風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:愛媛県

愛媛県今治市の今治城の桜 4月3日分4-2。

昨日も一度渡ったが、しまなみ海道を離れ四国へ。

今治城の桜。満開散り始め。
駐車場1時間100円。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


愛媛県今治市の伯方島の開山公園の桜 4月3日分4-1。

夜明け前から撮影開始。カメラマン10名ほど。
当日も含めこの3日間にかなりの数のプロの風景写真家がやってきた模様。
でも今日の朝日が1番良かった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


愛媛県今治市の伯方島の開山公園の桜 4月2日分4-4。

昼間1度下見に来たのだが、夕方再び伯方島の開山公園へ。
桜は満開散り始め。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4





広島県・愛媛県のしまなみ海道の桜 4月2日分4-2。
 
大島の亀老山から望む来島海峡大橋と桜。
駐車場より少し手前で撮影。
近くでバイク雑誌の撮影をしていた。

イメージ 1

因島から望む因島大橋と桜。

イメージ 2

大三島から望む多々羅大橋と桜。
立派な展望台がある。桜は満開散り始め。

イメージ 3

四国にわたり、今治市の糸山公園から望む来島海峡大橋。
桜はあまりない。駐車場から3分ほど。立派な展望台がある。

イメージ 4

愛媛県上島町の積善山の桜 4月2日分4-1。

夜明け前から積善山の桜を撮影。カメラマン5名くらい。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


愛媛県上島町の積善山の桜 4月1日分3-3。

2時45分ごろに、生口島からフェリーで岩城島へ。
ノアで片道1270円。


山上の駐車場は少ないので、通行規制があり、
40分ほど待って山上へ。長い時は2時間くらい待つらしい。

山上にはコンクリート造りの展望台あり。
山上二か所の駐車場には、どちらもトイレあり。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

島の温泉は、夜9時受付まで900円。水曜日休み。

広島県・愛媛県のしまなみ海道の桜 4月1日分3-1。

朝は曇り後晴れ。
しまなみ海道を行ったり来たりして
橋と桜が一緒に撮れる場所やシトラスパークなどで撮影。

愛媛県松山市の松山城と二の丸史跡公園の紅葉 11月23日分3-3。

途中、鈍川渓谷に寄り道。
紅葉は見ごろ終盤。

次第に晴れてくる。

12時ごろに松山城下に到着。
100円パーキングに停め、ロープウェイで松山城へ。
ロープウェイとリフト共通で往復510円、片道270円。
二の丸史跡公園にも行く予定だったので、片道利用。


松山城、桜紅葉は少し散り。楓はまだ早い感じだった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

二の丸史跡公園へ移動。入園200円。
紅葉は見頃。モデル撮影会や婚礼写真の前撮りをしていた。

イメージ 8

イメージ 9

2時に出発、帰路に着く。

2時40分ごろに川内ICから松山道へ入る。

3時ごろに、いよ小松JCT通過。
3時半ごろに、川之江JCTを徳島道へ。
吉野川SAで25分ほど休憩。

5時半ごろに神戸淡路鳴門道の淡路島の淡路南SAで、10分ほど休憩。
6時半ごろに淡路SAで、15分ほど休憩。

第二神明・阪神高速経由で8時10分ごろに西名阪の法隆寺ICから出て帰宅。

走行6時間10分(休憩合計50分含む)

今回の5日間の四国の旅の総走行距離は1576キロほど。

四国の旅取材期は今回で終了です、ありがとうございました。




愛媛県西条市の興隆寺の紅葉 11月23日分3-2。

9時ごろに西条市の興隆寺に到着。
無料駐車場あり。
紅葉は見頃。

雨はほぼやみ、時々日が差してくる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

10時前に出て、県道155号線・国道317号線経由で、松山市へ移動。

愛媛県新居浜市の別子銅山の産業遺産と紅葉 11月23日分3-1。
     
朝から小雨。

マイントピア別子園地内にある別子銅山の産業遺産を撮影。


打除鉄橋(ピントマス橋)

