風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:福知山市

京都府福知山市の観音寺の紅葉 11月15日分7-5。

11時10分に福知山城を出て、24分に観音寺の無料駐車場へ。
紫陽花寺として有名で、紫陽花の開花期は賑わうが紅葉時期はひっそりとしている。
この時期は、志納100円。紅葉は見頃。まだ緑のも多い。

https://www.tanba-ajisaidera.com/

_S9A8766

_S9A8793

京都府福知山市の福知山城の紅葉 11月15日分7-4。

10時40分に長安寺を出て、53分に福知山城の無料駐車場へ。

https://www.fukuchiyamacastle.jp/

駐車場前の福知山城公園親水広場の紅葉と福知山城を合わせて撮影。
城内には行かず。

_S9A8732

_S9A8761


京都府福知山市の長安寺の紅葉 11月15日分7-3。

9時25分に安国寺を出て、10時に長安寺の無料駐車場へ。
着いたときは、薄っすら霧が出ていたが、すぐに消えてしまった。

https://www.chouanji.jp/

拝観300円。紅葉は見頃だが、まだ緑のものも多い。

_S9A8681

_S9A8695

_S9A8708

_S9A8724






京都府福知山市の大江山の雲海と朝焼けに紅葉 11月15日分7-1。

朝5時起きで、舞鶴市のホテルから23分に出発。
途中、けっこう霧が出ていて、期待大。

6時ごろに大江山の8合目にある鬼嶽稲荷神社に到着。
駐車場はないが、路肩駐車可。トイレは奥にある。

先客カメラマン4名ほど。最終的に5.6人。
また登山客やサイクリストなどで、十数名。
撮影場所的には20人くらいは大丈夫。

https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/soshiki/65/23503.html
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/weekend-explorer/unkai/16.html
https://amatavi.life/archives/5673

雲海はそこそこの感じ、手前までくれば最高なのだが、なかなかそこまでは来ない。
紅葉は見頃後半。
朝は厚い雲もあり、日の出は今一つの感じだったが、
天使の梯子が出たころは、なかなか良かった。

前回2008年に来たときのブログ↓
https://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/531486.html

_S9A8498

_S9A8569

_S9A8623



京都府福知山市の観音寺の紫陽花 6月28日分3-1。
今日は母と姪っ子を連れて京都北部の紫陽花巡り。
まずは福知山市の観音寺へ。
無料駐車場あり。紫陽花時期のみ拝観350円。
紫陽花は見頃後半。

http://www.tanba-ajisaidera.com/


_W6A7891

_W6A7910

_W6A7913

京都府福知山市の才の神の藤公園 5月8日分2-2。
下道を走り、3時半ごろに才の神の藤公園に移動。
無料駐車場・トイレあり。
見頃だが、藤も短く今一つの感じ。
観光客がぱらぱら。
もう半分日陰になっている。


イメージ 1

夕方、兵庫県の白井大町藤公園にも行ったが、まだ早い感じ。
天気も完全に曇ってしまった。

京都府福知山市の福知山城と長安寺の紅葉 11月12日分3-1。

朝は曇り、次第に晴れ間が増えてくる。

福知山市の福知山城へ移動。


無料駐車場は8時半からになっていたが、8時には開いた。
楓紅葉は全体色変わり中。
ナンキンハゼは3分の1散りくらいで見頃終盤。

イメージ 1

その後、長安寺に移動。
無料駐車場あり。拝観300円。


9時からとなっていたが、8時45分には開いた。
紅葉は見ごろ。まだ全体緑のものも多い。

イメージ 2

イメージ 3

方丈前は見ごろ後半。もう傷みが多くなってる。
ここは早めがいいと思う。

イメージ 4

イメージ 5

大歳神社のイチョウ。
見頃前半だが、一部緑の部分がある。上のほうは散っている。

イメージ 6

イメージ 7

その後、玄武洞公園へ移動。
桜紅葉はほぼ散り。楓類は少なく撮影せず。

続く。

京都府福知山市夜久野高原の緑化センターの枝垂れ桜 4月10日分4-2。
 
昨日に続き、再び夜久野高原の緑化センターへ。
緑化センターの駐車場は使えない。
周辺少し離れた路上に駐車可。
道沿いのトイレの駐車場も使える。
八重紅枝垂れ桜は満開、カメラマンや観光客がぱらぱら。
 
