風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:波照間島

波照間島 沖縄県竹富島の高那崎・ニシハマ・波照間灯台とさとうきび畑 石垣島 石垣市の明石の牧場・平久保灯台・玉取崎展望台・バンナ公園・名蔵湾・観音崎灯台 7月17日分。

今日も朝から高那崎へ。途中から雨になり退散。

_W6A6322

_W6A6459

休憩後、ニシハマへ。面白い雲が出ていた。

_W6A6586

波照間灯台とさとうきび畑。

_W6A6773

送迎してもらい9時45分ごろに港へ。
台風接近で石垣島に戻る人が多く、大混雑。
波照間島は海が荒れると欠航し、
下手をすると1週間くらい帰れなくなるので、
フェリーは満員。片道3550円。

10時に出航、けっこう荒れた。

11時45分ごろに石垣島に到着。

バスで空港まで行き予約していたレンタカーを借りる。
2日間で保険込みで10000円弱。

1時前に空港を出て、1時30分に港で桐野さんをピックアップ。

台風接近で、午後遅くには荒れ模様なので、
天気の良いうちに島内を廻る。

西側の名蔵湾や川平湾経由で北部へ。
昼頃はちょうど干潮に近くて絵にならないので、この辺りはロケハンのみ。

明石付近。

_W6A6904

平久保灯台。無料駐車場あり。

_W6A7054

玉取崎展望台より。無料駐車場あり。
ここは何回も来ているが、こんなにクリアに見えたのは初めてかも。
東側は晴れているが、西側は厚い雲が出てきた。

_W6A7107

バンナ公園の渡り鳥展望台より。無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A7164

バンナ公園のバンナ展望台。無料駐車場あり。
西側は厚い雲で、意外とこんな感じも面白い。

_W6A7169

名蔵川。

_W6A7204

名蔵湾。

_W6A7233

夕方に観音崎灯台へ。無料駐車場あり、トイレなし。
夕日は撃沈。

_W6A7260

夜にはついに雨が降り出す。

今日は桐野さんと豪勢に石垣牛を頂いた。
めちゃ美味い最高でした。


波照間島 沖縄県竹富町の星空観測タワー・高那崎からの日の出・ニシハマ・7月16日分。

日の出前に星空観測タワーへ。
月の入り時間と日の出時間が近いので、もう天の川は見れない。

_W6A5814

高那崎からの日の出。
雲がいい感じだったが、いまいち焼けず。

_W6A5830

宿に戻り、少し休憩後に港へ。
港の堤防からニシハマ。

_W6A5906

_W6A5942

ニシハマに移動。いまいちいい雲が出ない。

_W6A6080

ニシハマは午後になると光線が悪くなるので、1時ごろに宿に戻る。
休憩後、島内を廻るがあまり収穫はなし。ひたすら暑い!

夕方、ニシハマへ。今日も雲が厚く撃沈。

西表島 沖縄県竹富町の干立からの天の川・仲良川のサガリバナ 波照間島 ニシハマ・日本最南端の碑・高那崎 7月15日分。

朝4時半過ぎに桐野さんの滞在している干立へ。
15日が月入り時間の関係で天の川が見えるぎりぎりだったのだが、
夜明け前に撮影することができた。

_W6A5246

桐野さんと合流して、5時半前に白浜港へ。
船で仲良川へのサガリバナツアーに参加、3000円。
ガイドさん含め全員で7人。


_W6A5284

_W6A5300

_W6A5325

_W6A5412

_W6A5470

8時ごろ港に戻る。

桐野さんも波照間島行かれるので、ホテルをチェックアウトした後、相乗り。
11時頃、大原に移動。レンタカー返却。

12時30分、予約していたフェリーに乗り波照間島に向かう。
西表島から波照間島へのフェリーは要予約、1690円。
予約のある場合のみ、石垣島からのフェリーは西表島経由で波照間島に向かう。

