風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:沖縄県

宮古島と来間島と池間島 沖縄県宮古島市の来間大橋・西平安名崎・池間大橋、7月9日分。

朝から曇り、少しだけ青空が見える。

来間島から、来間大橋と朝日。
無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A2925

西平安名崎。無料駐車場・展望台あり。

_W6A2964

池間島から池間大橋。
無料駐車場・売店あり。

_W6A3059

その後も宮古島やとなりの伊良部島をぶらぶらするが、
完全な曇りになったので、あまり撮影はせず。


宮古島と伊良部島 沖縄県宮古島市の与那覇前浜・イムギャーマリンガーデン・砂山ビーチ・熱帯植物園 7月8日分。

朝から曇り、島の南側のみ一部青空が見える。

与那覇前浜。無料駐車場あり、売店あり。

_W6A2598

イムギャーマリンガーデンの展望台から。
無料駐車場、売店あり、トイレなし。

_W6A2687

_W6A2801

砂山ビーチ。無料駐車場あり。
有名なアーチは崩壊の危険があるので、柵で囲まれている。

_W6A2810

_W6A2813

熱帯植物園。入園自由、無料駐車場あり。

_W6A2818

_W6A2825

_W6A2854

今日も伊良部大橋のふもとから伊良部島と夕日を撮影。
無料駐車場あり、トイレなし。
以前ここに、伊良部大橋の工事中の休憩所を転用した展望所があったのだが、
基礎がちゃんとしてなかったことで、台風で動いたため、
取り壊されたそう。なんとももったいない話。

_W6A2869



宮古島と伊良部島 沖縄県宮古島市のイムギャーマリンガーデン・うえのドイツ文化村・来間大橋・与那覇前浜 7月7日分。

朝から曇り、時々日が差す感じ。
梅雨は開けているのに戻り梅雨ということで冴えない天気。

イムギャーマリンガーデンの展望台から。
無料駐車場、売店あり、トイレなし。

_W6A2351

_W6A2369

うえのドイツ文化村。道沿いから遠望。

_W6A2415

来間大橋。展望所に無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A2445

与那覇前浜。無料駐車場あり。

_W6A2489

伊良部島と夕日。伊良部大橋のふもとに無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A2579

沖縄本島 沖縄県大宜見村の喜如嘉の滝、国頭村の比地大滝、名護市の轟の滝 7月4日分。

朝は曇り、後小雨。

大宜見村の喜如嘉の滝。無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A2024

国頭村の比地大滝。
入場500円。JAF割で400円。朝9時から夕方4時まで。
無料駐車場あり。キャンプ場があるが、売店などはなし。
滝まで歩いて40分ほど。道はよく整備されている。
少しずつ高度を上げ最後は展望テラスに出る。
滝壺には行けない。

_W6A2073

タ―滝にも行ってみたが、沢歩きになるようなのでパス。
水遊びツアーが出ているところ。

名護市の轟の滝。入場200円。無料駐車場あり。

_W6A2120

_W6A2135

夕方、早めに沖縄市にあるビジネスホテルへ。
次第に本降りの雨に変わる。



沖縄本島 沖縄県名護市の嵐山展望台、東村のふれあいヒルギ公園、国頭村の安波のサキシマスオウノキ群落・辺戸岬・大石林山、大宜見村の親川の滝 7月3日分。

天気は曇り、たまに晴れ間あり。

嵐山展望台から。無料駐車場あり、売店あり。

_W6A1753

東村ふれあいヒルギ公園。無料駐車場あり、売店あり。

_W6A1768

_W6A1783

安波のサキシマスオウノキ群落。路肩駐車可。

_W6A1796

辺戸岬。無料駐車場あり、売店あり。

_W6A1830

大石林山。入場1200円。JAF割で1080円。
以前来た時よりずっと立派な建物になっていた。
シャトルバスで山の上まで送迎してくれる。

パワースポットの奇岩を巡る上部の周遊コースが1時間ほど。

_W6A1862

_W6A1869

_W6A1874

下までガジュマルなどを見ながら下るコースが30分ほど。

_W6A1915

_W6A1927

_W6A1935

_W6A1948

道の駅おおぎみの横から見れる親川の滝(ウェーガーの滝)
滝壺には行けない。

_W6A1971




沖縄本島と古宇利島 沖縄県読谷村の座喜味城跡・残波岬・ニライビーチ、恩納村の万座毛、国頭村のヤンバルクルナ展望台・辺戸岬・芽打バンタ、今帰仁村のハート岩と夕日 7月2日分。