 
天気は少しの間、青空が見えたがすぐにまた曇る。
入り口側で順光になるのは、9時半ごろ。
早朝は門が閉まっている。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
その後、兵庫県豊岡市の神鍋高原に移動。
続く。

京都府福知山市夜久野高原の緑化センターの枝垂れ桜のライトアップ夜景 4月9日分2-2.。
 
京都市から移動、夕方夜久野高原の緑化センターへ。
緑化センターの駐車場は使えない。
周辺少し離れた路上に駐車可。
道沿いのトイレの駐車場も使える。
 
八重紅枝垂れ桜は満開、カメラマンや観光客がぱらぱら。
少しすると小雨が降ってくる。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
その後、すぐ近くの「道の駅農匠の郷やくの」で車中泊。
ここには温泉もある。入浴500円、シャンプーありタオルなし。
 
続く。

大阪府能勢町の長谷の棚田、京都府福知山市の毛原の棚田、与謝野町の大内峠の一字観公園からの天橋立、伊根町の伊根の舟屋、京丹後市の間人皇后と聖徳太子の母子像と夕日 7月15日分。
 
15日金曜日、朝8時に自宅を出発、第二阪奈と阪神高速を経由、国道173号線を北上し、
まずは大阪府能勢町の長谷の棚田に寄り道。
特に案内板などはなし。
 
天気は晴れだが、雲が多い空模様。
ちょうどテレビのロケも行われていた。
周辺の紫陽花は終盤。
10時頃から昼まで撮影。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
その後、さらに北上して綾部市を抜け、
2時ごろに府道9号線沿いの京都府福知山市大江町毛原の棚田へ。
道沿いに案内板がある。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
その後、京都府の宮津市を抜けて、
3時半頃に、京丹後市と与謝野町の境にある大内峠の一字観公園へ。
ここは宿泊設備がととのっているし、展望台もとても広い。
 
天気はすっかり快晴で、天橋立が美しい。
 
イメージ 6
 
すぐ近くに板列(いたなみ)展望台もあるが、ここは樹が伸びて展望はいまひとつ。
展望台をつない伸びる、広く舗装された道沿いの所々から天橋立は見えるが、
一字観公園からが一番と思う。
 
5時半頃に、伊根町に移動。
道の駅の展望台から伊根の舟屋を撮影。
 
イメージ 7
 
伊根湾沿いから。
 
イメージ 8
 
その後、丹後半島を横断、
京丹後市丹後町の立岩近くの間人皇后と聖徳太子の母子像の所で夕日を撮影。
太陽は日没近くになって雲に隠れてしまった、残念。
日没は7時15分くらい。
 
イメージ 9
 
その後、すぐ近くの丹後温泉へ、500円、10時まで。
夜は、道の駅「てんきてんき丹後」で車中泊。
しばらくは暑かったが、夜12時過ぎからは急に冷えてきた。
 
続く。
 

京都府福知山市の長安寺・福知山城、綾部市の安国寺、舞鶴市の金剛院、豊岡市の安国寺の紅葉 11月19日分。

北近畿の紅葉取材。
金曜日、朝から阪神と中国道のダブルの事故渋滞でうんざり。
天気は、朝は曇り(場所により霧)、後快晴。

まずは、京都府福知山市の長安寺へ、拝観300円、駐車場無料。

本堂前の銀杏と銀杏の下のカエデは散り始め。
全体として紅葉は見頃前半、まだ緑のものも多い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 8

次に福知山城へ、カエデは見頃前半。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

次に綾部市の安国寺へ、紅葉は見頃前半、境内無料。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 3

イメージ 4

次に舞鶴市の金剛院へ、紅葉は見頃後半、外の公園から撮影。

イメージ 5

移動は無料の舞鶴道を利用、とても便利。

4時半頃に、兵庫県豊岡市の安国寺に移動、無料。
ドウダンツツジのライトアップを撮影、見頃後半、下側散り始め、三脚使用可。
土日はすごい人だが、平日なのでカメラマンも5、6人で観光客も少なめだった

イメージ 6

その後、すぐ近くのシルク温泉へ。
シャンプー、サウナありで500円、タオル別。

夜は竹田城址の駐車場へ、他に車はなし。
ここで車中泊のつもりで寝ていたら、おまわりさんが来て、熊が出るので移動して欲しいとの。
しかたなく但馬楽座の駐車場へ移動して、車中泊。

