風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:石垣島

石垣島 沖縄県石垣市の南ぬ島石垣空港から関空へ 7月19日分。

沖縄取材記の最終回です。

朝は曇り。台風は抜けて飛行機は問題なし。

8時に出てゆっくり朝食。
9時過ぎにレンタカー返却。
空港に送迎。

_W6A7296

9時20分にピーチ航空にチャックイン。
9時半ごろにゲートへ。

10時50分に歩いて機内へ。
11時過ぎ、予定より少し遅れて離陸。

1時過ぎに関空に到着。雨が降ってる。
歩いてターミナルへ。傘は貸し出している。

1時半過ぎに荷物をピックアップ。
シャトルバスで、関空駅へ。

遅い昼食後にJRとバスで4時過ぎに帰宅。

沖縄取材記は、今回で終了です。ありがとうございました。

例年の梅雨明けの平均は6月23日ごろなので、
梅雨明け後の晴天期待で、27日からスケジュールを組んだんですが、
見事に思惑は外れ、梅雨明けは遅れさらに戻り梅雨で、悪天続き。
あまり撮れなかったんですが、いつも一人旅なので、
後半の桐野さんとの二人旅はとても貴重な体験で面白かったです。


石垣島 沖縄県石垣市のヤエヤマヤシ群落・サビチ洞 7月18日分。

朝は曇り、少し雨のち少し晴れ間。

朝はゆっくり。ドンキホーテでお土産などを物色。

11時に桐野さんと合流して、御神崎灯台や川平湾などを廻る。
雨が強くなってきたので、ほぼ見るだけ。
昼食後にヤエヤマヤシ群落へ。

ヤシ記念館の屋上から。入場300円。外は大雨。

_W6A7270

サビチ洞。見学1250円。海に抜ける鍾乳洞。

_W6A7294

夜は嵐でずぶ濡れ。

桐野さんはあと二日滞在して離島に行かれるとのことなので、
今日でお別れ。楽しい旅でした。





波照間島 沖縄県竹富島の高那崎・ニシハマ・波照間灯台とさとうきび畑 石垣島 石垣市の明石の牧場・平久保灯台・玉取崎展望台・バンナ公園・名蔵湾・観音崎灯台 7月17日分。

今日も朝から高那崎へ。途中から雨になり退散。

_W6A6322

_W6A6459

休憩後、ニシハマへ。面白い雲が出ていた。

_W6A6586

波照間灯台とさとうきび畑。

_W6A6773

送迎してもらい9時45分ごろに港へ。
台風接近で石垣島に戻る人が多く、大混雑。
波照間島は海が荒れると欠航し、
下手をすると1週間くらい帰れなくなるので、
フェリーは満員。片道3550円。

10時に出航、けっこう荒れた。

11時45分ごろに石垣島に到着。

バスで空港まで行き予約していたレンタカーを借りる。
2日間で保険込みで10000円弱。

1時前に空港を出て、1時30分に港で桐野さんをピックアップ。

台風接近で、午後遅くには荒れ模様なので、
天気の良いうちに島内を廻る。

西側の名蔵湾や川平湾経由で北部へ。
昼頃はちょうど干潮に近くて絵にならないので、この辺りはロケハンのみ。

明石付近。

_W6A6904

平久保灯台。無料駐車場あり。

_W6A7054

玉取崎展望台より。無料駐車場あり。
ここは何回も来ているが、こんなにクリアに見えたのは初めてかも。
東側は晴れているが、西側は厚い雲が出てきた。

_W6A7107

バンナ公園の渡り鳥展望台より。無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A7164

バンナ公園のバンナ展望台。無料駐車場あり。
西側は厚い雲で、意外とこんな感じも面白い。

_W6A7169

名蔵川。

_W6A7204

名蔵湾。

_W6A7233

夕方に観音崎灯台へ。無料駐車場あり、トイレなし。
夕日は撃沈。

_W6A7260

夜にはついに雨が降り出す。

今日は桐野さんと豪勢に石垣牛を頂いた。
めちゃ美味い最高でした。


波照間島 沖縄県竹富町のニシハマ 竹富島 竹富町のコンドイビーチ、西桟橋 石垣島 石垣市の玉取崎展望台、名蔵湾のマングローブ林と夕焼け 9月9日分。
 
今日は波照間島から石垣島に戻る日。
 
朝から見納めにニシ浜ヘ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
10時のフェリーで石垣島へ移動、3000円。

かなり観光客は多かったが、大型のフェリーの乗車率は半分くらいだった。

11時20分頃、石垣島に到着。
 
港近くの宿(民宿マリュウド、2000円)に荷物を置いて、

12時半のフェリーで竹富島へ向かう、往復1340円。
 
10分ほどで到着。春と合わせて4度目。
 
バスでコンドイビーチへ移動、300円。
 
前回、潮が引きすぎだったので再訪。このビーチもかなり美しい。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
西桟橋まで歩く、10分くらい。

