風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:渓谷

栃木県日光市の日光杉並木と龍王峡 6月8日分2-1。
朝から北進。
11時ごろに日光市に入り、前回とは別の場所の日光杉並木を撮影。

イメージ 1

その後、さらに北進。
鬼怒川温泉近くの龍王峡へ。
無料駐車場・トイレ・売店・食堂あり。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

続く。





石川県白山市の手取峡谷の綿ヶ滝 5月10日分3-1。

前夜は雨、朝から曇り。

富山県の南砺市から石川県金沢市を通り国道157号線を南下。
7時ごろに手取峡谷に到着。
無料駐車場・トイレあり。

東屋のある展望所まで2分。
滝が遠望できる。前夜の雨で川は濁ってる。

イメージ 1

イメージ 2

滝のすぐ近くまでは階段を下りていく、4分ほど。

イメージ 3

その後、さらに南下して、福井県に入る。


広島県安芸太田町の深山峡の紅葉、11月11日分3-2。

深山峡。無料駐車場、トイレあり。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

青森県黒石市の中野もみじ山、十和田市の奥入瀬渓流の紅葉 10月29日分。 

前夜は雨、朝は小雨、
のち雲の多い晴れで、午後から再び雨。

朝から再び黒石市の中野もみじ山へ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

その後、再び奥入瀬渓流へ。

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

午後、本降りの雨になったので移動。
秋田県の仙北市の田沢湖高原のホテルへ。

宮城県大崎市の鳴子峡、仙台市の秋保大滝、蔵王町の蔵王エコーラインの三階滝 10月24日分。

朝は曇り、その後雲の多い天気で、晴れたり小雨になったり。

宮城県大崎市の鳴子峡。
広い駐車場(紅葉時期500円)、トイレ、売店有り。
紅葉は見頃旬。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

鉄道ファンにも人気のところです。
てっちゃんじゃないけど、とりあえず。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

その後、南下して、仙台市の秋保大滝(あきうおおたき)へ。
日本の滝100選の1つ。広い駐車場、トイレ、売店あり。
神社の裏手に展望台有り。
橋を渡った対岸からは河原に下りる事ができる、ここにも小さな駐車場あり。

橋からの眺め。

イメージ 13

展望台からの眺め。

イメージ 11

河原からは紅葉といっしょには撮れない。

その後、蔵王町の蔵王エコーラインへ。
三階滝、日本の滝100選の1つ。
駐車場あり、トイレなどはない。
展望台からの遠望。

イメージ 12

夕方遅く、福島県猪苗代町の裏磐梯に移動。
6時ごろから本降りの雨。
車中泊。

秋田県小坂町の七滝、青森県十和田市の十和田湖、奥入瀬渓流 10月21日分。

天気は、晴れ薄くも有り、しだいに快晴に変わる。

朝から十和田湖へ。秋田県の小坂町と青森県十和田市にまたがっている。

イメージ 1

イメージ 2

その後、青森県十和田市の奥入瀬渓流へ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

9時過ぎに渓流に日が入ってきたので、十和田湖へ。
外輪山の紅葉は終了、中腹は見頃後半、湖沿いは見頃旬。

イメージ 11

イメージ 12

旧瞰湖台からの眺め。
瞰湖台から少し南にある。

イメージ 13

イメージ 14

遊覧船から撮影、1400円。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

夕方、秋田県小坂町の七滝へ。100名瀑の1つ。
周辺の紅葉は見頃後半。

イメージ 19

5時前に東北道の小坂ICから入り、南下。
岩手県の紫波ICから出て、紫波町の旅館へ。

秋田県北秋田市の森吉山ダム、桃洞滝、太平湖の紅葉、小又峡の三階滝 10月18日分。

朝は場所により霧、その後快晴。

秋田県北秋田市の森吉山ダムから望む朝焼け。

イメージ 1

途中、霧が出てきた。

イメージ 2

イメージ 3

朝から桃洞滝へ。駐車場は登山客の車ですでにあふれていた。
駐車場に簡易トイレあり。
9時から4時半までは、野鳥観察センター内のトイレも使える。

滝まで4.2キロで、実測50分。
最初は森ノ中の平坦な道、最後のほうは流れで削られた川沿いの岩盤の上を歩く。
滝は北向き、曇りがお勧め。

イメージ 4

イメージ 5

10時半頃に近くの太平湖へ。
湖を周遊する遊覧船に乗り、湖の奥にある小又峡へ向かう。

太平湖の紅葉。

イメージ 6

イメージ 7

約30分で奥の船着場に到着。
ここから、小又峡を歩いて一番奥にある三階滝へ。
往復1時間半と表示されている。
最初コンクリートの道で、途中からは岩盤の上を歩く。
アップダウンは少なく、歩きやすいが、
所々、断崖絶壁で手すりはなく、高所恐怖症の人はたいへんかも。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

三階滝、北向きで日は当たらないので、曇りがお勧め。
晴天なのでトップライトで撮影。

イメージ 13

イメージ 14

帰り、寄り道せずに船着場に向かったら約25分だった。

夕方、再び森吉山ダムで夕日を撮影。

イメージ 15

夜、北上して日本海側の能代市へ。
道の駅で車中泊。

岩手県八幡平市の松川渓谷の紅葉、松川温泉、芭蕉沼 10月13日分。 

朝は曇り時々日差しあり、その後、雨がきつくなったり時々小雨になったり。
しだいに風が強くなる。

岩手県八幡平市の八幡平山麓へ。
山頂付近は落葉だが、下のほうは見頃。

松川渓谷。
北の又橋からの眺め。

イメージ 1

イメージ 2

森ノ大橋からの眺め。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

松川渓谷沿いに下りる。川原に駐車場あり。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

松川温泉付近。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

芭蕉沼。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

本降りの雨なので、3時ごろにホテルへ。


山口県山口市の長門峡の紅葉 11月17日分。

朝はどんより、しだいに小雨が降ったりやんだり、後くもり。

兄夫婦に送ってもらい、6時半過ぎに新南陽駅へ。
新山口駅で乗り換えるが、
長門峡行きの列車がなくて1時間半ほど時間をつぶす。
10時20分過ぎに山口県山口市の長門峡駅に到着。

駅前の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

長門峡までは、歩いてすぐ。紅葉は少ないかんじ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

列車の本数が少ないので、奥までは行かず、途中でユーターンして駅に戻る。

最後はぎりぎりで大慌て、危うく乗り過ごして3時間も待たなくてはならないところだった。

1時30分過ぎに湯田温泉駅へ。
少し早めに駅近くの宿に泊る。


北海道伊達市の白絹の床の紅葉 10月16日分2-2

その後、伊達市に移動。
少し晴れ間が見えることもあるが、
雨が降ったりやんだりの不安定な天気。

白絹の床の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

三階滝公園に移動。
三階滝の紅葉はすでに散っていた。

向かいのトーテムポールに丘。

イメージ 4

その後、洞爺湖方面に戻りながら、紅葉撮影。

壮瞥町・幡渓付近の紅葉。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

洞爺湖畔の紅葉。

イメージ 8

イメージ 9

夜は、洞爺湖の旅館、かたらぎ荘へ。2200円と暖房費300円。
たぶん周辺では一番リーズナブル。テレビはあるが、温泉はなし。

このページのトップヘ