イメージ 1

イメージ 2

旧水力発電所跡。
地元出身の水樹奈々さんのPVの撮影も行われた。
以前は内部見学できたが、現在は立ち入り禁止。
耐震補強ができたら、再び見学可能らしい。

紅葉は見ごろ前半。

イメージ 3

8時ごろに出て、国道11号線経由で、西条市方面へ移動。






愛媛県新居浜市の別子ラインの紅葉と別子銅山跡 11月22日分2-2。

11時ごろから雨が降ってくる。

11時15分に高松道の高松ICから高速へ。

途中20分ほど昼飯休憩。

12時15分に松山道に入る。
12時40分に新居浜ICから出る。

別子ラインの紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

東平(とうなる)地区にある別子銅山跡。
日本のマチュピチュと言われる。
ドウダンツツジの紅葉が散り始め。


上部の絵になる場所は、今は立ち入り禁止。

イメージ 3

夜はマイントピア別子の道の駅で車中泊。
ここは温泉がある、500円。サウナありタオル別。
食事は8時半受付まで。
道の駅のレストランは夕方には閉まる。




愛媛県宇和島市のうわじま牛鬼祭り 7月24日分。

天気は晴れているものの抜けの悪い空模様。
ホテルで朝食後、無料駐車場に移動。
和霊神社でお参りしてから、出発地点へ。


親牛鬼の出発は12時50分だが、11時前には集まってくるので、
それも撮影。

1時頃に出発、最初に2.3台ごとの練り合いがあって、順次出ていく。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

交差点の所は2時くらいから順次、練り合いが始まる。
車を停めてから行うので、かなり間があいていく。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

和霊神社前の橋は、渡ってお参りしていくのと
鳥居を過ぎたところでお参りしていくのと、そのまま左に曲がるのといろいろ。
暑くてみんなへとへとなので、伝統のある牛鬼のグループは頑張るのだけど、
新しいところは、簡単にすますみたい。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

夜の和霊大祭の走り込みも見たかったのだが、翌日写真展の準備があるし、
暑さでへばったので、夕方帰ることにした。
城と花火のリベンジでまた来るだろうし。

4時40分ごろに出発。帰りは岡山経由にしたのだが、これが大失敗。
山陽道が工事渋滞で、30分以上のロス。

おまけに思った以上に遠回りで、法隆寺ICを出たのは翌日深夜12時半ごろ。
走行合計7時間50分(途中休憩3回の合計 1時間8分を含む)
往路よりも1時間20分も余計にかかってしまった。

2日間の総走行距離943.8キロ。

愛媛県宇和島市のうわじま牛鬼祭り 7月23日分。

1泊2日で、四国の端っこの宇和島まで、弾丸旅行。

朝6時20分に西名阪の法隆寺ICから入り、阪神高速・第二神明・
神戸淡路鳴門自動車道・徳島自動車道・松山自動車道経由で宇和島へ。
12時50分頃に到着。走行約6時間半(途中休憩4回の合計で、1時間7分含む)

予約していたホテルの駐車場に停めて、歩いて子供牛鬼パレードの出発地点へ。
1時20分、ちょうど始まった。
今日は子供牛鬼のみで、下見半分なので、のんびり撮影。
出発時、陸橋の下を通るので、上から撮影可。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夕方、花火と宇和島城を合わせて撮影できるポイントへ。
愛宕山からではなく、少し東側に行った開けたところ。

