風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:白川村

岐阜県白川村の白川郷 6月2日分3-1。

天気は曇り、時々日が差す感じ。

前日のうちに白川郷まで移動。
駐車場は1000円。朝8時から。
観光客はとても少なく、世界遺産に登録される以前のレベルとのこと。
https://shirakawa-go.gr.jp/

_S9A7125

_S9A7161

_S9A7213

_S9A7281

_S9A7287

見学施設の合掌造り民家園を見学。入館600円、現在ソフトクリームのサービス有り。

_S9A7318

_S9A7329

_S9A7335

_S9A7346

_S9A7426

かんまちの田んぼは全て田植え済。奥の2枚は水草が目立つ。

_S9A7391


岐阜県白川村の白川郷 5月27日分。

1週間ほど、岐阜・富山・新潟・長野県を撮影取材。
1日目。

天気は、朝は本降りの雨。

11時頃に西名阪の法隆寺ICから高速に入り、
東名阪・名二環経由で、5時半ごろに東海北陸道の白川ICから出る。
途中の休憩は合計で約2時間15分なので、走行時間は4時間15分。

https://shirakawa-go.gr.jp/

雨は小降りに変わる。
かんまちの田んぼは奥側の4枚のうち真ん中のみ田植え済。他は水鏡。

_S9A4311

萩町城跡の展望台から。

_S9A4299

岐阜県白川村の白川郷の紅葉 10月27日分3-3。

天気は、曇りと小雨の繰り返し。

その後、白水の滝に向かうが、林道通行止め。
ネットでは情報出ていなかったので、行けると思ってたのだが、
電話でも聞くべきだったか。
せっかく来たので、近くの白川郷へ。

イメージ 1

イメージ 2

3時半に白川郷ICから入り帰路に着く。
途中少し渋滞、休憩は合計で30分ほど。
東名阪経由で、8時8分に西名阪の法隆寺ICから出て帰宅。

今回の27日間の取材の総走行距離は6633キロほど。

東北・関東・中部を廻った27日間の取材記は、今回で終了です。
用事が出来たので少し早めの帰宅になりました。

ありがとうございました。

後で気が付いたのだが、翌日は消防訓練の放水があった。
すっかり忘れていた、せっかく行ったのに、
もう1日いればよかった、大失敗、あちゃ~。


岐阜県白川村の白川郷 6月1日分。

6月1日から20日まで、中部・関東方面に行ってきた。

10時半ごろに西名阪道の法隆寺ICから入り、名阪国道経由で東名阪道へ。
(途中15分位休憩)
12時頃、新名神の合流の亀山JCT辺りから車線規制。
大渋滞で、1時50分頃に鈴鹿ICから一般道へ。

しかし、鈴鹿ICまで来ても全然工事してないのに、
そんなに早く車線規制する必要あるのかな、大いに疑問。
予想外で大幅に遅れてしまった。

その後、国道306号線を北上。
(途中15分位休憩)

3時20分頃に関ケ原ICから再び高速へ。
(途中15分位休憩)
5時40分ごろに東海北陸道の白川郷ICから出る。

5時50分に白川郷へ。なんとか夕方には間に合った。
田植えは5月中・下旬。
水草が増えて、正面の方はあまり綺麗に写り込んでくれない、残念。
手前の方はちょうどいい感じだった。
所要があって遅れたが、やはりベストは5月下旬頃。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、すぐに高速に乗るつもりだったが、ガソリン入れ忘れで残量がやばい。
周辺のスタンドはすでに閉店。
念のため、下道を走って行ったが、途中のスタンドもすでに閉店。
結局、福光IC近くのスタンドしか開いていなかった。

9時半過ぎに福光ICから高速へ。
予報通り嵐に変わり、雷が鳴りだす。
11時過ぎに北陸道の有磯海SAで車中泊。

岐阜県白川村の白川郷と富山県南砺市の五箇山の桜 4月25日分3-3。

砺波ICから白川郷ICまで35分ほど。


白川村の白川郷の天守閣展望台、桜は少しだけ。少しツボミが残る。

イメージ 1

駐車場付近の桜、満開。
駐車場は1000円に値上げ。

イメージ 2

野外博物館 合掌造りの民家園、入場600円。
咲きはじめから満開混在。

イメージ 3

明善寺の桜。5分咲きと満開。

イメージ 4

2時前に移動、富山県の五箇山に向かう。

富山県南砺市の五箇山の菅沼集落の桜。ほぼ満開。
駐車場500円。

イメージ 5

イメージ 6

五箇山の相倉集落に移動。
桜はほとんどない。木蓮は見頃過ぎ。駐車場500円。

イメージ 7

イメージ 8

その後、4時半ごろに五箇山ICから入り、高山西ICから出て、国道41号線を南下。
天気は、あっというまに下り坂。小雨が降り始める。

夜は下呂温泉のビジネスホテル泊。

岐阜県白川村の白川郷の雪景色の夜景 2月12日分5-5。

当初、五箇山の合掌集落の夜景を撮るつもりだったが、
雪の状態がよくないので、白川郷に移動。

展望台からの夜景。
周囲は全て外国の方でした。カメラマン5.6名に観光客少し。

直前の吹雪がやんで、クリアになった。
ボタン雪が降ってくれれば、最高なのだが、そうはうまくいかない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

