風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:河津町

静岡県河津町の河津桜まつり 2月20日分2-2、21日分。

11時頃に河津町に移動。
駐車場700円。



河津桜は6分咲きから満開。南伊豆のほうよりやや遅め。
全体的に海に近い南東のほうが進行は遅い感じで、
豊泉橋から奥の方はほぼ満開で、写真的にもこの辺りがおすすめ。

イメージ 1

河津城跡公園からの眺め。
駅近くの登山口から約20分で展望台。
観光用のドローン撮影をしてる人たちがいた。

イメージ 2

夜はライトアップもあるが、一部分のみで今一つの感じ。
もっと全体をライトアップしてくれればいいのだが、予算がないのかな。
ライトアップの魅力がないと、
みんな日帰りになってしまう気がするのだが。

二年前は南伊豆のライトアップを撮ったんだが、
夜は南伊豆のほうが写真向きの感じ。

東伊豆町で三島神社の雛壇飾りやってたの撮りに行くつもりだったのだが、
すっかり忘れていた、失敗。次回は忘れずに行こう。



21日は、富士市の岩本山公園へ。
富士山と梅を合わせて撮りたかったのだが、
今回も天気予報は外れて曇り空。
梅もまだ見頃には早いので、あきらめて帰路に着いた。

5時過ぎに帰宅。
今回の11日間の総走行距離は3118キロ。

取材記は今回で終了です。ありがとうございました。



静岡県南伊豆町の蓑掛岩と朝日、河津町の河津桜と河津七滝、伊豆市の月ヶ瀬梅林と修善寺梅林、南伊豆町の黄金崎にある「馬ロック」2月22日分。

22日水曜日の朝一は、南伊豆町の蓑掛岩と朝日を撮影。

高台からは12月から1月ごろが良いので、港から撮影。
時期的には中途半端なので、日の出は蓑掛岩の間からは出ない。
蓑掛岩の間からの日の出は3月。
まぁ雲が焼けて面白い感じ。

イメージ 1

イメージ 2

伊豆大島と天使の梯子。

イメージ 3

天気は、雲のすごく多い晴れ。たまに日差しはあるが空は白い。

8時前に河津町の国道135号線沿いの無料駐車場に停めて、城山まで歩く。

線路沿いの登り口まで5分。

河津桜と染井吉野の木もある海の見える東屋まで、さらに15分。
さらに4分で山頂。(登山口からは、山頂まで20分、歩きやすい道)

山頂からは、駅方面は木がじゃまで見にくいが、峰温泉方面はよく見える。

イメージ 4

下りは16分ほどで登り口へ。駅までは2分ほど。
曇りなので、花のアップなどを撮影。やや散りが多い。

イメージ 5

周辺の寺の展望台にも行ってみたが、あまりよくは見えず。

たまにスナップも撮ります。

イメージ 10

昼前に北上して、七滝のループ橋へ。無料駐車場あり。
空が白いのでいまいち。

イメージ 11

その後、河津七滝へ。河津桜が少し咲いている。

イメージ 12

イメージ 13

ワサビが名物。

イメージ 14

北上して伊豆市の月ヶ瀬梅林へ。入園300円。梅は1500本。午前中がおすすめ。
6分咲きとなっていたが、まだ少しさびしい感じ。


イメージ 15

さらに北上して、1時20分ごろに修善寺梅林に移動。駐車場300円。梅は1000本。
ここは満開となっていたが、ここもまだ寂しい感じ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後、国道136号線を南下。

駿河湾の黄金崎にある「馬ロック」、本当に馬みたい。

イメージ 9

その後、さらに南下。
田子港のゴジラッチョの夕日には、まだ時期が早いので、堂ヶ島へ。
町に近く無料駐車場あり。
カメラマンとボランティアのガイドさん数名。

水平線に雲が多く、夕日は撃沈。

静岡県南伊豆町の「みなみの桜」と「あいあい岬」からの夕日と河津町の河津桜 2月21日分。

その後、南伊豆町に移動。
昨日の嵐で心配していたが、まだほとんど散っていなくて安心した。
ここの桜は通称「みなみの桜」と呼ばれ、河津町の桜と区別されている。

どちらも例年の見頃は3月上旬だが、
今年は10日から2週間も早く見ごろになった。

南伊豆町

道の駅近辺が一番の見所。この時期のみ駐車場500円。
堤防の菜の花は少な目。
嵐の後で気持ちがいい青空。

東側の菜の花の多いところで撮影。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ここで、写真家の河口さんとばったり。
夜中に車を飛ばして来られたそう。

