風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:熊本県

熊本県阿蘇市の城山展望台から望む阿蘇五岳 4月18日分4-3。

2時10分頃に通潤橋を出発。
途中20分ほど休憩。

4時前に阿蘇市の城山展望台へ。
無料駐車場・カフェ有り。

https://www.welcomekyushu.jp/kyushu_now/kumamoto/234.html

_S9A6854


熊本県山都町の通潤橋の放水と躑躅 4月18日分4-2。

天気は晴れにかわるが、雲が多い。

12時半ごろに、山都(やまと)町の道の駅通潤橋へ。
駐車場広いが、もうかなりの車が入っていた。
通潤橋は道の駅のすぐ前にある。

放水があるのは特定日のみ、放水カレンダーがあるので参照されたい。

https://kumamoto.guide/spots/detail/11810

https://www.town.kumamoto-yamato.lg.jp/kiji0036590/3_6590_5584_up_dxa5hpwr.pdf

1時過ぎから放水が始まる。
開放されているのは時間にして15分ほどで、15分過ぎに次第に勢いがなくなる。
現在、橋の上は通行不可、対岸にも行けない。
躑躅は少しだけしかない。やや見頃すぎだが、まぁ何とか間に合った感じ。

_S9A6828


熊本県美里町の八角トンネル 4月18日分4-1。

朝は曇り、後雲の多い晴れ。

朝から阿蘇周辺の展望所を廻るが、天気がいまいちなので収穫なし。
その後、水源などを廻る。

その後南下して、山都町の蘇陽峡へ。無料駐車場有り。
工事用のクレーンが絶景ポイントの真ん中に居座っていた。
日曜日くらいは移動してほしいもの。
日本人の景観に対する意識の低さがわかる。

11時頃に美里町の八角トンネルへ。
無料駐車場有り。トイレなどはなし。
歩いて3分ほど。
熊延鉄道の遺構なのだが、間が空いてるのが面白い。
昼頃の光線がおすすめ。

https://kumamoto.guide/spots/detail/12198

_S9A6610

熊本県菊池市の菊池渓谷 4月17日分2-2。

昼頃に菊池渓谷に移動。
駐車場200円。数か所トイレあり。
協力金200円。

https://kikuchikeikoku.jimdofree.com/

天気は小雨から曇りに変わり、日差しも出てくる。
地震の後、長い間立ち入り禁止になっていたので、
久しぶりで楽しみにしていたのだが、あいにくの水不足。
新緑は綺麗なのだが、1日くらいの雨では水不足は解消されないようで、
広河原辺りはカラカラ。写真的には厳しい感じ。
唯一の救いは椿が落ちて流れているくらいか。

_S9A6474

_S9A6525

その後、菊池市や熊本市の躑躅の名所を巡る。
平戸躑躅は見頃だったが、他の種類は終盤。
写真的にはあまり良い場所はなかった。


熊本県高森町の上色見熊野座神社 4月17日分2-1。

天気は雨、本降りになったり小雨になったりの繰り返し。

早朝から再び上色見熊野座神社へ。
無料駐車場有り。参道にトイレあり。

雨の中、背景に霧が出ないかひたすら待つ。
ほんの数分の間、霧が流れてきたが、
車の中で待っていたので、わずか4カットしか撮れず。
寒くて、車の中で待機したのが大失敗。
外で待てば、3倍は撮れたはず。
まだまだ甘いと反省。
結局2日間で6時間余り費やしてしまった。
やっぱり霧になりやすい梅雨時や秋冬の方が効率が良い感じ。

