風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:舞鶴市

京都府舞鶴市の金剛院の紅葉 11月15日分7-7。

12時半に安国寺を出て、1時15分に金剛院へ。
無料駐車場有り。入山300円。紅葉は見頃。

http://www.maizuru-kanko.net/spot/sightseeing/kongoin.php

撮影は、奥にある鹿原公園から。公園にも無料駐車場・トイレ有り。

_S9A8845

_S9A8862

1時37分に出て、46分に舞鶴道の舞鶴東ICから高速に入る。
途中26分ほど休憩。
3時40分に中国道の吹田ICを出て、阪神高速経由で、
4時36分に第二阪奈の壱分ICを出て5時過ぎに帰宅。

今回の3日間の総走行距離は728キロ。

北近畿の紅葉取材は今回で終了です。
ありがとうございました。




京都府舞鶴市の舞鶴自然文化園の紫陽花園 6月28日分3-2。

次に舞鶴市の自然文化園に移動。
途中から雨が降り出してくる。
その後、本降りになったりパラパラになったり。
無料駐車場あり。入園500円。紫陽花は見頃。
ここは関西最大規模の大きさで見ごたえがあります。

京都府舞鶴市の金剛院の紅葉と竹あかり 11月11日分3-3。

3時40分ごろに金剛院に到着。
無料駐車場あり。紅葉は見ごろ後半。
塔の下側はかなり散っていた。



となりの公園で、竹あかりがあるので、
カメラマン多いかなと思っていたのだが、
雨模様の天気もあってがらがら、誰もいない。

竹あかりの規模が縮小してからは、
かなり減ったらしい。

夕方雨はほぼやみ、たまに小雨。
カメラマンや観光客が増えるが少な目。

最初右側のライトが故障、途中から点灯。
竹あかりの並び方は放射状になっているが、以前のほうがよかった。

以前はキャンドルイルミネーションと言っていた竹あかりだが、
今回で3回目の訪問。

イメージ 1

イメージ 2

夜はビジネスホテルへ。




京都府の丹後半島周辺の紅葉 11月11日分3-2。

京丹後市の金比羅神社の階段のところの楓は切られてしまってもうない。
門の後ろにはあるが絵にするのは難しい感じ。

その後、乙女神社に移動。境内の紅葉はまだ早い感じ。
すぐ前に天女の里がある。
お土産屋やキャンプ場はあるが、食事処はない。
天女の里のドウダンツツジの紅葉は見ごろ。

天女の里から見た周辺の紅葉。

イメージ 1

その後、久美浜周辺を廻り、舞鶴方面へ。

舞鶴市の和江神社の紅葉。空き地に駐車可。

イメージ 2

続く。

兵庫県養父市宮垣の雲海と養父神社と宮津市の成相寺の紅葉、舞鶴市の金剛院の紅葉とキャンドルイルミネーション 11月20日分。

土曜日、5時起きで兵庫県養父市宮垣の雲海撮影ポイントへ。
他にカメラマンの姿はなし。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 13

8時頃、養父市の養父神社へ移動、無料、他にカメラマンはなし。
うっすらと霧(雲海)が出ていて、いい感じ。拡散光の柔らかい光が最適。
森の中なので、ここは雨天か霧で撮りたい場所。

時間がたつとカメラマンが増えてくるが、光がないといって撮影しない人もいる。
光が射し始めたら、コントラストが強すぎて全然だめなのに、もったいない。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 3

イメージ 4

10時頃に、霧がはれ快晴に変わったので、晴天向きのカットも撮影。

イメージ 5

イメージ 6

昼頃に、京都府宮津市の成相寺に移動、拝観500円。
紅葉は見頃、色変わり中、しかし上部が痛んでるのも多い。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

2時前に、京都府舞鶴市の金剛院に移動。
土日、キャンドルイルミネーションが行われるのと、
昨日来たときは、下側がもうかげりはじめていたので、リベンジで早めに到着したのだが、
もうすでに陰り始め。入山200円、外の公園からでも良く見える。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

2時半に三脚セット、一番乗り。4時ごろ、三脚7台。5時前に17台。
以前にキャンドルイルミネーションに来たときに比べかなり少なめ。
5時前に、キャンドルイルミネーションの準備がはじまる。
5時15分前後がの薄暮の時間が最適。

イメージ 17

夜は、京都府福知山市の「農匠の郷やくの」の温泉へ移動。
サウナ、シャンプーありで500円、タオル別。

10時頃、車中泊。




京都府福知山市の長安寺・福知山城、綾部市の安国寺、舞鶴市の金剛院、豊岡市の安国寺の紅葉 11月19日分。

北近畿の紅葉取材。
金曜日、朝から阪神と中国道のダブルの事故渋滞でうんざり。
天気は、朝は曇り(場所により霧)、後快晴。

まずは、京都府福知山市の長安寺へ、拝観300円、駐車場無料。

本堂前の銀杏と銀杏の下のカエデは散り始め。
全体として紅葉は見頃前半、まだ緑のものも多い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 8

