風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:細川

奈良県明日香村の彼岸花 9月28日分2-2。

仏隆寺から飛鳥に移動。
天気は青空は見えるものの、雲が多くよく陰る。
例年に比べ開花が遅れたが、ようやく見頃の感じ。

https://www.asukakyo.jp/higanbanakaika/?fbclid=IwAR3pCOf4_TlGwmVvHBH1jHJqpgFh34CXk20r-kwAT4XELf7ixwLK2wshC8I

細川地区。見頃旬。路肩に少し駐車可能。

_V9A4238

_V9A4262

_V9A4283

尾曽にも行ってみたが、見頃だが稲刈りがほぼ終了していたので、撮影せず。
橘寺付近も見頃だが、彼岸花は少ない感じで撮影せず。

甘樫丘と飛鳥寺の間あたり。見頃旬。路肩に少し駐車可能。
雲が多かったので、山際に青空が見えるまで待った。

_V9A4333

_V9A4502

_V9A4512

古宮にも行ったが、手前の彼岸花はもうピーク過ぎ、
数も少なく、田んぼも今年はイモチ病で、枯れたようになっているしで撮影せず。

最後に稲渕へ。奥の方は路肩駐車可。

飛鳥川の飛び石。見頃。

_V9A4523

稲渕付近は一番有名ながら、今は田んぼの耕作放棄が多く、
彼岸花もすごく減って写真的には厳しい感じ。

創作人形の展示や白や黄色の彼岸花は見れるが、彼岸花の撮影目的なら、
あまりお勧めしない。

稲渕の白と黄色の彼岸花。

_V9A4540




奈良県明日香村の彼岸花、9月29日分。

今年は彼岸花が1週間ほど遅れたので、明日香村の彼岸花を散策してきた。
ちょうど見頃旬で一番いい感じ。
でも昔に比べるとかなり減った感じ、何かしらの対策必要だと思うのだが。

https://asukamura.com/

細川地区。

_A730548

_A730562

_A730573

稲渕地区。

_A730611

奈良県明日香村の彼岸花 9月25日分2-2。

昼前に明日香村に移動。
この辺り全体的に見頃ピーク2日目くらいで、
明日はもう全体的には、厳しい感じ

古宮、香具山付近はもう傷みが多く、終盤。

飛鳥寺付近。この辺りはやや遅めで見頃が多かった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

尾曽。
集落には駐車しないで、手前の路肩に停めること。
鳥獣防止の扉は閉めること、厳守。

イメージ 5

細川は傷みが多く、もう終盤。
稲渕には行かず。

祝戸付近。

イメージ 6

イメージ 7

その後、山の辺の道に移動。

彼岸花はもう刈り取られていた、残念。

イメージ 8

ガタ塚。
彼岸花マークがいっぱいだったので行ってみたが、ほぼなし。
でもここからの夕日は良さそう。
ピーカンなので帰ったけど、田植え時期にまた来ようかな。

イメージ 9




奈良県明日香村と天理市の山の辺の道の彼岸花 9月23日。
 
台風も過ぎ去り朝から快晴、まずは明日香村稲渕の棚田へ。
今日は祝日で、イベントもあるので、すごい人出、駐車の列。
駐車禁止の青いコーンは、景観をそこねるので何とかして欲しいもの。
 
ちょうど見頃なのだが、今年は天候不順もあってか彼岸花は少なめ。
橘寺あたりなどはかなり少ない。細川はそこそこ。
尾曽は、ほぼ終了。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
あまり写欲もわかないので、少しだけ撮影して山の辺の道に移動。
ハイカー多し。この辺りは見頃だが、まだつぼみも多い。
 
イメージ 6
 
 

