群馬県片品村の尾瀬ヶ原のミズバショウ 6月11日分2-1。

朝3時前に起きて、下の大堀川のミズバショウ群落へ。
竜宮小屋から20分ほど。

ミズバショウは見頃後半。
例年の見頃はもっと早いが今年は遅め。

先客カメラマンが1名、2時半から撮影とのこと。
最終的に入れ替わりで4.5名。

朝は激寒、薄手のダウン2枚とレインジャケットでもかなりこたえる。
帽子・手袋もあったほうがよい。

満月に近い月がいい感じ。
後ろの山は100名山の1つである至仏山。西側にある。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

日の出時刻は4時40分頃。
4時25分頃から至仏山が山上から朝日に染まっていく。

イメージ 4

5時過ぎに山荘に戻り、6時に朝食。
リクエストすれば、前日に弁当に変更可。

6時45分に再び出発。
撮影しながら、下の大堀川から山ノ鼻の植物研究見本園へ向かう。

天気は晴れているものの、薄雲あり。

早朝から登山客がいっぱいなので、人が途切れるのを待って撮影する。
三脚などはとても使える状態ではないので、日中は完全手持ち撮影。

狭いので双方から登山客が来たら、立ち止まれないので、
邪魔にならないように木道の上を行ったり来たり。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

山ノ鼻の植物研究見本園。

イメージ 11

イメージ 12

100名山の1つである燧ケ岳。東側にある。

イメージ 13

イメージ 14

ヨッピ経由で戻る途中、快晴になったので、
三度、下の大堀川のミズバショウ群落へ。

イメージ 15

奥に竜宮山荘が見える。

イメージ 16

1時45分に、一度山荘に戻る。
部屋が変わったので、荷物移動。
至仏山が正面に見える部屋。

翌日の朝食を弁当に変更してもらう、300円返金。

続く。