風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:嵐山公園

京都府京都市の嵐山公園の紅葉 11月27日分4-1。

早朝から嵐山へ。7時過ぎに到着、駐車場1000円。
奈良を出る時は霧が濃かったが、北上するにつれ無くなる。

嵐山の渡月橋下流左岸の紅葉は見頃。
ここはいつも12月3、4日くらいで、
今年は紅葉1週間くらい早いので、早めにやってきたがどんぴしゃり。

隣で撮影していた方に話しかけたら、
京都写真の大御所の田中さんで、びっくり。
前からぜひお会いしたかった方。

今まで話したことがなかったが、
結構何回もすれ違っていた気がする。

嵐山の渡月橋付近、洪水防止のためということで、
護岸工事が行われて、堰がなくなり、
護岸が張り出し、中州が拡大、
以前と比べて、まったく趣がなくなってしまった。
もう以前のような写真は撮れない。

竹田城址もそうだが、
なんでこんな景観無視した工事するんだろう、
また1つ絶景が失われた、残念無念。

イメージ 1

イメージ 2

その後、亀山公園へ向かう。
全体見頃のものが多いが、
亀山公園下の川沿いの楓はかなり散っていた。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

続く。

京都府京都市の嵐山公園の桜 4月1日分4-1。
 
朝から京都市嵐山公園へ。
天気は少し青空も見えたが、抜けが悪くていまひとつ。
 
染井吉野が7.8分見頃、枝垂れ桜は満開ピーク、八重紅枝垂れ桜は、咲き始めから6.7分咲き。
 
駐車場は、2時間700円、800円、1000円。
100円パーキングは、南側に多く、30分200、300円。朝7時までは1時間100円。
 
撮影中、甲賀忍者さんや縄田さんにばったり。みんな狙いは同じですね。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
続く。

京都府京都市の嵐山公園の紅葉 11月28日分。
 
朝から京都市の嵐山公園へ。
天気は、朝は晴れ少し薄い雲、しだいに雲が増え、やがて曇りに変わる。
 
阪急嵐山駅近くのコインパーキングは、15分100円、朝8時までは1時間100円。
コインパーキングは、桂川の右岸の西京区に多い。
 
嵐山の地名は、桂川の右岸の西京区のもので、
左岸の天竜寺があるほうは、右京区の嵯峨野であるが、
通称の嵐山でこの辺りを呼ぶことが多い。
ただ、中州の中之島公園や小倉山の南の亀山公園は総称して嵐山公園と呼ばれている。
 
桂川は、上流に行くに従い保津川、大堰川(おおいがわ)、桂川、上桂川と、ころころ名前を変える。
渡月橋の上流は保津川、下流は桂川であるが、
橋の欄干には大堰川と書かれているのが不思議。
 
桂川の左岸の元ファミレス前の楓は見頃。そこそこの色づき。
この楓はいつも12月初旬ごろに見頃になるので、今年は少し早い。
朝7時半には、渡月橋の上を走る車が増えてくるので、
それまでに撮影を終えたい。
朝の光線で赤味が増すし、山の影の面積も少なくて済む。
 
もう1本の楓は半散り。エノキは、色変わり中見頃。
朝からけっこうカメラマンが来ていた。
 
下のリンクは、2007年の時の様子。この年は特によかったが、
この楓は枯れたようになる年も多いので、何回か通わないと撮れない。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 3
 
イメージ 6
 
亀山公園は、見頃後半散り始めだが、まだ綺麗なのもある。
 
イメージ 7
 
嵐峡は、川沿いは半散り、山肌は色変わり中見頃、広葉樹は半散りか散っている。
トロッコ列車は9時10分から16時10分まで毎時、トロッコ嵐山駅発。
行きは14分ごろ、帰りは52分ごろ、嵐峡から見える楓並木の所を通るが、あまり良くは見えない。
保津川下りの船は、55分頃から見えてくるが、
こちらも土産を売る船がかなり長い間ぴったり横にくっつくのが残念。
時間が少しずれたり、保津川下りの船が多い場合、
トロッコ列車といっしょに撮影可能。
 
イメージ 8
 

京都府京都市の嵐山公園と常寂光寺と天龍寺の雪景色 1月1日分。

寒波到来で雪景色の京都へ。

昨日大晦日、朝一に出かけたときは、雪の状態はいまひとつでそのままユーターン。
しかし、10時ごろからすごく吹雪いてきたようで、あっというまに雪景色になったとテレビで知る。
さすがにもう一度戻る気にはならず、元旦早朝から出かけた。

奈良市内には雪はなし、京都市内に入ると雪が残っているものの、
昨日早めに降り止んだようで、状態はあまりよくないので、
二条城と神泉苑に少しだけ寄り道してから、雪の多い嵐山へ向う。

まずは渡月橋から嵐山公園をうろうろ。すぐに晴れて来る。

イメージ 1

イメージ 2

嵐峡の雪景色。このあたりはどんより。

イメージ 3

その後、嵯峨野をうろうろ、常寂光寺の雪景色。
雪はかなり解けてくる。

イメージ 4

最後に天龍寺へ。

イメージ 5


このページのトップヘ