風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:松山市

愛媛県松山市の松山城と二の丸史跡公園の紅葉 11月23日分3-3。

途中、鈍川渓谷に寄り道。
紅葉は見ごろ終盤。

次第に晴れてくる。

12時ごろに松山城下に到着。
100円パーキングに停め、ロープウェイで松山城へ。
ロープウェイとリフト共通で往復510円、片道270円。
二の丸史跡公園にも行く予定だったので、片道利用。


松山城、桜紅葉は少し散り。楓はまだ早い感じだった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

二の丸史跡公園へ移動。入園200円。
紅葉は見頃。モデル撮影会や婚礼写真の前撮りをしていた。

イメージ 8

イメージ 9

2時に出発、帰路に着く。

2時40分ごろに川内ICから松山道へ入る。

3時ごろに、いよ小松JCT通過。
3時半ごろに、川之江JCTを徳島道へ。
吉野川SAで25分ほど休憩。

5時半ごろに神戸淡路鳴門道の淡路島の淡路南SAで、10分ほど休憩。
6時半ごろに淡路SAで、15分ほど休憩。

第二神明・阪神高速経由で8時10分ごろに西名阪の法隆寺ICから出て帰宅。

走行6時間10分(休憩合計50分含む)

今回の5日間の四国の旅の総走行距離は1576キロほど。

四国の旅取材期は今回で終了です、ありがとうございました。




愛媛県松山市の松山城の桜 4月8日分2-1。

四国取材記、3日目2-1。
 
朝5時半起き、今日は朝から快晴。
松山城の登り口の北側の100円パーキングに停め、歩いて登る。
20~8時 120分100円、8~20時 90分100円。
南側にある城の駐車場は2時間400円。
 
山の上にあるので、日中はリフトやケーブルも使える、往復500円、片道260円。
 
 
20分ほどで城門、そんなに時間はかからない。
城門からすぐに桜並木のある広場。
桜は7分咲きから満開。
 
南向きが正面の感じなので、昼前後の光線がベストだが、
春はすぐ白っぽくなるので、午前中がおすすめ。
 
イメージ 1
 
イメージ 7
 
イメージ 2
 
8~15mm使用。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
9時過ぎに道後公園へ、駐車場は30分100円。
展望台からの眺めはいまひとつ。
 
路面電車も走っている。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
10時20分に出発、再び高知県仁淀川町へ向かう。
 
続く。
 

高知県仁淀川町のひょうたん桜・中越家の枝垂れ桜・大渡ダムの桜、愛媛県松山市の三坂峠旧道からの夜景、道後温泉の夜景 4月7日分。

四国取材記、2日目。
 
高知県仁淀川町のひょうたん桜へ。
朝4時半起き、もうカメラマンもうろうろしている。
ライトアップはないので、月明かりで撮影しようとするが、ピントがいまいちあわない。
 
日の出前には、第二駐車場まで満車。三脚がずらり。
天気予報はよかったのだが、雲の多い空模様で撮影せず。
桜はほぼ満開、大きい桜なので一部つぼみのところもある。
今年はかなり遅めの満開。一日寒く、一時ヒョウも降った。
 
山並みが霞むタイミングで撮影。
 
イメージ 1
 
ひょうたん桜は西斜面にあり、昼前後まで日が当たらないので、
9時前に出て他の桜を見に行く。
 
日中は一方通行、帰り道沿いからの遠望。
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
10時半、市川家の枝垂れ桜、満開ピーク。少しだけ路肩駐車可。
中越家の枝垂れ桜は3分咲き。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
大渡ダムの桜、満開。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
12時半ごろ、再びひょうたん桜を撮りに戻る。
駐車場は満車だったが、ほとんど待たずに入れた。
 
晴れてはいるが、すごく雲が多いので、撮り難い。
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
5時40分過ぎ、太陽が山並みに隠れる。
撮影移動の間に水準器をなくす。
 
夜は愛媛県松山市へ移動。
三坂峠旧道からの夜景。なんとなく気味が悪いところで長居せず。
バイパスもできている。
 
イメージ 5
 
走行時間で2時間弱で、愛媛県松山市の道後温泉。
入浴のみ400円、シャンプーやタオルは別料金。
駐車場利用者は1時間無料、追加1時間100円。
 
イメージ 6
 
夕食後、車中泊。
夜は寝袋と毛布2枚でもけっこう寒かった。
 
ここまで走行618キロ。

このページのトップヘ