風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:春

和歌山県有田市初島の工場夜景 4月27日分3-3。

帰りに有田市初島の工場夜景が見える展望スポットへ。
南側のミカン畑の中の道はかない狭いので、軽でも入らない方がよい。
東側からも狭い道が続くので、普通車はかなり困難。
西側の線路沿いが一番ましな道で、軽同志なら対向できる場所が少しあるが、狭い道が続くので、普通車でぎりぎりの幅の道を長距離バックする自信がない人は、遠くの路肩に停めて歩いたほうが良い。
町中から歩いても10分もかからない。

猪除けのゲートから先は私有地で進入禁止。
展望があるのは道沿い1ヶ所のみ、2.3台は路肩駐車可。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

帰りは海南ICから、高速へ。展望地から20分ほど。
10分ほどで和歌山IC通過。
無料の京奈和道に入るつもりが、うっかり阪和道へ。
和歌山ICから西名阪の法隆寺ICまで55分。
2000円ほど余分にかかったが、京奈和経由より40分ほど早めに帰宅。


和歌山県由良町の白崎海洋公園 4月27日分3-1。

晴れているものの雲の多い空模様。
朝から和歌山へ。

時間があったので白崎海洋公園へ寄り道。
昨年の台風被害で休園していたが、今は一部を除き開園している。
今日は10mほどの強風がすごかった。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

奈良県曽爾村の屏風岩の山桜 4月25日分。

前夜は小雨、今日は曇り時々小雨。

朝6時過ぎに屏風岩公苑へ。
この時点で車20台以上、駐車場の2/3ほど入っていた。
料金は500円、あとで払う。春と秋のみ。

23日に満開宣言。今年は1週間ほど遅いとのこと。
桜は満開散り始め。雨で散ってるものもやや多い。

雲海が定期的に流れてきて、とても絵になる感じ。
昨日は雲海はほとんどなく、一昨日は夕方少し流れた模様。


屏風岩は久しぶり。2011年と2016年に来ている。

10時過ぎまで撮影して帰路に着いた。

不退寺の源平枝垂れ桃はもう終わりとのことで行かず。
近くの三多気も終了。高見の郷も見頃過ぎ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10




三重県津市の赤塚シャクナゲガーデン 4月23日分。

天気は晴れから高曇りの感じ。
朝から三重県津市の赤塚シャクナゲガーデンへ。
無料駐車場あり。入園は500円。

2013年からオープンしていて、以前から気になっていたところ。
石楠花の開花は品種によっていろいろなので、
4月上旬から5月上旬までの開園だが、全体的に見頃でいい感じ。

石楠花がほとんどだが、他の花も少しある。
八重桜は満開散り始め。チューリップ・山吹は見頃。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

園内はこんな感じ。

イメージ 7

イメージ 8

その後、北勢のほうをぶらぶら。

蓮華と菜の花。

イメージ 9





奈良県明日香村の石舞台の新緑と蓮華畑 4月22日分2-2。

明日香村に移動。
石舞台前に無料駐車場あり。
石舞台見学は300円。JAF割50円引き。


イメージ 1

その後、飛鳥の蓮華畑を撮影。
稲渕の棚田付近などは昔はかなりあったんだが、今はほとんどない。
飛鳥寺や甘樫丘近辺には少しあるが、背景あまり絵になる場所はない感じ。

イメージ 2

奈良県桜井市の談山神社 4月22日分2-1。

天気は晴れているもののやや白っぽい空。
朝から桜井市多武峰(とうのみね)の談山神社(たんざんじんじゃ)へ。
無料駐車場あり。
桜はほとんど散っている。山吹が見頃。
新緑がきれいな季節。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


京都市の松尾大社の山吹 4月21日分2-2。

松尾大社の山吹はほぼ満開です。
水車付近は花付きが悪いかも。
晴天よりも曇りや小雨の日のほうがおすすめです。




イメージ 1

京都市の松尾祭・神幸祭 4月21日分2-1。

天気は晴れているものの白っぽい空。
朝から京都へ。
9時半前に松尾大社に到着。
無料の第一駐車場は10時ごろでもまだ少し余裕あり。
第二・三駐車場は祭りのため使用不可。
お祭りのパンフレットあり。


松尾祭・神幸祭に来るのは実に23年ぶり。

松尾祭は、4月20日以後の第一日曜日に出御、それから21日目の日曜日に還御となっている。出御祭には神輿が、拝殿を三回廻った後、順次社頭を出発し松尾・桂の里を通って、桂離宮の東北方から桂川を船で渡り、左岸堤防下勢揃いし、古例の団子神饌を献じた後、四基の神輿と唐櫃とは西七条御旅所に、二基の神輿は西京極の川勝寺と郡の御旅所に至り、そこに駐輦される。
予定より1時間ほど遅れて11時くらいから神輿の渡御が始まる。
神輿は6台あるので、場所を変えて撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

神輿が出た後、12時15分ごろに車で桂大橋東側の河川敷の駐車場へ移動、20分ほど。程なくして1台目の神輿の船渡御が始まった。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

以前来た時は、もっと上流からの船渡御で、同時に数台の船渡御もあり、
見学する桂大橋のすぐ下に到着するので、写真的にすごく絵になったが、
現在の船渡御は桂大橋近くを渡るのみなので、正面からは撮影しにくくなった。到着する場所も少し離れたところなので、真上からは撮れない。