1時10分ごろに波照間島に到着。
送迎の車で宿へ。今回は桐野さんも同じ宿。

1時20分ごろに宿へ。
ここでは2人ともレンタバイクを借りた、出発まで5000円。
波照間島はそんなに広くなく、レンタバイクで充分。
レンタカー自体の数も少ない。

まずは港へ。
暑いけど、バイクで走るのは風を感じて気持ちがいい。

_W6A5550

港の堤防の上から見るニシハマ。
もうかなり潮が引き、光線も良くない。

_W6A5563

日本最南端の碑。無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A5658

高那崎。無料駐車場あり。

_W6A5706

夕方、ニシハマヘ。無料駐車場あリ。
雲が厚く、夕日はいまひとつ。

_W6A5738

波照間島 沖縄県竹富町のニシハマ 竹富島 竹富町のコンドイビーチ、西桟橋 石垣島 石垣市の玉取崎展望台、名蔵湾のマングローブ林と夕焼け 9月9日分。
 
今日は波照間島から石垣島に戻る日。
 
朝から見納めにニシ浜ヘ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
10時のフェリーで石垣島へ移動、3000円。

かなり観光客は多かったが、大型のフェリーの乗車率は半分くらいだった。

11時20分頃、石垣島に到着。
 
港近くの宿(民宿マリュウド、2000円)に荷物を置いて、

12時半のフェリーで竹富島へ向かう、往復1340円。
 
10分ほどで到着。春と合わせて4度目。
 
バスでコンドイビーチへ移動、300円。
 
前回、潮が引きすぎだったので再訪。このビーチもかなり美しい。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
西桟橋まで歩く、10分くらい。

イメージ 13
 
さらに島の中心部まで歩いて散策、さらに10分ほど。
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
昼飯を食べ、さらに港まで歩く。

小さな島なので、歩いてもたいしたことない感じ。

4時過ぎに石垣島に戻る。
 
宿の下のレンタカー会社で、軽を借りる、3時間3000円。
 
玉取崎展望台。
 
好天でも半島に雲がかかり、なかなかクリアに見えないので、
 
春と合わせれば10回以上来た気がする。
 
イメージ 4
 
最後は、名蔵湾のマングローブ林と夕焼け。

イメージ 5
 
イメージ 6

波照間島 沖縄県竹富町のさとうきび畑、ペムチ浜、ニシハマ 9月8日分2-2。
 
島内は、さとうきび畑がいっぱい。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
ペムチ浜。
 
島には、浜が数ヶ所あるが、潮流が激しいのでニシ浜以外は遊泳禁止。
 
それなりには美しいのだが、ニシ浜が飛びぬけているので見劣りする感じ。
 
イメージ 4
 
夕方、ニシ浜ヘ。小焼けが面白い感じになった。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 

波照間島 沖縄県竹富町の高那崎と朝焼け、ニシハマ 9月8日分2-1。
 
朝から高那崎へ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 11
 
石畳の道は、2匹のへびが絡まった様子をモチーフにしている。
 
イメージ 12
 
朝食後、ニシ浜ヘ。
 
イメージ 10
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
続く。

波照間島 沖縄県竹富町のニシハマ、星空観測タワー、日本最南端の碑、高那崎の断崖 9月7日分2-2。
 
西表島大原から、11時10分発の波照間島行きの船に乗る、1500円。
 
30分ほどで波照間島に到着、有人島では日本で最南端の島。
 
迎えの車で宿へ、民宿星空荘、2食付5000円。
 
近くでレンタバイクを借りる、48時間5000円。
 
昼飯後、ニシ浜ヘ。漢字では北浜だが、ニシハマと呼ぶそうだ、ややこしい。
 
八重山で一番と評判のビーチは、本当に美しい。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
3時ごろ、星空観測タワーのある高那崎へ。
 
イメージ 12
 
日本最南端の碑。
 
イメージ 13
 
高那崎の断崖絶壁。
 
イメージ 3
 
夕食後、再びニシ浜ヘ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 

このページのトップヘ