風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:嵐峡

京都府京都市の嵐山公園の紅葉 11月28日分。
 
朝から京都市の嵐山公園へ。
天気は、朝は晴れ少し薄い雲、しだいに雲が増え、やがて曇りに変わる。
 
阪急嵐山駅近くのコインパーキングは、15分100円、朝8時までは1時間100円。
コインパーキングは、桂川の右岸の西京区に多い。
 
嵐山の地名は、桂川の右岸の西京区のもので、
左岸の天竜寺があるほうは、右京区の嵯峨野であるが、
通称の嵐山でこの辺りを呼ぶことが多い。
ただ、中州の中之島公園や小倉山の南の亀山公園は総称して嵐山公園と呼ばれている。
 
桂川は、上流に行くに従い保津川、大堰川(おおいがわ)、桂川、上桂川と、ころころ名前を変える。
渡月橋の上流は保津川、下流は桂川であるが、
橋の欄干には大堰川と書かれているのが不思議。
 
桂川の左岸の元ファミレス前の楓は見頃。そこそこの色づき。
この楓はいつも12月初旬ごろに見頃になるので、今年は少し早い。
朝7時半には、渡月橋の上を走る車が増えてくるので、
それまでに撮影を終えたい。
朝の光線で赤味が増すし、山の影の面積も少なくて済む。
 
もう1本の楓は半散り。エノキは、色変わり中見頃。
朝からけっこうカメラマンが来ていた。
 
下のリンクは、2007年の時の様子。この年は特によかったが、
この楓は枯れたようになる年も多いので、何回か通わないと撮れない。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 3
 
イメージ 6
 
亀山公園は、見頃後半散り始めだが、まだ綺麗なのもある。
 
イメージ 7
 
嵐峡は、川沿いは半散り、山肌は色変わり中見頃、広葉樹は半散りか散っている。
トロッコ列車は9時10分から16時10分まで毎時、トロッコ嵐山駅発。
行きは14分ごろ、帰りは52分ごろ、嵐峡から見える楓並木の所を通るが、あまり良くは見えない。
保津川下りの船は、55分頃から見えてくるが、
こちらも土産を売る船がかなり長い間ぴったり横にくっつくのが残念。
時間が少しずれたり、保津川下りの船が多い場合、
トロッコ列車といっしょに撮影可能。
 
イメージ 8
 

京都府京都市の佐野邸の枝垂れ桜・天竜寺の枝垂れ桜・嵐峡の山桜・常寂光寺の枝垂れ桜・十輪寺の枝垂れ桜・大日堂からの京都市街の夕景、祇園白川通りの枝垂れ桜 3月30日分。


朝から快晴、その後少し雲が出てくるが、昼くらいから再び快晴に戻る。

朝8時に広沢池近くの桜守の佐野邸の枝垂れ桜を見に行く。
見学自由、三脚禁止、駐車場はないが路肩に少しスペースあり。
しだれ桜が満開で見事、カメラマンもちらほら、ここは次々観光客がやってくる。

佐野邸の枝垂れ桜。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

次に嵐山に移動、駐車場は一日700円から1000円。

法輪寺の山桜は咲き始め、雪柳は見頃。

次に天竜寺へ、庭園のみは500円、三脚禁止。
しだれ桜は満開、陽光桜、さんしゅゆが見頃、
三つ葉躑躅は見頃と咲き始め、木蓮は半散り。
今日もすごい人出。

天竜寺の枝垂れ桜。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

次に大河内山荘に移動、お茶券付で1000円。
しだれ桜は7分咲き、1本のみ。
染井吉野、三つ葉躑躅は咲き始め。
展望台から見る嵐峡の山桜はほぼ満開。

嵐峡の山桜。

イメージ 7

次に常寂光寺に移動、境内500円、駐車場あり。
枝垂れ桜は満開、染井吉野、三つ葉躑躅は咲き始め。

常寂光寺の枝垂れ桜。

イメージ 8

その後、西京区の十輪寺に移動、境内500円、駐車場あり。
枝垂れ桜が満開。

十輪寺の枝垂れ桜。

イメージ 9

次に向日市の向日神社に移動、境内自由、駐車場あり。
しだれ桜は満開だが電線が邪魔、参道の染井吉野は咲き始め。

次に東山区の大日堂に移動、境内500円、駐車場あり。
しだれ桜1本が7分咲き、染井吉野は咲き始め。
ここは山の上にあるため、1週間ほど遅い。
天気がよいので、京都市街の夕暮れを撮影。

大日堂からの京都市街の夕景。

イメージ 10

最後に祇園白川通りに移動、一般道路で見学自由。
近くの100円パーキングは10分100円ほど。
枝垂れ桜数本が満開でとても綺麗、染井吉野は咲き始め。
観光客ですごい人出。

祇園白川通りの枝垂れ桜。

イメージ 11

京都府京都市の嵐山の嵐峡の紅葉 11月25日分4-2。


天気は快晴で気持ちがいい。
朝は3度と冷え込んだこともあり、もやが出ている。
嵐山の嵐峡の紅葉は、
渡月橋の北東側の2本の楓はまだほとんど緑、ここは遅い。
北側の川沿いと嵐山公園内は見頃と色変わり中、
南側は陽当たりのよい山の上部は見頃だが、川沿いはまだほとんど緑、

渡月橋小橋からの嵐峡。

イメージ 1

嵐峡の紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

このページのトップヘ