風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:獅子岩

三重県熊野市の熊野大花火大会 8月29日分。

朝7時15分に斑鳩の自宅を出発。
7時45分に橿原高田ICから京奈和道に入る。
8時10分に御所南ICから出て、国道169号線へ。

10時に下北山村のスポーツ公園へ、トイレ休憩。
10時半に国道42号線に入る。

45分ごろに熊野市の臨時駐車場へ、1日3000円。
花火大会の公式ではないので、地図には載っていなかったが、
イオンとオークワの間にあり、獅子岩に近い場所。

ここで友人のFさんと待ち合わせ。
Fさんは早朝3時に着いて、場所取りしてくれてたので、まずは確認に行く。
Fさん、ありがとうございました。

早朝3時時点でも三脚ずらりで100本くらいならんでいたらしく、
昼前に見に行った時はもう倍くらい。夕方にはさらに増える。

本来17日の開催だが、台風接近で波が高かった影響で、22日、29日と二度の延期。
観客は延期になると半分くらいに減るようだが、カメラマンの数は変わらない感じ。
今年は4年ぶりの開催ということもあるのかもしれない。

花火会場は広いので、花火だけを撮る場合は、駐車場確保できれば、
わりと寸前に来ても問題なく撮れそうに思うが、
人気の獅子岩とのコラボは撮影場所が狭いので大変。
本当にぎゅうぎゅう詰めの感じ。

獅子岩からだと、鬼ヶ城から上がる花火は、隠れてほとんど見えないのだが、
カメラマン的には、獅子岩とのコラボイコール、熊野の花火という感じがするので、
撮影ポイントとしては一番人気。

今年はすごく暑いので、時間待ちが大変。
昼飯の後、2ヶ所の喫茶店行って、イオンとオークワで涼んで時間をつぶす。
ちなみにイオンもオークワも、食エリアがなく、あまりゆっくりする場所はなし。

市内には日中イベントや休憩場所は設けられているが、場所的に遠いので行かず。

https://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/
https://www.kankomie.or.jp/report/1482

5時過ぎに獅子岩の撮影ポイントに戻る。
花火は7時から9時まで、2時間も続くのは珍しい。
間が空く分、煙が流れて撮影にはいいように思うのだが、
今日はあいにく無風状態で、煙で9割以上はクリアに見えなかった、残念。

それでもクリアに見えた花火を比較明合成で合わせて、何とかいいのが撮れたので大満足です。

花火は鬼ヶ城と2つの台船から上がり、
プログラムにもどこから上がるか詳しく記載されている。
海上自爆は船を移動しながら、行われる。
人気の彩色千輪は2回あった。

カメラは2台で、28㎜と43㎜の画角で撮影。

35フルサイズで28㎜の分。花火は、煙に隠れていない分を数枚比較明合成。

熊野花火1

35フルサイズで43㎜の分。花火は、煙に隠れていない分を数枚比較明合成。

熊野花火2

花火終了後、道は大渋滞。
駐車場を出たのは翌日の1時ごろ。
駐車場で朝まで寝てても良かったが、40分に道の駅まで移動。

三重県熊野市の獅子岩と楯ヶ崎 2月5日分。

5日6日と寒波襲来。
奈良と三重県境あたりも降雪がありそうな予報。
1月中旬に行こうかなと迷った挙句、結局行かずにいいチャンスを撮り逃したこともあり、
1泊二日で出かけてきた。

いろいろバタバタしてたので、出発は10時前。
斑鳩の自宅を出て、11時15分に吉野のコンビニで15分ほど休憩。

川上あたりから雪がちらつく。
12時ごろに国道169号線の大台ヶ原分岐の所のトンネルを通過。
この辺りはすごい雪。

土曜日で車がいっぱい止まってたけど、シェークスピアの氷瀑群で、
写真撮ったり、アイスクライミングする人って、そんなに多いのかな。
私有地で許可のない立ち入り禁止みたいだけど。
https://twitter.com/M5lXxiwh85Si9Wo/status/1490072524620636162

12時18分に道の駅通過。

下北山まで来ると急に雪は減り、晴れ間も見えてくる。
12時35分に不動七重の滝の分岐。
吹雪いてはいるが木々の着雪は少ない。
一応見に行くが、トレッキングの駐車場の所まで行き、
滝周辺の着雪が少なそうなので、そこでUターン。

