風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:明日香村

奈良県明日香村の古宮遺跡と彼岸花  9月20日分4-2。

朝活を終えて一度帰宅したが、
9時頃になり、雲の切れ間から青空が見え始めたので、明日香村へ向かう。

まずは古宮遺跡(古宮土壇)へ。
駐車場500円。
ここは町の依頼で隣の家の方が、料金管理されている。

10時ごろに着いたときは、木の後ろ辺りは雲がいっぱいだったが、
雲が移動しそうだったので、30分ほど待ったら、ほぼなくなり青空に。
しかし青空なのは、北西側だけで、他の方向は雲が多い。

古宮遺跡の彼岸花はもう白っぽくなっており、
田んぼも稲が倒れているところがあるが、まぁ青空になったので、ぎり合格点かな。
ちなみに奥に見える台形の山は大和三山の畝傍山です。

_S9A4101

晴れていたり、いい感じの雲なら、夕方戻るつもりだったが、
1時間くらいで、再びややこしそうな雲だらけに戻った。

追伸、夕方遅く自宅近辺では雲が減り、焼けるかなという感じに変わる。
まぁ少し距離があるので、何とも言えないけど、外したかな。



奈良県明日香村の甘樫丘の桜と橿原市の藤原宮跡の桜と菜の花 3月27日分4-4。

次に甘樫丘へ移動。見学自由・駐車場無料。
雲が増えてきた。桜は満開散り始め。

_S9A1648

次に藤原宮跡へ移動。見学自由・駐車場無料。
桜は5分咲きから7分咲き。菜の花は中心部が残る終盤で、ボリュームがない。
広い絵はいまいちなので、アップで少しだけ撮影。

_S9A1716

次に天理市の幾坂堤の桜へ。まだ7分咲き。

夕方、甘樫丘に戻り、夕日と絡めて撮影するが雲が増え今一つの感じ。

_S9A1732

奈良県明日香村の河津桜の丘 2月28日分2-2。

馬見丘陵公園から明日香村に移動。

河津桜の丘は満開散り始め。
大体3月上旬ごろが見頃なので、今年は早め。
路肩駐車可だが、両側に停めるのはやめたい。
少し離れた所が広くなっているので、そこに停めるのがベストかな。

河津桜の丘は開放されているが、隣のミカン畑の方の私有地なので、マナーよくありたい。
ちょうどオーナーの方も花見に来られていた。

午後から晴れ予報だったが、雲が多かったので、少しだけ撮影。

_V9A1547

_V9A1554

奈良県明日香村の彼岸花 9月28日分2-2。

仏隆寺から飛鳥に移動。
天気は青空は見えるものの、雲が多くよく陰る。
例年に比べ開花が遅れたが、ようやく見頃の感じ。

https://www.asukakyo.jp/higanbanakaika/?fbclid=IwAR3pCOf4_TlGwmVvHBH1jHJqpgFh34CXk20r-kwAT4XELf7ixwLK2wshC8I

細川地区。見頃旬。路肩に少し駐車可能。

_V9A4238

_V9A4262

_V9A4283

尾曽にも行ってみたが、見頃だが稲刈りがほぼ終了していたので、撮影せず。
橘寺付近も見頃だが、彼岸花は少ない感じで撮影せず。

甘樫丘と飛鳥寺の間あたり。見頃旬。路肩に少し駐車可能。
雲が多かったので、山際に青空が見えるまで待った。

_V9A4333

_V9A4502

_V9A4512

古宮にも行ったが、手前の彼岸花はもうピーク過ぎ、
数も少なく、田んぼも今年はイモチ病で、枯れたようになっているしで撮影せず。

最後に稲渕へ。奥の方は路肩駐車可。

飛鳥川の飛び石。見頃。

_V9A4523

稲渕付近は一番有名ながら、今は田んぼの耕作放棄が多く、
彼岸花もすごく減って写真的には厳しい感じ。

創作人形の展示や白や黄色の彼岸花は見れるが、彼岸花の撮影目的なら、
あまりお勧めしない。

稲渕の白と黄色の彼岸花。

_V9A4540




奈良県明日香村の石舞台古墳の桜 4月5日分6-5。

無料、有料駐車場あり。見学300円。
桜は散り始め。

_V9A1490

_V9A1529



奈良県明日香村の橘寺の桜 4月5日分6-4。

無料駐車場有り。拝観350円。
桜は散り始め。門前の菜の花も見頃。

_V9A1385

_V9A1421



奈良県明日香村の甘樫丘の桜 4月5日分6-3。

無料駐車場、トイレあり。桜は散り始め。広場はかなり散っていた。
ミツバツツジも見頃。

_V9A1337

_V9A1348

_V9A1360

_V9A1361



奈良県明日香村の彼岸花、9月29日分。

今年は彼岸花が1週間ほど遅れたので、明日香村の彼岸花を散策してきた。
ちょうど見頃旬で一番いい感じ。
でも昔に比べるとかなり減った感じ、何かしらの対策必要だと思うのだが。

https://asukamura.com/

細川地区。

_A730548

_A730562

_A730573

稲渕地区。

_A730611

奈良県明日香村の石舞台の新緑と蓮華畑 4月22日分2-2。

明日香村に移動。
石舞台前に無料駐車場あり。
石舞台見学は300円。JAF割50円引き。


イメージ 1

その後、飛鳥の蓮華畑を撮影。
稲渕の棚田付近などは昔はかなりあったんだが、今はほとんどない。
飛鳥寺や甘樫丘近辺には少しあるが、背景あまり絵になる場所はない感じ。

イメージ 2

奈良県明日香村の稲渕の彼岸花 9月22日分5-3。

次に明日香村の稲渕に移動。
北側からの道は混むので、南側から入るのがおすすめ。
駐車場はなく、路肩駐車可だが、かなり多い。
離れたところの駐車場からのシャトルバスあり。

急激に晴れてきて暑くなる。

彼岸花は見頃だが、全盛期の20分の1くらいの数しかなく、
かなり寂しくなった。移植などの対策が必要だと思う。
案山子があるのが救いだが、もうかなりがっかり名所状態。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




このページのトップヘ