愛宕山からは左に、東の高台の寺辺りからは右に外れるので、
中間あたりになる。

あいにく風がなく、煙が滞留、花火が綺麗に見えにくい。
こればかりはどうにもならない、残念。

城のライトアップは、花火の間は消えるので、後で合成必要。

花火自体が煙でわやだったので、合成はせず、そのまま。
参考までにこんな感じ。いつかリベンジします。

イメージ 4


続く。

愛媛県大洲市の大洲城と冨士山、宇和島市の滑床渓谷の雪輪の滝、高知県の四万十市の四万十川の沈下橋 5月05日分。

天気は快晴、しだいに雲が増える。

愛媛県大洲市の大洲城。

イメージ 1

冨士山からの眺め。躑躅は終盤、残念。

イメージ 2

松山自動車道で愛媛県の宇和島市に移動。
市内を見てから、滑床渓谷に移動。
駐車場・トイレ・食堂など完備。
日本百名瀑の雪輪の滝まで25分ほど。



雪輪の滝。流れが特徴的。

イメージ 3

その後、高知県の四万十市に移動。

四万十川の沈下橋。


午後早いうちは日差しがあったが、次第に曇ってしまった、残念。

イメージ 4

夕方、高知市方面に移動、途中渋滞。

夜は道の駅で車中泊。

高知県高知市の桂浜の坂本竜馬像と高知城、越知町の大樽の滝、四国カルスト、愛媛県大洲市の冨士山 5月04日分。

天気は快晴、しだいに雲が増える。

朝から高知県高知市の桂浜へ。
坂本竜馬像の横に期間限定の展望所ができていた、利用100円。

イメージ 1

イメージ 2

高知城に移動。

イメージ 3

高知県越知町の大樽の滝。日本百名瀑。
途中の道はすれ違い困難。
駐車場・トイレあり。駐車場7台くらいがリミット。
滝まで12分。東屋あり。

イメージ 4

2時ごろに愛媛県と高知県の境にある四国カルストに移動。
観光客で賑わっていた。
駐車場・トイレ・食堂など完備。
撮影ポイントは複数ある。

イメージ 5

イメージ 6

夕方、日没までに愛媛県大洲市の冨士山(とみやま)に、
移動しようと思っていたのだが、
途中何度も睡魔に襲われ休憩。
結局、夕日には間に合わず、夜景のみ。

冨士山の躑躅は終盤。

駐車場・トイレなど完備。
ここには2階建ての豪華な展望台がある。

イメージ 7

夜は市内の臥竜の湯へ、550円。
観光駐車場で車中泊。

愛媛県久万高原町の面河渓 5月03日分。

朝はくもり、しだいに雨が降り出してくる。

朝から愛媛県久万高原町の面河渓へ。

無料駐車場・トイレ完備。範囲は広い。


関門のある遊歩道を歩いて一度駐車場に戻り、車移動。

イメージ 1

五色河原から虎ヶ滝まで再び遊歩道を歩く、片道30分ほど。
無料駐車場・トイレ・食堂など完備。

日本百名瀑の御来光の滝までは、4時間くらいかかるので、行かなかった。

イメージ 2

虎ヶ滝。手前に水谷獅子という滝もある。

イメージ 3

イメージ 4

本降りの雨になったので、移動。
高知市まで3時間くらい。

GWで宿が取れず、高知市のインターネットカフェへ。
12時間2500円くらい。

広島県三原市の竜王山、尾道市の千光寺公園・因島大橋・水軍城・白滝山、愛媛県今治市の開山公園の躑躅・今治城・糸山公園・大島の亀老山からの夜景 5月02日分。

朝、山陽道の三原久井ICから出て、南下。
広島県三原市の竜王山へ。
天気は快晴。秋冬がベストシーズンで雲海もでる。

イメージ 1

その後、尾道市へ。千光寺公園の駐車場600円。
躑躅は見頃後半。

イメージ 2

イメージ 3

その後、瀬戸内しまなみ海道に入る。

因島の大浜PAから、因島大橋。

イメージ 4

因島の水軍城。

イメージ 5

イメージ 6

因島の白滝山。360度の展望。駐車場から10分くらい。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

愛媛県今治市の伯方島の開山公園の躑躅。見ごろ後半。

イメージ 10

イメージ 11

瀬戸内しまなみ海道を抜けて、愛媛県今治市に入る。

今治城。

イメージ 12

愛媛県今治市の糸山公園の展望台から撮影。
駐車場から5分くらい。

イメージ 13

イメージ 14

夕方、再び瀬戸内しまなみ海道に入り、大島の亀老山へ。

りっぱな展望台がある。観光客もいっぱい。
カメラマンは4名ほど。

イメージ 15

イメージ 16

真っ暗の駐車場に戻ると、カメラと三脚が駐車場にポツリ。
最後にカメラマン2人残っていたのだが、一足先に帰った方が忘れた様子。

カメラに名前はあったが、連絡先はわからず。
1式100万円近いセットを忘れるとは、なんちゅうこと。
2人で相談、メモを残して駐在所に届けることに。
東京の柿本さん、カメラ戻りましたか?

