風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:日本百名瀑

富山県立山町の称名の滝 6月1日分4-3。

11時45分に沢渡の駐車場に戻り、55分に出発。
12時10分頃に平湯温泉通過。1時ごろに国道41号線に入る。
2時35分に富山県立山町の称名の滝の無料駐車場に到着。
トイレ・レストハウスあり。

称名の滝は日本百名瀑の1つで高さは350mもある。
雪解け時に現れる、となりのハンノキ滝はさらに高い500m。
https://www.info-toyama.com/spot/31003/

すぐのところに展望台があるが、称名の滝は良く見えない。
中央右に見えているのはハンノキ滝。

_S9A6986

歩いていく道沿いからもハンノキ滝はよく見える。

_S9A7009

歩いて30分ほどで、称名の滝。
正面の橋の上は滝しぶきが凄くてびしょ濡れ。
さっきまで晴れていたのに、急に曇ってきた、残念。

橋を渡ったところから、上に登る道があり、屋根のある休憩スペースもある。

_S9A7023

_S9A7071

滝は西向きで、日が当たるのは午後遅め。
虹が出るのは3時過ぎくらいかららしいが、曇ったまま。
4時半ごろに少し青空が出てきて、ほんの一瞬日が差したときに撮影。

_S9A7096

栃木県日光市のいろは坂と華厳の滝の紅葉 10月30日分3-1。

天気は朝は曇り、次第に快晴に変わる。

朝8時ごろに明智平に到着。
既に駐車場は満杯状態で、ぎりぎり駐車できた。

いろは坂の紅葉。

_V9A4704

ロープウェイは8時40分からだが、すでに行列ができており、
密にならないように16人乗りに11人しか乗せないので、
始発には乗れず、5分おきの運転で、9時20分の便で頂上駅へ。往復740円。
https://www.nikko-kotsu.co.jp/ropeway/

頂上駅の上が展望台。
紅葉は見頃終盤に近く、なんとかぎりぎりの感じ。
華厳の滝は日本百名瀑。右手に見える男体山は日本百名山。

_V9A4735

_V9A4757


宮城県仙台市の秋保大滝の紅葉 10月28日分3-3。

天気は曇りにかわる。

12時40分ごろに猊鼻渓をでて、下道を南下。
夕方4時過ぎに宮城県仙台市の秋保大滝の無料駐車場へ。
日本百名瀑の1つ。
トイレ、売店あり。滝までは歩いて5分ほど。
紅葉は、見頃初期で色付き中。

_V9A4273

夜は福島市まで走り、久しぶりにネットカフェに泊まる。

秋田県由利本荘市の法体の滝の紅葉 10月25日分2-2。

秋田県内を延々と南下。
2時40分ごろに法体の滝の無料駐車場へ。
レストランなどもある。

法体の滝は日本百名瀑の1つ。
展望所までは5分ほど。

連日の雨で凄い水量になっていた。
紅葉は見頃旬。

_V9A3380

_V9A3416

秋田県北秋田市の安の滝の紅葉 10月24日分2-2。

1時20分ごろに幸兵衛滝の駐車場を出て、
1時45分に安の滝の駐車場へ。
立派なトイレはあるが、水は飲用不可。
表示は45分と書かれているが、普通に歩いて25分ほどで、安の滝。
割りと歩きやすい道。

21日に来たときは、天気は良かったのだが水量不足。
雨上がりの好天に来る予定だったが、
しばらくは天気がいまいちなので、再訪。

滝が西に向いていて、周辺が開けているので、
晴れていれば午後1時から4時前まで虹が見られるのだが、
紅葉のタイミングと天気がなかなかうまくはいかない。
2015年に来たときはすごくついていた。

2015年に安の滝に来たときの取材記
http://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532804.html

安の滝は日本百名瀑の1つ。
紅葉は上の方は見頃後半。下の方は見頃旬。

_V9A3195

_V9A3224

_V9A3260

_V9A3281

帰り道に遊歩道の紅葉撮影。見頃だがまだ色づき始めのも多い。

_V9A3298

夕方、308号線の中間あたりにある「マタギの湯」へ。
9時から22時まで、450円。ロッカー100円要。
シャンプーあり、タオル別。
食事は11時から14時まで。
コインランドリーもあり200円。ドライは無料。

コンビニやスーパーは阿仁前田まで行かないとないが、
居酒屋飯屋は、ひたちない駅前にある、夜10時まで。

秋田県北秋田市の安の滝の紅葉 10月21日分3-3。

小坂町の七滝の紅葉は見頃初期。
11時50分頃に小坂ICから高速へ。小坂北ICからは無料区間。
鷹巣ICで下りて、南下。

1時12分ごろに道の駅あにを越えて左折、県道308号線へ。
1時25分に幸兵衛滝との分岐、林道に入る。
1時37分ごろに安の滝の無料駐車場へ。
立派なトイレもある。水は飲用不可。
表示は45分と書かれているが、普通に歩いて25分ほどで、安の滝。
割りと歩きやすい道。
予定より遅れたので、早歩きで20分で到着。

