風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:般若寺

奈良県奈良市の般若寺の紫陽花とコスモス 6月24日分。

天気は晴れているが雲が多い。
午後から奈良市の般若寺へ。
無料駐車場あり。拝観500円。
http://www.hannyaji.com/

紫陽花は見頃、数は多くはない。コスモスは少なからず多からずの感じ。
ここは紫陽花ガラスボールが大人気で、
テレビでも取り上げられていることもあり、平日でもそこそこの人出。

_S9A8465

_S9A8468

_S9A8473

_S9A8480

_S9A8482

_S9A8488

_S9A8494

_S9A8499

_S9A8520

_S9A8535

_S9A8541

_S9A8554



奈良県奈良市の般若寺のコスモス 10月18日分。


午後、姉のところに荷物を届けた後、夕方ひさしぶりに般若寺へ向かう、境内500円。
般若寺は午後遅くの光線が撮りやすいところ。
台風でコスモスが倒れたこともあり、今年は背が低くかえって撮りやすい感じ。
今日まで夜にコンサートがあるため、けっこうな人出があった。

天気は快晴で、青空の背景で撮影した後、
コントラストが強いところは日がかげるのを待ち、
青天光なし映画業界でいうマジックアワーの時間帯に撮影する。

人が多いときは、人並みが切れる瞬間を待つか、被写体で人が隠れた瞬間を狙う。
もしくは効果的に利用するかの3つのパターンがある。
うまく使えるようになれば、ワンランクステップアップ間違いなし。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

京都府福知山市の大江山の雲海と朝焼け・日本の鬼の交流博物館横の鬼瓦のモニュメント・鬼の岩屋からの展望、奈良県奈良市の般若寺のコスモスのライトアップ 10月13日分。


朝5時起きで福知山市の大江山の雲海と朝焼けの撮影。
期待してたほど雲海は出なかった、また朝は雲が多く日の出はいまひとつの感じ。
休みとあって、カメラマン10名ほどと観光客20名くらい。
境内奥の駐車場は工事中のため、路上駐車の列が延々続いている。

大江山の雲海。

イメージ 1

イメージ 2

その後、急激に晴れてくる。
7時過ぎに大江山の鳩ヶ峰近くの駐車場に移動、ここからも朝日が撮れそう。
鳩ヶ峰へは18分(0.6キロ)ほど、野生の鹿に出会う。
鳩ヶ峰からは東北から南西にかけての大パノラマが見える、夕日の撮影によさそう。

大江山の鳩ヶ峰に向かう途中より北側の展望。

イメージ 3

大江山の日本の鬼の交流博物館横の鬼瓦のモニュメント。

イメージ 4

宮津市中茶屋近くでのスナップ。

イメージ 5

鬼の岩屋からの展望。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後、大江山スキー場から鬼の岩屋方面へ向かう、野生の鹿が多い。
頂上付近、東側の大パノラマが見える、朝日の撮影によさそう。
ここは駐車場はないが路肩に駐車可、熊に注意の看板あり。

その後、宮津市の今福の滝へ、道案内の看板あり。
簡易駐車場3台分あり、地図パンフレットもある。
村づくり事業として地元の人たちによって整備され、2000年から公開されている。
300メートルほどで展望ポイント、水量も多く立派な滝。
ピーカンなので、メモ程度にしか撮影せず、今度また再訪したいと思う。

昼前に宮津市日吉神社の赤ちゃん土俵入りを見に行く。
場所がわかりにくかったのだが、観光案内所の人がとても親切に教えてくれた。
200人以上の申し込みがあったらしく、臨時の駐車場もとても広い。

昼過ぎにロケハンしながら南下。
連休最後で京都市内は大渋滞、京都南ICから高速に入る。

夕方、奈良市の般若寺のコスモスのライトアップを撮影(境内500円、駐車場無料)
コスモスは見頃旬。

奈良市の般若寺のコスモスのライトアップ。

イメージ 9

イメージ 10

7時過ぎに帰宅、疲れた。

京都府木津川市の恭仁京跡のコスモス、大山崎町のコスモス、亀岡市の夢コスモス園、奈良県奈良市の般若寺のコスモス 10月20日分。


昨日の雨に一転して、今日は秋晴れとの予報に期待して、
朝5時過ぎに起きるが、空はまだどんより、薄いもやも出ている。
朝日は期待できないので、犬の散歩の後に7時頃出発。

