風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:札幌市

北海道札幌市内の紅葉 10月19日分2-1。

朝から快晴。

北海道庁。紅葉はほとんどない。

イメージ 1

イメージ 2

JR札幌駅。

イメージ 3

中島公園の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

サッポロビール園の紅葉
ツタ紅葉は、まだ半分程度。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

その後、支笏湖に移動。
続く。


北海道札幌市のさっぽろ湖と定山渓の紅葉 10月15日分2-1。

天気は、晴れ少し雲。
朝からさっぽろ湖へ、定山渓の北側にある。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、定山渓へ。前回撮れなかった晴天のカットを撮影。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

その後、南下して洞爺湖に向かう。
続く。

北海道札幌市芸術の森の紅葉 10月14日分2-2。

帰りに札幌市の芸術の森へ、駐車場500円。
有料の美術館が何ヶ所かある
森の中には、美しい紅葉がいっぱい。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

雨の日は、紅葉のアップやミドルショットの撮影向き。
光がよく廻り、雨に濡れ、色もとても鮮やか。
晴れているときより、数段撮りやすい。

途中、滝野すずらん丘陵公園にも行きたかったのだが、
滝エリアは道が崩壊していて立ち入り禁止になっていたので、スルー。

北海道札幌市の定山渓・豊平峡ダムの紅葉 10月13日分2-2。

昼前に定山渓自然の村の無料駐車場へ、かなり大きいが午後には満車確実。
土日はかなり早い時間に満車になる。
ここから、豊平峡ダムへ向かう。
電気バス(片道310円)もあるが、途中の滝を撮りたかったので、片道は歩く。
冷水トンネル抜けると、九段の滝が見える。歩いて15分程。

イメージ 1

反対側の展望。

イメージ 2

さらに歩いて6分、豊平峡トンネルを抜けるとダムに到着。

イメージ 3

ダムを見下ろす高台。レストランもある。
歩いて5分ほど。

イメージ 4

さらに上の見晴らし展望台へ歩く、約4分。

イメージ 5

さらに7分ほどで渓谷展望台。

イメージ 6

イメージ 7

2時半ごろ、定山渓に戻る。

時雨橋からの眺め。

イメージ 8

イメージ 9

夜は、札幌市内のホテルカイコー札幌へ。
楽天で予約、駐車場込みで3300円ほど、朝食500円。

北海道札幌市の定山渓の紅葉 10月13日分2-1。

夜は雨、朝はどんより、日中は明るめの曇り空。
朝から札幌市の定山渓へ。
青空はなく、メリハリには欠けるが、
光がよく廻るので、意外と撮影向きの天気。

イメージ 1

イメージ 2

白糸の滝。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

錦橋からの紅葉。

イメージ 8

続く。

北海道札幌市の真駒内滝野霊園のモアイ像、千歳市の支笏湖、洞爺湖町の洞爺湖のロングラン花火 8月1日分。
 
朝はくもり。
 
ひまわりは、まだ少し早いので、
北竜町から札幌郊外を通り洞爺湖まで向かう。
 
札幌市の真駒内滝野霊園のモアイ像。
奇怪遺産マニアには有名なスポット。
 
イメージ 1
 
千歳市の支笏湖まで来ると少し晴れ間が見えた。
 
イメージ 2
 
支笏湖から少ししか離れていないのに、洞爺湖町の洞爺湖まで来ると再び曇り空。
 
夜、湖畔からロングラン花火を撮影。
打ち上げる船は、湖畔のホテルに沿って移動する。
ある程度の場所を絞ってゆっくりな移動で、規則的な打ち上げならいいのだが、
こまめに行ったりきたり、打ち上げも不規則で、撮影は非常に難しい。
 
イメージ 3
 

北海道札幌市の路面電車、北海道庁、テレビ塔からの眺め、小樽市の小樽運河、天狗山展望台、旭展望台、余市町のローソク岩、古平町のセタカムイ岩 7月18日分。

朝はくもり、7時半頃から晴れてくる。

札幌の路面電車。

イメージ 1

北海道庁。9時前後の光線がおすすめ。

イメージ 2

イメージ 8

イメージ 9

テレビ塔からの眺め。セット券を使用。
9時前後の光線がおすすめ。

イメージ 10

イメージ 11

隣の小樽市に移動。

小樽運河。周辺の駐車場は、60分300円くらい。
昼過ぎの光線がおすすめ。

イメージ 12

イメージ 13

天気が快晴になったので、積丹半島に向かうことにして、国道229号線を走る。

余市町のローソク岩。
ローソク岩は全国に数ヶ所ある。
先端に夕陽が重なれば、ローソクに見えるからというネーミング。

イメージ 14

古平町のセタカムイ岩。
嵐で飼い主を失った犬が化身したという伝説がある。

イメージ 15

積丹半島まで行くが、しだいに曇り空に変わってきたのでUターン。

小樽運河の夜景。
昼は快晴だったが、夕方から雲が増えてしまった、残念。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

天狗山展望台からの夜景。
車で上まで上れる。ロープウェイもある。

イメージ 6

旭展望台からの夜景。

イメージ 7

夜は、旭展望台の駐車場で車中泊。

北海道札幌市の時計台、サッポロファクトリー、札幌駅、JRタワーの展望台、大通り公園、テレビ塔、札幌ドーム、羊ヶ丘展望台、藻岩山の展望台 7月17日分。

朝はくもり。

美瑛・富良野のラベンダーは、まだピークには早いようなので、

札幌方面に移動。

札幌市の時計台、向かいのビルのテラスにも上れる。

2時前後の光線がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

サッポロファクトリー。

イメージ 12

イメージ 13

札幌駅。奥に見えるのがJRタワー。

イメージ 14

JRタワー38階の展望台からの眺め、入場700円。

イメージ 15

イメージ 16

大通り公園とテレビ塔。3時前後の光線がおすすめ。

イメージ 17

イメージ 18

札幌ドーム。

イメージ 19

羊ヶ丘展望台。藻岩山と名所2ヶ所のセット券1980円。

イメージ 3

イメージ 4

ラベンダー園もある。

イメージ 5

藻岩山の展望台。
無料の駐車場からロープウェイとケーブルで上る、往復1700円。
セット券には含まれている。

車で中間駅まで行き、ケーブルで行くこともできる。
中間駅からの往復1100円。


空はクリアだったが、風がめちゃくちゃ強くすごく寒かった。
上着は絶対必要。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

8時ごろには完全な夜景になる。

イメージ 10

テレビ塔の夜景。

イメージ 11

夜は小樽へ向かう途中の路肩パーキングで車中泊。


北海道伊達市の三階滝公園、白絹の床、札幌市の滝野すずらん丘陵公園のアシリベツの滝 7月5日分。

朝は小雨のち曇り。
のんびりブログ更新。7時半に出発。

伊達市の三階滝公園、トーテムポールもある。

滝は駐車場からすぐ。

イメージ 1

イメージ 2

同じく伊達市の白絹の床。北湯沢温泉のすぐ前にある。

イメージ 3

その後、支笏湖を抜けて北上、札幌市の滝野すずらん丘陵公園へ、駐車場400円。

100名瀑の1つ、アシリベツの滝をはじめ、多くの滝がある。

駐車場はいくつかあるが、アシリベツの滝へは、渓流口の駐車場に停め、歩いて13分。

アシリベツの滝は、県道のすぐ横だが、県道から滝への道はない。

10月の9時半~10時に虹が、2月上旬に氷漠が見られるらしい。

イメージ 4

その後、美瑛に移動。

美瑛の駅前で車中泊。

このページのトップヘ