兵庫県篠山市北野の八重桜、京都府福知山市長尾の芝桜、宮津市の成相寺の山吹と石楠花、与謝野町の大内峠の一字観公園からの天橋立と夜景 4月30日分。

再び北近畿へ。

中国道の渋滞を避けるため、第二阪奈・阪神・名神を経由して、
西宮から県道82号、国道176号を北上する。

天気は快晴、のち少しづつ雲が増えていく。

写真の八重桜並木は、兵庫県篠山市北野付近、満開と散り始め。
八重桜並木は、けっこうどこにでもあるが、ここはロケーションがいい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

昼頃、京都府福知山市長尾へ、芝桜は見頃後半、一部色あせはじめ、路肩駐車可。

イメージ 6

午後2時半ごろ、京都府宮津市の天橋立に到着、雪舟観の稲荷神社の三つ葉躑躅は終盤。
小雨がぱらついてくる。

その後、成相寺に移動、入山500円、駐車場無料。
山吹は7分~満開、石楠花は咲き始めだが今年は少ない。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

4時半ごろにはどんよりとして雨が降ってくる。
本屋で時間をつぶしていたが、一時激しい雷雨になっていた。

日没後、雨がやんだので、大内峠の一字観公園へ移動、天橋立の夜景を撮影。

イメージ 10

夜は、京丹後市の小野の湯へ
看板がライトアップされてないので、すごくわかりにくかった。
500円、打たせ湯が気持ちよい。
9時過ぎ車中泊。

京都府福知山市の緑化センターの枝垂れ桜、兵庫県朝来市の王林寺・与布土温泉・立雲峡・竹田城址の桜、与謝野町の千年椿公園・雲岩公園の三つ葉躑躅 4月11日分。

北近畿の桜と花の取材。

朝から雨。

再び京都府福知山市夜久野町の緑化センターへ、周辺を散策。
早朝は門が閉まっているので、門越しに枝垂れ桜のトンネルを撮影。

イメージ 1

イメージ 2

次に兵庫県朝来市与布土の王林寺へ移動。
拝観自由、駐車場有、しだれ桜は半散り、山桜は散り始め、紅しだれ桜は満開。
東向きなので、晴天時は午前中がおすすめ。

イメージ 10

すぐ近くにある与布土温泉の桜とこいのぼりもおもしろい。

イメージ 11

次に同じ朝来市の立雲峡へ移動、駐車場300円。
染井吉野は満開、雨で散り始め、山桜は散り始め。
桜と辛夷の間から雲海に包まれた竹田城址を撮影。

イメージ 12

次にその竹田城址に移動。
雨で観光客も少ないだろうという予想に反して、無料駐車場はかなりつまってた。
竹田城址までは緩やかな道を歩いて15分、急坂の道を選べば10分だがかなりきつい。
桜は満開、雨で散り始め。
カメラマンも観光客も多く撮影しにくい、朝一に来るべきだった、大失敗。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

次に京都府与謝野町の千年ツバキ公園に移動、駐車場及び見学無料。
駐車場から300メートル、千年椿の大木は見頃。

今週土曜日は祭りの準備のため、駐車場には行けない。
日曜日は祭りで駐車場には行けないが、かわりにシャトルバスが出る。

イメージ 3

イメージ 4

最後に同じ与謝野町の雲岩公園へ移動、駐車場及び見学無料。
1周しても30分ほど。三つ葉躑躅は頂上付近は7分、中腹は満開。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

4時ごろに帰路に着く。
京都縦貫道の宮津ICまで約25分。
中国道16キロの大渋滞なので、国道9号線経由で京都市内を抜けて帰る。
京都縦貫道2ヶ所で高速代合計1500円。
8時過ぎに帰宅。


京都府京都市の魚ヶ渕の枝垂れ桜・常照皇寺・福徳寺・八幡宮社、南丹市の美山茅葺きの里・大野ダムの桜、福知山市夜久野町の緑化センターの紅枝垂れ桜のライトアップ夜景 4月10日分。

北近畿の桜と花の取材。

天気予報はいまひとつだったが、朝は快晴。
生駒、枚方経由で北上、7時過ぎに背割堤を通過、背割堤の桜並木は散り始め。
その後、京都市内を抜け、周山街道を北上する。
高雄の染井吉野は満開、山桜は散り始め、三つ葉躑躅は見頃開始。

京都市京北町の魚ヶ渕の枝垂れ桜は満開、吊り橋とのコラボがおもしろい所。
路肩駐車可、他のカメラマンは1名のみ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 8