夜は、高速で石川県の金沢市まで移動、約1時間。

兼六園近くの宿に泊まる。


岐阜県白川村の白川郷の雪景色と高山市の臥竜桜の雪景色 1月11日~13日分。

寒波到来で、先週の11日~13日水・木・金曜日は、岐阜県の白川郷と飛騨高山へ。

初日はまだ雪は少な目だったんですが、
二日の朝には車の屋根に60センチくらい積もっていました。

土曜日と日曜日の午前中はコマーシャルフォトの撮影。
日曜日の午後からは、あつまってんの準備会に参加。

岐阜県白川村の白川郷。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ライトアップの撮影では、
白川郷の撮影で有名な森田さんにお会いすることができました。

高山市の臥竜桜。

イメージ 6

岐阜県白川村の白川郷の雪景色 2月10日分2-2。

昼前に白川郷の駐車場へ、後払い500円。

http://shirakawa-go.org/kankou/

雪はほとんどやんだので、手持ちでのんびりスナップ撮影。 
駐車場から集落への橋の上から撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

白川GOくん。

イメージ 10

上町地区の雪景色のたんぼ。

イメージ 11

夕刻、再び展望台へ。

天守閣展望台と町が管理する展望台は、三脚禁止。
間にあるたんぼの上からのみ三脚使用可、観光課で確認済み。

少し木が邪魔なのだが、ここしかないので仕方がない。
雪が深いので最初はだれも来なかったが、
自分の足跡をたどって、人がぱらぱら。

除雪されているし、正直見るだけならとなりの展望台のほうがいいのだが、
人のいるところに人は集まってくる。

ライトアップは週末だけなので、ライトアップはないが、逆に雰囲気はよい。
昔ほど人気がないのか、カメラマンは他に1名のみ。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

夜は、高速で高山市に移動、1時間ほど。
スーパーホテル泊、朝食、温泉付で5980円、駐車場500円。

岐阜県白川村の白川郷の雪景色 2月10日分2-1。

朝は強烈な吹雪。車の上には、20センチの雪。

雪が少しましになった7時ごろから車の上の雪かき。
除雪車が来たので移動したら、雪の山に乗り上げ、底がつかえて動けず。
雪用のスコップで、底の雪のかき出し作業で、15分ほど。

朝一は、上町地区の撮影ポイントへ。
駐車スペースがないので、かなり遠くに停め歩いて行った。
雪は激しくなったり、小康状態になったりの繰り返し。

イメージ 1

イメージ 2

その後、天守閣展望台へ。

ここは私有地でお土産物屋がある。駐車場有、三脚禁止。
外国人のツアー客がいっぱい。
日中は集落からのバスもある。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

すぐとなりの町が管理する展望台。駐車場有。

イメージ 8

イメージ 9

展望台への道沿いにある、ます園・文助。
路肩に少しだけ停めるスペースがある。

イメージ 10

イメージ 11



岐阜県白川村の白川郷の雪景色 2月9日分2-2。

2時20分ごろに五箇山・相倉集落を出発、3時ごろに白川郷の道の駅に到着。

食事してから、白川郷の駐車場へ、500円後払い。
観光バスでいっぱい、外国人率高し!
朝の合掌造りの屋根は、半分くらい雪が落ちていたのに、すっかり雪景色。


駐車場近くの野外博物館の民家園。
外から撮影。

イメージ 1

イメージ 2

明善寺の鐘楼門。

イメージ 3

イメージ 4

明善寺の庫裡。

イメージ 5

イメージ 6

重要文化財の和田家近くの柿の木。

イメージ 7

重要文化財の和田家。5時25分の日没ごろに点灯。

45分ごろからの20分ぐらいが見ごろ。

クラブツーリズムのツアーで写真家の斉藤さんが来られていた。

イメージ 8

再び明善寺の庫裡。カメラマンが他に1名だけ。

イメージ 9

イメージ 10

6時10分過ぎにはもう真っ黒。

夜は道の駅で車中泊。

岐阜県白川村の霧の白川郷、富山県南砺市の五箇山の菅沼集落と相倉集落 6月16日17日分。

6月16日から夏の取材を始める、北上して北海道まで行くつもり。

6月16日、午後1時に自宅を出発、長い旅の始まり。
名阪国道の上柘植ICから北上、彦根から関が原に抜けて、
郡上八幡経由で岐阜県の白川郷へ。
一般道を走り、簡単な休憩込みで約7時間。
白川郷の道の駅で車中泊。

6月17日。
東北・北海道取材記といっておいて、なんなんだが、
途中の寄り道で、朝から岐阜県白川村の白川郷を少しだけ撮影。
朝は霧が出ていた。

イメージ 1

展望台から撮影。

イメージ 2

その後、北上。
富山県南砺市に入り、五箇山の菅沼集落と相倉集落を撮影。
猛烈に晴れてきて暑い!

菅沼集落を駐車場横の道沿いから撮影。

イメージ 3

相倉集落。展望台から撮影。

イメージ 4

11時前に出発、ひたすら北上して富山県から新潟県へ。
昼ごろには、高曇りになる。
その後は、少しだけ撮影とロケハンをしながら進み、
10時過ぎに、福島県の道の駅「奥会津かねやま」に到着、車中泊。

続く。

このページのトップヘ