次に福知山城へ、カエデは見頃前半。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

次に綾部市の安国寺へ、紅葉は見頃前半、境内無料。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 3

イメージ 4

次に舞鶴市の金剛院へ、紅葉は見頃後半、外の公園から撮影。

イメージ 5

移動は無料の舞鶴道を利用、とても便利。

4時半頃に、兵庫県豊岡市の安国寺に移動、無料。
ドウダンツツジのライトアップを撮影、見頃後半、下側散り始め、三脚使用可。
土日はすごい人だが、平日なのでカメラマンも5、6人で観光客も少なめだった

イメージ 6

その後、すぐ近くのシルク温泉へ。
シャンプー、サウナありで500円、タオル別。

夜は竹田城址の駐車場へ、他に車はなし。
ここで車中泊のつもりで寝ていたら、おまわりさんが来て、熊が出るので移動して欲しいとの。
しかたなく但馬楽座の駐車場へ移動して、車中泊。

京都府与謝野町の大内峠の一字観公園からの天橋立と雲海と朝日・SL広場、京丹後市の霧降りの滝、宮津市のふるさと丹後ミュージアム、舞鶴市の引き揚げ公園の八重桜 5月1日分。

朝4時半ごろ、大内峠の一字観公園へ移動。
昨日の激しい雨のため、眼下の天橋立に雲海が流れてくる。

5時15分ごろに日の出。
天橋立と雲海と朝日の絶景、昨日の雨のおかげでいい写真が撮れた。
ツーリングのライダー2名が別のところで見ていたが、他にカメラマンはいなかった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

その後、雨上がりの高曇りということで、京丹後市の霧降りの滝に移動。
道がすごく狭いので注意、林道終点に5台駐車可、そこから5分で滝に着く。
東屋あり、熊に注意、滝は北向きだが、8時前には上部に日が当たってくる。

イメージ 15

イメージ 16

その後、丹後半島をロケハンもかねて撮影して廻る。
写真は、57号線沿いの吉野川の新緑。

イメージ 17

新緑がとても綺麗、山桜が散り始め、今年は寒かったので遅いみたい。
スイス村の芝桜の開花は遅れており、まだつぼみ。
雲が多いものの、日が射してくる。

写真は、丹後半島縦貫林道で撮影。
丹後半島縦貫林道は展望ポイントがとても多い。

イメージ 18

イメージ 19

その後、世屋高原に移動、この辺りは古い家や棚田も多い。
写真は、75号線沿いで撮影。

イメージ 3

イメージ 4

1時ごろ、宮津市のふるさと丹後ミュージアムへ、200円。
移築した古民家がとてもいい感じ、八重桜が満開。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2時ごろ、与謝野町のSL広場へ、入場300円。
とてもレトロでいいかんじ。

イメージ 9

イメージ 10

夕方、舞鶴市に移動、引き揚げ公園の八重桜が満開散り始め。
躑躅は咲き始め~見頃。

イメージ 11

5時ごろ、帰路に着く。
中国道が宝塚で事故渋滞8キロ(ここはいつも渋滞している)のため、
舞鶴道を三田西で降りて、猪名川、川西方面へ下道を走る。
国道173号線の西側の県道12号線を南下、
川西小花から阪神高速に入り、第二版名を経由で帰った。
斑鳩の自宅まで、約3時間。
中国道が渋滞しているときのお勧めルート。

京都府舞鶴市の瑠璃寺の枝垂れ桜・円隆寺と桂林寺の桜、宮津市の山王宮日吉神社の含紅桜、兵庫県豊岡市の城崎温泉の桜・出石城址の桜 4月4日分。

北近畿の桜取材。

日曜日、朝から快晴。
京都府舞鶴市上福井の四所駅前の満開の枝垂れ桜を朝の光線で撮影。
遠景では電線が入るのが残念なところ、駐車可。

イメージ 1

朝から再び舞鶴市の瑠璃寺へ、カメラマンが数名。
南南西向きなので、朝は完全なサイド光、青空が映え立体的に見える斜光になるのを待つ。
しだいに観光客が増え、撮りにくくなるので、それまで人の切れるたびに定期的に撮影。
10時前かなり観光客が増えたので移動。

イメージ 2

イメージ 5

舞鶴市の円隆寺と桂林寺の桜は、7分~満開、八重紅しだれ桜は咲き始め、拝観自由、駐車可。
写真は2枚とも桂林寺です。

イメージ 6

イメージ 7

その後、京都府宮津市に移動。
山王宮日吉神社の含紅桜は満開、山桜の一種。拝観自由、駐車可。
子供相撲が有名な神社。昼頃の光線がおすすめ。

イメージ 8

イメージ 9

宮津市天橋立周辺、笠松公園は5分咲き。
板列神社は満開、拝観自由、駐車可。一字観公園の桜は咲き始め。
その後、京丹後市の久美浜に移動。

如意寺の桜は7分咲き、三つ葉躑躅は咲き始め、拝観自由、駐車可。

その後兵庫県豊岡市の城崎温泉へ、桜は満開、駐車場は2時間800円、観光客が多い。
写真は城崎温泉の桜。
電線が多く絵になるところが少ない。
空抜きポイントが少ないので小雨の時の方が撮影しやすいと思う。

