風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:湖

秋田県仙北市の田沢湖 7月30日分3-2。

10時頃に田沢湖高原へ。
距離もあり、高度も足りないので、田沢湖の撮影ポイントとしては今一つの感じ。
秋田駒ケ岳へ続く道沿いからは良く見えそうだが、
この時期マイカー規制中。
https://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/03.html

_S9A3057

雲が少なくなり次第に晴れてくる。
11時に田沢湖へ。田沢湖畔線の南側へ。
この辺りは田んぼが多い。
https://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/04_tazawako.html

_S9A3080

田沢湖畔のたつこ茶屋付近で50分ほど休憩。

_S9A3087

その後、国道105号線を北上して、安の滝に向かう。
1時過ぎに道の駅あに近くの分岐に到着。
しかし、安の滝に向かう道は整備で通行止め。

あちゃー、やってしまった、リサーチ不足大失敗。
雨の後の午後の晴天狙いだったんだが、残念。
周囲の他の滝は雨天の方がいいので、あえなくUターン。
https://www.city.kitaakita.akita.jp/archive/contents-5998

1時50分に再び田沢湖へ。北側の御座石神社。
https://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/04_goza-jinja.html

_S9A3126

_S9A3209






秋田県仙北市の田沢湖 7月24日分5-1。

朝は3時半に出発、道の駅あねっこから田沢湖の西側までは40分ほど。

田沢湖のたつこ像。日の出は4時半ごろ。
少しすると雲が増えた。
移動する直前にJSPAの佐藤さんとバッタリ。

_S9A1284

かたまえ山森林公園の展望台に移動、車で5分ほど。
無料駐車場・トイレあり。
雲が増えてドラマチックな朝。

_S9A1354

田沢湖のたつこ像前に戻ると、
JSPAの佐藤さんが高橋さんと立ち話中。
珍しく日本風景写真家協会(JSPA)メンバー3人が揃う。

_S9A1384

3人で北側の御座石神社の鳥居付近に移動。
水の色がなんとも綺麗。
結局撮影しながらも3時間近く話し込んでしまった。

_S9A1447

2人と別れて、9時40分ごろに田沢湖レストハウスへ移動。
少し雲があるものの夏らしい天気。

_S9A1546


長野県立科町の白樺湖のアサザ 7月16日分5-3。

8時過ぎに横谷渓谷を出て、20分ほどで白樺湖へ。
無料駐車場・トイレあり。

天気は次第に青空が見えてくる。
アサザが綺麗に咲いていた。

_S9A8872

_S9A8920




富山県南砺市の刀利ダム湖の新緑 5月12日分7-2。

7時45分ごろに刀利(とうり)ダム湖へ。
金沢市内から30分ほど。
新緑がとても綺麗。
路肩駐車可。トイレは刀利ダム付近にある。

_S9A2911

_S9A3012



島根県松江市の宍道湖の夕景 6月5日分7-7。

夕方は宍道湖へ。

無料駐車場、トイレあり。
日没位置や時間などはHPに情報が出ている。

今日は地平線近くに雲があり今一つの感じ。

イメージ 1



島根県松江市の宍道湖と松江城 6月1日分5-4。

晴れているものの空の抜けはいま一つ。

松江市に移動。


宍道湖。無料駐車場、トイレあり。

イメージ 1

次に城下町へ。土日は県庁の駐車場も開放。

堀川遊覧船。

イメージ 2

小泉八雲旧居。

イメージ 3

武家屋敷。

イメージ 4

松江歴史館。

イメージ 5

石垣のハート。松江城内には13ヶ所のハートがあるらしい。

イメージ 6

松江城。

イメージ 7


長野県の茅野市・立科町の白樺湖 6月16日分3-2。

蓼科高原を抜け、ビーナスラインへ。

ビーナスラインの女の神展望台から望む南アルプスの山並み。

イメージ 1

蓼科湖が見える。

イメージ 2

白樺湖湖畔の黄金アカシア。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

霧ヶ峰の道沿いの展望台から望む白樺湖と蓼科山。
蓼科山は100名山。

イメージ 6

続く。

群馬県中之条町の野反湖のシラネアオイ群落、チャツボミゴケ公園のレンゲツツジ、草津町の湯畑 6月14日分3-2。

国道405号線を北上して、野反湖(のぞりこ)に移動。
無料駐車場・食堂・トイレあり。

晴れてきたが、雲の多い空模様。

イメージ 1

北側のテンバのツツジはまだ咲きはじめだった。
新緑が綺麗。

イメージ 2

シラネアオイ群落が見頃後半から終盤。
南側の駐車場から6分ほど。

イメージ 3

イメージ 4

その後、チャツボミゴケ公園へ移動。
見学の受付時間は午前9:00から午後3:30、入園500円。



レンゲツツジは見頃終盤。
寄り道し過ぎで来るのが遅れてしまった、残念。
梅雨なのに雨も少なく、苔も焼けて元気がない感じ。

イメージ 5

草津町の湯畑へ立ち寄る。有料駐車場あり(2時間550円)


イメージ 6

その後、渋峠を越えて志賀高原に向かう。

栃木県日光市の中禅寺湖 6月4日分3-2。

天気は快晴だが、しだいに雲が増えてくる。

明智平の後、中宮祠足尾線へ。

中宮祠足尾線の展望台から望む中禅寺湖。

イメージ 1

イメージ 2

終点の駐車場から、半月山の展望台へ。
歩いて20分。脚立使用。
中禅寺湖は、ここからの眺めが一番。
後ろの山は、日本百名山の1つの男体山。

イメージ 3

イメージ 4

寺ヶ崎。秋は紅葉は綺麗なところ。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

歌ヶ浜から中禅寺湖と男体山。

イメージ 8

イメージ 9

続く。

滋賀県長浜市の余呉湖の雪景色 2月11日分2-2。

彦根から少し北上するとすぐに吹雪いてくる。
長浜城は、数年前に撮影したのでパス。

その時は、長浜、彦根と移動したのだが、大きな間違い。
寒気は、長浜のほうが強いので、彦根、長浜と行く方がお勧め。

木之本まで移動すると、猛吹雪。
この辺りの積雪量はかなり多い。

余呉湖の駐車場では、かなりの車が埋もれて、
出るのにスコップで雪をかき分け、苦労していた。

頻繁に吹雪くのだが、この状況でも船釣りの客がいっぱい。
まぁ向こうから見れば、写真撮っているのも同じようなもんか。

湖畔沿いの雪は背丈くらいあり、際までは行けず。
湖畔に近く、雪の低い道沿いから撮影。
帰り、外人の乗った車が路肩の溝にはまり、立ち往生。
船釣りの店の人がJAFを呼んでいた。
雪国では、路肩の溝が雪で隠れているので、あまり路肩には寄らない方がいい。

イメージ 1

イメージ 2

4時過ぎに出発。365号線は冬季通行止め。
15分で8号線へ。
雪がすごく高速は木之本から北行きは通行止め。
しかたなく、8号線を北上。
8号線はお湯が出て雪を溶かしてくれるので安心。
たぶん通行止めになることはない。

5時半ごろに敦賀に到着。
少し休憩して、さらに北上。
通行止めはどんどん北に延びて、最終的に武生までになっていた。

武生から加賀まで高速に乗り、粟津温泉のホテル泊。


このページのトップヘ