風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:熊野市

三重県熊野市の獅子岩と楯ヶ崎 2月5日分。

5日6日と寒波襲来。
奈良と三重県境あたりも降雪がありそうな予報。
1月中旬に行こうかなと迷った挙句、結局行かずにいいチャンスを撮り逃したこともあり、
1泊二日で出かけてきた。

いろいろバタバタしてたので、出発は10時前。
斑鳩の自宅を出て、11時15分に吉野のコンビニで15分ほど休憩。

川上あたりから雪がちらつく。
12時ごろに国道169号線の大台ヶ原分岐の所のトンネルを通過。
この辺りはすごい雪。

土曜日で車がいっぱい止まってたけど、シェークスピアの氷瀑群で、
写真撮ったり、アイスクライミングする人って、そんなに多いのかな。
私有地で許可のない立ち入り禁止みたいだけど。
https://twitter.com/M5lXxiwh85Si9Wo/status/1490072524620636162

12時18分に道の駅通過。

下北山まで来ると急に雪は減り、晴れ間も見えてくる。
12時35分に不動七重の滝の分岐。
吹雪いてはいるが木々の着雪は少ない。
一応見に行くが、トレッキングの駐車場の所まで行き、
滝周辺の着雪が少なそうなので、そこでUターン。

1時05分に再び国道169号線へ戻り南下。
1時13分、下北のコンビニのところを通過。
1時23分に三重県に入る。

2時過ぎに丸山千枚田へ。
今日の朝はすごい雪が積もってたのを、ツイッター情報で確認していたが、
さすがにこの時間では雪の痕跡はほとんどない。
路肩にわずかに見えるだけ、途中すごく晴れてきたので、
あまり期待はしてなかったけど残念。

GPVで最初5,6日とかなり雪雲がかかってたけど、
情報更新されるたびに6日の雪雲が和歌山寄りにずれていったような感じがする。
数時間後と1日後の精度差、もっと早く準備して早朝か前夜に出るべきだった反省。
6日のほうが寒波が強いって言ってたけど、この辺りは4日の夜から5日の朝の方が強かったみたい。

明日に期待で、宿を予約。
2時30分に出発。
3時ごろに獅子岩へ。少しだけ撮影。
朝日をくわえさせるなら、5月中旬から6月中旬。
満月をくわえさせるなら、11月から12月の夕方。

_S9A5046

_S9A5056

3時10分ごろに鬼ヶ城近くの宿でチャックインを済ませて、
25分に出発、楯ヶ崎に向かう。
2014年の夏以来。
https://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532497.html

3時53分に楯ヶ崎の駐車場に到着。
400m手前の駐車場の方にトイレがある。
楯ヶ崎までは奥の駐車場から歩いて1.5キロ、30分ほど。
日の入りは5時半ごろだが、
今の時期は、4時55分くらいに夕日は山に隠れてしまう。
太陽の角度的に、夏場より秋冬がおすすめ。

_S9A5066

_S9A5087

_S9A5118

夕食後、6時半ごろに宿に戻り、10時に就寝。

三重県熊野市の丸山千枚田 8月28日分。

天気は晴れ少し雲があるが、次第に快晴になる。
朝から丸山千枚田まで日帰り旅。

8時10分に自宅のある斑鳩を出発し、大宇陀経由で国道169号線を南下。
途中休憩合計35分ほど。

10時35分に旧行者還林道の分岐通過。
11時30分に国道169号線を右折。
12時10分に丸山千枚田に到着。

丸山千枚田は日本の棚田100選の1つ。
http://kumano-kankou.com/?p=61

ツーリングのライダーとか、観光客は少しだけ。
本格的な稲刈りは9月初旬だが、もう刈り入れが済んでいるところもあった。

_S9A3637

_S9A3638

_S9A3650

_S9A3708

三重県熊野市の丸山千枚田の紫陽花 6月21日分4-3。

9時過ぎに鬼ヶ城を出て、9時半ごろに丸山千枚田へ。
路肩駐車可。二か所トイレがある。
紫陽花は見頃後半。やや傷みが見られた。
田んぼの水は少なくなり、水草も増えているので、もう写り込みは厳しい感じ。

_S9A8395

_S9A8414

_S9A8432

三重県熊野市の鬼ヶ城 6月21日分4-2。

7時40分に神倉神社を出て、三重県に入り七里御浜を北上。
途中、獅子岩で少し休憩。ここは晴天の昼前後の光線がおすすめ。
http://kumano-kankou.com/?p=20

8時20分ごろに、熊野市の鬼ヶ城へ。世界遺産地域。
無料駐車場・トイレ・売店あり。
https://onigajyo.jp/
https://onigajyo.mie.jp/

