風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:滋賀県

滋賀県草津市の三大神社の藤 4月28日分2-2。

2時前に三大神社へ移動。
広い無料駐車場あり。協力金200円。
藤の花は満開見頃。今年は早めとのこと。

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/161/


_S9A7674

_S9A7675

_S9A7677

滋賀県草津市の草津宿場まつり 4月28日分2-1。

天気は晴れ、10時くらいは快晴だったが、次第に雲が増える。

朝から草津宿場まつりを見に行く。
すぐ近くのコインパーキングは24時間600円。
コロナの影響で祭りは5年ぶりの開催だが、この祭りに来るのは実に28年ぶり。

https://932matsuri.com/

時代行列は11時に立木神社近くからスタート。
自分は、草津本陣の前で撮影してたが、
道路上規制していないので、行列と一緒に歩く人が多く、
それにスタッフも参加者の真ん前で近すぎるので撮りにくい。

行列のある祭りどこにも共通して言えることだが、
見物する場所は明確に分けて、ロープなどをして道路内には入れないようにして、
一緒に歩くスタッフも正面は避けて、左右に配置、少し距離を開けるようにしないと、
せっかくの時代行列が、ごちゃごちゃになって、もったいない感じ。

あと360度カメラとかハイアングルにして、行列のすぐ前に出す人たまにいるけど、
あれはやめてほしい。やるなら背景の良いメインの場所は避けてほしいな。

_S9A7555

_S9A7575

_S9A7578

_S9A7580

_S9A7584

_S9A7594

_S9A7597

_S9A7606

_S9A7614

_S9A7626

_S9A7642

行列は到着後、草津川跡地公園でのステージで口上がある。
草津川跡地公園は、天井川であった旧草津川が生まれ変わってできた公園。

_U4A0001

午後1時から長束のサンヤレ踊り。本番は、5月3日に神社で披露される。

_S9A7659

_U4A0021

_U4A0069

_U4A0087


滋賀県甲賀市の滋賀県立陶芸の森の桜 4月11日分6-3。

12時半ごろに滋賀県立陶芸の森へ。
無料駐車場・トイレあり。桜は見頃後半。

https://www.e-shigaraki.org/shigaraki_sakura/


_S9A5196

_S9A5207

滋賀県甲賀市の信楽の里の狸の焼き物 4月11日分6-2。

MIHOミュージアムを11時15分に出て、信楽の駅前へ。
無料駐車場・トイレあり。

信楽は陶芸で有名な町で、狸の焼き物が有名です。

https://www.e-shigaraki.org/shigaraki_sakura/


_U4A9940

_U4A9946

_U4A9947

滋賀県甲賀市のMIHOミュージアムの八重紅枝垂れ桜 4月11日分6-1。

天気は高曇り。

朝7時35分に西名阪道の法隆寺ICから入り、8時10分に上野ICで下りて、
55分にMIHOミュージアムへ。
ゲート前の予備駐車場には、すでに車8台ほど。簡易トイレあり。

9時半にゲートオープン。このころには30台くらいになっていた。

駐車場に車を停めて、速足で八重紅枝垂れ桜並木を抜けてトンネルへ。
なんとか一番乗りできたが、5分もせずに観光客でいっぱい。
桜は満開見頃旬。

撮影する被写体が、通り道になっているので、どうしても人が入る。
複数枚撮影で人のいない部分を合成。
それでも人の少ない時間でないと合成自体困難だと思う。
まぁバランスが良ければ、人が入っててもいいと思うけど。

三脚使用は不可。でも使ってしまう人はいる。マナーは守ってほしい。

_S9A5089

_S9A5195

桜撮影の後、美術館見学。チケットは美術館の所でも買える、1300円。
桜だけ撮って帰る人もいるが、それは人としてあかんやろと思う。

MIHOミュージアムは、なかなか見ごたえがあるので、
たまにはゆっくりとした時間を過ごすとよい。

https://www.miho.jp/intro/

https://www.miho.jp/season/


このページのトップヘ