_S9A6438

熊本県宇土市の御輿木海岸の夕景 4月15日分3-3。

4時20分ごろに御輿木海岸に移動。
無料駐車場19台分。簡易トイレあり。
やや狭い道を走る。途中から一方通行。
最近できたりっぱな展望台がある。

日没頃には、潮が満ちてくるみたいだが、
4時半ごろに干潮になるので行ってみた。
条件的には明日の方がよいのだが、明日は天気下り坂。

三日月模様の夕景、一番いいのが冬。
ホームページで干潮と日の入りの撮影に適した日が確認できる。

https://city-uto.com/archives/1


_S9A6055

_S9A6084

夕日が沈むころにはかなり潮が満ちてきたが、
薄雲がいい感じで、なかなかいいのが撮れた。

夜は高千穂まで移動。

熊本県熊本市の水前寺公園 4月15日分3-2。

昼前に熊本城を出て、水前寺公園へ向かう。
15分ほどで到着。
鳥居前駐車場は1時間200円、最大500円。
入園400円、JAF割で40円引き。

水前寺公園は正式には水前寺成趣園といい、国の名勝および史跡。
http://www.suizenji.or.jp/

_S9A5958

天気も快晴で、新緑がまぶしい。

1時前に出て、宮崎県の高千穂周辺にある円形分水に行った後、
御輿木海岸に向かう。

熊本県熊本市の熊本城 4月15日分3-1。

天気は朝は曇り、後快晴。

朝は佐世保市の弓張岳へ。
同じ風景写真家協会のTさんにばったり。
最初暗くてわからなかったが、電話の会話を聞いて「あれっ」てなった。
朝日は雲が多く、焼けもせず今一つの感じ。

6時半ごろに出て、下道を熊本に向かうが、
思った以上に時間がかかる、九州広い。
晴れてきたので、8時ごろに武雄ICから高速に入る。
9時50分に熊本ICを出て、10時20分ごろに熊本城へ。
駐車場2時間200円、追加1時間100円。
熊本城観覧500円。
天守閣に入れる26日以降は800円。
https://castle.kumamoto-guide.jp/
 
_S9A5815

天守閣は地震から見事に復興したが、城内周辺部はまだまだ地震の痕跡が残っている。
ともあれ大の城好きとしては、嬉しい限り。

_S9A5769

_S9A5868


九州取材記その12 熊本県南小国町の夫婦滝 10月21日分3-1。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月21日。天気は早朝は霧のち曇り。

前夜に熊本県の阿蘇まで移動していたので、早朝から大観峰へ。
ちなみに熊本地震の影響で今現在もラピュタの道へは立ち入り禁止。

朝日は望めず、霧もいまいち中途半端な感じ。

その後、南小国町の夫婦滝へ移動。
無料駐車場あり、トイレはなし。
カフェはあるが、早朝はまだ閉店。

ここは夏場の光芒が有名なところ。

https://icotto.jp/presses/11962
http://www.minamioguni.com/tanohara

綺麗に紅葉する木がないか見に来たのだが、
あまりなさそう。

_W6A3310

_W6A3338






九州取材記その8 熊本県八代市のやつしろ全国花火競技大会 10月19日分2-2。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月19日。天気は高曇りのち少し晴れ間の見える曇り。

2時半ごろに八代市に移動。
もうやつしろ全国花火競技大会の臨時駐車場はかなり埋まっていたが、
第二中学校の臨時駐車場に何とか停めれた。駐車料金500円。

http://www.kinasse-yatsushiro.jp/spots/detail/40
http://www.kinasse-yatsushiro.jp/news/detail/165

駐車場から新萩原橋まで30分くらい歩き、さらに川沿いを10分ほど歩いて、
花火会場の対岸の北東側へ。この辺りは屋台はない。臨時トイレは完備。
もうかなりの人出だが、充分に広いので二列目を確保。

対岸を選んだのは北風だったから、花火は風向きが重要で、
風下にいると煙で全然見えない。

花火は6時15分から8時15分まで。
なかなか見ごたえがあったが、打ち上げ場所や花火の高さが頻繁に変わるので、
写真的には撮りにくい感じ。

_W6A2769

_W6A2770

_W6A2978

_W6A2999

夜はかなり冷える。ジャケット1枚だけでは寒かった。
8時50分ごろに駐車場に戻る。
八代IC付近は大渋滞。夜間に高速移動して宮崎県に向かう。

九州取材記その7 熊本県人吉市の鹿目の滝 10月19日分2-1。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月19日。天気は高曇りのち少し晴れ間の見える曇り。