イメージ 10

城崎大橋近くでは、菜の花畑がとても綺麗だった。

イメージ 11

最後に豊岡市の出石町へ、駐車場は一日400円。
出石城の桜は満開。夕方の光線がおすすめ。
観光客が多い、北向きのポイントが多いのがやや難。

イメージ 12

イメージ 3

イメージ 4

5時前に帰路に着く。
帰り道、中国道の西宮から宝塚まで大渋滞、9時過ぎに帰宅、とても疲れた。

京都府福知山市の福知山城の桜、綾部市の観音寺の桜・雲源寺の枝垂れ桜・安国寺の枝垂れ桜、舞鶴市の瑠璃寺の枝垂れ桜とキャンドルイルミネーション・舞鶴自然文化園の椿園・舞鶴公園の桜 4月3日分。

北近畿の桜取材。

朝から高速を飛ばして、7時前に京都府福知山市の福知山城へ到着。
天気予報は、一日青天ということ。

福知山城の桜は、7分~満開、駐車場100円、朝の光線がおすすめ。
他のカメラマンは1名のみ。

イメージ 1

イメージ 2

次に綾部市の観音寺に移動、拝観自由、駐車場無料、桜は7分~満開。
観光客の姿は見えず。

イメージ 5

イメージ 6

次に綾部市の雲源寺に移動、拝観自由、駐車場なし、枝垂れ桜は満開。
地元のカメラマン2名、いい天気のはずが急速に曇ってくる。

イメージ 7

イメージ 8

少し戻って、地元のカメラマンの方に教えてもらった綾部市の安国寺の枝垂れ桜を見に行く。
しだれ桜は満開、拝観自由、駐車場無料。観光客の姿は見えず、小雨が降ってくる。

イメージ 9

イメージ 10

11時前に舞鶴市の瑠璃寺の臨時駐車場に到着、一日200円。雨はすぐやんだが、雲が多い。
拝観自由、枝垂れ桜は8分咲き、花色が一番美しい頃合いで、今年は特に花付きもよいらしい。
キャンドルイルミネーションは一日だけなので、まさにベストタイミング。

開花状態をチャックして少し撮影した後に、舞鶴自然文化園に移動。青空が見えてくるが雲が多い。
駐車場は無料、椿園は300円だが、もうほとんど終盤の感じ、今年は早い。

イメージ 11

次に舞鶴公園に移動、駐車場無料、園内自由。
染井吉野は7分~満開、八重紅しだれ桜は咲き始め。

イメージ 12

4時ごろに、再び瑠璃寺に戻る。6時よりキャンドルイルミネーション開始。
まずは大型カメラの撮影タイム、時間はわずかだが助かる。
その後自由にキャンドルイルミネーションの中に入って記念撮影、境内では演奏も行われる。
公共交通機関がなく不便なためか、観光客も少なめ。夜になってすごく寒くなってきた。
カメラマンもピークで10名ほどで、入れ替わりで4.5名平均くらいと少ない。

イメージ 3

イメージ 4

8時くらいに境内の演奏が終わり片付けが始まったので、撮影終了。
すごく寒いので、車中泊はやめて一番近くの舞鶴グリーンホテルに泊る。
シングル4500円、1階にはレストランもある。
本日の走行、250キロほど。




京都府舞鶴市の五老スカイタワーから望む舞鶴湾の雪景色と与謝野町の大内峠からの天橋立の雪景色 1月25日分2-2。

その後、撮影しながら五老岳の五老スカイタワーへ向かう。
スカイタワーは入場200円、ガラス越しの撮影になる。
天気は時々吹雪くのだが、たまに日が差したりでやや期待はずれ。

京都府舞鶴市五老スカイタワーから望む舞鶴湾の雪景色。


イメージ 3

その後、宮津市の天橋立へ移動。
寒波のわりには雪がいまひとつ少なく、天橋立の松の着雪はほとんどなし。
天橋立にはよく来ているが、松が着雪して白くなっているのは今だに見たことがない。
海の近くは風が強いし、よほど降雪量が多くて朝早い時間でないと見れないのだろう。

その後、丹後半島の丹後松島や伊根の舟屋を見て廻るがほとんど雪がない。
舞鶴や宮津からそんなに距離が離れてないのに不思議だ。

最新の天気予報でこの辺り期待出来そうにないので、
宮津街道の県道9号の普甲峠で撮影後、国道9号を通り兵庫県の和田山に移動。
ビジネスホテルに泊まる(4500円)この辺りは比較的安い。

京都府与謝野町の大内峠から見た天橋立の雪景色。

イメージ 4


このページのトップヘ