風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:熊野市

三重県熊野市の丸山千枚田の虫送り 6月8日分4-4、9日分。

2時15分に通り峠南側の無料駐車場に到着。
他には車はなし。通り峠の南側入り口前にトイレもある。
展望台からの撮影では一番近い駐車場なのだが、意外とみんな知らないみたい。

ここより先の路肩は全て封鎖され駐車禁止。
韓国の事故があってから警察の指導により、イベントの開催は、かなり厳しくなったようで、
路肩などは使えなくなったらしい。

紀和鉱山資料館周辺に臨時駐車場があり、    
駐車場からマイクロバスによるピストン輸送があるが、
バスを降りてから会場まで2キロ程度徒歩での移動となる。

丸山千枚田の中の東屋の前の駐車場も封鎖。水車前は北山砲があるので、駐車不可。
丸山荘の駐車場は関係者用。

https://www.kankomie.or.jp/topic/627

3時35分に通り峠の南側入り口から歩き始める。
55分に東屋のある分岐。4時5分に展望台に到着、約30分。(コースタイム 50分)
展望台にはもう数名。三脚11本ほど。意外と少ない。
朝のうちに場所は確保しておいたが、夕方来ても撮れそうな感じ。
手前の草が伸びて少し邪魔だが、まだまだ余裕あり。

2011年にも丸山千枚田の虫送りを展望台から撮影したことがあるが、
この時は、7月上旬開催で同じくらいの人数。

天気予報は良かったが、夕方一時通り雨。

5時半ごろには場所取りしてたカメラマンは皆そろい11名ほど、
他にスマホのみの観光客数名。

上から見てる感じだと、カメラマンは全部で50人もいない感じがする。
全然知り合いも見かけず、やっぱり遠いものなぁ。

ちなみに県道40号線沿いの展望ポイントは、前日の夕方で半分。
当日朝6時には、ほぼ三脚の場所取りで埋まっていた。

6時からキャンドルに点火がはじまる。
7時ごろから虫送り行列が歩き始めるが、まだ明るすぎて合成は無理。
去年はけっこう暗かったので、ちょうどよかったのだが。

日没は7時10分ごろ。
キャンドルと棚田の明るさのバランスがよくなるのは、7時40分前後。
ISO400 F8~11で、-1.5補正くらいが適正露出だと思う。

50分くらいになると、もうかなり暗くなり水面の反射がなくなる。

北山砲は8時から、少し間をおいて2発。
この時は、ISO50でF22とかなり暗めに設定したが、それでも白飛びあり。
NDフィルターが必要みたい。
まぁ絵柄的に虫送りとそぐわない感じがするので、なくてもいいかな。

去年に続いて花火の打ち上げもなし。

虫送りのキャンドルと車の光跡を合成。

_S9A4037

8時過ぎから、キャンドルの片付けが始まる。
車の光跡を合成で入れたいので、別撮りで撮影。
規制があるので、車はなかなか走らない。
少し粘りたかったが、雨が降り出したので退散。
皆な大慌てで片付けて、山を下りていく。

自分も8時40分頃から下山開始。
濡れた石畳の道は滑りまくり。
三脚を杖に慎重に下りていくが、3回くらいこける。
南側の登山口まで55分もかかってしまった。

9時40分に駐車場に戻る。他に車はなし。

汗まみれで温泉に入りたいところだが、この時間で営業している場所はない。
夕食を食べ、10時20分ごろに道の駅七里御浜へ。

昨日の登山の筋肉痛とさっきこけて打った手首とかが痛く、
体もくたくたで疲労困憊。

翌9日。夜は雨、朝は曇りで次第に本降りの雨が降り出す。
曇りなら、高野山の青葉祭り、小雨なら周辺の滝を撮るつもりだったが、
本降りの雨が降り出したので、おとなしく帰路に着く。

8時45分に新宮市から国道168号線へ。
9時55分に道の駅十津川郷。ここで25分ほど休憩。

11時10分に道の駅吉野路大塔。ここで1時間ほど休憩。
12時40分に京奈和道五條IC。1時40分頃に帰宅。

4日間の総走行距離は561キロほど。

奈良県十津川村の瀞峡巡り 6月8日分4-3。

12時20分に小松を出て、30分に瀞八丁へ。
無料駐車場・トイレあり。

瀞峡は、奈良県・三重県・和歌山県にまたがり国特別名勝の大峡谷で、
上流から、奥瀞・下瀞に分かれ、
特に下瀞は「瀞八丁」と呼ばれ巨石・奇岩が並び荘厳で美しい所。

瀞峡観光ウォータージェット船は、2021年1月1日で休止されており、
今は川船での瀞峡巡りが行われている。

瀞八丁は、奈良県・三重県・和歌山県の交差地点だが、
撮影してるのは奈良県十津川村辺り。

https://www.shinguu.jp/spots/detail/A0009

http://dorokyo.jp/

https://kawabune.info/

_S9A3851

_S9A3928



三重県熊野市の赤木城跡 6月8日分4-1。

朝は曇り。

5時前に通り峠の南側の無料駐車場に停めて、
丸山千枚田の展望台へ。上り口近くにトイレもある。
展望台までのコースタイムは50分。
北側から上るとコースタイムは40分なので、南側からだと10分くらい長い。