朝から再び生駒高原へ行くが、白い空で前回と同じなので諦める。

その後、熊本県人吉市の鹿目の滝(かなめのたき)に移動。
日本百名瀑の1つ。路肩駐車可、トイレあり。
https://kumamoto.guide/spots/detail/11665
http://www.kumatop.com/index.php?%E9%B9%BF%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%BB%9D

鹿目の滝の一部になる上流部の白布の滝。

_W6A2717

階段を下りて橋を渡り10分ほどで雄滝に到着。

_W6A2733

_W6A2753

続く。

熊本県山鹿市の番所の棚田の彼岸花 9月23日分3-2。

12時過ぎに番所の棚田に移動。
20日に来た時に咲き始めのものがあったので再訪。
路肩駐車可。簡易トイレあり。売店などはなし。
彼岸花は早い遅いバラツキが多い。
数か所稲刈り済。耕作放棄も多い。
カメラマンや観光客が数名。

https://yamaga-tanbou.jp/spot/1222/

_W6A0281

_W6A0288

熊本県山鹿市の番所の棚田の彼岸花 9月20日分3-3。

次に番所の棚田に移動。
鹿里から県道57号、国道442号、県道9号線経由で1時間35分。
山道が多いので意外とかかる、西側から廻った方が早いかも。

2時過ぎに番所の棚田へ。
番所地区だが、番所の棚田よりは東側のところ。
ややピーク過ぎ。

_W6A9699

番所の棚田。
路肩駐車可。簡易トイレあり。売店などはなし。
彼岸花は早い遅いバラツキが多い。
数か所稲刈り済。耕作放棄も多い。
カメラマンや観光客が数名。

https://yamaga-tanbou.jp/spot/1222/


_W6A9713

台風接近で、小雨は次第に本降りに変わる。

夕方に小城市まで移動。

熊本県と大分県の滝巡り、11月21日分。

天気は曇り。
菊池渓谷に行きたかったのだが、地震の影響で道路が通れず、
いまだに立入禁止。

九州各地で頻繁に皇帝ダリアを見かける。

イメージ 1

熊本県小国町の鍋ケ滝。
周辺に紅葉はあまりない。
無料駐車場、トイレ、売店あり。入場300円、9時から17時。
営業時間外はトイレは閉まる。

イメージ 2

すぐ近くの下城の銀杏は、完全に散っていた。

すぐ近くに下城の滝があるが、東側の展望台へ行く道が立入禁止で見えない。
西側にも展望台があるが、真上にあり、木も邪魔で全然見えない。

手前にある鍋釜の滝。

イメージ 3

中間にある霧通しの滝。

イメージ 4

北上して大分県に入る。

大分県玖珠町の慈恩の滝の紅葉は、ほとんど散っていた。
三日月の滝の紅葉は、まだ早い感じ。

九重町の龍門の滝の紅葉。
一番いい位置にある紅葉はほぼ散っていて、写真のポイントのみ見頃。

イメージ 5

その後、九酔渓に行くが、ここも見頃終盤の感じで撮影せず。

熊本県阿蘇市の長寿ケ丘公園の桜、小国町の杖立温泉の鯉のぼり、大分県日田市の振り袖桜、熊本県高森町の高森峠 4月6日分。

天気は曇り、時々日差しあり。

天気いまいちなのでロケハン主体。

阿蘇市の長寿ケ丘公園の桜は、満開だったが花付きが悪かった。
晴れていれば阿蘇山と桜が撮れるところ。

アップ写真などを撮りながらゆっくり北上。

イメージ 10

小国町の前原の1本桜はまだ咲きはじめ。案内あり、駐車場のみトイレなし。

小国町の杖立温泉の鯉のぼり。ここは規模が大きい。
桜は満開散りはじめ。橋が数か所あっていろんなところから撮れる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