_S9A8355

_S9A8366

_S9A8369

_S9A8382

三重県熊野市の獅子岩と朝日 5月27日分2-1。

朝は獅子岩へ。路肩駐車可。
他にカメラマン1名。
薄くもがあり朝焼けはとても綺麗だったが、
朝日は拡散されすぎて、獅子岩の口の中に入れるカットは撮れず。
朝日の輪郭が分かるようにくわえる構図にした。

イメージ 1

イメージ 2

三重県熊野市の丸山千枚田 5月26日分5-5。

3時ごろに丸山千枚田に到着。




イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


夕方は通り峠経由で赤倉山の展望台へ。

歩いて15分だが、上りはきついので、年配の人は40分くらいかかるかも。
カメラマン、観光客合わせて4名ほど。

イメージ 1



三重県熊野市の荒滝と布引の滝の紅葉 11月18日分3-2。

12時過ぎに三重県熊野市の荒滝に到着。
笹の滝からは1時間半ほど。


路肩駐車可。紅葉は見ごろ前半。
カメラマンが数名入れ替わりにやってくる。
道路沿いから撮影。

霧が漂いとても綺麗。時々濃くなったり薄くなったり。
滝つぼにも降りれるが、急な道で、眺めはいまいち。

前回は晴天で虹狙いだったが、今回は霧で撮るために再訪。

2012年晴天時に訪れた時のもの↓

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、布引の滝に移動。車で5分ほど上る。
日本の滝100選。

路肩駐車可。紅葉は見ごろ前半。
道路沿いから撮影。
周辺にはあまり紅葉する木はない。
滝つぼにも降りれるが、眺めはいまいち。

布引の滝手前に簡易トイレあり。

イメージ 4

イメージ 5

その後、再び北上、奈良県へ。

続く。


三重県熊野市神川町の七色ダムと神上の桜 3月31日分3-3。

午後から雲が増え、しだいに抜けが悪くなってくる。

本乗寺の後、神川町に移動。七色ダムの南側になる。
神川町の桜は7分咲きから満開。
神川沿いを中心に1500本ほど、町中にも桜がいっぱい。
グランドが臨時の無料駐車場になっている、かなり広い。


七色ダムと桜。

イメージ 1

イメージ 2

神川沿いの桜。

イメージ 3

神上中学校跡、ライトアップあり。
ここは東向き、午前中のほうがおすすめ。

イメージ 4

駐車場になっているグランドからは、午後の光線のほうがおすすめ。
桜並木が続く。

イメージ 5

北山川との分岐あたり。七色ダムが見える。

イメージ 6


三重県熊野市飛鳥町小阪の本乗寺の枝垂れ桜 3月31日分3-2
下北山スポーツ公園から南下、三重県熊野市飛鳥町小阪の本乗寺へ。
ここは47newsを見て気になったので、さっそく訪れた。
なんせ枝垂れ桜大好き人間なので。


場所は、国道309号線にぶつかる手前、国道42号線の小中学校の対岸あたり。
県道737号線には入らず、下のやや細い道を走る。大型車は無理。
軽サイズの駐車場あり、13台分。

自分が行ったときは、カメラマンも観光客もまったくいなかった。
たまに地元の人が通る際に見てるくらい。

東に開けているので、晴天時は午前中から昼頃までの光線がおすすめ。
自分が撮影したのは、11時から12時くらい。
高さ15メートル、樹齢65年くらいとのこと。

ちょうど満開、まだ全然散っていなくて凄く綺麗、おすすめです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

周辺、参考までに、こんな感じです。
手前の電線があるので、フレーミングが限定されます。

イメージ 8

イメージ 9

三重県御浜町の七里御浜の朝焼け、熊野市の丸山千枚田、奈良県上北山村の旧行者還り林道、天川村のみたらい渓谷 7月26日分。

26日土曜日の朝、3時40分起き。
4時20分過ぎに三重県御浜町の七里御浜へ。

朝焼けは綺麗だったが、
水平線の雲が厚くて朝日は上のほうに来るまで見えず、残念。

イメージ 1

イメージ 2

その後、熊野市の丸山千枚田へ向かう。
途中の天気は快晴だが、丸山千枚田周辺は霧の中。
この時期、カメラマンはほとんどいない。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

7時前、しだいに霧は晴れて朝日が差し込み始める。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰りは、国道169号線に抜けて北上。
途中から奈良県上北山村の旧行者還り林道を通り、天川へ。
雲が増えてくる。

旧行者還り林道。
カメラマンはいないが登山客は多くて、
頂上の駐車場にはかなりの車がとまっていた。

イメージ 9

奈良県天川村の「みたらい渓谷」。
家族連れがいっぱい。

イメージ 10

イメージ 11

昼過ぎに帰宅。
天気がよいので、撮りたいところがいっぱいあったのだが、
筋肉痛で再び出かけるのは残念。

このページのトップヘ