安の滝は日本百名瀑の1つ。
紅葉は見頃旬だが、最近の雨不足で水量が少なめ、残念。
西向きで、晴天の日の午後は虹がかかるのだが、
水が少ないといまいちはっきり虹が見えない。

_V9A2034

次第に雲が増え、曇りにかわる。

_V9A2100

帰りは遊歩道の途中の紅葉を撮影しながら戻る。
まだ少し緑も残り、見頃前半。

_V9A2110

林道沿いから、夕日に染まる紅葉。
見頃旬でとても綺麗。所々路肩駐車可。
林道は狭い場所もあるが、マイクロバスも通ることができる。

_V9A2140

夕方、308号線の中間あたりにある「マタギの湯」へ。
9時から22時まで、450円。ロッカー100円要。
シャンプーあり、タオル別。
食事は11時から14時まで。
コインランドリーもあり200円。ドライは無料。

コンビニやスーパーは阿仁前田まで行かないとないが、
居酒屋飯屋は、ひたちない駅前にある、夜10時まで。

九州取材記その7 熊本県人吉市の鹿目の滝 10月19日分2-1。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月19日。天気は高曇りのち少し晴れ間の見える曇り。

朝から再び生駒高原へ行くが、白い空で前回と同じなので諦める。

その後、熊本県人吉市の鹿目の滝(かなめのたき)に移動。
日本百名瀑の1つ。路肩駐車可、トイレあり。
https://kumamoto.guide/spots/detail/11665
http://www.kumatop.com/index.php?%E9%B9%BF%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%BB%9D

鹿目の滝の一部になる上流部の白布の滝。

_W6A2717

階段を下りて橋を渡り10分ほどで雄滝に到着。

_W6A2733

_W6A2753

続く。

九州取材記その6 宮崎県都城市の関之尾の滝 10月18日分3-3。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月18日。天気はくもり時々日差しあり、のち小雨。

夕方4時半ごろに宮崎県都城市の関之尾の滝に移動。
日本百名瀑の1つ。
無料駐車場、トイレ、売店あり。


_W6A2696

九州取材記その5 鹿児島県姶良市の龍門の滝と郷田の滝 10月18日分3-2。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月18日。天気はくもり時々日差しあり、のち小雨。

次に鹿児島県さつま町にある観音滝公園へ向かうが、
付属施設の閉鎖で、公園内立ち入り禁止。
町のホームページも道沿いにいっぱいある案内板や地図にも閉鎖情報はなし。
滝には普通に行けそうだったので、役場に電話して立ち入り許可を求めたが、
やはり立ち入り不可、残念。

それにしてもずっと前に閉鎖されているみたいなのに、
案内そのままなのは観光に関わる人の怠慢が過ぎる。
観光関連の人に注意したので、今はホームページには閉鎖情報載っているが、
多くのウェブサイトでは以前紹介されたまま、全然あかんやん。

その後、南下して姶良市の龍門の滝へ。
日本百名瀑の1つ。数か所無料駐車場、トイレあり。
http://www.city.aira.lg.jp/shokan/gyosei/shisetsu/kanko/tatsumondaki.html
https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10145/

_W6A2647

県道55号線沿いにあるふれあいパークから見える郷田の滝。
駐車場、トイレあり。

_W6A2659

続く。

埼玉県小鹿野町の丸神ノ滝 5月26日分3-3。
国道140号線を移動して、丸神ノ滝へ。
日本百名瀑の1つ。

無料駐車場、トイレ、自販機あり。

東側ルートは、表記20分だったが、実測12分で、滝前の広場に到着。
滝は北東向き。
帰りは、西側のルートへ。
ジクザクの坂を上ったところが展望所で、
さらに少し先に東屋がある展望所もある。ここは紅葉ポイント。
西側ルートは、表記25分だったが、実測22分で、駐車場に戻る。