イメージ 13
 
さらに島の中心部まで歩いて散策、さらに10分ほど。
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
昼飯を食べ、さらに港まで歩く。

小さな島なので、歩いてもたいしたことない感じ。

4時過ぎに石垣島に戻る。
 
宿の下のレンタカー会社で、軽を借りる、3時間3000円。
 
玉取崎展望台。
 
好天でも半島に雲がかかり、なかなかクリアに見えないので、
 
春と合わせれば10回以上来た気がする。
 
イメージ 4
 
最後は、名蔵湾のマングローブ林と夕焼け。

イメージ 5
 
イメージ 6

石垣島 沖縄県石垣市のバンナ岳から望む朝日 西表島 竹富町の中野海岸、星砂海岸、バラス島、トゥドゥマリ浜 9月5日分。

石垣島バンナ岳から望む朝日。
 
イメージ 1
 
9時半のフェリーで西表島に移動。
 
軽のレンタカー、48時間7500円を借りる。
 
宿は前回と同じ民宿やまねこ、2000円。
 
前日ネットで予約しようとしたら、もうできなかったが、
 
直接行ったら、がらがらだった。
 
西表島の中野海岸。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
星砂海岸。

イメージ 4
 
昼からサンゴでできた無人島のバラス島へ。
 
撮影だけしたかったので、往復だけの船を頼む、行き返り各15分、バラス島30分で3000円。
 
ツアーが入っていなかったので、一人にもかかわらず行ってくれた、感謝。
 
ちょうど午前と午後のツアーの合間で他の船はまったくなく、しばらくの間貸切状態。
 
少しすると午後のシュノーケリングのツアーの船が数台やって来た。
 
空の一部には青空が覗いていたが、全体に曇り空でいまひとつの感じ。
 
それでもビーチは充分美しいのだが。

イメージ 5
 
夕方、トゥドゥマリ浜へ。
雲が多く最後は太陽は隠れてしまった。
 
イメージ 6

石垣島 沖縄県石垣市のサンセットビーチ、川平湾、玉取崎展望台 9月4日分。

夜は雨、朝は雲が多かったがしだいに晴れてくる。
全体に雲が多くすぐ陰り撮影しにくい。

朝から光線と青空もとめて、あっちこっち行ったり来たり。

サンセットビーチ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

川平湾。

イメージ 4

イメージ 5

玉取崎展望台からの眺め。

イメージ 6

撮影に出ているときは、大体いつも日の出から日の入りまで撮影しているが、
島の朝夕は、厚い雲に覆われることが多く、特に朝夕の撮影は難しい。
広い絵で撮りたいのだが、たいていはアップ写真になってしまう。

石垣島 沖縄県石垣市のサザンゲートブリッジ、730記念碑、ブサキビーチ、底地ビーチ、川平湾、米原ビーチ、伊原間湾、平久保崎灯台、サンセットビーチ、真栄里ビーチ 9月3日分

朝から晴れ、少し雲あり。

サザンゲートブリッジ。

イメージ 1

730記念碑。沖縄が右側通行から左側通行に変わった日。

イメージ 6

レンタカーを借りて、石垣島内を廻る。
軽自動車48時間、7960円。

ブサキビーチ。

イメージ 2

底地ビーチ。

イメージ 7

イメージ 8


展望台から望む川平湾。

イメージ 9

米原ビーチ。

イメージ 12


伊原間湾。

イメージ 10

イメージ 11


平久保崎灯台。



イメージ 13

イメージ 3

サンセットビーチ。

イメージ 4


真栄里ビーチ。


イメージ 5


夕方は、雲が広がり夕日は見れなかった。


石垣島 沖縄県石垣市のハンナ岳の渡り鳥観察所からの朝日・宮良川のマングローブ林 沖縄本島 糸満市のひめゆりの塔・南城市の斎場御嶽 5月2日分。

朝は、ハンナ岳の渡り鳥観察所へ。
ここは、朝日・夕日の撮影どちらでも可能。
同じ道沿いに二ヶ所展望台があるが、ここがおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

観察所から見下ろして撮影。

イメージ 3

石垣島最終日、期待した晴天にはならず。天気はくもり。

宮良川のマングローブ林。

イメージ 4

11時前に新石垣空港へ。レンタカーは追加料金を払い、乗り捨てにした。
12時半離陸。1時15分、沖縄本島の那覇空港到着。
 ゴールデンウィークで大混雑。

レンタカー送迎バスで、郊外の巨大なレンタカーオフィスへ。
オリックスとトヨタレンタカーは、もっとも台数が多く、各3000台もあるそうだが、
ゴールデンウィーク中は全て出てしまうらしい。
手続きを終え、2時半に出発。