天気は晴れているが曇が多い。
朝から北部へ。

読谷村の座喜味城跡。無料駐車場あり、売店あり。

_W6A1422

_W6A1427

残波岬。無料駐車場あり。臨時パーラーあり。

_W6A1452

_W6A1508

ニライビーチ。駐車場60分200円。

_W6A1556

_W6A1537

恩納村の万座毛。無料駐車場あり、売店あり。現在新しい休憩所・売店工事中。

_W6A1626

国頭村のヤンバルクルナ展望台。無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A1653

辺戸岬。無料駐車場あり、売店あり。

_W6A1683

芽打バンタ。無料駐車場あり。

_W6A1719

古宇利島のハート岩と夕日。
最後は雲に隠れてしまった。
駐車場100円。近くは1時間300円、1日500円。売店あり。

_W6A1734

沖縄本島 沖縄県南城市の知念岬公園・ニライカナイ橋・おきなわワールド文化王国、糸満市の平和祈念公園・ひめゆりの塔、7月1日分。

天気は曇り。

朝からゆいレールで那覇空港へ行き、
さらにシャトルバスでレンタカーオフィスへ。
予約していたレンタカー(5日間で18400円、保険込み)を借りる。

青空求めて、南部の沿岸部へ走る。

沿岸部は予想通り青空が見えた。

南城市の知念岬公園。

_W6A1292

ニライカナイ橋。
干潮時間に近いのがいまひとつの感じ。
短期旅行なら、昼頃に満潮を迎える頃に予定を合わせるとよいが、
期間が長くなるとそうはうまくいかない。

_W6A1319

糸満市の平和祈念公園。雲が増えてくる。

_W6A1335

ひめゆりの塔。
ひめゆり平和祈念資料館は、涙なしではいられない。

_W6A1354

完全に曇りに変わったので、南城市のおきなわワールド文化王国へ。
園内にある玉泉洞。

_W6A1356

_W6A1367

沖縄の伝統文化を体験できる。

_W6A1389

_W6A1392

_W6A1407

夕方、少し青空が見えてきたが、すぐにまた曇る。

久米島と奥武島 沖縄県久米島町の畳岩・具志川城跡 6月30日分。

今日も雲の多い天気だが、少し青空が見えるので、
青空求めて、島内を行ったり来たり。

今日も朝は撃沈。
島は昼間は快晴になっても朝夕は雲に包まれることが多いので、
なかなか綺麗なのは撮れない。
まぁまったく雲がなくても絵になりにくいので、難しいところ。

畳石。来るのは4回目。この辺りは割と青空が見える。

_W6A1154

_W6A1171

_W6A1184

宇江城城跡からの綺麗な眺めが撮りたくて、
4日間で6回くらい行ったが、北側は雲が多くて結局撮れずじまい。
昨日撮影したのが、一番ましな感じ。

具志川城跡。
低気圧が近くを通過しているせいか、青空が見えてもすっきりしない雲のおまけつき。

_W6A1238

12時半ごろに港でレンタカー返却。

1時20分にフェリー船内へ。
2時に出航。
3時半に渡名喜島。

5時40分に沖縄本島のとまりん港に到着。
歩いて先日泊まった宿へ。




久米島と奥武島 沖縄県久米島町の比屋定バンタの展望台・はての浜・登武那覇園地・宇江城城跡・五枝の松・具志川城跡・ミーフガー・てぃーだ橋・イーフビーチ・畳岩・二重ノッチ 6月28日分。

今日も雲の多い天気だが、少し青空が見えるので、
青空求めて、島内を行ったり来たり。

朝は比屋定バンタの展望台へ。

_W6A0325

8時過ぎの船で、沖合にある「はての浜」へ。
1時間ほどの滞在で、船の往復料金は3500円。
潮が引いているので条件は良くないが、少し青空が見えたのが幸い。

_W6A0388

_W6A0524

登武那覇園地からイーフビーチ方面の眺め。

_W6A0638

_W6A0656

宇江城城跡からの眺め。北側は雲が切れない。

_W6A0689

五枝の松。国指定天然記念物。

_W6A0702

具志川城跡。

_W6A0756

_W6A0803

ミーフガー。

_W6A0838

てぃーだ橋からの眺め。

_W6A0924

イーフビーチ。

_W6A0983

畳岩。魚眼レンズで撮影。

_W6A1059

_W6A1074

二重ノッチ。

_W6A1096

夕方は雲に隠れて、夕日は撃沈。

2日間曇りや雨ばかりだったので、
久米島の滞在を一日延長したのだが、
そのかいがあって、少しは撮影することができた。

久米島と奥武島 沖縄県久米島町の畳石・鳥の口・宇根の大ソテツ・ミーフガー 6月28日分。

天気は曇り。

朝から朝日を見に行くが撃沈。

島の西側のみ、少し青空が見えたので、
まず橋で行ける奥武島の畳石へ。
マグマが冷えて固まったもので、国指定天然記念物。

_W6A0052

次に南部にある鳥の口へ。

_W6A0086

_W6A0122

宇根の大ソテツ。

_W6A0233

シーサー。

_W6A0242

_W6A0248

その後、島内を廻るが雲が多くあまり撮影はせず、ほぼロケハン。

夕方、ミーフガーへ。

_W6A0260

_W6A0263




このページのトップヘ