滝前の広場から。

イメージ 1

展望所から。

イメージ 2

温泉に入った後、夜は高速へ。


茨城県大子町の袋田の滝 5月24日分3-3。

12時前に袋田の滝に移動。
土産・食事で駐車代無料。観瀑トンネル利用料300円。
立派な展望台がある。昼過ぎ位の光線がおすすめ。


去年が水量少なかったが、今年はまぁまぁかな。

イメージ 1

イメージ 2



福島県桧枝岐村の尾瀬の三条の滝 6月11日分2-2。

2時前に出発。
ヨッピ経由で、三条の滝に向かう。
上級者向けのコースなので、荷物は最小限にした。

尾瀬は群馬・新潟・福島の3県にまたがっているが、
竜宮やヨッピより北東側は、福島県桧枝岐村になる。

100名山の1つである燧ケ岳とミズバショウ。

イメージ 1

イメージ 2

山小屋のある赤田代から三条の滝に向かう道は、けっこう険しい。

赤田代からとばして片道45分ほど。
コースタイムで1時間~1時間20分。

三条の滝。日本の滝100選。
北西向きの滝なので、夕方に虹が出る。
10分ほど撮影。

イメージ 3

帰りは、見晴経由で5時半に竜宮に戻る。
何とか夕食に間に合った。

竜宮小屋からの往復のコースタイムは、5時間半。
実測はかなり飛ばして、3時間半。

夕食後、少し撮影。
この雲が至仏山辺りにあればよかったのだが。

イメージ 4

翌日の弁当を受け取り、8時40分に就寝。
今日は6畳の部屋に2人。

茨城県大子町(だいごまち)の袋田滝 6月7日分4-4。

途中15分位休憩して、4時40分ごろに袋田滝に到着。
無料駐車場もあるが、結構遠い。
土産を買うと駐車場無料なので、車道終点近くの土産物屋さんの駐車場へ。

袋田滝は、日本百名瀑。
自由に見学できるが、観漠台は有料300円。JAF割り250円。8時から18時まで。

駐車場からトンネルを抜けて観漠台までは10分ほど。
トイレは入り口のところにある。

雨が少なく、2段目の左側に水なし。
一番絵になる構図なのに、残念。
観漠台から撮影。

イメージ 1

仕方がないので、3.4段目で何とかまとめる。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

袋田滝は氷瀑も有名だが、完全に凍ったのは5年前と11年前とのこと。

その後、国道118号線を南下、水戸市で国道50号線に入り西進。
栃木県小山市まで走り、ネットカフェ泊。

栃木県日光市の霧降滝と日光杉並木 6月7日分4-3。

その後、霧降滝に移動。日本百名瀑。
無料駐車場・トイレ・売店・食堂あり。
歩いて5分ほどで展望台。滝壺には行けない。
望遠レンズ要。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2時ごろに日光杉並木へ。
日本の道100選。かなり広範囲に及ぶ。

イメージ 4

2時半ごろに出発、東進して茨城県の袋田の滝に向かう。

続く。

東京都檜原村の払沢の滝と北秋川渓谷 5月7日分2-2。

45分ほどで檜原村の払沢の滝の大きな無料駐車場に到着。トイレあり。

歩いて10分ほどで、払沢の滝。
日本百名瀑の1つ。

イメージ 1

イメージ 2

その後、北秋川渓谷へ。新緑が綺麗。

イメージ 3

檜原街道を抜け、風張峠へ。霧が出てきた。

イメージ 4

夕方、檜原街道の奥多摩湖を見下ろす展望所から夕日を撮影。
山並みがいい感じ。

イメージ 5

夜は、青梅市のビジネスホテル泊。
以前、吉野梅郷に来た時のも泊まったことがある。

宮崎県高千穂町の高千穂峡の紅葉、11月20日分3-2。

天気は曇り。

宮崎県高千穂町に移動。竹田市から1時間ほど。

高千穂峡の駐車場はいっぱいで、
高千穂神社の無料駐車場から歩いて向かう、10分ほど。

紅葉は見頃だが、数はあまりない。
地震の影響で通行止めになっている部分があり、
遊歩道の通り抜けはできない。


真名井の滝。100名瀑の1つ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、蘇陽峡の長崎鼻展望所へ。
無料駐車場、トイレあり。展望所まで3分。
ネットでは、まだ見ごろになっていたが、もうほとんど落葉。

竹田市に戻る帰りに常光寺の滝に立ち寄る。
県道7号線沿い、路肩駐車可。紅葉見頃。

イメージ 5




佐賀県唐津市の見帰り滝と観音滝の紅葉、11月19日分3-1。

前夜は、雷が響く嵐。朝からは曇り、時々小雨。

再び、見帰り滝へ。霧は流れて来ず。

イメージ 1

雲海が流れてきたので、再び観音滝へ。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

佐賀県唐津市の観音滝と見帰り滝の紅葉、11月18日分3-3。

天気は曇り、夕方から雨。

3時ごろに観音滝に移動。100名瀑の1つ。
無料駐車場、トイレあり。紅葉見頃、すでに散っているものもあり。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夕方、見帰り滝に移動。100名瀑の1つ。
無料駐車場、トイレあり。紅葉見頃、すでに散っているものもあり。
雨が降り出し、かなり暗くなってしまった。

