風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:皐月躑躅

京都府南丹市の美山茅葺きの里の立葵と皐月躑躅 6月22日分。


今日は朝から雨、京都府南丹市の美山茅葺きの里に、
紫陽花の下見を兼ねて行って来た。

お目当ての紫陽花は、北・南地区とも全体的に見頃初期。
所々見頃のものもあるが、絵になるポイントは来週くらいからが良いと思う。
北地区のメインストレート沿いも、色づき始めくらいだった。
立葵は見頃初期、花菖蒲は散り始め、さつきは見頃と散り始め混在の感じ。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

京都府京都市の善峯寺と梅宮大社の皐月躑躅 6月9日分。


西山の善峯寺と嵐山の梅宮大社に行って来た。
天気は、強い雨が降ったり急激に晴れたりで変な空模様。
昼過ぎに善峯寺に到着、全体的にはさつきは見頃後半の感じ。
釈迦堂や奥の院のさつきは、綺麗に咲いていたが、
目当ての多宝塔下から、本坊へ続く参道辺りのさつきの花付きは、
今年もいまひとつの感じで、毎年のように来ているが、
なかなか当たり年に巡り合わない。
ここの紫陽花は見事でおすすめだが、まだ咲き始め。

善峯寺のさつき。

イメージ 1

続いて梅宮大社へ、ちょうど去年と同じ日。
去年はさつきは見頃だったが、今年は散り始め。
花菖蒲は、北側の勾玉池のほうは多いのだが、
東側の茅葺きの茶室周辺は花数は少ない。

梅宮大社のさつきと花菖蒲。

イメージ 2

夕方、南丹市美山町の茅葺きの里に移動。
日曜日の朝5時に鮎釣りが解禁になるので、
その風景を撮影するため。
朝早いので早めに車中泊。



奈良県御所市の九品寺の皐月躑躅 6月1日分。


今日は先週に続いて再び葛城方面へ行って来た。
天気は全国的に快晴の予報だったものの、朝は雲が多過ぎ朝日は見られずがっかり、
朝3時すぎに起きたのに、本当に天気予報はあてにならない。

まぁ朝日の撮影には、運まかせのところがあるのでしかたがないが、
快晴すぎてもハレーションが出てだめだし、
少し雲がないと綺麗に空が焼けないし、雲が厚すぎてもだめだし。
6月中旬くらいまでは、田んぼの反射も期待できるので再チャレンジしたい。

葛城方面の朝日の撮影場所のおすすめは、
御所市の御所香芝線の井戸から南郷付近と伏見、
それと西佐味中之線の西佐味の大川杉付近(まだ田んぼに水なし)

その後、九品寺のさつきを撮りに行く。
つぼみと散りが少しあるが、見頃。

イメージ 1

空が曇ったままなので、7時過ぎに帰宅。

このページのトップヘ