風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:稲渕

奈良県明日香村の彼岸花 9月28日分2-2。

仏隆寺から飛鳥に移動。
天気は青空は見えるものの、雲が多くよく陰る。
例年に比べ開花が遅れたが、ようやく見頃の感じ。

https://www.asukakyo.jp/higanbanakaika/?fbclid=IwAR3pCOf4_TlGwmVvHBH1jHJqpgFh34CXk20r-kwAT4XELf7ixwLK2wshC8I

細川地区。見頃旬。路肩に少し駐車可能。

_V9A4238

_V9A4262

_V9A4283

尾曽にも行ってみたが、見頃だが稲刈りがほぼ終了していたので、撮影せず。
橘寺付近も見頃だが、彼岸花は少ない感じで撮影せず。

甘樫丘と飛鳥寺の間あたり。見頃旬。路肩に少し駐車可能。
雲が多かったので、山際に青空が見えるまで待った。

_V9A4333

_V9A4502

_V9A4512

古宮にも行ったが、手前の彼岸花はもうピーク過ぎ、
数も少なく、田んぼも今年はイモチ病で、枯れたようになっているしで撮影せず。

最後に稲渕へ。奥の方は路肩駐車可。

飛鳥川の飛び石。見頃。

_V9A4523

稲渕付近は一番有名ながら、今は田んぼの耕作放棄が多く、
彼岸花もすごく減って写真的には厳しい感じ。

創作人形の展示や白や黄色の彼岸花は見れるが、彼岸花の撮影目的なら、
あまりお勧めしない。

稲渕の白と黄色の彼岸花。

_V9A4540




奈良県明日香村の彼岸花、9月29日分。

今年は彼岸花が1週間ほど遅れたので、明日香村の彼岸花を散策してきた。
ちょうど見頃旬で一番いい感じ。
でも昔に比べるとかなり減った感じ、何かしらの対策必要だと思うのだが。

https://asukamura.com/

細川地区。

_A730548

_A730562

_A730573

稲渕地区。

_A730611

奈良県明日香村の稲渕の彼岸花 9月22日分5-3。

次に明日香村の稲渕に移動。
北側からの道は混むので、南側から入るのがおすすめ。
駐車場はなく、路肩駐車可だが、かなり多い。
離れたところの駐車場からのシャトルバスあり。

急激に晴れてきて暑くなる。

彼岸花は見頃だが、全盛期の20分の1くらいの数しかなく、
かなり寂しくなった。移植などの対策が必要だと思う。
案山子があるのが救いだが、もうかなりがっかり名所状態。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




奈良県明日香村の雪景色 1月28日分。
 
寒波が続き、再び朝一で奈良市方面へ。
前夜はけっこう吹雪いたが、すでにかなり融けていたので、ユーターン、明日香に向かう。
しかしここでも、木々の着雪はいまひとつ。
少しだけ撮影してすぐに帰路に着いた。
 
稲渕の棚田の絶景ポイントのすすき(わら積み)の周りに、
情景にそぐわない旗がいっぱい。
啓発用の旗ではあったが
よほど環境に関心のない人間の仕業か、悪意のある人がわざとおいたのか。
本当に腹立たしいかぎり、こんなことを放置しているかぎり、
飛鳥が世界遺産になることはないだろう。
 
イメージ 1
 

奈良県明日香村の彼岸花 9月25日。

やっと時間ができたので、奈良県明日香村へ、彼岸花を撮りに行った来た。
稲渕・阪田近辺は朝か車がいっぱい、交通規制がかなり厳しくなった。

朝は曇り、昼頃から晴れてくるが、雲が多い一日。

稲渕・阪田・祝戸辺りは、見頃旬。
細川は、ほんの少し早い感じ。
橘寺辺りは少なめ。
祝戸辺りの萩は散り始め。

今年の彼岸花は、例年より1週間ほど遅い。
稲刈りも遅いようで、ごく一部だけしか終わっていない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 3

細川、部分的には見頃だが、全体的にはまだ少し早い。

イメージ 4

最後の写真は、畑の集落に向う途中にある阪田の展望ポイント。
樹木が成長して来て、3段の脚立ではかなり厳しくなってきた。

イメージ 5

夕日は、雲に隠れたので撮影せず、帰路に着いた。






奈良県橿原市の藤原宮跡のホテイアオイ、明日香村の稲渕の棚田と彼岸花・岡寺の芙蓉 9月21日分。

朝から好天、昼頃からしだいに雲が多くなる。
帰省中の兄家族4人と両親と自分の計7人で行楽をかねて橿原・明日香・桜井方面へ。

最初に橿原市の藤原宮跡へ、キバナコスモス、鶏頭、彼岸花が見頃、コスモスはまだ少し先。
次に本薬師寺跡へ、ホテイアオイが見頃、彼岸花も少し、かなり車がとまっていた。

イメージ 1

イメージ 2

次に明日香村へ、上居、細川を通り、阪田の展望ポイントと廻り、
稲渕、阪田をゆっくり散策、案山子コンテストの作品を見て廻る。

http://www.asukakyo.jp/higanbana08/index.html

http://www.asukamura.jp/topics/higanbana_2009/index.html

今日は彼岸花も満開見頃で好天に連休とあり、すごい人出。
家族サービスをかねているので、デジカメのみ撮影。
石舞台を見せてやりたかったが、駐車場いっぱいで入れず。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

つぎに岡寺へ(駐車場、境内ともに500円)、芙蓉が少し、三重塔からは展望もよい。

イメージ 7

イメージ 8

次に桜井市の長谷寺へ(駐車場、境内ともに500円)、彼岸花が少し。
階段多いので、足の悪い両親は送迎で本堂に送ってもらう(無料)

最後に桜井市笠のそば畑へ、そばの花は満開。
2時ごろの遅い昼食なので、すいてると思いきやすごい人出、結局1持間近くかかった。

奈良県吉野町の吉野山の桜、明日香村の高松塚近くの花桃と稲渕のれんげ畑 4月11日分。

早朝から奈良県吉野町の吉野山下千本の展望台へ。

日の出は5時半ごろ、6時過ぎに日が射してくる。

帰り道、吉野神宮に立ち寄る、紅しだれ桜が満開。
大淀町の世尊寺の桜は散り始め。

吉野山下千本の展望台。

イメージ 1

イメージ 2

その後、明日香村へ移動。
高松塚近くの花桃、稲渕のれんげ畑が見頃だった。

明日香村の高松塚近くの花桃。

イメージ 3

明日香村の稲渕のれんげ畑。

イメージ 4

別の仕事があるので、早めの帰宅。

このページのトップヘ