風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:白毫寺

兵庫県丹波市の白毫寺・三寳寺・達身寺の紅葉 11月13日分2-1。

13日~15日まで、北近畿の紅葉巡りに行って来た。

13日、天気は晴れているが雲が多い。

朝7時5分に西名阪の法隆寺ICから高速へ。
近畿道経由で、45分に中国道に入る。
ここから30分ほど工事渋滞。
西宮名塩SAで10分ほど休憩。
舞鶴道に入り、9時23分に春日ICから出る。

https://www.tambacity-kankou.jp/

9時35分に丹波市の白毫寺へ。
無料駐車場あり。入山300円。紅葉は見頃。
九尺藤の花で有名なところだが、紅葉時期は空いている。

_S9A7791

_S9A7795

_S9A7815

_S9A7823

_S9A7834

10時40分に三寳寺(さんぼうじ)に移動。
無料駐車場あり。入山無料。本堂300円。
紅葉は見頃だが、参道はまだ色変わり中のも多い。

_S9A7846

_S9A7856

11時半に達身寺に移動。
無料駐車場あり。入山400円。紅葉は見頃。

_S9A7890

_S9A7879

_S9A7885


奈良県奈良市の白毫寺の萩 9月29日分3-3。

最後に白毫寺(びゃくごうじ)へ。
門前の少し手前にある民間駐車場1回700円。拝観500円。
高台にあるので、少し階段を上る。
参道の萩は見頃旬。白い方は結構花がついていたが、赤い方は花が少なめ。
すでに散ったわけでも、これからつぼみが開くわけでもない感じ。
以前来たときも赤色の方が花が少なかった。
境内には少し彼岸花や桔梗も咲いていた。
https://narashikanko.or.jp/spot/temple/byakugouji/

_V9A4842

_V9A4844

兵庫県丹波市の白毫寺の九尺藤 5月8日分2-1。
連休明けは好天が続いたが、所用が多く出かけられず。
8日の午後から兵庫県へ。

朝は快晴だったが、次第に雲が増える。

1時40分ごろに白毫寺へ。
渋滞してたので、手前の駐車場に停めて5分ほど歩いて境内へ。
お寺のすぐ前の駐車場、結構空いてたのに、
案内の人たちの誘導がうまくいっていない感じ。

拝観は300円。
藤棚は隣の広場にあり、食事などもできる。


最近はSNS人気で平日でもすごい人。
今年の藤は短く、もう上の方は枯れ始めであまり撮影せず。

イメージ 1



奈良県奈良市の白毫寺の散り椿・不退寺の雪柳とレンギョウ・法華寺の枝垂れ桜 3月29日分。


時々晴れ間も見えるが、雲が多い空模様。

朝から奈良市の白毫寺 (びゃくごうじ)へ、境内400円、駐車場600円。
五色椿が見頃後半、散り椿が美しい。
白木蓮は色あせ、桜は咲き始め。

白毫寺の散り椿。

イメージ 1

その後、奈良市法華寺町に移動。
まずは不退寺へ、境内500円、駐車場あり。
雪柳、レンギョウが見頃、桜は咲き始め。

不退寺の雪柳とレンギョウ。

イメージ 2

イメージ 3

次に海龍王寺に移動、境内500円、駐車場あり3台分。
雪柳が見頃。

次にすぐ近くの法華寺に移動、境内800円からいろいろコースにより違う。
駐車場あり、ここは広い、三脚禁止。
しだれ桜、雪柳が見頃、染井吉野は咲き始め。

法華寺の枝垂れ桜。

イメージ 4

その後、山の辺の道を散策するがあまり収穫なし。
染井吉野、桃が咲き始め、スモモは見頃。

このページのトップヘ