イメージ 4


広島県三次市の尾関山公園と常清滝の紅葉、11月17日分。

天気は快晴、西に行くに従い曇りに変わる。
朝9時に出発、西名阪法隆寺ICから入り、
近畿道経由で、途中30分位休憩、1時50分ごろに中国道の三次ICから出る。
特に渋滞はなく、実走行時間4時間20分。

尾関山公園の紅葉。
無料駐車場、トイレあり。
11月上旬に来たときはまだ早かったので、再訪。
今回は全体的には見頃、駐車場横の庭園は見頃後半の感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

常清滝の紅葉。
無料駐車場、トイレあり。
尾関山公園から25分位で駐車場。そこから歩いて8分ほど。
木製の東屋のある展望台がある。
種類によってすでに落葉しているのも多いが、見頃。

イメージ 5

秋は日が暮れるのが早い。遠景がかすんできた。
帰りに高谷山へ寄り道。無料駐車場、トイレあり。
りっぱな展望台がある。
市内の西側にあり、雲海の名所でもある。

イメージ 6

再び、尾関山公園。ライトアップもされている。

イメージ 7

イメージ 8

夜に高速移動で、九州に向かう。
6時45分に三次ICから入り、10時15分に関門橋の麓の壇之浦PA、
途中40分ほど休憩、
11時半に九州道の古賀SAで車中泊。

三重県大台町の大杉谷トレッキング 七ツ釜滝・堂倉の滝・石楠花など 5月15日分。

先週土日に前からずっと行きたかった大杉谷に行ってきた。

大杉谷は日本3大秘境の1つ。
台風で登山道が崩落したため、
一昨年の春まで大台ヶ原と大杉谷の通り抜けはできなかった。


5月15日

朝5時起き。
昨日は8時就寝なので、ほとんどの人が5時ごろには起きだしていた。

朝食6時予定だったが、5時半からとれるようになったので、
5時半に朝食、七ツ釜滝を撮りたかったので、
ガイドさんにことわって、5時40分に一足先に出発。
途中、朝に七ツ釜滝を見に行っていた人にすれ違う。

6時に七ツ釜滝に到着、日本百名瀑の1つ。
山小屋からは20分ほどと近い。

大きな東屋がある。
手前の白い花は終盤、残念。山裾には霧が漂っていた。
三脚使用はこの時のみ。

イメージ 1

イメージ 2

撮影中、30人以上いろんなツアーの人とかが通り過ぎていった、みんな早い。

7時20分頃、モンベルツアーの人たちが到着して合流。
10分ほど小休止。
山小屋を7時前に出発したみたい。

うっかり山小屋で出る昼飯の弁当のことを忘れていたのだが、
ガイドの人が持ってきてくれた、感謝。

8時ごろに崩落地点手前で休憩。

奥が崩落地点。
雨の多いところだけに、霧状に時折ぱらぱら。

イメージ 3

8時20分に出発。崩落地点を越えていく、自然のパワーはすごい。
人の大きさを超える巨岩がごろごろ。

光滝。

イメージ 4

8時50分に休憩。9時に出発。

9時20分に、隠れ滝の横を通過。

10時に堂倉の滝に到着。吊り橋の横にある、10分ほど小休止。

イメージ 5

堂倉の滝からは、鎖場は少なくなり、森の中の上りが続く。
次第に晴れてくる。

11時半過ぎに林道に出る。
すぐに粟谷小屋(あわたにごや)に到着、ここで昼食。
近くに湧き水が出るところがある。トイレは共同で1つだけ。

12時半過ぎに出発。

ここからは、登山道沿いの石楠花が増えてくる。
昨年は少なかったそうだが、今年はそこそこ咲いている。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2時15分にシャクナゲ平に到着。
森の中、平坦な道と上りが交互に続く。

3時過ぎに大台ケ原の日出ヶ岳山頂(1695m)に到着。
日本100名山の1つ。
晴れているものの山は雲海でよく見えず。

日出ヶ岳山頂は、数十回は来てるが、下から登ってきたのは初めて。

みんなで記念写真。来年のモンベルツアーの写真にのるかも。

3時半過ぎに下山、駐車場へ。
4時10分過ぎに山頂の駐車場へ到着。

4時40分ごろに迎えのマイクロバスで出発。

休憩なしで近鉄の下市駅へ向かう。
6時10分に近鉄の下市駅到着。ほとんどの人とお別れ。

6時半にモンベル五条店に到着。
車に乗り換え、7時半過ぎに自宅に到着。

2日間歩き通しで、疲れました。

いつもは個人で動くのだけど、たまにツアーに参加するのもいいものです。
充分とはいえないものの、撮影時間もとってくれるし。
大台ヶ原と大杉谷の通り抜けは個人ではアクセス不便でたいへんだし。

大杉谷、さすがに日本3大秘境といわれるだけにすごかったです。
おすすめします。


このページのトップヘ