それでも船渡御は珍しいし、神輿は美しくすごくお勧めのお祭りです。

神輿の移動中は駐車場からは出れません。
神輿が橋の下をくぐるときは、橋の上は通行止めになります。

2時45分ごろに堤防に神輿が勢ぞろい。

再び巡行が始まる前に帰路に着いた。


大阪市の大阪城と新緑 4月20日分2-2

12時前に大阪城に移動。
桜はほとんど散っているが、新緑が美しい季節。
西の丸庭園は入園200円。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


大阪まいしまシーサイドの「ネモフィラ祭り」4月20日分2-1。

天気は快晴。
朝から家族で大阪市の舞洲にある大阪まいしまシーサイドへ。
駐車場後払いで700円。入場900円。
9時の開園の30分前に到着。先客10台で17名ほど。


ここは以前は大阪舞洲ゆり園だったが、ゆり園は昨年度で終了して
今年からはネモフィラ園となった。
なんでもゆり園は台風被害を受けてだめになったとか。
関西ではネモフィラ園は珍しいのだが、
花が小さく写真的にいろんなバリエーション撮るのは難しい感じ。
今日明日はサンセット営業もやっている。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

大人気のネモにゃん。ライオンじゃないよネコだよ。

イメージ 6



滋賀県信楽町のMIHO MUSEUMの枝垂れ桜 4月16日分3-3。

10時40分ごろにMIHO MUSEUMに移動。
無料の立体駐車場もほぼ満車。
SNSで人気なので、すごい人。
美術館1100円、JAF割で200円引き。


駐車場から続く枝垂れ桜並木。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

トンネルの中から撮るのが有名な構図だが、ここから人を入れずに撮るなら、
開館ダッシュ必須。しかもトンネル前に桜があるから、
走ってくる人も入りそう。

イメージ 5

トンネルを抜けると橋があり、奥に美術館がある。
ちょうど春季特別展で、大徳寺龍光院の国宝の曜変天目が展示されていた。

イメージ 6

イメージ 7






滋賀県信楽町の畑の枝垂れ桜 4月16日分3-2。

10時ごろに畑の枝垂れ桜に移動。
無料駐車場あり。見学200円。
桜は満開だが、北側の花付きが悪く、茶畑側からはもう撮れない感じ。


イメージ 1




京都府和束町の西願寺の枝垂れ桜 4月16日分3-1。

天気は快晴。朝から信楽方面へ向かう。
途中にある西願寺の枝垂れ桜は、満開ぱらぱら。

イメージ 1

奈良県桜井市の大美和の社展望台の桜 4月15日分4-4。

次に大神神社に移動。無料駐車場あり。

大美和の展望台へ。3日にも来ている。
八重の紅枝垂れ桜である神代曙は満開散り始め。
やや散り多く、緑の葉が目立ち少し遅かった、残念。

イメージ 1

イメージ 2


奈良県宇陀市の諸木野の桜 4月15日分4-3。

次に宇陀市の諸木野に移動。
無料駐車場あり。
桜は満開。すでに田植えは終わっている。
右側の枝が折れてからは少しバランスが悪い感じ。

近くの仏隆寺のほうは5分咲き、周囲の桜は満開。
ここも枝が折れて、バランスが悪くなってしまった、残念。


イメージ 1

奈良県桜井市の談山神社の桜 4月15日分4-2。

次に多武峰(とうのみね)の談山神社(たんざんじんじゃ)に移動。
無料駐車場あり。
天気は晴れ間があるものの雲が多い。


桜は満開散り始め。
翌日から行われる談山能の準備中だった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


奈良県吉野町の吉野山の上千本の桜 4月15日分4-1。

前日夕方からは雨。
冬型でやや風が多いのだが、天気予報もあまりあてにならないので、
わずかな期待を込めて吉野山へ。

朝4時30分ごろに上千本に到着。
前泊組で駐車スペースはほとんど埋まっていたが、ぎりぎり停めれた。


上千本は満開散り始め。
風があり雲海はいま一つの感じ。
もう1.2日早く雨が降り、風が1m以下でないとダメかな。
やはり数年に1度しかいいのは撮れない、残念。

でもすごい写真家揃って、出会いもあってよかった。

ちなみに左側の山桜の散りが少なく、漂う雲海が多く、
手前にも入り、縦に湧き上がる感じじゃなく横に伸びて、
後ろの住宅地が雲海で隠れていて、
風がなく絞り込んでも桜がぶれずにシャープなのが理想。

イメージ 1

奈良県吉野町の吉野山の桜 4月14日分

天気は曇り後、時々小雨。
朝から母と姪っ子を連れて、吉野山へ。

もう交通規制が始まっているので、抜け道を通り、
9時40分に中千本の駐車場へ、1500円。


中千本は満開散り始め。上千本は満開。

蔵王堂。

イメージ 1

イメージ 2

吉水神社からの眺め。

イメージ 3

中千本の登山道を歩く。

イメージ 9

イメージ 10

上千本から蔵王堂。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2時過ぎに駐車場に戻り帰路に着いた。

滋賀県甲賀市の鮎河の千本桜 4月13日分4-4

最後に甲賀市の鮎河(あゆかわ)に移動。
夕方から急に曇ってしまった。

臨時駐車場あり、500円。

鯎川(うぐいがわ)沿いに桜並木がある。
桜は満開、この辺りは遅め。
夜はライトアップもあり。


イメージ 1

イメージ 2




滋賀県近江八幡市の水郷の桜 4月13日分4-3

次に近江八幡市の八幡掘りへ移動。

9日に来たときは満開だったが、
今日はやや散りが多くぎりぎりの感じ。
前回、平日で船が続いてくることが少なかったので、再訪。

水郷巡りは、八幡掘りの八幡宮から2キロほど。路肩駐車可。
橋の上と下と、どちらからでも撮れる。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



このページのトップヘ