イメージ 7

西側からは昼以降の光線が良い。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

12時45分ごろに出発。
1時半ごろに河津町に到着。

河津町の方が有名で、鉄道でも来れるので、
人もすごく多くて、駐車場も多いのにほぼ満車状態。

なんとか空きを見つけて駐車場に入れる。駐車場は500円もしくは700円。
河津町の方はやや散りが多く、見頃後半。
条件的には午前中から午後早めの光線がおすすめ。


峰温泉付近。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

3時50分に出発、再び南伊豆町に移動。

4時35分に到着。
橋と山の影が落ちてきている。
もう少し早い時間が良さそう。

イメージ 16

イメージ 17

5時前に出発、大根展望所近くのあいあい岬へ。
広い駐車場があり、売店もあるが夕方は閉まっている。

駐車場の手前、少し北側で撮影。
カメラマン数名。

イメージ 18

5時半ごろに日没。すぐに南伊豆町に戻る。
ライトアップ、南側はもうついているのだが、
北側は点灯時間の6時になってもつかず、6分位遅れてやっと点灯。
薄暮の時間は貴重なのに残念。もっと早く45分頃には点灯してほしい。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21


静岡県河津町の本根岬からの朝日 2月21日分。

20日月曜日か24日金曜日まで4泊5日で、静岡県の河津桜を撮りに行ってきた。

月曜日の朝、所要を済ませた後、11時前に出発。
午前11時ごろ西名阪の法隆寺ICから入る。

名阪国道・伊勢湾岸道・第二東名を通り
午後4時45分に長泉沼津ICから伊豆縦貫道へ。
(走行4時間45分+途中休憩合計1時間ほど)

朝は曇りのち小雨から、しだいに嵐に変わる。
風は強く車が揺れる。

国道414号線を南下。
途中に2か所、有料区間あり(各200円)

5時36分に浄蓮の滝駐車場前、5時53分に七滝ループ橋通過。

途中18分ほど休憩、県道14号線に入り、
6時半ごろに海沿いの国道135号線に入り南下。

7時ごろに下田市の宿に到着。
宿は1泊3200円ほどの素泊まりを3泊予約しておいた。
伊豆半島は、サーファーなどが多いので、3000円くらいの宿も多い。

21日火曜日の朝一は、河津町と下田市の境の本根岬から撮影。

イメージ 1

イメージ 2

静岡県伊豆市の浄蓮の滝・荒原の棚田・修善寺虹の郷の花菖蒲と紫陽花と薔薇・旭滝、河津町の旧天城トンネル・二階滝・河津七滝の初景滝と伊豆の踊子像・釜滝、下田市の下田公園の紫陽花 6月8日分。

天気は、雲の多い晴れ、しだいに曇り、夕方霧雨。

静岡県伊豆市の浄蓮の滝。日本の滝100選の1つ。
無料の駐車場から、5分ほど谷に下る。

イメージ 1

その後、近くの荒原の棚田へ。
棚田100選の1つ。案内版あり。路肩駐車可。
午前中の光線がおすすめ。
田植え初期は、夕日に染まる棚田もよいと思う。

イメージ 2

イメージ 3

近くの棚田100選の1つ、下ノ段の棚田にも行くが、
耕作放棄が多く、絵にならない感じ。

国道414号線を少し北上して、修善寺虹の郷へ。
駐車場300円。朝9時から、入園1200円。園内広く、バス列車あるが別料金。


花菖蒲が見頃、紫陽花が見頃初期、北の瀬と南の瀬の二か所ある。
薔薇園は、下のほうはほぼ散り、斜面は散りはじめ。

北の瀬。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

薔薇園。

イメージ 8

イメージ 9

南の瀬。

イメージ 10

国道414号線を南下したところにある旭滝。
案内あり。近くの神社に駐車可5台くらい。
1分位で滝が見える。滝の中腹部まで行くこともできる。

イメージ 11

その後、南下して旧道を進み、旧天城トンネルへ。日本の道100選の1つ。
北側に駐車場・トイレあり。南側に駐車場あり。

イメージ 12

南下して河津町に入り、少し下ったところにある二階滝。案内あり。
道沿いすぐの展望台あり、滝壺には行けない。

イメージ 13

再び国道414号線に入り、南下。
ループ橋を降りてすぐの分岐から河津七滝(かわづななだる)へ。

無料駐車場あり。七つの滝があるが、現在大滝には行けない。
全部見て、1時間半ほど。


初景滝。川端康成著の「伊豆の踊子」の像がある。

イメージ 14

釜滝。

イメージ 15

その後、南下して下田市に入り、下田公園へ。
臨時駐車場500円。紫陽花は見頃前半で、5分咲きから満開。
雨が降り出してくる。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

夜は北上して、三島市のビジネスホテル泊。

このページのトップヘ