途中で見かけた桜吹雪。

イメージ 6

大分県日田市の振り袖桜。路肩駐車可。道案内なし。桜の紹介看板のみ。
蜂の巣湖の川畑橋の南側のトンネル横を上る。
桜は満開。

イメージ 7

イメージ 8

夕方、再び熊本県高森町の高森峠へ。
カメラマン3名ほど。

イメージ 9

撮影を終えるとすぐに雨が降り出してきた。

夜はペンションヘ。



熊本県南阿蘇村の観音桜と一心行の桜高森町の高森峠の桜、佐賀県武雄市の馬場の山桜と菜の花 4月5日分。 

朝は、ラピュタの道の上に行ったが、天気は曇りで日の出はいまひとつ。
(追記 地震の後、
ラピュタの道は立ち入り禁止になりました。)
その後、ゆっくりと晴れてくる。
1週間ぶりのまともな青空。

熊本県南阿蘇村の観音桜。360度撮れる。
駐車場等完備。

イメージ 1

イメージ 2

高森町の高森峠の桜。下の公園にトイレあり。

イメージ 3

南阿蘇村の一心行の桜。駐車場500円。
公園は6時から、オープン。夜間はクローズ。
臨時売店あり、日中は観光客でいっぱい。

桜は満開ぱらぱら。

菜の花は南のほうだけしかないので、
桜の形がよく光線がよくなる10時ごろまで撮影。

イメージ 4

イメージ 5

数日前にも2回ほど様子を見に行った、
佐賀県武雄市の馬場の山桜と菜の花を青空でどうしても撮りたくて、
欲張って、熊本ICから高速移動で、武雄北方ICへ。

しかし途中から白っぽい空に変わってしまった、残念。
青空昼までもたなかった。
せめて近い岡城か五ヶ瀬にしておくんだった、判断甘かった。

桜は満開散りはじめ。

イメージ 6

イメージ 7

再び高速移動で、南阿蘇村へとんぼ返り。

一心行の桜のライトアップ、最終日。ライトアップは満開時の3日間だけ。
カメラマンは意外と少なかった。

イメージ 8

イメージ 9

夜はホテルへ。

熊本県水上村の市房ダムの桜、人吉市の人吉城跡の桜、熊本市の篠原国幹の戦没の地の1本桜 3月31日分。

天気は、曇り後小雨。
天気予報では、曇りや雨が続く、梅雨のような空模様。

朝から熊本県水上村の市房ダムへ、日本の桜百選。桜は満開。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

近くに最近人気の遠山桜があるが、見頃は10日ごろとのこと。
朝霧町のホームページに詳しく紹介されているが、
5年前の台風で枝が折れてから元気がないらしい。

人吉市の人吉城跡の桜と市街。桜は満開。

イメージ 9

イメージ 10

九州自動車道の人吉ICから御船IC高速で移動。高速周辺山桜が見ごろ。

御船町の金目の大桜や熊本市の笹尾の枝垂れ桜は咲きはじめ。

熊本市の篠原国幹の戦没の地の1本桜は、全体7,8分くらい。一部枯れあり。
路肩駐車可。

雨が本降りに変わる。

イメージ 11

夕方早めにホテルへ。

熊本県菊池市の菊池渓谷・孔子公園、南阿蘇村の数鹿ヶ滝、阿蘇市の「はな阿蘇美」のバラ園・長寿ヶ丘公苑の躑躅・仙酔峡の躑躅、産山村の扇棚田 5月16日分。
 
早朝から再び熊本県菊池市の菊池渓谷へ。
駐車場200円、協力金100円。売店、食堂あり。
雨上がりで撮影しやすい。カメラマンも多い。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
この時、朝日の光芒は、角度的にいまひとつ。
 