夜は、愛媛県に戻り、今治駅前のきなりの湯へ、570円。

その後、道の南下して西条市の道の駅で車中泊。

愛媛県東温市の三嶋神社の桜、西条市の「陽春」と西山興隆寺の桜、新居浜市の瑞應寺の桜、兵庫県淡路市の淡路ハイウエイオアシスと明石海峡大橋の夜景 4月10日分。

四国取材記、5日目。
 
朝6時起き。松山市内は満開散り始め。
帰り道沿い、のんびり道沿いの桜を撮影。
 
7時過ぎ、愛媛県東温市三嶋神社の桜。
赤いほうは「陽光」
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
西条市の「陽春」、染井吉野の変種で、見た目はほとんど同じ。
中央の古木は天然記念物に指定、周囲はその子供、赤いのはたぶん「陽光」
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
9時40分、西条市の西山興隆寺へ。境内自由。
参道のしだれ桜は半散り。染井吉野は満開ぱらぱら。
境内はあまり桜は少ない、参道が中心。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
新居浜市の瑞應寺。境内自由。ここはかなり散っている。
有名な睡蓮の池はもうない。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
2時半、三嶋川之江ICから高速に入る。
 
途中、兵庫県淡路市の淡路ハイウエイオアシスから撮影。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
8時40分、帰宅。走行時間4時間ほど。
総走行距離、1363.4キロ。

高知県仁淀川町の大石家と中越家の枝垂れ桜、愛媛県内子町の屋根付き橋と石畳東の枝垂れ桜 4月9日分2-2。

四国取材記、4日目2-2。
 
10時ごろに大石家の枝垂れ桜へ、9分咲き見頃。
すぐ下に大駐車場がある。
東南に開けており、朝から昼ごろまでの光線がおすすめ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
11時過ぎに、中越家の枝垂れ桜へ、8分咲き見頃。
駐車場と出店がある。
ここも東南に開けており、朝から昼ごろまでの光線がおすすめ。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
市川家のしだれ桜も含め、
どこも有名で観光客が次々来るような所だが、あくまで個人宅の桜なので、マナーに注意。
 
生芋のひょうたん桜は、まだつぼみ。
ここは四方に開けている。
 
おとなり愛媛県久万高原町の西村大師堂の枝垂れ桜と苗代桜は、まだつぼみ。
法連寺しだれ桜は、2分咲き。
どこも今年はかなり遅れている。
 
道沿いで出会った桜。
 
イメージ 14
 
愛媛県内子町の屋根付き橋(田丸橋)
 
イメージ 3
 
愛媛県内子町石畳東の枝垂れ桜、5,6分咲き。
ここは午後遅くの光線がおすすめ。
反対側は、すぐ近くにビニールハウスがある。
手前はそば畑。路肩駐車可。
 
イメージ 4
 
周囲には、タバコ畑があり、奥の山並みに夕日が落ちる。
 
イメージ 5
 
ここはライトアップもある。7時前くらいが綺麗。
なんとかぎりぎりもったが、カメラが2台とものバッテリー切れ。
 
イメージ 6
 
休憩後、8時半に出発。10時過ぎに松山駅前のホテルへ、走行1時間ほど。
それなりにボロイけど、安いホテルだと3000円くらいからある。
 

愛媛県松山市の松山城の桜 4月8日分2-1。

四国取材記、3日目2-1。
 
朝5時半起き、今日は朝から快晴。
松山城の登り口の北側の100円パーキングに停め、歩いて登る。
20~8時 120分100円、8~20時 90分100円。
南側にある城の駐車場は2時間400円。
 
山の上にあるので、日中はリフトやケーブルも使える、往復500円、片道260円。
 
 
20分ほどで城門、そんなに時間はかからない。
城門からすぐに桜並木のある広場。
桜は7分咲きから満開。
 
南向きが正面の感じなので、昼前後の光線がベストだが、
春はすぐ白っぽくなるので、午前中がおすすめ。
 
イメージ 1
 
イメージ 7
 
イメージ 2
 
8~15mm使用。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
9時過ぎに道後公園へ、駐車場は30分100円。
展望台からの眺めはいまひとつ。
 
路面電車も走っている。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
10時20分に出発、再び高知県仁淀川町へ向かう。
 
続く。
 

このページのトップヘ