奈良県明日香村の彼岸花 9月25日。

やっと時間ができたので、奈良県明日香村へ、彼岸花を撮りに行った来た。
稲渕・阪田近辺は朝か車がいっぱい、交通規制がかなり厳しくなった。

朝は曇り、昼頃から晴れてくるが、雲が多い一日。

稲渕・阪田・祝戸辺りは、見頃旬。
細川は、ほんの少し早い感じ。
橘寺辺りは少なめ。
祝戸辺りの萩は散り始め。

今年の彼岸花は、例年より1週間ほど遅い。
稲刈りも遅いようで、ごく一部だけしか終わっていない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 3

細川、部分的には見頃だが、全体的にはまだ少し早い。

イメージ 4

最後の写真は、畑の集落に向う途中にある阪田の展望ポイント。
樹木が成長して来て、3段の脚立ではかなり厳しくなってきた。

イメージ 5

夕日は、雲に隠れたので撮影せず、帰路に着いた。






奈良県明日香村の夕日に染まる細川の棚田、橿原市の本薬師寺跡のホテイアオイ 8月28日分。

夕方に出発、まずは奈良市の大池へ。
夕方の光線で入道雲と撮りたかったが、いい雲なしで素通り。

次に明日香村へ、
夕日に染まる細川の棚田が美しい。

イメージ 1

イメージ 2

最後に橿原市の本薬師寺跡へ。
ここはカメラマンが10名ほど。
上空に雲がなくいまひとつ、少しだけ撮影。
写真は薄暮の時のホテイアオイ、ブルートーンが美しい。

イメージ 3

帰りに駐車場でとらさんに出会う。

とらさんのブログ  http://blog.livedoor.jp/enjoy_photo_life/

すごくひさしぶりの再会で、真っ暗になるまで話し込んでしまった。


奈良県明日香村の細川の棚田と夕日 6月1日分。


天気は快晴、夕方4時に細川着、すでに車は10台ほど、ベストポジションにぎりぎりで入れた。

その後も続々カメラマンがやってくる、平日なのにみんなすごい。
気になる方がおられたので、声をかけてみるとやはりブログ仲間の和尚さん。
はじめてお会いすることができた。

時間がたっぷりあったので、数名で雑談して過ごす。

車はじりじり増え続け、6時前には40台ほど、バイクも数台になった。
夕方には少しくもが出てくるかなと思っていたのだが、天気はずっと快晴のまま。

田植えも7割がた終了、日没は二上山のやや右で、条件は最高。
あとはやや薄くもが広がればという感じだったのだが、まったく雲なし。

早い段階でいいかんじの雲があると、日没寸前には厚くなりすぎることが多いし、なんとも難しい。
今日は太陽はまぶしすぎず赤玉でよかったが、棚田の反射がないので、60点くらいか。

まぁどんよりするよりいいし、和尚さんに会えたし、
楽しい時間を過ごすことができて大満足の一日でありました。

イメージ 1

奈良県宇陀市の仏隆寺の彼岸花、明日香村の稲渕の彼岸花 9月22日。


今朝も4時半過ぎ出発で奈良県宇陀市の仏隆寺へ。

平日の早朝というのにすでに5台の車あり。
彼岸花の群落は一応見頃ではあるが、
残念なことに昨日の嵐で倒れているのも多い。
上のほうはまだつぼみのところもあったが、ほぼ終盤。
参道は雨に濡れていい雰囲気なだけに、残念。
少しだけ撮影して移動。
この辺りの棚田はすでに半分ほど稲刈り終了。

仏隆寺参道の彼岸花の群落。

イメージ 1

続いて明日香村へ、彼岸花の群落は全体的に見頃終盤、
色抜けも多く、昨日の嵐で倒れているのも多い。
昨日行った細川のポイントも見頃終盤、彼岸花の命は短い。
今日は5台ほど車あり。
稲渕はすでにすごい数の車が停まっていた。
山裾に雲海が出ていたので、少しだけ撮影。
4月以来久しぶりに甲賀忍者さんに再会したが、
あまり時間がなくゆっくり話ができず残念。