南下して、糸満市のひめゆりの塔へ。資料館は、300円。

イメージ 5

その後、南城市の世界遺産の斎場御嶽へ、入場200円。

イメージ 6

ゆっくりしすぎて遅くなったので、高速で北上、8時前に本部半島の宿へ。

西表島 沖縄県竹富町の浦内川遊覧・サキシマスウの大木 石垣島 石垣市のフサキビーチ・御神崎灯台・川平湾・平久保崎灯台・玉取崎展望台 4月30日分

天気は雲が多いものの晴れ、時々曇る。
朝から西表島の仲間川遊覧、1500円。大原港から出ている。
マングローブ林の中を進む。

浦内川より水深が浅いようで、干潮近い時間は運行できないみたいで、
潮の関係で運行時間は変わる。今日は朝8時45分が始発。

30分ほど進み桟橋から30メートル歩くと、サキシマスウの大木がある。
周囲は木道で覆われている。
川を見下ろす展望台もあるが、ツアーでないと行けない。
催行日も決まっていて、日程的に行けず。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

その後、高速船で石垣島に戻る。

天気がそこそこよくなってきたので、レンタカーを借りて再び名所巡り。
フサキビーチ。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

御神崎灯台。

イメージ 11

イメージ 12

川平湾。ようやく青空で撮れた。

イメージ 13

イメージ 14

平久保崎灯台。

イメージ 3

イメージ 4

サンセットビーチ近くの名もない浜。

イメージ 5

玉取崎展望台。

イメージ 6

夕方、雲が増えすぎたので予約していた宿へ。

あまりにも黒い雲びっしりだったので、夕日のポイントには行かなかったのだが、
そこそこ綺麗に焼けだした、大失敗、後の祭り。

明日から天気が崩れる予報で、そんなときは夕焼けになりやすいのだが、
さすがに今日は無理だろうとあきらめた時にかぎってこういうときがある。
まだまだ修行が足りませんね。

夜はついに雨が降り出してきた。

石垣島 沖縄県石垣市のヤエヤマヤシ群落・石垣やいま村・名蔵湾のマングローブ林・川平湾・唐人墓 竹富島 4月28日分。

朝から曇り時々雨。悪天続きで参ってしまう。
今日も朝から石垣島を1周。

昼頃から、時々日差しが出てくるが、雲の多い空模様。

ヤエヤマヤシ群落。西表島に2ヶ所、石垣島に1ヶ所と日本には3ヶ所しかない。
ただしヤエヤマヤシ自体は、いっぱいある。
駐車場で売ってるジュースはめちゃうま。

イメージ 1

石垣やいま村。昔の家屋などがある。
入村840円だが、2割引きのクーポン利用で640円。

イメージ 2

イメージ 5

やいま村内からしかアクセスできない名蔵湾のマングローブ林。

イメージ 6

川平湾。日差しは出てきたのだが、空はいまひとつ。
ここは12時から3時頃の光線がおすすめ。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

猫ちゃんがいっぱいいる。

イメージ 10

唐人墓。1時ごろから青空が見えてきたが、空の高いところだけ、地平線付近は雲。

イメージ 11

レンタカーを返却して、高速船で竹富島へ、約10分。
高速船周遊4日有効のチケットが5000円。

港にマイクロバスが待機していて、
観光牛車に乗る人やレンタサイクルを借りる人は、無料で集落まで送迎してくれる。
レンタサイクルは1時間300円、1日1500円。

イメージ 12

イメージ 3

イメージ 4

天気がよかったので、宿を予約している西表島に向かう前に、3時半の船で急遽竹富島に向かう。

しかし、竹富島から西表島に直接向かう船はなく、一度石垣島に戻らなくてはならず、
最終の西表島への便に間に合わせる為には、観光には40分くらいしか時間がなく、
ほとんど廻れず大失敗、やはり無理はいけないと大反省。

時間のない自分ひとりのために、少しでも長く観光できるように、
予定時間外に送迎してくださったレンタサイクル業者の方に感謝。

5時ごろに石垣島に戻り、5時半の船で西表島大原港へ向かう。
途中、別の島を経由して、6時20分頃に西表島に到着。
西表島行きの船には、大原と上原の二つの港行きがある。

歩いて今日の宿へ。開けっ放しで誰もいない。
携帯で呼んだら、しばらくしてオーナーが現れる。

オーナーは、「島には泥棒いないから」と言っていた。
安宿でたいした物はないが、なんとも無用心。
まぁ自分の子供のころは、関西でもこんな感じだったけど。

レンタカー(宿の車)を借りる、1日3500円。
近くには食事するところがないので、スーパーでパンや弁当を購入。


石垣島 沖縄県石垣市の花と御神崎 4月27日分。

前日の夜は雨、朝から曇り時々雨。

天気がいまいちなので、ロケハンがてらに石垣島をくるくる2周ほど廻る。
撮影したのは、花や植物が中心。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夕方、少し晴れ間が見えたので、御神崎へ。

イメージ 4


このページのトップヘ