風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:美瑛町

北海道の美瑛・富良野の紅葉 10月20日分。

前日までの天気予報はよかったのだが、朝はどんより、のち曇り。
しかたなく、のんびり紅葉の部分撮影。
初日来た時は、全体にはまだ少し早い感じだったが、もう見頃過ぎの感じ。

イメージ 1

十勝岳付近は完全に落葉。
落葉した木々もなかなか絵になる。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

北海道美瑛町の望岳台と白髭の滝の紅葉に青い池 10月8日分2-2。

望岳台は見頃後半から終盤の感じ。
天気がいまいちなので、アップやミドル撮影が中心。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

雨の後、再び白髭の滝へ。
光が平均的で手前に日が差しているときと、雰囲気が変わる。
北向きで谷が深いので、滝自体には日は当たらない。

イメージ 4

イメージ 5

望岳台に向かう途中の展望。

イメージ 6

イメージ 7

午後に再び青い池へ。
青空は見られず、残念。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

夕方、マイルドセブンの丘などを廻る。
最後のほうは、太陽が雲の中へ入ってしまった。

イメージ 11

もう1日、ゆっくりしたかったが、秋は忙しいので、夜に層雲峡まで移動。
層雲峡のユースホステルは4000円弱。
客は、ほとんど海外からの観光客だったが、かなりすいていた。

北海道上富良野町千望峠の雲海と美瑛町の白髭の滝の紅葉 10月8日分2-1。

早朝から美瑛・富良野を廻る。
標高の高いところや水辺などは見頃後半から終盤に入りかけたところ。
今年の紅葉は、かなり早いみたい。

千望峠の北側の雲海ポイントで撮影。
千望峠からはいまひとつの感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

天気は曇ったり、小雨が降ったり、時々日が差したりの不安定な感じ。
白髭の滝の紅葉。手前の紅葉に日が差してきた、奥はまだ陰。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

白金不動の滝。

イメージ 9

青い池。紅葉は見頃後半。朝は逆光になる。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

続く。

北海道東川町の天人峡の紅葉と美瑛町の三愛の丘・千代田の丘の夕景 10月7日分。

朝8時半頃に南千住のホテルを出て、10時ごろに羽田空港に到着。
早すぎるかなと思っていたのだが、ちょうどいいくらいの時間だった。
10時15分、検査を終え、空港内へ。
ANAで予約したが、エアドゥとの共同運航便。

11時過ぎに機内へ、11時15分発の予定だったが、
11時半頃に離陸。
12時45分に北海道の旭川空港に到着。

予約していたレンタカーを借りて、1時20分頃に出発。
2週間のレンタル、保険込みで57000円ほど。
車は日産のノートで、ほぼ新車の感じ。

天気は快晴、2時ごろに美瑛町の天人峡へ。
奥のほうは見頃過ぎだったが、途中は見頃。
天気はいいが、北海道は寒い。フリースとジャケットを着こむ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

途中にある望郷広場。

イメージ 4

イメージ 5

その後、美瑛の中心部へ移動。
秋は日が暮れるのが早い。
三愛の丘。

イメージ 6

イメージ 7

千代田の丘。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

夜は予約していた富良野市のニューふらのホテルへ。
結構いい部屋だったが、
スキーリゾートにあるホテルは、夏場はオフ価格。
素泊まりで3100円。

北海道美瑛町のひまわり畑、北竜町のひまわり畑、小樽からフェリーで舞鶴経由で帰宅 8月8日9日10日分。
 
8日、朝は霧。
 
北海道最終日、再び美瑛町の水沢あたりのひまわり畑を撮影。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
晴れてくることを期待したが、すっきりしない空模様に変わる。
最後に美瑛をぐるっと廻り、少しだけ撮影。
 
10時前に出発、北竜町へ。
 
一番広いひまわり畑も満開になっていたが、あいにくの白い空、残念。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
2時前に出発、小樽市に向かう。
 
ゆっくりと走って、5時過ぎに小樽市に到着。
おみやげを買ったり、温泉に入ったりして、
9時前にフェリー乗り場へ。
事前に予約はしてあったのだが、込むといけないので早めに手続きを済ます。
タウンエースノアで30500円、運転手の客室代込み。
 
