風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:石や塔

奈良県下北山村の石や塔と不動七重の滝 11月8日分2-1。


夜半2時ごろに雨が降り出す。
嬉しい反面、あまり降りすぎて崖崩れが起きないか心配。

6時半頃に石や塔の展望地に到着。
すでに車が2台、カメラマンがずらりでびっくり。
JNP大阪第4支部の撮影会で8名の方が来られていた。
同じJNPメンバーということもあり、お菓子やコーヒーをご馳走になる(感謝)

他にも50メートルほど先のもうひとつの展望地に2名。
最終的には、車は8台ほど、カメラマンは15人くらい。
紅葉は見頃初期の感じで、しばらくは大丈夫。

雨のおかげで定期的に雲海が流れてきて、石や塔が立体的に浮き上がる。
やはり雲があるとなんとも言えず神秘さが増す。

石や塔と付近の紅葉。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


9時過ぎ出発、同じ下北山村の不動七重滝に向かう。

40分ほどで不動七重滝の展望地に到着、道路のカーブでかなり広い。
カメラマンの姿はなく、ひとりじめ。

以前、雨が降り続いてくれていて、もやが流れてくる。
紅葉はもともと少なく、見頃初期くらい。

不動七重滝。

イメージ 4

その後、昨日に続き再び行者還林道に向かう。

奈良県上北山村の旧行者還林道の紅葉、下北山村の薄暮の石や塔 11月7日分2-2。


169号線沿いはかなり紅葉が進んでいる、今年は期待できそう来週あたり見頃だろう。
大台ケ原すぐのトンネルを出た辺りは、もう見頃だった。
途中撮影しながら、12時頃に行者還林道に到着。

雨が上がり、流れる雲の間から青空が見えた。
天気が移り変わるときは、なんとも美しい。
旧行者還林道の紅葉は見頃旬、今年は特に美しい、おすすめです!

旧行者還林道の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2時過ぎに光が消え、中途半端な曇り空に変わったので移動、
南下して下北山村の石や塔に向かう。

下北山村の池原から、白谷池郷林道を6.2キロ、20分ほど、路上駐車可。
落石が多いひどい道だが、舗装されていて一応普通車でも走れる。

ただし断崖絶壁の所もあり、よく崖崩れで通行止めにもなっているので、要注意。
石や塔付近の紅葉は見頃初期くらい。

薄暮の石や塔。

イメージ 5

今日はここで車中泊の予定だったのだが、なんとも薄気味悪くて中止、池原に戻る。
下北山スポーツ公園にあるきなりの湯へ(600円、9時半まで、レストランもあり)
結局、下北山スポーツ公園で車中泊(公園にはロッジもあり)

このページのトップヘ