火。
その後、仕掛け花火についで、順次、各町内の御神灯の点灯が行われる。

8時20分から、滝花火と花火神輿。
2台ずつ神輿が乱舞するが、時間的には各2.3分ほど、あっという間。
一番の見せ場なので、もう少し時間が欲しい。

それに御神灯を支える柱やロープが、写真的にはすごく邪魔。

神事だけにそういうわけにはいかないのはわかるのだが。
御神灯を川沿いに一列に並べて、何もないところで、
乱舞してくれると見ごたえがあると思う。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

8時30分から地割れ花火。

8時40分から手筒花火開始。手筒花火は専用の舞台がある。
手前で鐘とか乱舞があるが、
最前列の特等席に祭り関係者がならぶので、観客席からは、とても見えにくい。
サイドに来てくれるといいのだが、観客に対しての配慮がもう少し欲しいかな。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

8時50分に山焼き花火。
9時に終了。

9時半に駐車場を出る。左に行くとトンネルを出たところに出る近道。

9時45分に岐阜各務原ICから入る。

名神に繋がる手前10時から、名神に入って10時半まで渋滞。

一宮から清洲経由で名二環へ、10時45分に東名阪に入る。

11時過ぎに御在所PAで20分ほど休憩。
鈴鹿付近で少し渋滞。11時55分に名阪国道に入る。

12時45分に高峰PAで5分休憩。
西名阪に入り、1時5分頃に法隆寺ICを出る。
1時10分に帰宅。長い一日だった。

岐阜市内から3時間40分。お盆休みの渋滞で、40分位はロスしたかも。

総走行距離370キロほど。


岐阜県白川村の白川郷 6月1日分。

6月1日から20日まで、中部・関東方面に行ってきた。

10時半ごろに西名阪道の法隆寺ICから入り、名阪国道経由で東名阪道へ。
(途中15分位休憩)
12時頃、新名神の合流の亀山JCT辺りから車線規制。
大渋滞で、1時50分頃に鈴鹿ICから一般道へ。

しかし、鈴鹿ICまで来ても全然工事してないのに、
そんなに早く車線規制する必要あるのかな、大いに疑問。
予想外で大幅に遅れてしまった。

その後、国道306号線を北上。
(途中15分位休憩)

3時20分頃に関ケ原ICから再び高速へ。
(途中15分位休憩)
5時40分ごろに東海北陸道の白川郷ICから出る。

5時50分に白川郷へ。なんとか夕方には間に合った。
田植えは5月中・下旬。
水草が増えて、正面の方はあまり綺麗に写り込んでくれない、残念。
手前の方はちょうどいい感じだった。
所要があって遅れたが、やはりベストは5月下旬頃。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、すぐに高速に乗るつもりだったが、ガソリン入れ忘れで残量がやばい。
周辺のスタンドはすでに閉店。
念のため、下道を走って行ったが、途中のスタンドもすでに閉店。
結局、福光IC近くのスタンドしか開いていなかった。

9時半過ぎに福光ICから高速へ。
予報通り嵐に変わり、雷が鳴りだす。
11時過ぎに北陸道の有磯海SAで車中泊。

岐阜県下呂市周辺の桜、小坂の花桃、長野県南木曽町の妻籠宿 4月26日分。

朝から本降りの雨、時々小雨。

下呂温泉周辺の桜を撮影。

下呂温泉周辺の染井吉野は半散り。
遅いところの枝垂れ桜や山桜を狙う。


宮谷の桜。満開~散りはじめ。

イメージ 1

イメージ 2

山之口付近の桜。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

南飛騨健康道場付近の桜。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

小坂の花桃は、全体5分咲き、まだつぼみが目立つ。

イメージ 10

イメージ 11

夕方、長野県へ移動、国道256号線を南下する。

長野県南木曽町の妻籠宿。

イメージ 12

花桃が見頃。

イメージ 13

阿智村から国道153号線を南下。

夜は道の駅で車中泊。

岐阜県白川村の白川郷と富山県南砺市の五箇山の桜 4月25日分3-3。

砺波ICから白川郷ICまで35分ほど。


白川村の白川郷の天守閣展望台、桜は少しだけ。少しツボミが残る。

イメージ 1

駐車場付近の桜、満開。
駐車場は1000円に値上げ。

イメージ 2

野外博物館 合掌造りの民家園、入場600円。
咲きはじめから満開混在。

イメージ 3

明善寺の桜。5分咲きと満開。

イメージ 4

2時前に移動、富山県の五箇山に向かう。

富山県南砺市の五箇山の菅沼集落の桜。ほぼ満開。
駐車場500円。

イメージ 5

イメージ 6

五箇山の相倉集落に移動。
桜はほとんどない。木蓮は見頃過ぎ。駐車場500円。

イメージ 7

イメージ 8

その後、4時半ごろに五箇山ICから入り、高山西ICから出て、国道41号線を南下。
天気は、あっというまに下り坂。小雨が降り始める。

夜は下呂温泉のビジネスホテル泊。

岐阜県高山市の北山枝垂れ桜 4月25日分3-1。

朝から北山枝垂れ桜へ。
地元でもあまり知られていない桜だが、かなりのボリュームがある。
午前中がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、高速で富山県砺波市の砺波チューリップ公園へ向かう。

