風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:真庭市

岡山県真庭市の神庭の滝と美甘渓谷 5月31日分5-2。
神庭の滝に移動。日本の滝100選の1つ。
無料駐車場、トイレあり。
滝見学は有料で朝8時半から300円。
雨が降ってきた。


イメージ 1

その後、国道181号線を北上。

道沿いから美甘渓谷。

イメージ 2




岡山県真庭市の醍醐桜と久世の桜並木、兵庫県朝来市の竹田城跡の桜 4月14日分。

前日は道の駅で車中泊。

早朝から再び醍醐桜へ。

朝4時半ごろに、山の上に上がったら、醍醐桜の手前のほうの駐車場は、
2ヶ所とも、ほぼいっぱい。みんな早い。車中泊の人も多いのだろう。

停めるところあるかなと心配したら、
さすがに醍醐桜の奥の方の駐車場は2ヶ所とも、がらがら。
距離的にはどちらも変わらず、歩いて5分ほどで醍醐桜に着く。

月がいい感じだったので、月明かりで撮影。
夜中なのにすでにカメラマンはいっぱい。

イメージ 1

日の出は5時36分頃。

イメージ 2

イメージ 3

今日も快晴。

イメージ 4

イメージ 5

8時40分に出発、かなり前から渋滞中だが、
一方通行なので、問題なし。

桜本寺は、満開。手前の桜は少しつぼみが残る。

がいせん桜は、まだつぼみ。

勝山の古い街並みに咲く桜、散りはじめ。
町中に無料駐車場あり。

イメージ 6

久世の桜並木、盛んに花吹雪。河川敷に無料駐車場あり。

イメージ 7

薬王寺の枝垂れ桜、満開。無料駐車場あり。

イメージ 8

1時半過ぎに高速へ。

帰りに寄り道、兵庫県の竹田城跡へ向かう。

3時40分過ぎに和田山ICから下りて、竹田城跡手前の無料駐車場へ。
そこから16時10分のシャトルバス(150円)で、竹田城跡へ。
観光客は8人ほど。

7分ほどでバスを降りて歩く。
4時半ごろに竹田城跡の入り口、約12分、入場500円。
5分ほどで天守台跡。桜は満開。

イメージ 9

5時半ごろには一番手前の桜が陰ってきたので、山を下りる。
夕方は人も少なく撮影しやすかった。
城内は一方通行、5時20分ごろに出口。
出口は入口より手前にあるので、バス停まで9分。

下りの最終のバスが5時20分だったので、帰りは歩いて戻る。
バス停から歩いても14分位だった。

バスも一方通行で、帰りは町中を通り、20分以上かかるらしいので、
普段も歩いて帰ったほうが早いらしい。

6時に和田山ICから入り、6時35分に中国道分岐、
7時5分に舞鶴道分岐、7時40分ごろに吹田JCT、
8時15分ごろに法隆寺IC。
総走行距離、680キロほど。

岡山県津山市の鶴山公園(津山城跡)の桜と真庭市の醍醐桜 4月13日分。

13日14日と1泊2日で岡山へ。

朝6時15分に西名阪の法隆寺ICから入り、阪神高速、近畿道、中国道経由で、
9時に津山ICを下りる。
渋滞はほとんどなく、途中休憩15分、走行2時間半、200キロほど。

天気は晴れているもののやや雲が多い。

津山市の鶴山公園(津山城跡)の桜は、1割ほど散りはじめ、
写真的にはなんとかぎりぎりの感じ。

駐車場500円。9時過ぎで一番近くの所が半分ほど空いていた。

イメージ 1

イメージ 2

12時半過ぎに出発、下道を走って真庭市の醍醐桜に向かう。
北側の道からは分岐の道にすんなり入れたが、
南側からはもうかなり渋滞中。

カタクリの群生のある分岐からは渋滞。
旧小学校から2時間かかると言われたので、
2時20分に旧小学校の駐車場へ、ここは300円。
上のほう駐車場は500円。

遊歩道を歩いて、40分と言われたが、
22分ほどで、醍醐桜に到着。
山道の上りなので、人によっては40分以上かかると思う。

天気は雲のほとんどない快晴に変わる。

快晴で、桜も満開ピークで、カメラマンも観光客もいっぱい。
それでも、1時間に1,2分ほどは人の切れ間がある。

イメージ 3

夕方、古川さんにばったり。
兵庫の竹田城跡を撮影してから、やってきたとのこと。

夕方、1度車を取りに行こうと思ったのだが、相変わらずの渋滞。
今では3時間かかるとのことで、あきらめた。

夕方に来る人は、ライトアップを見るので、余計に駐車場が空かない。
渋滞は延々続く。下から歩いたほうがまし。
シャトルバスを導入すればいいのに。排ガスによる汚染が心配。

日の入りは6時36分くらい。
西側には高い木があるので、5時20分位には桜の下の方が陰る。
さすがにカメラマン多いとマナーの悪い人もいるので、
三脚禁止にならないか心配。

