風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:津市

三重県津市の赤塚シャクナゲガーデン 4月23日分。

天気は晴れから高曇りの感じ。
朝から三重県津市の赤塚シャクナゲガーデンへ。
無料駐車場あり。入園は500円。

2013年からオープンしていて、以前から気になっていたところ。
石楠花の開花は品種によっていろいろなので、
4月上旬から5月上旬までの開園だが、全体的に見頃でいい感じ。

石楠花がほとんどだが、他の花も少しある。
八重桜は満開散り始め。チューリップ・山吹は見頃。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

園内はこんな感じ。

イメージ 7

イメージ 8

その後、北勢のほうをぶらぶら。

蓮華と菜の花。

イメージ 9





三重県津市のミツマタ群生地 3月29日分2-2。

竹原の淡墨桜から移動してミツマタ群生地へ。
三多気の桜のすぐ近く。
伊勢地地域住民センターの無料駐車場から歩いて15分ほど。
中間あたりに簡易トイレあり。

大規模の間伐をした3年ほど前から急に花が増えたらしい。
関西では京都の綾部のミツマタ群生地と並ぶ規模だと思う。
駐車場からはやや遠いが、地形的に変化があるので、
こちらの方が撮影しやすい感じ。
3月中旬から4月中旬まで見頃だが、後半になれば黄色が抜けて白くなる。
観光客やカメラマンがパラパラくらい。
人が入るアングルがないので撮りやすい。


綾部市のミツマタ群生地↓

前2枚はキャノン、後ろはソニーで撮影した分。
色合いが違うが、キャノンのほうが実物に近い感じ。
最近ソニーを結構使ってるが、色合いに関してはキャノンのほうが好みで、
ブログは撮ってだしだが、本現像時には調整している。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



三重県津市の竹原の淡墨桜 3月29日分2-1。

天気は高曇り。

朝から竹原の淡墨桜へ。

橋と踏切の間のところと桜に行く途中と桜の下側に無料駐車場あり。
桜の少し手前に簡易トイレあり。

今日は桜の下側でイベントをやってたので、桜の下側の駐車場は閉鎖していた。
カメラマン数名。イベント終了後に撮影。
茶畑からだと北側から撮ることになるので、晴天より高曇りの昼頃がおすすめ。
谷あいなので、朝夕は陰りそうな感じ。

イメージ 1

イメージ 2

三重県津市の三多気の桜 4月12日分3-1。

天気は快晴、午後からしだいに高曇りに変わる。

朝から三重県津市の三多気の桜へ。
下道を走って、斑鳩から1時間半ほど、8時ごろに到着。

駐車場は無料、第一駐車場で3分の1ほど埋まっていた。

山桜は下のほうで満開散りはじめ、撮影ポイントの棚田付近は満開。
駐車場の八重紅枝垂れは満開。



棚田付近、朝の光線がおすすめ。
朝早すぎると棚田が日陰、9時を過ぎると観光客が増える。

カメラマンが10数名ほど。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



三重県津市のかざはやの里の梅林 2月28日分3-3。

今日は朝から三重県の梅林巡り。

結城神社を見た後、食事をしてから、かざはやの里の梅林へ。

移動30分ほど。久居IC近くの伊勢温泉ゴルフクラブにある。

入園300円、年間パス1000円。駐車場はかなり広い。

500本の梅は全体的には7分くらいで見ごろ。

ここはかなり広く密集しているところは少ない。

5月は、藤の花もあるし、6月の紫陽花園はかなり広く有名。


帰りは伊勢自動車道の久居ICから入り、名阪国道、西名阪経由で帰宅。

かざはやの里から久居ICまで5分。亀山分岐までさらに16分。

西名阪法隆寺ICまですいていたので1時間ほど。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


三重県津市の結城神社の梅林 2月28日分3-2.。

今日は朝から三重県の梅林巡り。

鈴鹿の森庭園を見た後、東名阪の鈴鹿ICから入り、
伊勢自動車道の津ICから出て、結城神社に向かう、約45分。

梅林入園500円、駐車場はかなり広い。


梅林は枝垂れ梅が中心で、8分咲き見ごろ。
神社の屋根を入れるなら、午後の光線がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10





三重県津市のリベラルパーク青山の梅林 3月14日分。


名阪国道上野東ICから南下165号線に入り、9時過ぎに到着。
駐車場無料、入園500円。

ここはしだれ梅が多く、見頃は3月中旬から下旬なのだが、
今年は早めで、満開散り初めというところだった。

ちょうど撮影会もやっていたこともあり、
昼前に出るころには駐車場は満車で大混雑。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、伊勢道と東名阪経由でいなべ市の農業公園の梅林に向かう。
しかし5キロ先から大渋滞、2キロを40分かかったのであきらめUターン。
帰り道、すごい車列だった、絶対日没までに見れない感じ。

いなべ市の農業公園を先にするべきだった。
三重まで行って何してんだか、甘かった大失敗。

奈良県宇陀市の仏隆寺の千年桜と諸木野の桜、三重県津市美杉の三多気の山桜 4月18日分。


12日土曜日は三ヶ所ともまだ咲き始めだったが、
月火と好天で一気に満開になったみたいで、
火曜日には、満開情報が入っていたのだが、別の仕事で行けず、
その後の雨続きで散っていないか心配だったが、
今日見てみると仏隆寺と諸木野が、満開わずかに散り始めくらい。

仏隆寺の南に位置する、国道369号から2.5キロで諸木野の集落。
夜明け前に撮影した諸木野の桜。

イメージ 1


 

霧に包まれた仏隆寺の千年桜。
桜は参道沿いにある、駐車場あり、無料。

イメージ 2

三重県津市の三多気の山桜。 
駐車場あり、有料。
三多気は下の方はかなり散っていたが、
茅葺き民家付近は、満開わずかに散り始めくらいだった。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

三重県津市美杉の三多気の桜 4月14日分。

土曜日は、三重県津市美杉の三多気の桜取材へ行ってきた。
朝4時頃自宅を出発し、国道369号を通り、
6時頃三多気に到着、すでにカメラマンが30人以上。

ここは山桜の古木の並木道が続き有名な所。
駐車場付近は少し散り始めだが、茅葺き民家付近は満開に近い。

朝は雲が出ていて時々陽が射すものの風がありいまひとつの状況。
今年は茅葺き民家の前の田んぼは2面しか水がはってなく残念だった。

8時過ぎ、定番写真を撮影し終わった頃には、すごい人出になっていた。
昼前、移動しようか迷っているとしだいに晴れてきたので、
以前から撮影したかった朽ちかけた桜を、青空を背景に撮影。

写真は、三多気の山桜。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

続いて奈良県東吉野村の高見峠近くの高見の郷に移動。
ここには若木の紅しだれ桜が千本程咲いている。
紅しだれ桜が7分咲きから満開、雪柳とれんぎょうも満開。
あと10年くらいたてば見事な紅しだれ桜の名所になると思う。

夕方、宇陀市の岩端の桜並木に移動。
桜は満開だったが、いまひとついいポイントがなかった。
今日は桜の撮影後に滋賀県の長浜市へ移動して、
祭りを撮影するつもりだったのだが、
遅くなったので、一度自宅に戻り日曜早朝に再度出かけることにした。

このページのトップヘ