歩いて30分で展望台へ。すでに一番いい所には三脚6本ほど。
昨日夕方望遠レンズで見たときは1本だけだったので油断したが、
後から聞いた話だと、夜12時ごろに来たらしい。

まぁでもそれなりに撮れる場所はあるので、
鑑賞の邪魔にならない程度に撮影場所確保。

7時に駐車場に戻る。少し小雨パラパラ。
昨日の登山の疲れがあるので、少し休憩。

晴れてきたので、8時40分に丸山千枚田の北側にある赤木城跡へ。
無料駐車場・トイレあり。最上部までは、歩いてすぐ。

赤木城跡は、国の史跡で続日本百名城、日本の山城百選にも選ばれている。

https://www.kankomie.or.jp/spot/2904

_U4A2345


三重県熊野市の丸山千枚田 6月7日分2-2。

1時23分に釈迦ヶ岳太尾登山口を出て、途中休憩しながら、
夕方4時ごろに丸山千枚田へ。
かなり青空が増えたが、雲が多い。
雲がなかったら、天の川とか撮りたかったのだが。

_S9A3329

夜は入鹿温泉ホテル瀞流荘の日帰り温泉へ。
入浴700円、夜9時まで(受付8時15分まで)

三重県熊野市の熊野大花火大会 8月29日分。

朝7時15分に斑鳩の自宅を出発。
7時45分に橿原高田ICから京奈和道に入る。
8時10分に御所南ICから出て、国道169号線へ。

10時に下北山村のスポーツ公園へ、トイレ休憩。
10時半に国道42号線に入る。

45分ごろに熊野市の臨時駐車場へ、1日3000円。
花火大会の公式ではないので、地図には載っていなかったが、
イオンとオークワの間にあり、獅子岩に近い場所。

ここで友人のFさんと待ち合わせ。
Fさんは早朝3時に着いて、場所取りしてくれてたので、まずは確認に行く。
Fさん、ありがとうございました。

早朝3時時点でも三脚ずらりで100本くらいならんでいたらしく、
昼前に見に行った時はもう倍くらい。夕方にはさらに増える。

本来17日の開催だが、台風接近で波が高かった影響で、22日、29日と二度の延期。
観客は延期になると半分くらいに減るようだが、カメラマンの数は変わらない感じ。
今年は4年ぶりの開催ということもあるのかもしれない。

花火会場は広いので、花火だけを撮る場合は、駐車場確保できれば、
わりと寸前に来ても問題なく撮れそうに思うが、
人気の獅子岩とのコラボは撮影場所が狭いので大変。
本当にぎゅうぎゅう詰めの感じ。

獅子岩からだと、鬼ヶ城から上がる花火は、隠れてほとんど見えないのだが、
カメラマン的には、獅子岩とのコラボイコール、熊野の花火という感じがするので、
撮影ポイントとしては一番人気。

今年はすごく暑いので、時間待ちが大変。
昼飯の後、2ヶ所の喫茶店行って、イオンとオークワで涼んで時間をつぶす。
ちなみにイオンもオークワも、食エリアがなく、あまりゆっくりする場所はなし。

市内には日中イベントや休憩場所は設けられているが、場所的に遠いので行かず。

https://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/
https://www.kankomie.or.jp/report/1482

5時過ぎに獅子岩の撮影ポイントに戻る。
花火は7時から9時まで、2時間も続くのは珍しい。
間が空く分、煙が流れて撮影にはいいように思うのだが、
今日はあいにく無風状態で、煙で9割以上はクリアに見えなかった、残念。

それでもクリアに見えた花火を比較明合成で合わせて、何とかいいのが撮れたので大満足です。

花火は鬼ヶ城と2つの台船から上がり、
プログラムにもどこから上がるか詳しく記載されている。
海上自爆は船を移動しながら、行われる。
人気の彩色千輪は2回あった。

カメラは2台で、28㎜と43㎜の画角で撮影。

35フルサイズで28㎜の分。花火は、煙に隠れていない分を数枚比較明合成。

熊野花火1

35フルサイズで43㎜の分。花火は、煙に隠れていない分を数枚比較明合成。

熊野花火2

花火終了後、道は大渋滞。
駐車場を出たのは翌日の1時ごろ。
駐車場で朝まで寝てても良かったが、40分に道の駅まで移動。

このページのトップヘ