風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:彦根市

滋賀県 彦根市の彦根城 8月5日分3-1。

朝から彦根城へ。駐車場400円。
共通券800円。現在天守閣の漆喰塗替え工事中。9月20日までの予定。

https://www.hikoneshi.com/jp/castle/

_W6A8968

_W6A8981

滋賀県彦根市の彦根城の桜 4月9日分2-2。

次に彦根城へ移動。
琵琶湖沿いを移動で45分ほど。
桜は満開旬、空の抜けは最高だが風が強め。
太陽がもう西に来てるので、西側の外堀からの撮影のみ。

彦根城をがっつり撮影する場合は、
午前中早めは玄宮園、昼前から二の丸と天守閣周辺、
午後からは追手門と西の外堀がおすすめ。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夜景の撮影を考えていたが、夕方雲が増え、風も強かったので帰路に着いた。

滋賀県彦根市のひこねの城まつりパレード 11月3日分。

文化の日は彦根へ行って来た。

8時半に西名阪の法隆寺IC出発、
西名阪の天理周辺で自然渋滞1時間くらいのロス。
10時半に上柘植で下りて、農道を北上。
12時20分に彦根インターの駐車場に停めて、
シャトルバスで市内へ。


パレードは1時にスタート。

ひこにゃん、大人気。
他のゆるキャラもいっぱい来ていた。

イメージ 1

子供大名行列、子供時代風俗行列など、子供が主役。

イメージ 12

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

彦根町火消し列。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

帰りは4時20分に駐車場を出発。
すいていて、5時50分に上柘植。
6時45分に法隆寺ICから出て帰宅。

滋賀県彦根市の彦根・北びわ湖大花火大会 8月1日分。

昨日の午後、橿原のドラムヤカタで開催されている
「Xで魅せる美しい風景写真アンコール展」へ。

吉崎さんと岩本さんにお会いできて、楽しい時間が過ごせました。

途中一時雨になりどうしようか迷ったのですが、
彦根は雨はなさそうなので、
2時50分ごろに橿原から、京奈和道へ。
郡山から名阪国道に入り、4時前に上柘植インターから出て、
コンビニで15分ほど休憩して、甲賀経由で農道を北上、
日野に入り国道307号線をさらに北上。

5時半ごろに渋滞する彦根の手前から抜け道へ。
しかし、みんな考えることは同じようで、国道8号線を横切るところで渋滞。

渋滞避けるなら、多賀あたりから、国道8号線横切ったほうがいいかも。

それでも6時10分位には外堀にある駐車場へ、300円。
花火会場から遠いからか、思ったよりもがらがら。

そこから彦根城の天守閣と花火が撮れる撮影ポイントへ。
先客27名ほど。思ったよりも多い。

まぁなんとか隙間から撮れるかなと思っていたら、古川さんとばったり。
間に入れてもらえて、遅れていったにもかかわらず、
いい場所から撮影できました、感謝。

中継の放送聞くのにラジオも持参されていて、さすが慣れてる。

彦根・北びわ湖大花火大会の詳細↓

夕方、少し空が焼けたものの今一つ。
直前までいい雲が出てたのだが、残念。

自分の後からも少し人が増えて最終的にカメラマンは35人くらい。

花火は7時半から8時半予定だったのだが、途中一時中断したので、
10分ほど延びた。打ち上げは、合計1万発。

4号や5号玉の打ち上げが多いが、城が邪魔してよく見えない。

花火の大きさ↓

天守閣と合わせる場合、7号玉以上の高さが必要で、
たまにしか上がらないので、かなり効率は悪い。

ラジオ放送で、「4号玉10連発です」とか流れると、
みんな「4号か~~」という感じで。
7号玉2発とかだと、「おお~~」という雰囲気。

この位置からだと天守閣の上の方しか入らないのが、残念なところかな。
離れれば、下の方も入るのだが、電線が多く、
ビルの上に上らないと、ダメっぽい。

適度に風もあり、煙が滞留することなく、
まぁ何とか数枚はいいのが撮れました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

帰りは9時前に出発、城の南側から8号線を横切り多賀に抜ける。
帰りもほぼ同じルート。
まったく渋滞にも合わず、11時半ごろに帰宅。

滋賀県彦根市の彦根城と玄宮園の雪景色 2月11日分2-1。

翌11日土曜日、雪は夜のうちにけっこう積もった。
車の上には10~15センチほど。
日中は、雪はほとんど降らず、たまにぱらぱら。

朝一から彦根城を撮影。
外堀のコインパーキングに停めて撮影開始。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