イメージ 1
 
イメージ 17
 
イメージ 2
 
イメージ 12
 
10時ごろ、晴れてきたので退散。
渓谷はあまり晴れてくると、撮影には不向き。
 
菊池市の孔子公園。
晴れてきたがやや薄い青空。
 
イメージ 18
 
南阿蘇村の数鹿ヶ滝、100名瀑の1つ。
駐車場から展望所まで3分。南向き。滝壺には行けない。
 
イメージ 19
 
阿蘇市の「はな阿蘇美」のバラ園。入園400円。
 
イメージ 3
 
阿蘇市の長寿ヶ丘公苑。
つつじは全体的には終盤だが、所々見頃のも残っていた。
阿蘇山が良く見える。阿蘇山との競演は、午後がおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
天気はしだいに快晴に変わる。
3時半ごろ、再び阿蘇市の仙酔峡へ。
見頃だが、今年は花が少なくあまり良くないみたいだった。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
夕方、再び雲が増える。
国道57号線の卯の鼻付近の九十九折の道沿いから。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
薄暮の時間の前に、再び産山村の扇棚田へ。
偶然出合った久野さんに協力してもらって、光跡と棚田を撮影。
久野さんが車で走る係りで、自分が2人分のカメラのシャッターを押す係り。
真横になる部分が多いのが難点か。
久野さん、ありがとうございました。
 
イメージ 11
 
9時頃、道の駅で休憩していたら警察に職質。
奈良ナンバーはめずらしいからみたい。
10時に車中泊。
 
続く。

大分県竹田市の男池湧水群の名水の滝とオヒョウの木に包まれた岩、熊本県菊池市の菊池渓谷と鞠智城 5月15日分。
 
昨日は日没であまり時間がなかったので、
再び大分県竹田市の男池湧水群へ。
男池湧水群は協力金100円。滝のすぐ横にも駐車可。
色温度が整ってから、再び名水の滝を撮る。
雨上がりで新緑がとても綺麗。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
有名なオヒョウの木に包まれた岩。米プロも撮っていましたね。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
8時に移動、途中から本降りの雨。
朝食後、10時に熊本県菊池市の菊池渓谷へ。
駐車場200円、協力金100円。売店、食堂あり。
ここは人気の撮影エリアなので、本降りの雨にもかかわらず、
数名のカメラマンに出会う。
こんな渓谷では、雨の日は霧も出て、とても綺麗に写るのだが、
撮影は、すごくたいへんで疲れる。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 12
 
夕方、菊池市の鞠智城へ。ここは無料。
雨も上がり、少し青空が見えた。
 
イメージ 3
 
イメージ 4

夜は、菊池温泉街の望月温泉へ、500円(菊池渓谷の半券で300円)
9時頃、車中泊。
 
続く。

大分県宇佐市の東椎屋ノ滝、玖珠町の西椎屋の滝・慈恩ノ滝、九重町の龍門ノ滝、竹田市の男池湧水群にある名水の滝、熊本県小国町の鍋ヶ滝 5月14日分。
 
朝は曇り、すぐに雨が降ってきて、降ったりやんだりの天気。
こういう日は滝巡りに最適。九州には滝が多いので助かる。
 
大分県宇佐市の東椎屋ノ滝、100名瀑の1つ。
駐車場200円。歩いて5分、北東向き。
撮影していると地元の人の案内で修学旅行生が次々やってくる。
少数グループでの見学コースになってるみたい。
 
イメージ 1
 
大分県玖珠町の西椎屋の滝、100名瀑の1つ。
北東向き。展望所まで歩いて2分。滝つぼには行かず。
 
イメージ 2
 
大分県九重町の龍門ノ滝。
近くには温泉もある。駐車場から歩いて5分。龍門寺の裏手。北西向き。
夏場は滝すべりで賑わうところ。この時期、やや水量が少なかった。
 
イメージ 3
 
大分県玖珠町の慈恩ノ滝。
駐車場から歩いて5分。北西向き。滝の裏にも行ける。
旧街道沿いにある。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
熊本県小国町の鍋ヶ滝。
駐車場から歩いて5分。北向き。滝の裏にも行ける。
売店やトイレもあるが、営業時間外は閉められている。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
大分県竹田市の男池湧水群にある名水の滝。
男池湧水群は協力金100円。滝のすぐ横にも駐車可。
少し遅くなりすぎてかなり暗くなってしまった。
 
イメージ 9
 
夜は大分県別府市のネットカフェへ、ナイトパック6時間1200円、シャワーあり。
データストレージの後、1時ごろに就寝。
 
続く。

このページのトップヘ