風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:熊本県

熊本県産山村の扇棚田・山吹水源、大分県九重町のくじゅう夢大吊橋・震動の滝、由布市の蛇越展望所 5月13日。

朝は南阿蘇村の俵山峠から朝日を狙うが空振り。
この時期阿蘇山上から朝日が昇る。
ここで、知り合った熊本の中村さんといっしょに産山村の棚田へ。
棚田の数は少ないが美しい所。
 
イメージ 1
 
すぐ近くの山吹水源。新緑が綺麗。
ここは、中村さんに教えてもらわなければ、素通りしていた。
産山村の棚田のすぐ近くで、トイレも完備。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
中村さんと別れて、くじゅう夢大吊橋方面へ。
県道40号線沿いは、新緑が綺麗。
 
イメージ 5
 
3時に、大分県九重町のくじゅう夢大吊橋に到着、入場500円。
橋の上からは、100名瀑の1つである震動の滝が見える。
雄滝と雌滝があり、雌滝は橋の横を下りたところの展望所からもわずかに見える。
秋の紅葉の時期もぜひ来たいものだ、さぞ見事なことだろう。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 6
 
その後、九酔渓を廻り、
夕方再びやまなみハイウエイへ。
 
イメージ 9
 
やまなみハイウエイの大分県由布市の蛇越展望所からは、由布岳と由布院の街が見える。
秋は雲海も見られる所。
 
イメージ 10
 
夜は、由布院のほたるの湯へ、露天のみで500円。
9時過ぎに車中泊。
 
続く。
 

熊本県阿蘇市の大観峰・かぶと岩展望所・城山展望所、大分県竹田市のくじゅう花公園・九重町の長者原からのくじゅう連山 5月12日。
 
朝は阿蘇市の大観峰へ、阿蘇北外輪山の最高峰。
北からになるので、ここから朝日と絡めては撮れない。
 
イメージ 1
 
かぶと岩展望所から。
 
イメージ 2
 
ミルクロード沿いには、牛さんがいっぱい。
天気は快晴になる。
 
イメージ 9
 
やまなみハイウエイの城山展望所から。
 
イメージ 10
 
大分県竹田市のくじゅう花公園、入園1000円。
ポピー、ネモフィラ、リビングストンデージーが見頃。
阿蘇や、くじゅう連山が背景に見える。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 3
 
