風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:紅葉谷公園

広島県廿日市市の宮島の紅葉 11月16日分。

朝から再び廿日市市の宮島へ向かう。
7時過ぎに宮島に到着。すぐに紅葉谷公園へ。
日が当たる前に紅葉谷公園入り口のもみじ橋と紅葉を撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

早朝から観光客やカメラマンは多いが、
みんな日が当たっていないと朝はスルーするので撮り易い。
本当は一番いい時間帯なのだが。
8時半頃から団体客が増えたので、紅葉谷駅に移動。

イメージ 5

イメージ 6

紅葉谷駅からロープウェイで弥山へ。往復1800円。
途中で一度乗り換える。
天気は、晴れだが雲が多くいまいちすっきりしない。

獅子岩駅すぐの獅子岩。
獅子岩駅には、食堂のほかに無料のロッカーもある。

イメージ 7

弥山展望台。獅子岩駅から1時間くらい。

イメージ 8

12時過ぎに紅葉谷駅に戻ると大混雑、観光客であふれていた。

大聖院の紅葉。ここは山裾にあり変化に富んでいて面白い。

イメージ 9

イメージ 10

3時過ぎに宮島口に戻り、山陽本線で新南陽へ向かう。
5時前に新南陽に到着。
兄夫婦が周南市に住んでいるので、泊めてもらう。

山口県岩国市の錦帯橋と広島県廿日市市の宮島夜景 11月15日分。

6時20分発の始発で大竹駅から岩国駅に移動。
岩国駅からはバスで錦帯橋へ、250円。
7時半頃に山口県岩国市の錦帯橋に到着。錦帯橋、往復300円。

天気は快晴。

紅葉谷公園は見頃旬。日があたる前がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

岩国城と吉香公園の櫂の木の紅葉。

イメージ 5

岩国城からの眺め。眼下に錦帯橋が見える。
ロープウェイ往復は、550円。プラス岩国城入城で810円。
プラス錦帯橋往復で940円。
城周辺には、ほとんど紅葉はない。

イメージ 6

イメージ 7

再び、吉香公園。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

3時半ごろ出て、広島県廿日市市の宮島に移動。
4時20分頃に到着。
5時過ぎに日没。この時期は宮島の島影に隠れる。
5時15分頃に、燈篭に日が入り、ライトアップも始まる。

日没後20分から40分くらいの時間帯が、背景と鳥居の明るさのバランスがよくおすすめ。

イメージ 11

イメージ 12

厳島神社。

イメージ 13

6時15分に出て、7時ごろ宿に戻る。

広島県廿日市市の宮島の紅葉 11月14日分。

朝7時に法隆寺駅発、8時過ぎに新大阪駅で新幹線に乗り換え、
9時40分過ぎに広島駅に着く。
すぐに岩国行きに乗り換え、10時15分頃に廿日市市の宮島口に到着。
天気は晴れ、しだいに雲が増える。

フェリーで対岸の宮島へ、片道160円。

すぐに紅葉谷公園へ、紅葉は全体的に見頃前半。
赤い橋は2つあり、パンフレットでよく使われるのは、下のほうの橋。
橋周辺は、見頃。

上の赤い橋は、もみじ谷橋と言う。

イメージ 1

イメージ 2

こちらは、下の赤い橋でもみじ橋と言う。

イメージ 15

鹿さんもいっぱい。

イメージ 3

大聖院、紅葉は見頃。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

厳島神社と五重塔。
豊国神社横のイチョウは、色変わり中。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

紅葉谷公園、もみじ谷橋の近く。
この辺りも見頃。

イメージ 11

もみじ橋、日が暮れてから撮影。
晴天時、森の中では日中よりも朝夕の明るい日が当たらない時間帯がおすすめ。

夕方、テレビ中継がありそうだったので待機。

普通はライトアップはされないが、テレビ中継でライトアップ。
貴重な写真が撮れた。
観光客は少しいたが、カメラマンは他にいなくて独り占め。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

夕方雲が増えたので、大鳥居の夜景はいまひとつ。
6時過ぎに出発。
フェリーで渡り、JRで大竹駅近くの宿へ。

このページのトップヘ