岐阜県郡上市の善勝寺と藤路の桜、高山市の臥竜桜、城山公園、飛騨護国神社、桜山八幡宮の桜 4月24日分。

朝4時過ぎに自宅を出発、西名阪・名阪国道・東名阪を走り、
桑名東ICを出て国道258号線をを北上、大垣ICから東海北陸道に入る。

名古屋高速経由と実測でどちらが早いか試してみたが、
やはり遠回りでも名古屋高速経由のほうが早いみたい。

途中30分ほど休憩、8時前に白鳥ICから出る。

岐阜県郡上市の善勝寺の枝垂れ桜。
ほぼ満開なのだが、天気は雲が多くいまひとつ。
路肩駐車可、トイレあり、午前中の光線がおすすめ。

イメージ 1

藤路の桜。ほぼ満開。
路肩駐車可、トイレあり、午前中の光線がおすすめ。

イメージ 2

近くの白鳥西ICから再び高速へ。
飛騨清見から中部縦貫道に入り、高山ICで出て、国道41号線を南下。
1時間ほどで、高山市の臥竜公園の臨時駐車場に到着。
臥竜桜は、8分満開。天気は快晴に変わる。
全体南向きだが、南東からのアングルが有名で、
午前中の光線がおすすめ。
思っていたより観光客は少な目。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 13

イメージ 14

1時前に出て、高山市内へ。駐車場は1時間400円くらい。
中橋の横の桜、満開。観光客がいっぱい。

イメージ 5

イメージ 9

城山公園。桜はほとんどない。
無料駐車場あり。

イメージ 6

飛騨護国神社の桜、満開。
無料駐車場があるが、入り口はわかりにくい。

イメージ 7

桜山八幡宮の桜、満開。桜はほとんどない。
無料駐車場があるが、わかりにくい。

イメージ 8

夜、再び臥竜公園へ。
ライトアップは行われていないが、街灯の灯りで照らされている。
しかし、西側だけなので、東側は暗い。
観光客は少ない。

イメージ 10

再び高山市内へ。
中橋の桜。夜遅くでも観光客は絶えない。

イメージ 11

イメージ 12

夜は道の駅で車中泊。

岐阜県白川村の白川郷の雪景色の夜景 2月12日分5-5。

当初、五箇山の合掌集落の夜景を撮るつもりだったが、
雪の状態がよくないので、白川郷に移動。

展望台からの夜景。
周囲は全て外国の方でした。カメラマン5.6名に観光客少し。

直前の吹雪がやんで、クリアになった。
ボタン雪が降ってくれれば、最高なのだが、そうはうまくいかない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

夜は、高速で石川県の金沢市まで移動、約1時間。

兼六園近くの宿に泊まる。


岐阜県白川村の白川郷の雪景色と高山市の臥竜桜の雪景色 1月11日~13日分。

寒波到来で、先週の11日~13日水・木・金曜日は、岐阜県の白川郷と飛騨高山へ。

初日はまだ雪は少な目だったんですが、
二日の朝には車の屋根に60センチくらい積もっていました。

土曜日と日曜日の午前中はコマーシャルフォトの撮影。
日曜日の午後からは、あつまってんの準備会に参加。

岐阜県白川村の白川郷。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ライトアップの撮影では、
白川郷の撮影で有名な森田さんにお会いすることができました。

高山市の臥竜桜。

イメージ 6

岐阜県高山市の秋神温泉の氷点下の森と長野県木曽町の白川氷柱群 2月12日分。

天気下り坂、土日雨予報なので、予定を早め帰路に着く。

高山市から国道361号線を南下して、秋神温泉の氷点下の森へ。
広い駐車場あり、夜はライトアップもある。

http://hyotenkanomori.com/

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、青氷の滝へ。案内板と駐車スペースあり。道路からは近寄れない。


イメージ 7

イメージ 8

さらに南下、長野県に入り、白川氷柱群へ。

けやきの湯付近にある。
今年は暖冬でやや迫力不足のかんじ。
近くの清滝・新滝の氷結も有名だが、行かなかった。


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

県道20号線から国道19号線へ、さらに南下して、
2時50分ごろに岐阜県の中央道の中津川ICから高速へ入る。

帰りは名古屋高速、東名阪経由、途中30分くらい休憩。
6時15分ごろに法隆寺ICを出て帰宅。

今回の総走行距離は、1680キロほど。

岐阜県高山市の飛騨大鍾乳洞の氷の渓谷と飛騨の里の雪景色の夜景 2月11日分2-2。

3時頃に飛騨大鍾乳洞に到着。入場1100円。100円引きクーポンあり。


金塊強盗事件があった、大橋コレクション館を見てから大鍾乳洞へ。

大鍾乳洞は、正直いまひとつ。
大鍾乳洞の第三出口を出ると、高さ30mの氷の崖がある。
外には出られないが、通路の窓を開けて撮影可、北向き。

イメージ 1

イメージ 2

少し通路を歩くと、第二出口でここには氷の渓谷がある。
高さはないが、外に出て撮影可、北向き。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰り道、再び北アルプスの絶景を撮影。

イメージ 9

夜に再び飛騨の里へ。夜は駐車場無料、入場300円。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

今日は、中心部に近いホテルα1へ、4400円、駐車場500円。

このページのトップヘ