風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:渓谷

島根県奥出雲町の鬼の舌震 5月31日分5-3。

その後、西へ進み島根県に入る。
雨はやみ再び曇り。

2時ごろに鬼の舌震(おにのしたぶるい)へ。
無料駐車場、トイレあり。
売店もあるが3時ごろには閉まっていた。
メインのところをぐるっと一周で1時間ほど。
道はよく整備されている。


イメージ 1





岡山県真庭市の神庭の滝と美甘渓谷 5月31日分5-2。
神庭の滝に移動。日本の滝100選の1つ。
無料駐車場、トイレあり。
滝見学は有料で朝8時半から300円。
雨が降ってきた。


イメージ 1

その後、国道181号線を北上。

道沿いから美甘渓谷。

イメージ 2




岡山県鏡野町の奥津渓 5月31日分5-1。

朝から曇り。

紅葉で有名な奥津渓へ。
紅葉名所は新緑も綺麗だが、この時期はとてもすいている。
数か所河原に下りれる場所がある、路肩駐車可。

兵庫県新温泉町の小又川渓谷のシワガラの滝 5月9日分6-3。

次に小又川渓谷のシワガラの滝へ。


案内板あり。
近くには数ヶ所滝がある。

シワガラの滝入口の駐車は車4台分。

しばらくは歩きやすい道が続くが、
下りに入ると滑りやすい道が続く。
長靴だとかなり怖いと思う。

先客にカメラマンの3人組がいたが、
長靴はかれていたので、途中で追いついた。

川沿いまで約20分。さらに滝まで沢沿いを5分ほど。

洞窟内にある滝の下側に入るには長靴が欲しいところだが、
長靴だと途中の道が大変なので、登山靴で行ったのだが、
当然足元はずぶ濡れ。

狭いので広角レンズ要。24mmだと足らない。

天気曇ってたのに途中から晴れてきたので、
洞窟内と外の露出差が大きい。
普通に撮ると外は真っ白。

そのため段階露光して合成してます。

イメージ 1

ちなみにシワガラの滝への道の途中から分岐して、
桂の滝に行く道があるが、沢道でかなりハードらしいので、
今回はパスした。




兵庫県新温泉町の霧ヶ滝渓谷 5月9日分6-2。

次に霧ヶ滝渓谷へ。

案内板があり、少し離れたところに路肩駐車可。

滝まではコースタイムで片道1時間半、2.4キロ。
本格的な登山道なので、標準ズーム付きカメラ1台に三脚、
水と軽食、雨具、防寒具など。熊鈴は忘れずに。

登山道に入り川を渡って少し行ったところに詳細地図あり。
そこからしばらくは川沿いにコンクリートの道が続くが、
本格的な登山道に入ると割とハードな道が続く。
途中所々に滝がある。

40分ほどでジクザクに登る巻き道。
ここからは滑りやすい道が続く。
雨や雨上がりは行かない方がよさそう。

途中、少し川に入らないと進めないようなところもあり。
少しだけ足を濡らせてしまった。

途中、まだ桜が咲いているところがあり、
この辺りはまだ春の感じ。

休憩なしで、1時間15分で霧ヶ滝に到着。
特に休憩所などはない。

まだ残雪もあるが、新緑が綺麗。
滝は北東に開けているので、午前中がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

帰り道、猪に遭遇。
熊鈴に驚いて藪の中を急に走り出した音で自分も驚いた。
猪での死亡事故も多いので、要注意。

11時頃に車に戻る。
往復3時間、結構疲れる。

割とハードな道なので、家族連れはやめた方がよい。
女性やお年寄りもかなり慣れている人以外はお勧めしない。










愛知県豊田市の香嵐渓の紅葉 11月15日分4-1。

早朝は香嵐渓の散策。
駐車場は1日1000円ほど。
紅葉は見頃前半。 早朝はすいているが、ほぼ日陰。

イメージ 1

イメージ 2




福島県昭和村の玉川渓谷の紅葉 10月23日分4-1。

前夜のうちに柳津町に移動。

朝は晴れているものの雲の多い空模様。

只見川と列車が撮れるポイントはまだ見頃には早い感じ。

つむじ倉滝は見頃前半。

その後、国道401号線を南下しながら撮影。

玉川渓谷の紅葉。
全く有名じゃないので穴場かな。

イメージ 1



岩手県八幡平市の松川渓谷の紅葉 10月12日分3-2。

松川渓谷に移動。紅葉は見ごろ前半。

天気は曇りに変わり、時々晴れ間も見えてくる。

イメージ 1

イメージ 2


長野県根羽村の小戸名(おどな)渓谷 5月23日分2-1。
早朝から愛知・長野県境辺りをぶらぶら。

奈良県天川村の御手洗渓谷の紅葉 11月8日分。

朝から雨。

朝8時半ごろに出て、1時間45分ほどで御手洗渓谷に到着。
駐車場1時間300円。
楓並木見頃旬、川沿い見頃後半の感じ。

楓並木、雨に濡れて一層鮮やか、柔らかい光線で最高に綺麗。
路肩駐車可。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

川沿いの路肩広くて複数分のスペースあるところは、一時駐車可能だが、
長時間はやめましょう。

雨で雲海が漂い、とてもいい感じ。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

吊り橋の上は揺れるので、要注意。
広いので三脚使えるが、長時間露光は、人が止まってるときに撮る。

イメージ 9

イメージ 10

楓並木を外から。

イメージ 11

イメージ 12

1時半ごろに天河弁財天神社にお参りしてから帰路につく。

イメージ 13



このページのトップヘ