次に、同じ京北町の常照皇寺に移動、駐車場無料、拝観300円。
2本の九重桜は満開、老木のためやや寂しい感じの花つき。
御車返しの桜や門前の紅枝垂れ桜は咲き始め。

イメージ 9

次に、同じ京北町の福徳寺に移動、駐車場無料、拝観自由、枝垂れ桜は満開。
そんなに有名ではないが、観光バスが次々来てびっくり。

イメージ 10

すぐ近くの八幡宮社の枝垂れ桜も満開、駐車場無料、拝観自由。

イメージ 11

弓削の民家に咲く紅枝垂れ桜は咲き始め、数年前にかやぶき屋根でなくなったのが残念。
晴れているが、しだいに雲が増えてくる。

昼前に京都府南丹市の美山茅葺きの里に移動。
しだれ桜、染井吉野は満開、紅枝垂れ桜は咲き始め、こいのぼりが飾られている。
かやたてが面白い。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

次に、美山町の長谷の枝垂れ桜を見に行く。
駐車場無料、枝垂れ桜は7分~満開、まだ若い木が多いがこれからが楽しみ。

4時前に、美山町の大野ダムへ移動、駐車場500円(200円分の金券付き)
花火のある日だったので、かなりの人出。
染井吉野は満開、枝垂れ桜は7分~満開。
ダムに桜は付き物だが、ここは特に桜が多い。
天気は曇りに変わる。

イメージ 15

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、国道27号、国道9号経由で京都府福知山市夜久野町の緑化センターへ向かう。
枝垂れ桜のトンネルは8分~満開、志納、少し離れた道の駅「農匠の里」に駐車可。
イベントがあるが観光客は少ない。開花期ライトアップあり、夜10時まで。
天候不順で今年は珍しく染井吉野と枝垂れ桜と紅枝垂れ桜がほぼ同時に満開になったという。

イメージ 6

イメージ 7

夜は、道の駅「農匠の里」にある温泉へ。
入浴500円、タオルは別。サウナ、シャンプー有。






京都府福知山市の福知山城の桜、綾部市の観音寺の桜・雲源寺の枝垂れ桜・安国寺の枝垂れ桜、舞鶴市の瑠璃寺の枝垂れ桜とキャンドルイルミネーション・舞鶴自然文化園の椿園・舞鶴公園の桜 4月3日分。

北近畿の桜取材。

朝から高速を飛ばして、7時前に京都府福知山市の福知山城へ到着。
天気予報は、一日青天ということ。

福知山城の桜は、7分~満開、駐車場100円、朝の光線がおすすめ。
他のカメラマンは1名のみ。

イメージ 1

イメージ 2

次に綾部市の観音寺に移動、拝観自由、駐車場無料、桜は7分~満開。
観光客の姿は見えず。

イメージ 5

イメージ 6

次に綾部市の雲源寺に移動、拝観自由、駐車場なし、枝垂れ桜は満開。
地元のカメラマン2名、いい天気のはずが急速に曇ってくる。

イメージ 7

イメージ 8

少し戻って、地元のカメラマンの方に教えてもらった綾部市の安国寺の枝垂れ桜を見に行く。
しだれ桜は満開、拝観自由、駐車場無料。観光客の姿は見えず、小雨が降ってくる。

イメージ 9

イメージ 10

11時前に舞鶴市の瑠璃寺の臨時駐車場に到着、一日200円。雨はすぐやんだが、雲が多い。
拝観自由、枝垂れ桜は8分咲き、花色が一番美しい頃合いで、今年は特に花付きもよいらしい。
キャンドルイルミネーションは一日だけなので、まさにベストタイミング。

開花状態をチャックして少し撮影した後に、舞鶴自然文化園に移動。青空が見えてくるが雲が多い。
駐車場は無料、椿園は300円だが、もうほとんど終盤の感じ、今年は早い。

イメージ 11

次に舞鶴公園に移動、駐車場無料、園内自由。
染井吉野は7分~満開、八重紅しだれ桜は咲き始め。

イメージ 12

4時ごろに、再び瑠璃寺に戻る。6時よりキャンドルイルミネーション開始。
まずは大型カメラの撮影タイム、時間はわずかだが助かる。
その後自由にキャンドルイルミネーションの中に入って記念撮影、境内では演奏も行われる。
公共交通機関がなく不便なためか、観光客も少なめ。夜になってすごく寒くなってきた。
カメラマンもピークで10名ほどで、入れ替わりで4.5名平均くらいと少ない。

