風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:竹田市

九州取材記その13 大分県竹田市のくじゅう花公園  10月21日分3-2。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月21日。天気は完全に曇りに変わる。

その後、産山村のヒゴタイ公園に行くが、コスモスはほとんどがない。
今年は長雨で生育不良の様子。

次に大分県竹田市のくじゅう花公園へ移動。
入園1300円。JAF割で1200円。
http://www.hanakoen.com/

ここもコスモスは長雨の影響でかなり少ない。
マリーゴールドは見頃旬。

_W6A3370

_W6A3392

_W6A3447




大分県竹田市の七ツ森古墳の彼岸花 9月23日分3-3。

菊池市、阿蘇市経由で3時過ぎに大分県竹田市の七ツ森古墳へ。
20万本の彼岸花が咲くと言われる名所。
駐車場有、トイレ、売店などはなし。すごうの道の駅から2キロほど。
彼岸花は早い遅いで全体的にはピーク過ぎ。
17日の時点で6.7部から満開情報出ていて、もう遅いだろうと思ってたので、
今回はロケハンのつもりだったのだが、21日くらいなら充分撮れていた感じ。

https://www.visit-oita.jp/spots/detail/6039

_W6A0300

その後、熊本県の産山村の扇の棚田へ。
彼岸花はほとんどなく、手前の稲刈りも終わっていたので撮影せず。

その後北上して、大分県日田市まで走る。

大分県竹田市の竹楽、11月20日分3-3。

天気は曇り。

大分県竹田市に戻る。
今日は、廣瀬神社のすぐ近くのビジネスホテルへ。

竹楽は、11月中旬の金土日開催。
土曜日よりも日曜日のほうが、やや人が少ないかんじ。


廣瀬神社。

イメージ 1

キリシタン洞窟礼拝堂跡。
十字架の切り抜きが独特。

イメージ 2

弥五兵衛坂。

イメージ 3

十六羅漢。
紅葉は、赤色のライトアップされているので、すごく綺麗だが、
昼間見ると、さっぱりの色付き。

イメージ 4

歴史資料館の絵巻。

イメージ 5



大分県竹田市の岡城跡の紅葉、11月20日分3-1。

天気は曇り。朝から荒城の月で有名な岡城跡へ。
無料駐車場、トイレ、売店あり。入場300円。早朝から開いてる。


紅葉見頃。城跡内はかなり広く、見所は多い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

大分県竹田市の竹楽、11月19日分3-3。

天気は夕方に曇りに変わる。

大分県竹田市に移動。
無料の臨時駐車場に停めて、歩いて市内へ。
駅に向かうシャトルバスもある、100円。

竹楽は、11月中旬の金土日開催。
前日の金曜日は、嵐だったが、規模を縮小して行われたらしい。

同様のイベントは日本各地で行われているが、竹田市の竹楽は、
最も規模が大きく、全部で2万本あるらしい。


村上自動車さんがやってる竹楽。
竹楽八景以外でもいいところはある。

イメージ 1

歴史資料館の絵巻。

イメージ 2

廣瀬神社。

イメージ 3

十六羅漢。

イメージ 4


大分県竹田市の男池湧水群の名水の滝とオヒョウの木に包まれた岩、熊本県菊池市の菊池渓谷と鞠智城 5月15日分。
 
昨日は日没であまり時間がなかったので、
再び大分県竹田市の男池湧水群へ。
男池湧水群は協力金100円。滝のすぐ横にも駐車可。
色温度が整ってから、再び名水の滝を撮る。
雨上がりで新緑がとても綺麗。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
有名なオヒョウの木に包まれた岩。米プロも撮っていましたね。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
8時に移動、途中から本降りの雨。
朝食後、10時に熊本県菊池市の菊池渓谷へ。
駐車場200円、協力金100円。売店、食堂あり。
ここは人気の撮影エリアなので、本降りの雨にもかかわらず、
数名のカメラマンに出会う。
こんな渓谷では、雨の日は霧も出て、とても綺麗に写るのだが、
撮影は、すごくたいへんで疲れる。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 12
 
夕方、菊池市の鞠智城へ。ここは無料。
雨も上がり、少し青空が見えた。
 
イメージ 3
 
イメージ 4

夜は、菊池温泉街の望月温泉へ、500円(菊池渓谷の半券で300円)
9時頃、車中泊。
 
続く。

熊本県阿蘇市の大観峰・かぶと岩展望所・城山展望所、大分県竹田市のくじゅう花公園・九重町の長者原からのくじゅう連山 5月12日。
 
朝は阿蘇市の大観峰へ、阿蘇北外輪山の最高峰。
北からになるので、ここから朝日と絡めては撮れない。
 
イメージ 1
 
かぶと岩展望所から。
 
イメージ 2
 
ミルクロード沿いには、牛さんがいっぱい。
天気は快晴になる。
 
イメージ 9
 
やまなみハイウエイの城山展望所から。
 
イメージ 10
 
大分県竹田市のくじゅう花公園、入園1000円。
ポピー、ネモフィラ、リビングストンデージーが見頃。
阿蘇や、くじゅう連山が背景に見える。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 3
 
やまなみハイウエイの牧の戸峠から5分ほど登った東屋付近からのくじゅう連山。
 
イメージ 5
 
やまなみハイウエイの久重町の長者原からのくじゅう連山。
 
イメージ 4
 
イメージ 6
 
夕方、再び阿蘇市の大観峰へ。
 
イメージ 7
 
大観峰から阿蘇スカイラインを西へ移動した路肩から。
手前に見えるのが内牧温泉街。
 
イメージ 8
 
夜は、再び内牧温泉の薬師湯へ、200円、シャンプーなし。
10時に車中泊。
 
続く。

このページのトップヘ