風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:田辺市

和歌山田辺市の虎ヶ峰からの夕日と紀州田辺梅林、みなべ町の南部梅林と千里梅林と岩代大梅林、2月19日20日分。


今週の2月19日20日の金・土と和歌山の梅林の取材に行ってきた。
年始からずっと忙しくて、やっと今年の初撮りである。
昨年もほぼ同時期に訪れたが、少し遅すぎたので今回はリベンジ。

金曜日の午後、斑鳩の自宅から出発、2時間ちょっとで和歌山の高野山に着く。
そこから高野龍神スカイラインを抜け田辺市へ向かう。
頂上付近の路上は所々に残雪があり、ゆっくり走ったので、
昨年よりやや遅いペース。

3時間半ほどで、道の駅龍神に到着。
国道371号を南下、425号に入りすぐに県道29号田辺龍神線へ。
虎ヶ峰トンネルの南側から夕日を撮影。

虎ヶ峰からの夕日。

イメージ 1

5時50分頃日没、田辺市街からすぐで道もよい、ここは穴場でおすすめ。
道の駅龍神から40分、道の駅紀州備長炭記念公園へは15分、
田辺市街までは40分ほど。

虎ヶ峰トンネルの南側からしばらくは西側の展望ポイントが続き、少し南に下ると東側の展望もある。
その後、道は東西方向に変わるが、再び南方向に変わるところの西側の展望もよい。
東側の展望はたいしたことはないが、西側の展望は山並みがきれい。

夜は田辺市の扇ヶ浜から少し南東側の田辺湾沿いにあるネットカフェへ。
入会100円、8時間パックで1600円。
フリードリンク、シャワーあり、映画を2本見て眠る。
とても快適で、ネットカフェ難民が増えるのわかる気がするなぁ。

翌土曜日4時過ぎに出て、紀州田辺(石神)梅林へ、市街から40分ほど。
早朝の梅林を撮影、中心部の駐車場は500円、無料駐車場あり、見学自由。
全体的な満開には、やや早いくらい。
ここは他の梅林にくらべやや遅い。

紀州田辺(石神)梅林。

イメージ 2

次に、みなべ町の南部梅林へ移動、紀州田辺(石神)梅林から30分くらい。
駐車場は500円、入園250円、遊歩道でぐるっと1周できる。
下の方は満開、中腹はやや散り始めが多く、上のほうはやや早いくらい。
品種や場所により差があるので、最適期が難しいが、
遊歩道の上のほうが写真的なアングルがいいので、数日後がよいと思う。

みなべ町の南部梅林。

イメージ 3

イメージ 4

次に千里梅林へ、南部梅林から15分ほど。
駐車場はなし、路駐可。
特に遊歩道はない、満開。
ここは鉄道と海が見えるので、テッチャンが6人ほどいた。

千里梅林。

イメージ 5

最後に、岩代大梅林に移動、千里梅林から15分ほど。
駐車場は300円、入園200円、駐車場から梅林まで10分ほど、ほぼ満開。
岩代大梅林は盆地の中にあり、駐車場や途中の道沿いからもよく見える。
駐車場から車で1周するコースもある。

11時過ぎに帰路に着く。
帰りは42号線を北上、ずっと一般道を走る。
和歌山市を通り、休憩時間をはぶいて5時間20分。
高野山経由とほぼ変わらない感じ。
高速を使えば大阪経由のほうがずっと早い。

岩代大梅林。

イメージ 6

イメージ 7

和歌山県の高野龍神スカイラインの紅葉 11月3日分。


季節はずれの寒波到来で三段紅葉を期待して、朝3時半起きで高野山に向かう。
タイヤは前日のうちに冬用タイヤに交換済み。

高野龍神スカイラインは、奈良と和歌山の県境にあり、
和歌山県の高野町・かつらぎ町・田辺市と奈良県の野迫川村にまたがっているが、
撮影した大部分は和歌山側。

2時間ほどで高野山到着、夜半に雪が降ったらしく屋根や木の橋の上には雪が残っていた。
フリースと綿入りのジャケットにニット帽と万全に備えたつもりだったが、寒くて震えあがる。

今年の紅葉は1週間以上早い感じでもう見頃後半、強い風でかなり散っていた。
10月末ごろがピークだった様子。
蛇腹道の中ほどや愛宕神社はまだあと数日の感じだったが、全体の見頃は今週いっぱいまでだろう。
奥の院の英霊殿付近は終盤、散り紅葉も枯れている。
高野山内は撮影せず、高野龍神スカイラインに移動。

高野大滝は見頃開始くらい、御殿川の渓谷の紅葉はまだ少し早い。

高野龍神スカイラインの紅葉は山頂付近は終盤、強い風でかなり散っていた。
中腹は見頃、下のほうはまだ少し早い感じ。
尾根は見事な樹氷が見られ、めったに見られない三段紅葉に、
しだいに観光客やカメラマンも増え始めるが、みんなあまりの寒さに震え上がっていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

最初デジタルとともにフィルムのPENTAX645でも撮影していたのだが、
寒さですぐに動かなくなったので、以後デジタルのEOS5Dマーク2のみの撮影。
外部電源をもっていくんだった不覚。

ただ時間が急ぐ撮影ではデジタルに集中できたのでよかったかもしれない。
10時過ぎには、下のほうの樹氷はかなり融けて来た。
メモリーカード余分に持っていったつもりであったが、
手持ちの20Gをほぼ使い果たしたので、3時ごろ野迫川村を通り帰路に着いた。

野迫川村の楓は見頃、銀杏は半分緑、中原川の紅葉はまだ少し早い感じ。

和歌山県田辺市の紀州田辺梅林と天神崎の夕景 2月14日分。

2月14日~16日の土日月と和歌山県南部に梅林と観光素材集用の風景を撮りに行ってきた。

奈良の自宅から2時間で高野山奥の院へ、
そこから高野龍神スカイラインを通り、約4時間で紀州田辺梅林に到着。

高野龍神スカイラインの電光掲示板には、チェーンが必要と出ていたが、
路肩に雪が少し残るだけでまったく問題なし。

紀州田辺梅林(石神梅林)は満開(7部咲きから散り始め)で、見頃。
駐車場は無料と500円のところがある。

南部梅林、千里梅林、岩代大梅林はかなり散っていたので、ほとんど撮影せず。
今年はかなり早く、先週がピークだった模様。

南部梅林は、駐車場は無料、入場250円、ここは観光バスがいっぱい。
千里梅林は無料、中には入れず道路からのみ、規模は小さい。
岩代大梅林は、駐車場は300円、入場200円、一番規模が大きい。

平坦地に広がるので、途中の道路沿いからでも充分全景が見える。
どこもどちらかと言うと、午前中の光のほうが撮りやすいと思う。

梅林の撮影と同時に観光素材集用の風景として、
田辺市の天神崎や白浜町の円月島や三段壁、千畳敷なども撮影した。

日曜日は一日好天に恵まれたが、日没寸前に雲が広がってきて、日没はいまひとつ。
その夜のうちに、和歌山市に移動。
今日月曜日は曇りだったので、早いうちに帰宅した。

紀州田辺梅林。

イメージ 1

天神崎の夕暮れ。

イメージ 2

このページのトップヘ