イメージ 3

イメージ 4

8時くらいに境内の演奏が終わり片付けが始まったので、撮影終了。
すごく寒いので、車中泊はやめて一番近くの舞鶴グリーンホテルに泊る。
シングル4500円、1階にはレストランもある。
本日の走行、250キロほど。




京都府京都市の山科の毘沙門堂の紅葉、京丹波町の玉雲寺の紅葉、福知山市の長安寺の紅葉 11月22日分。


朝一、山科の毘沙門堂へ移動(駐車場、境内ともに無料、庭園有料)
紅葉は部分的に見頃のところもあるが、まだ多くは緑。
近くの山崎聖天は、早朝はまだ閉まっている。
途中の疎水の桜紅葉も見頃。
山科の毘沙門堂。

イメージ 1

その後、国道9号線と京都縦貫自動車道(全線500円)を使い移動。
京丹波町の丹波IC近くの琴滝の紅葉は、まだほとんど緑で水量もわずか。
途中にある京丹波町の玉雲寺(駐車場、境内ともに無料)の紅葉は、
見頃、色変わり、散り混在、石段は雨に濡れ、散り紅葉がとても絵になる。
京丹波町の玉雲寺。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、福知山市に移動(福知山城の駐車場は、1時間100円)
福知山城の紅葉は、見頃と散り始め、数は少ない。
観光シーズンなのに、東側は工事中。

次に、福知山市の長安寺に移動(駐車場無料、境内300円)
庭園の紅葉とイチョウは散り盛ん、階段付近はほぼ見頃、広場は色変わり中。
福知山市の長安寺。

イメージ 5

最後に嵯峨越畑の河原邸のイチョウを見に行く。
下の方に緑が残るが、ほぼ見頃。
ここは空抜きだが、青空が見れず残念。

帰りは、京都縦貫自動車道から西山を通り、京奈和自動車道(全線600円)へ抜ける。
8時前に帰宅。

京都府福知山市の大江山の雲海と朝焼け・日本の鬼の交流博物館横の鬼瓦のモニュメント・鬼の岩屋からの展望、奈良県奈良市の般若寺のコスモスのライトアップ 10月13日分。


朝5時起きで福知山市の大江山の雲海と朝焼けの撮影。
期待してたほど雲海は出なかった、また朝は雲が多く日の出はいまひとつの感じ。
休みとあって、カメラマン10名ほどと観光客20名くらい。
境内奥の駐車場は工事中のため、路上駐車の列が延々続いている。

大江山の雲海。

イメージ 1

イメージ 2

その後、急激に晴れてくる。
7時過ぎに大江山の鳩ヶ峰近くの駐車場に移動、ここからも朝日が撮れそう。
鳩ヶ峰へは18分(0.6キロ)ほど、野生の鹿に出会う。
鳩ヶ峰からは東北から南西にかけての大パノラマが見える、夕日の撮影によさそう。

大江山の鳩ヶ峰に向かう途中より北側の展望。

イメージ 3

大江山の日本の鬼の交流博物館横の鬼瓦のモニュメント。

イメージ 4

宮津市中茶屋近くでのスナップ。

イメージ 5

鬼の岩屋からの展望。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後、大江山スキー場から鬼の岩屋方面へ向かう、野生の鹿が多い。
頂上付近、東側の大パノラマが見える、朝日の撮影によさそう。
ここは駐車場はないが路肩に駐車可、熊に注意の看板あり。

その後、宮津市の今福の滝へ、道案内の看板あり。
簡易駐車場3台分あり、地図パンフレットもある。
村づくり事業として地元の人たちによって整備され、2000年から公開されている。
300メートルほどで展望ポイント、水量も多く立派な滝。
ピーカンなので、メモ程度にしか撮影せず、今度また再訪したいと思う。

昼前に宮津市日吉神社の赤ちゃん土俵入りを見に行く。
場所がわかりにくかったのだが、観光案内所の人がとても親切に教えてくれた。
200人以上の申し込みがあったらしく、臨時の駐車場もとても広い。

昼過ぎにロケハンしながら南下。
連休最後で京都市内は大渋滞、京都南ICから高速に入る。

夕方、奈良市の般若寺のコスモスのライトアップを撮影(境内500円、駐車場無料)
コスモスは見頃旬。

奈良市の般若寺のコスモスのライトアップ。

イメージ 9

イメージ 10

7時過ぎに帰宅、疲れた。

このページのトップヘ