1時05分に再び国道169号線へ戻り南下。
1時13分、下北のコンビニのところを通過。
1時23分に三重県に入る。

2時過ぎに丸山千枚田へ。
今日の朝はすごい雪が積もってたのを、ツイッター情報で確認していたが、
さすがにこの時間では雪の痕跡はほとんどない。
路肩にわずかに見えるだけ、途中すごく晴れてきたので、
あまり期待はしてなかったけど残念。

GPVで最初5,6日とかなり雪雲がかかってたけど、
情報更新されるたびに6日の雪雲が和歌山寄りにずれていったような感じがする。
数時間後と1日後の精度差、もっと早く準備して早朝か前夜に出るべきだった反省。
6日のほうが寒波が強いって言ってたけど、この辺りは4日の夜から5日の朝の方が強かったみたい。

明日に期待で、宿を予約。
2時30分に出発。
3時ごろに獅子岩へ。少しだけ撮影。
朝日をくわえさせるなら、5月中旬から6月中旬。
満月をくわえさせるなら、11月から12月の夕方。

_S9A5046

_S9A5056

3時10分ごろに鬼ヶ城近くの宿でチャックインを済ませて、
25分に出発、楯ヶ崎に向かう。
2014年の夏以来。
https://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532497.html

3時53分に楯ヶ崎の駐車場に到着。
400m手前の駐車場の方にトイレがある。
楯ヶ崎までは奥の駐車場から歩いて1.5キロ、30分ほど。
日の入りは5時半ごろだが、
今の時期は、4時55分くらいに夕日は山に隠れてしまう。
太陽の角度的に、夏場より秋冬がおすすめ。

_S9A5066

_S9A5087

_S9A5118

夕食後、6時半ごろに宿に戻り、10時に就寝。

三重県熊野市の獅子岩と朝日 5月27日分2-1。

朝は獅子岩へ。路肩駐車可。
他にカメラマン1名。
薄くもがあり朝焼けはとても綺麗だったが、
朝日は拡散されすぎて、獅子岩の口の中に入れるカットは撮れず。
朝日の輪郭が分かるようにくわえる構図にした。

イメージ 1

イメージ 2

三重県熊野市の獅子岩と朝焼け・鬼ヶ城・熊野古道松本峠の展望台・丸山千枚田と蓮、奈良県十津川村の竹筒から北山川とウオータージェット船、和歌山県北山村小松の吊橋から見た筏下り 7月10日分。
 
10日日曜日、4時起床、七里御浜は霧が濃くて見えず。
42号線を北上して、三重県熊野市の獅子岩へ。
快晴でとても美しいグラデーション。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
もう熊野大花火の場所取りはあらかた終わっていた。
 
次に鬼ヶ城に移動。朝日に染まる。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
無料の駐車場から、階段を登り鬼ヶ城跡へ、約12分。
鬼ヶ城跡からは海が見えるがいまひとつ。
七里御浜方面も見えるが、木が邪魔。
雲海が流れている。
 
イメージ 9
 
そこからさらに森の中のアップダウンの道を約8分で熊野古道松本峠の展望台。
りっぱな休憩所がつくってあるが、ここも木が邪魔。
 
夏場は道沿いクモの巣が多いのが不快。熊に注意。
 
イメージ 10
 
一度戻り、車で移動。
今度は熊野古道松本峠の木ノ本昇り口へ。
歩いて10分、途中現れる車道が終わり、終点の転回所から少し上ったところにも展望台があるが、
雲海がすごくてまったく見えず。
 
9時ごろに丸山千枚田に移動。
県道40号線沿いから撮影。
 
イメージ 12
 
赤倉山の展望台から撮影。
 
イメージ 11

下の展望台から撮影。
 
イメージ 13
 
蓮が綺麗に咲いていた。
 
イメージ 14
 
その後、ロケハンを兼ねてうろうろ。
 
奈良県十津川村の竹筒、国道169号線沿いから北山川とウオータージェット船。
志古を出発した船は毎時45分くらいに、帰りの船は毎時5~10分くらいに通る。
5~10分おきくらいに何台か続けて来る場合もあり。
 
イメージ 3
 
和歌山県の飛び地である北山村小松の吊橋から筏下りを撮影。
国道169号線小松トンネルを出て、川沿いに降りていく。
軽自動車も通る吊り橋なので注意。
筏下りは、12時10分ごろと2時20分ごろの2回通る。
毎回3隻くらいある。
筏下りの前にカヌーやラフティングもあり。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
2時40分ごろ、道の駅おくとろで休憩、その後帰路に着いた。
 

このページのトップヘ