風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:糸満市

沖縄本島 沖縄県南城市の知念岬公園・ニライカナイ橋・おきなわワールド文化王国、糸満市の平和祈念公園・ひめゆりの塔、7月1日分。

天気は曇り。

朝からゆいレールで那覇空港へ行き、
さらにシャトルバスでレンタカーオフィスへ。
予約していたレンタカー(5日間で18400円、保険込み)を借りる。

青空求めて、南部の沿岸部へ走る。

沿岸部は予想通り青空が見えた。

南城市の知念岬公園。

_W6A1292

ニライカナイ橋。
干潮時間に近いのがいまひとつの感じ。
短期旅行なら、昼頃に満潮を迎える頃に予定を合わせるとよいが、
期間が長くなるとそうはうまくいかない。

_W6A1319

糸満市の平和祈念公園。雲が増えてくる。

_W6A1335

ひめゆりの塔。
ひめゆり平和祈念資料館は、涙なしではいられない。

_W6A1354

完全に曇りに変わったので、南城市のおきなわワールド文化王国へ。
園内にある玉泉洞。

_W6A1356

_W6A1367

沖縄の伝統文化を体験できる。

_W6A1389

_W6A1392

_W6A1407

夕方、少し青空が見えてきたが、すぐにまた曇る。

沖縄本島 沖縄県恩納村の万座毛、南城市の斎場御嶽・沖縄ワールド、糸満市の平和記念公園 5月7日分2-1。
 
朝から万座毛へ、朝日はいまひとつ。
 
イメージ 4
 
その後、南下して、世界遺産の斎場御嶽へ、入場200円。
この間は、観光客が多かったので、朝一で再訪。
 
知念半島にある斎場御嶽は琉球の始祖「アマミキヨ」が造ったとされ、
国始めの七御嶽の一つといわれる琉球最高の聖地。
パワースポットとして有名で、ここに来たら足の痛みがいきなりなくなった。
すごいです!
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
その後、南城市の沖縄ワールドヘ。
 
沖縄ワールドの中の玉泉洞。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
沖縄といえばハブでしょ!へびが苦手な自分にとっては、ひぇ~~という感じ。
 
イメージ 5
 
いろんな体験施設があるが、一番多いのがお土産物屋と食べ物屋。
少し晴れてくる。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
その後、糸満市の平和記念公園へ。
修学旅行生が多かった。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 3
 
続く。

石垣島 沖縄県石垣市のハンナ岳の渡り鳥観察所からの朝日・宮良川のマングローブ林 沖縄本島 糸満市のひめゆりの塔・南城市の斎場御嶽 5月2日分。

朝は、ハンナ岳の渡り鳥観察所へ。
ここは、朝日・夕日の撮影どちらでも可能。
同じ道沿いに二ヶ所展望台があるが、ここがおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

観察所から見下ろして撮影。

イメージ 3

石垣島最終日、期待した晴天にはならず。天気はくもり。

宮良川のマングローブ林。

イメージ 4

11時前に新石垣空港へ。レンタカーは追加料金を払い、乗り捨てにした。
12時半離陸。1時15分、沖縄本島の那覇空港到着。
 ゴールデンウィークで大混雑。

レンタカー送迎バスで、郊外の巨大なレンタカーオフィスへ。
オリックスとトヨタレンタカーは、もっとも台数が多く、各3000台もあるそうだが、
ゴールデンウィーク中は全て出てしまうらしい。
手続きを終え、2時半に出発。

南下して、糸満市のひめゆりの塔へ。資料館は、300円。

イメージ 5

その後、南城市の世界遺産の斎場御嶽へ、入場200円。

イメージ 6

ゆっくりしすぎて遅くなったので、高速で北上、8時前に本部半島の宿へ。

このページのトップヘ