明日香村稲渕の彼岸花。

イメージ 2

今日は別の仕事が入っているので、8時過ぎに帰路についた。
帰り道急激に青空が広がってくる、もう2日ほど前なら最高だったのに。

奈良県明日香村の細川の棚田と阪田から望む夕暮れ、高取町の高取城址の雪の下 6月16日分。

朝5時に起きると、梅雨入りしたと言うのに、いきなりの快晴。
前日の夜はまだ、朝は曇りと言っていたので、朝日は撮りに行かなかった。
ほんとに天気予報はあてにならない、梅雨の晴れ間は貴重なのに大後悔。
とはいえそうそうに準備を整え、撮影に出かける。
快晴の日は、依頼を受けている関西の観光名所の撮影に最適なのだ。

まずは、奈良県明日香村の細川へ、夕景の棚田の写真で有名な所。
日中撮影したことはなかったのだが、
明日香のイメージにぴったりなので、快晴青空で撮影する。
今日は夕日を期待して、早い人は昼過ぎから場所とりを始め、
夕方には、50名以上のカメラマンで賑わうことだろう。

明日香村の細川の棚田。

イメージ 1

続いて細川へ行く途中から分岐して、
畑へ続く高台の道路の途中から、明日香村全景を撮る。
位置的には阪田になる、ややうす雲が出てくる。

次に甘樫丘の駐車場へ、歩いて15分程で豊浦展望台に到着。
ここからも明日香村全景を撮る。

次に南下して高取町の高取城址に向かう。
登山口から、8分程で案内板のある分岐に突き当たる。
左に下り8分程で国見櫓の展望台に到着。
撮影後再び戻って、今度は高取城址の天守閣跡へ分岐からは5分程。
途中の石垣に綺麗な雪ノ下が咲いていた。

高取城址の石垣の雪ノ下。

イメージ 2

続いて御所市方面に向かう。
朝日撮影のポイント数ヶ所で、青空の風景を撮る。
しかし、ややうす雲が多いのでいまひとつの感じ。
大川杉周辺の水田は、かなり濁って水草がいっぱい浮いているので、
もう朝日の撮影は厳しい様子。

途中コンビニで昼飯を買い、再び明日香に戻る。
3時前には、細川にはすでに12台の車が停まっており、
すでにカメラマンの三脚の砲列。
天気のいい日の土日に、ここで撮影するのには、かなりの忍耐が必要だと思う。

最初からここで撮影する気はなかったので、様子だけ見てUターンし阪田へ。
3時前に阪田の展望ポイントに到着。
まだ誰もいなかったので、一番いい位置に三脚をセットする。
その後、車の中で昼飯をとり休憩。
ここは、陽があたる細川と違い日陰なので涼しい。

5時半頃から、次々にカメラマンが到着。
ぎりぎりに来た人も入れて8・9名くらいだろうか、ここは狭いのでもういっぱい。
最初はいい感じのうす雲が広がっていたのだが、
6時をまわるとどんどんと雲が厚くなってきた、少し彩雲が見える。

7時10分日没、二上山の少し右手の所、ほとんど染まらなかった。
数名が帰路に着くが、小焼けを期待して6名が残る。

20分過ぎくらいから雲が焼けてくる、見る見る間に真っ赤に染まる。
水田も赤く染まり、一同大興奮、
「今日はええわ、来てよかった、ついてるわ」と連発。
ピークは10分程、大満足で7時40分帰路に着く。
分岐では、細川からもかなりの車が帰って行った。

明日香村の阪田から望む夕暮れ。

イメージ 3

6月5日の火曜日もかなり焼けたそうで、
その時は細川には、6名しかいなかったそうだが、
今日は、かなりの人が収穫があったのではないだろうか。

同じ明日香村小原で撮影されていたmametora2001さんのブログへのリンク
http://www.doblog.com/weblog/myblog/41528
6月5日の火曜日の夕焼けも撮影されています。

このページのトップヘ