イメージ 4

満月に近く、星の撮影には向いていないので、暗くなったころに山を下りる。
帰りは遠回りだが、すべりやすい遊歩道ではなく、安全な車道を歩いて下りる。
小学校の駐車場まで約35分。
夜は結構冷えるし、道は暗いので、ライトと防寒着要。

岡山県鏡野町の奥津渓の紅葉など、11月6日分。

天気は雨のち曇り。

岡山県真庭市の神庭の滝。100名瀑。
朝8時半から、入場300円。駐車場無料。
紅葉は山は枯れたようでいまいち。手前のカエデ類はまだ緑。

イメージ 1

岡山県真庭市神代の四季桜と紅葉、見頃前半。路肩駐車可。

イメージ 2

イメージ 3

岡山県鏡野町の奥津渓。駐車場無料。
日曜日でシャトルバスが運行されていた、1日券400円。
平日・夜間はなし。見頃前半。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

夜に岡山県高梁市まで移動、下道で2時間ほど。
備中松山城を見下ろす雲海ポイントへ。
路肩駐車可、簡易トイレあり。

高梁市の夜景。

イメージ 9

岡山県真庭市の蒜山高原と鬼面台からの大山、11月5日分4-2。

天気は快晴。
蒜山の紅葉は見頃になっていたが、あまりいい撮影ポイントはない。
平坦なので、サイクリングには最適で、りっぱなサイクリングコースがある。
景色がいいところが、休憩所になっていて、撮影にもおすすめ。
車道並走していないところも多いが、少し歩けば休憩所に行ける。

イメージ 1

鬼面台から望む大山。(真ん中の白いところ)
すぐ右側の山は烏ヶ山。左の平たい山は城山。

イメージ 2


岡山県真庭市の神庭の滝、新見市の井倉洞の井倉の滝、井倉峡の絹掛の滝、広島県安芸高田市の常清滝 4月28日分。

朝から雨、時々小康状態になる。

朝から国道181号線を南下、岡山県真庭市の神庭の滝へ。
日本百名瀑。

ここは、有料300円で8時半からしか入れない。

無料駐車場、トイレ完備。食堂などもある。
駐車場から滝までは10分。
滝の手前に東屋もある。

雨で水量が多い。

イメージ 1

その後、新見市の井倉洞の井倉の滝へ移動。
無料駐車場、トイレ完備。食堂などもある。

イメージ 2

国道180号線を少し南下したところにある井倉峡の絹掛の滝。
無料駐車場、トイレ完備。食堂などもある。

イメージ 3

イメージ 4

その後、中国道の新見ICから高速に入り、
三次東ICから出て、広島県安芸高田市の常清滝へ移動。

日本百名瀑。

無料駐車場、トイレ完備。
駐車場から滝までは8分。
滝の近くに東屋を兼ねた展望台があり、そこから撮影。
新緑がとても綺麗だった。

撮影中、まったく観光客に合わなかった。

イメージ 5

夜は三次市のホテル泊。

岡山県真庭市久世の旭川の桜並木・醍醐桜・桜本寺の大桜、新庄村のがいせん桜 4月10・11日分。

天気は曇り。

岡山県真庭市久世の旭川の桜並木。
はっきりはしないが陽光の桜並木かな。

イメージ 1

有名な醍醐桜。駐車場500円。
9時過ぎには渋滞が始まった。
山の上なので、駐車場のキャパが少ない。

4日に満開宣言出てたので、この前に嵐もきたことだし、
すでにかなり散っていると思っていたのだが、
昨日会った方に「まだほとんど散っていないですよ」と
聞いたので、やってきた。

あいにくの天気だが、たしかに満開のまま。
隣の二世のほうはすでに半散りなのだが。

イメージ 2

醍醐桜から見下ろす、下の桜も満開。

イメージ 3

さんざん探したのに見つからず、あきらめて広い道に出ようとしたら、
目の前に現れた桜本寺の大桜。

イメージ 4

再び、新庄村のがいせん桜。

イメージ 5

首切り峠。トンネルの中に桜。
こういうロケーション、ありそうであまりない。

それにしてもすごい名前。

イメージ 6

醍醐桜のライトアップ。
昨日会った方にライトアップ見るのに、
渋滞で上まで2時間かかったと聞いていたので、早めに戻る。
しかし午後3時から約2時間、5時前にやっと駐車場。

渋滞嫌でライトアップ見るのに1日いてる人もいるだろうし、
そうなるとますます駐車場あかないし、
麓からマイクロバスでシャトルにすればいいのに。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