8時半に城内へ、玄宮園との共通券600円。
彦根市民は24時間自由に入れる。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

たまに青空も覗く。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

10時半、雪が落ちてきて、近景が苦しくなってきたので、玄宮園へ。

イメージ 16

イメージ 17

屋形船。

イメージ 18

1時前に移動、余呉湖に向かう。

続く。

滋賀県彦根市の彦根城の雪景色 1月27日分4-2。
 
長浜市から南下、途中米原あたりの雪はなぜか少ない。
30分くらいで、彦根市の彦根城に到着。
駐車場400円、彦根城と玄宮園セット拝観600円。
8時半から開門。
( 正確に言うと鍵がかけられているわけではないので、開門前でも入れないことはないし、
天気がよければ、散歩やラジオ体操で、地元の人たちは日の出前でも、
どんどん勝手に入っていくのだが。 )
 
観光客、カメラマンともに少しだけ。
 
彦根城内、どうも軽い雪みたいで、木々の着雪はいまひとつ。
北側はけっこう付いているのだが、南や東側の高い位置の木の枝にはあまり付いてくれない、残念。
長浜に比べて、少し南になるだけで、かなり違うんだなぁ。
 
再び、晴れたり曇ったり雪がパラパラの繰り返し。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
玄宮園、一部工事中。東側の高い木々の着雪が少ないのが難点。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
続く。

滋賀県彦根市の彦根城と玄宮園の桜、近江八幡市の安土城跡の桜 4月15日分。
 
1日快晴予報に、朝4時半自宅出発で、西名阪経由、名阪国道上柘植ICから北上して、
7時前に滋賀県彦根城へ。駐車場は1日400円。
彦根城と玄宮園のセットで、入場600円。
彦根城は、8時半からだが、早朝は開放されていた。
 
天気予報に反して、くもり空。
あきらめてベテランカメラマン2人は退散。
 
自分は好天に変わるのを待っていたら、
10時頃から1時間ほど晴れ間が見えた。
 
西側、こちらのほうが桜が多い、満開。
 
イメージ 1
 
東側、こっちのほうが正面、午前中から昼頃までの光線がおすすめ。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
玄宮園。彦根城の北東にあるので、午前中早目がおすすめ。
 
イメージ 7
 
再び彦根城の天守閣前の広場へ。当日再入場可。
10時半から、ひこにゃんが登場、ここでは1日2回。
観光客がいっぱいで、城は撮り難くなるが、かわいいからゆるせる。
 
イメージ 6
 
内堀の周囲には桜が多く、背景としていい場所に、たんぽぽも植えられている。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
天気が良くなれば長浜城に行きたかったのだが、再び曇ってきたので、帰路に着く。
帰り道に寄り道して、近江八幡市の安土城跡へ。
駐車場500円、入場500円。1周して45分ほど。
天守閣跡から琵琶湖や西の湖が見える。
桜は、ほとんどが下の広場にある。
 
 
イメージ 10
 
 

滋賀県長浜市の長浜城の紅葉と彦根市の彦根城の紅葉 11月26日分。
 
金曜日、愛知県の香嵐渓からの帰りに四日市のサウナに泊まったので、
土曜日は愛知、岐阜あたりの寺社の紅葉めぐりを考えていたが、
天気予報は快晴、寺社は雨か曇りのほうが撮りやすいので、予定変更。
 
朝5時半すぎに出発、四日市ICから入り桑名東ICから出て北上。
天気は快晴。
途中、岐阜県の養老公園に寄り道。
楓は見頃色変わり中、数は少ない。ここは桜がメイン。
養老の滝付近の楓は色変わり初期、今年はかなり遅い感じ。
 
9時過ぎに滋賀県長浜城へ。
楓は見頃色変わり中、数は少ない。
 
イメージ 1
 
雪吊りも見れる。
 
イメージ 2
 
その後南下して、12時過ぎに彦根城へ。
駐車場400円。彦根城と玄宮園の入場料は600円。
彦根城の楓は東側の数本のみ見頃、他は色変わり中、まだまだこれからの感じ。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
1時半から、人気のひこにゃんのショーがあったので見学。
すごくゆるい感じのショーでした、さすがに癒し系ですね!
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
その後、城の北側にある玄宮園へ。
紅葉は色変わり中、なんとか見頃という感じ。
よく見る城と楓の競演のアングルの木はまだ色変わり初期の感じ。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
2時半ごろ、帰路に着く。
国道307号線南下、途中睡魔に襲われ40分ほど休憩、
5時に名阪国道の上柘植ICから入り、6時に法隆寺ICを出て、6時すぎに帰宅。
 

このページのトップヘ