やまなみハイウエイの牧の戸峠から5分ほど登った東屋付近からのくじゅう連山。
 
イメージ 5
 
やまなみハイウエイの久重町の長者原からのくじゅう連山。
 
イメージ 4
 
イメージ 6
 
夕方、再び阿蘇市の大観峰へ。
 
イメージ 7
 
大観峰から阿蘇スカイラインを西へ移動した路肩から。
手前に見えるのが内牧温泉街。
 
イメージ 8
 
夜は、再び内牧温泉の薬師湯へ、200円、シャンプーなし。
10時に車中泊。
 
続く。

熊本県上天草市の高舞登山の展望台、高森町の高森峠からの阿蘇山、阿蘇市の仙酔峡の躑躅・米塚・大観峰からの夜景、南阿蘇村の俵山峠の風車 5月11日。
 
朝再び、高舞登山へ。
天気は晴れ、やや薄い青空。
 
奥に見えるのが天草五橋の1つの前島橋。
 
イメージ 3
 
その後、国道57、218、265号線を通り、熊本県の阿蘇山へ。
 
高森町の265号線の高森峠から。
午前中の光線がおすすめ。
 
イメージ 1
 
高森町の月廻りから。
午前中の光線がおすすめ。
 
イメージ 2
 
阿蘇市の仙酔峡のつつじ。4,5分咲きということだったが、2,3分の感じ。
午後の光線がおすすめ。
 
イメージ 4
 
阿蘇市の米塚。草千里ヶ浜近くにある。
 
イメージ 5
 
この辺りは、見事なこいのぼりが庭先を飾っているところが多い。
関西では最近は、あまり見なくなった。
 
イメージ 6
 
南阿蘇村の俵山峠の風車。ここは朝日の撮影ポイントでもある。
 
イメージ 7
 
阿蘇市の大観峰からの夜景。
展望台は5時で閉まるので、その手前の広場から。
田園の水はほとんど入っている。
 
イメージ 8
 
夜は阿蘇内牧温泉へ、450円、10時まで。
10時前に車中泊。
 
続く。

熊本県天草市の茂木根崎・崎津天主堂・大江天主堂・十三仏公園からの妙見浦、上天草市の天草四郎像・高舞登山の展望台からの天草松島の夕景 5月10日。
 
朝5時前に出て、すぐ近くの天草市の茂木根崎へ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
上天草市のあまくさ海遊の郷 パールセンターにある天草四郎像。
島原の乱当時16歳だった。
天気は晴れ、ややうすい青色の空。
 
イメージ 3
 
天草市の崎津天主堂。昼頃の光線がおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
天草市の大江天主堂。午前中の光線がおすすめ。
前日下見で来たにもかかわらず、
寄り道し過ぎて、昼過ぎになってしまった、失敗。
 
イメージ 6
 
十三仏公園より、妙見浦。
 
イメージ 7
 
夕方は、上天草市の高舞登山の展望台へ、駐車場から歩いて3分。
熊本の観光PRコマーシャルの撮影クルーが来て、おとなりで撮影。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
最後は、やはり水平線近くで雲に隠れてしまった。
 
イメージ 10
 
夜、コインランドリーで洗濯、800円。
10時過ぎに車中泊。
 
続く。

熊本県熊本市の水前寺公園・熊本城、宇城市の三角西港、上天草市の千巌山展望台からの天草松島・天草四郎メモリアルホール、天草市の老嶽展望台からの天草松島 5月9日分。
 
朝から快晴。
8時の開園に合わせて、熊本県熊本市の水前寺公園へ、駐車場500円、入園400円。
 
イメージ 2
 
イメージ 8
 
イメージ 1
 
9時に、熊本城へ、拝観500円、駐車場200円(2時間)。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
天守閣から、本丸の西北隅にある宇土櫓(うとやぐら)。
 
イメージ 14
 
イメージ 9
 
10時半に出て、天草方面へ向かう。
1時間程で熊本県宇城市の三角西港、世界遺産候補。
 
イメージ 15
 
イメージ 3
 
熊本県上天草市の千巌山展望台から、天草松島。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
天草四郎メモリアルホール。
 
イメージ 6
 
天草市の老嶽展望台から、天草松島。
 
イメージ 7
 
夕方、夕日は水平線近くの雲の中に隠れてしまった。
この時期、快晴の日でも朝日や夕日の撮影は難しい。
 
夜は、瀬戸大橋近くの温泉センターへ、500円。
夕食後、「シーサイドカフェ」へ、ナイトパック7時間1480円。
撮影データをストレージしてから、1時過ぎに就寝。
 
続く。

熊本県美里町の霊台橋、八代市の楕檀轟の滝、人吉市の駅前のからくり時計・鹿目の滝 5月8日分。
 
今日も曇り、時々日差し。
熊本県美里町の霊台橋。単一アーチ橋としては日本一の橋。
午前中の光線がおすすめ。
 
イメージ 1
 
国道445号線を南下。新緑が美しい。
この辺りは秘境の雰囲気。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
熊本県八代市の楕檀轟の滝、100名瀑の1つ。
駐車場、トイレ、売店あり。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
途中、子守唄で有名な五木を通る。
 
熊本県人吉市の駅前のからくり時計。
 
イメージ 7
 
熊本県人吉市の鹿目の滝、100名瀑の1つ。路肩に駐車可、トイレあり。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
峠越えの道で時間がかかり、夕方八代海に抜ける予定だったのだが、間に合わず。
こんな日に限って空が焼けるが、撮影ポイントがなく撮り逃す、失敗。
 
夜は宇城市まで走り、10時に車中泊。
 
続く。

このページのトップヘ