11時に車を移動、フェリー内へ。
11時15分、客室へ。けっこうがらがらの感じ。
一番安い客室でもプライベート空間があり、快適。
 
船内に風呂もあるが、小樽で温泉に入ったので、すぐに眠りにつく。
 
8月9日。
 
朝、日の出前に一度起きるが、天気が悪いので再び眠る。
 
京都府舞鶴市の舞鶴港到着は、夜の9時なので、時間はたっぷり。
 
船内、レストランやカフェもあるが、そこそこの値段。
専用電話はあるが、ネットは通じない。
 
ジャグリングショーとかビンゴ大会とかも行われたが、
ビンゴ大会の商品はしょぼい感じ。
 
無料の映画上映があったので、1時からと4時からの2本見て時間をつぶす。
 
夕方、少し眠る。
 
8時半過ぎに車へ。すぐに舞鶴到着。
9時前に船外へ。
 
少し走って舞鶴市の道の駅で車中泊。
しかし、猛暑で、クーラーを止めると暑くて30分もたない感じ。
 
8月10日。
 
朝3時過ぎに起きて、宮津市の大内峠へ。
もよっとしていて朝日はいまいち。
 
ひまわりも終わっているので、のんびり南下。
兵庫県の川西から阪神高速に入り、
10時前に法隆寺IC出て自宅へもどる。

前半2週間、青森の大間までの走行距離、3884キロ。
後半約40日、北海道での走行距離、9569キロ。
残り、舞鶴から自宅までを足しての総走行距離、13689キロ。
思っていたよりもよく走りました。
 
4日に1回くらいは青空も見れたし、今回はそこそこ成果もありました。
しかしさすがに2ヶ月近い旅は疲れますね。
 
東北・北海道取材記は、今回で最終回です。
どうもありがとうございました。
 

北海道旭川市の田んぼアート、美瑛町の新栄の丘展望台のひまわり畑 8月7日分。
 
夜は雨、朝もくもり。
朝少し撮影してから南下。
 
旭川市の田んぼアート。
展望台がつくってある。
 
晴れているが、白っぽい空模様。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
昼過ぎに、美瑛町へ。
 
新栄の丘展望台のひまわり畑。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
水沢あたりのひまわり畑。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
天気は下り坂で、夕方激しい雷雨に変わり、夕日は見られず、残念。
 
 

北海道美瑛町のケンとメリーの木、上川町の熊牧場、大空町のひまわり畑 7月29日分。

晴れてはいるが雲が多い空模様。

朝から再び中西さんと打ち合わせ。

美瑛町のケンとメリーの木。

イメージ 1

昼前に出発、大空町に向かう。

途中、上川町のアイスパビリオンのとなりにある熊牧場へ、500円、えさ付き。

えさをもらうため、アピールする熊。

イメージ 2

周辺の花畑。

イメージ 3

イメージ 4

5時過ぎに大空町の女満別空港近くに到着。

このあたりは、美瑛・富良野と雰囲気が似ている。

イメージ 5

空港横のひまわりがほぼ満開。

逆光での撮影、朝のうちの方がおすすめ。

イメージ 6

イメージ 7


北海道美瑛町の青い池、白髭の滝、上富良野町のジェットコースターの道 7月27日分。 

夜半は雨、日中はくもり時々ぱらぱら。

美瑛町の青い池と散歩道。

イメージ 1

イメージ 2

白髭の滝。少しだけ雲海が流れてきた。

イメージ 3

イメージ 4

今日ものんびり、観光&ロケハン中心。

北の国からの資料館などを見て廻る。

イメージ 5

イメージ 6

上富良野町のジェットコースターの道。

イメージ 7

北海道富良野市の麓郷展望台、美瑛町の白金不動の滝、マイルドセブンの丘 7月23日分2-2。

富良野市の麓郷展望台に移動。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昼過ぎにはかなり雲が増える。

麓郷の森を見た後、望岳台へ立ち寄り、その後、近くの美瑛町の白金不動の滝へ。

イメージ 4

イメージ 5

夕方は、マイルドセブンの丘へ。

空は真っ黒、少しの間夕陽が照っていたが、日没前に雲に隠れてしまった。

イメージ 6


北海道美瑛町の北西の丘展望公園からの朝日、親子の木、マイルドセブンの丘、ぜるぶの丘、上富良野町のかんのファーム 7月22日分。

今日も晴れ、少し雲。

朝は美瑛町の北西の丘展望公園からの朝日を撮影。

イメージ 1

以下、ダイジェスト版で。

親子の木。朝の光線がおすすめ。

イメージ 2

マイルドセブンの丘。

イメージ 6

イメージ 5

上富良野町のかんのファーム。

イメージ 7

イメージ 8

美瑛町のぜるぶの丘。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

天人峡に向かう213号線から望む旭岳。

イメージ 3

美瑛町西神楽で見つけた牧草ロール。

イメージ 4

昼過ぎには、雲が広がり1時過ぎには曇り空。

その後は、ロケハン&観光。

北の国からの舞台になった麓郷の森などを見て廻る。

「拾ってきた家」や「五郎の石の家」など、とてもよかった。

このページのトップヘ