夜は道の駅で車中泊。

翌4月11日。

早朝、三度、醍醐桜へ。

天気予報はよかったのだが、完全はずれでどんより。
しかも、醍醐桜1夜でかなり散ってしまった。

さすがにもう限界、あきらめて帰路についた。

中国道の落合ICから入り西名阪の香芝ICまで、休憩時間を含まずで約3時間。

今回の取材の総走行距離は3,742キロ。
片道フェリーで天気もよくなかったので、少なめ。

これで今回の九州・中国地方の春取材記は終了です。
ありがとうございました。

追記、帰宅後すぐに九州で大地震発生。
何度も渡った阿蘇大橋が崩落、熊本城もかなりの被害で、驚くことばかり。
世の中何が起こるかわからない。
被災地の一刻も早い回復を、心から願っています。

広島県三次市の高谷山尾関山公園の躑躅、庄原市の上野総合公園の桜と国営備北丘陵公園のチューリップ園、岡山県新庄村の新庄宿のがいせん桜、真庭市の美甘宿場桜と岩井畝の大桜 4月9日分。

天気は高曇り、日差しあり。少しの間青空も見えた。

広島県三次市の高谷山。桜は満開。
雲海は見れたが、日の出はさっぱり。カメラマン数名。
駐車場・トイレあり。りっぱな展望台がある。
雲海と日の出のシーズンは秋冬。

イメージ 1

帰りに見かけた風景、小さな城みたい。
もう一か所、別のところでも同じようなのを見かけた。

イメージ 2

三次市の尾関山公園。桜は半散り、ミツバツツジが5-8分咲きくらい。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

庄原市の上野総合公園。日本の桜百選。
桜は散りはじめ。
イメージ 7

イメージ 8

すぐ近くの国営備北丘陵公園。
駐車場310円、入園410円。駐車場入り口でまとめて払う。

早咲きのチューリップが見ごろ。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

園内の桜は満開散りはじめ。
古い建物が移築されている。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

その後、国道183・181号を通り、岡山県の新庄村へ移動。

旧出雲街道の新庄村の新庄宿のがいせん桜。
ホームページでは5分だったが、すでに満開。
道の駅の他、臨時駐車場あり。ここは観光客が多い。

イメージ 15

真庭市の美甘宿場桜。川沿いに桜並木がある。
午後の光線がおすすめ。

イメージ 16

真庭市の岩井畝の大桜。
駐車場・簡易トイレあり。
臨時の売店もあるが、日中のみ。

夕日に染まる桜。

イメージ 17

イメージ 18

有名な醍醐桜の近くで帰り道の分岐に案内もあるのだが、
来る人は少ない。

ライトアップの時など、自分しかいない時間が多かった。

イメージ 19

夜は津山市のホテルへ。

岡山県真庭市の神庭の滝の紅葉と徳島県三好市の祖谷渓の紅葉 11月20日分。
 
日曜日、朝から快晴。
7時過ぎに、真庭市の神庭の滝へ、駐車場は広い、無料。
先客のカメラマンが1名。
 
滝へはゲートがあって、8時半からということだが、
7時40分前に係りの人が来て入れた、料金300円。
 
玉垂れの滝。
 
イメージ 1
 
神庭の滝の紅葉は見頃前半の感じだが、今年は色が悪い。
奥の方の遊歩道は工事中で、滝壷近くには行けない。
雨天が最良だが、滝は南向きなので、晴天のときは昼前後がよいと思う。
日が当たる前に撮影。
 
イメージ 2
 
その後、9時に中国自動車道落合ICから入り、岡山自動車道を通り、四国に向かう。
40分で、瀬戸中央自動車道分岐。
瀬戸大橋は横風が強い。
 
10時10分、瀬戸中央自動車道の途中にある与島PAで休憩。
ここでUターンもできる。
フィッシャーマンズワーフから港へ歩いて出られる。
快晴で気持ちがよいが風が強くて寒い。
 
イメージ 3
 
11時に出発、高松自動車道経由で、
12時過ぎに徳島自動車道井川池田ICから出る。
 
その後、国道32号線を南下、徳島県三好市の祖谷渓(いやけい)へ。
カエデは見頃、山紅葉はまだ早い感じだが、今年は色が悪そうな感じ。
 
大西付近。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
小便小僧付近。途中道が狭いところが多い。
移動に思っていた以上に時間をとられ、予定よりもかなり遅れて、
渓谷が半分影になってしまった、反省。
できれば晴天時は昼ごろの撮影がいいです。
 
イメージ 7
 
かずら橋の紅葉は枯れたような感じでだめ。
観光客が数珠繋ぎだった。
大駐車場があり、300円と500円。
 
大歩危、小歩危の紅葉もまだ早い感じだが、今年は色が悪そうな感じ。
 
3時40分、徳島自動車道井川池田ICから入り帰路に着く。
藍住ICまで約50分。
藍住ICから高松道板野ICまでは、一般道を走り約6分。
 
神戸淡路自動車道縦断は約40分。
阪神高速、第二阪奈経由で、7時40分に生駒ICから出る。
 
井川池田ICから生駒ICまで、約4時間(休憩40分含む)
途中阪神で少し渋滞あり。
 
8時前に帰宅。
総走行距離、1109キロ。
 
 

このページのトップヘ