風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:島原城

九州取材記その56 長崎県島原市の島原城と武家屋敷跡 11月5日分4-3。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

11月5日。天気は快晴。

雲仙温泉をちらっと見た後、島原市の島原城へ。
日本百名城の1つ。
城内の駐車場330円。拝観550円。
https://shimabarajou.com/
https://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/296/

_V9A3369

_V9A3398

_V9A3420

_V9A3425

_V9A3431

_V9A3440

武家屋敷跡。

_V9A3451

_V9A3454

_V9A3457

長崎県南島原市の雲仙普賢岳の土石流で埋もれた家・原城跡の天草四郎像、島原市の島原城、大村市の大村公園の花菖蒲 5月30日分。
 
長崎県南島原市の道の駅「みずなし本陣ふかえ」に保存されている雲仙普賢岳の土石流で埋もれた家。
 
イメージ 1
 
島原市の島原城。
このアングルは午前中がよいのだが、天気は曇り、残念。
 
イメージ 2
 
南島原市の原城跡にある天草四郎像。
天草にある天草四郎像とイメージがかなり違うのはなぜ。
16歳の少年には見えない気がする。
 
イメージ 3
 
その後、島原の乱の遺跡や棚田などを見てから、北上。
 
長崎県大村市の大村公園の花菖蒲、見学無料。
ここは規模が大きく、かなり広い。表記は5分咲き。
 
8分咲き見頃の所
 
イメージ 4
 
この辺りは1分~4分咲きくらい。サツキは見ごろ散り始め。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
夜は、長崎自動車道佐賀大和IC近くの佐賀大和温泉へ、800円。
10時に車中泊。
 
続く。

福岡県柳川市の運河と朝日、福岡県大川市と佐賀県佐賀市の境にある筑後川の昇開橋、長崎県諫早市の諫早公園のめがね橋と皐月躑躅、雲仙市の仁田峠・雲仙山のミヤマキリシマ・雲仙地獄・清水の棚田、島原市の島原城・武家屋敷・フラワー公園 5月29日分。 
 
福岡県柳川市の運河と朝日。
紫陽花が咲き始め。
 
イメージ 1
 
福岡県大川市と佐賀県佐賀市の境にある筑後川の昇開橋。
天気は場所により快晴~晴れややうすい青空。
 
イメージ 2
 
長崎県諫早市の諫早公園のめがね橋。
今回2度目、さつきが見頃後半、花菖蒲が咲き始め。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
10時40分頃に、長崎県雲仙市の仁田峠へ、協力金100円、一方通行。
 
第二展望所から。
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
11時、第一展望所付近のミヤマキリシマはかなり散っている。
ホームページではまだ見頃だったが、遅かった残念。
効率悪いが屋久島に行く前に来るべきだった、失敗。
 
ロープウエイで山上へ、片道600円。
雲仙山のミヤマキリシマは見頃散り始め混在。
上り、けっこうきつい。
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 3
 
2時過ぎに雲仙地獄へ、駐車場410~500円。
 
イメージ 4
 
3時半に長崎県島原市の島原城へ、駐車場310円、場内無料、天守閣のみ500円。
このアングルは午後遅めの光線がおすすめ。
 
イメージ 5
 
武家屋敷。駐車場、見学無料。
 
イメージ 6
 
同じ島原市のフラワー公園、無料。
午後遅めの光線がおすすめ。
 
イメージ 7
 
雲仙市の清水の棚田。
 
県道128号線の展望所より。
 
イメージ 8
 
清水の棚田と夕日。
他にはカメラマンはいなかった。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
  
8時過ぎに再び雲仙温泉へ。
共同温泉100円、シャンプーなし。安い!
ホテルの日帰り温泉は、4時くらいまで。
 
10時に車中泊。
 
続く。

このページのトップヘ