国道25・24号線を通り、8時に京都府木津川市の恭仁京跡に到着。
旧加茂町の恭仁小学校横で、無料駐車場あり。

恭仁京は平城京と難波宮の間に置かれたわずか5年程の短命な都。

恭仁京跡周辺には、3年ほど前からコスモスが植えられており、
ちょうど見頃になっていた、山には靄もかかりなかなかよかった。

春には蓮華、初秋にはそばの花が植えられるらしいので、その頃もいいと思う。
明日は、わりと近くの木津駅周辺で、木津御輿太鼓祭りもある。

京都府木津川市の恭仁京跡のコスモス。

イメージ 1

9時前に出発し、国道24号線を北上、途中で左折して、
府道15号線を通り京都府大山崎町へ。

サントリービール工場近くでコスモス畑を見つけ撮影。
背景はいまひとつだが、コスモスが密集しており見事だった。
周辺には何箇所かコスモス畑が見られた、ちょうど見頃だが駐車場はなし。

京都府大山崎町のコスモス。

イメージ 2

その後北上して、国道9号線に入る。
南側は晴れてきたのだが、北の空には厚い雲があるので、
休憩しながら、ゆっくりと走って、
12時前に京都府亀岡市の夢コスモス園に到着。

夢コスモス園のホームページで、
数日前に6・7分咲きになっているのを確認していたので、
もうそろそろかなと思って行ったのだが、いまひとつ。
部分的には満開なのだが、全景を撮るにはまだ少し早い感じ。
2週間前にも行ったのだが、あれからあまり進行していない様子。

空も3分の1は青空、3分の1は曇り、3分の1はどんでんと複雑。
できるだけ青空をいれ、前景に満開部分を入れて撮影。

京都府亀岡市の夢コスモス園。

イメージ 3

1時半前に出発、京都縦貫道・国道9号線・府道205号線を通り、
途中向日市内を抜け、国道1号線・京奈和道径由で、奈良に戻る。

3時前に奈良市の般若寺に到着、2週間前にも来た。
コスモスは見頃だが、つぼみ散り混在でいまひとつ。
本当に撮るタイミングは難しい。
境内三脚はOKだが、周りに迷惑をかけない様にほどほどに。

奈良市の般若寺のコスモス。

イメージ 4

イメージ 5

翳ってきたので、3時40分頃帰路に着いた。

大阪府豊能町の「とよのコスモスの里」、京都府亀岡市の彼岸花・丹波・亀岡夢コスモス園、京都市西京区の大原野のコスモス、奈良県奈良市の般若寺の彼岸花 10月6日分。


朝5時出発で第二阪奈・阪神高速・国道173号径由で、
大阪北部へ向かった、天気は快晴。

途中朝食をすまし、6時半に能勢町役場裏のコスモス園の大駐車場に到着。
コスモス園は、全体的には5分咲きくらい、そんなに大きくはない。
ここは無料だが、背景はいまひとつ、アップ狙いが良さそう。

次にコスモス谷と言われる杉原に向かうが、ほとんどコスモスは見当たらず。
続いて長谷へ移動、ここは棚田と茅葺き民家で有名なところ。
コスモス・彼岸花は見頃後半、稲刈りはすでに終了、駐車スペースは少ない。
ここは、9月後半に早咲きのコスモスと棚田と茅葺き民家の組み合わせで撮りたい所。

8時半に、豊能町の「とよのコスモスの里」の無料駐車場に到着。
入園は500円、三脚使用可、所々に台があり撮影に便利。
ここは、かなり広く、所々にかかしもありおもしろい。
奥のほうには彼岸花の群生もあったが、見頃過ぎ残念。
ここのコスモスは、早めで先週のほうが良かったらしいが、まだまだ見頃。

豊能町のとよのコスモスの里。

イメージ 1

イメージ 2


9時くらいにはかなりの人出になってきたので移動、
国道477号・372号を通り、京都府の亀岡市に向かう。

途中、本梅町や奥条で彼岸花を撮影。
今年は遅いので、見頃と見頃後半混在の様子。


亀岡市本梅町の本梅川堤の彼岸花。

イメージ 3

亀岡市奥条の彼岸花。

イメージ 4

11時前に亀岡市の丹波・亀岡夢コスモス園の無料駐車場に到着。
亀岡運動公園のとなりにある、京都縦貫道の亀岡ICからすぐ。
入園は500円、三脚使用可、中央にやぐらあり、創作かかしが展示されている。
コスモス園は、満開の所もあるが、全体的には5分咲きくらい。
今年は遅れていて、今月中旬くらいがいいとのこと。

丹波・亀岡夢コスモス園。

イメージ 5

続いて国道9号・県道10号を通り、京都市の西京区の大原野へ移動。
コスモスは満開・彼岸花は見頃後半、稲刈りはほぼ終了。

京都市西京区の大原野のコスモス。

イメージ 6

昼飯後、2時過ぎに八幡市の木津川にかかる上津屋流橋の無料駐車場に到着。
上津屋流橋は時代劇によく登場するので有名な所、少しだけ撮影。

続いて県道22号・国道24号を通り、
3時半頃に奈良市内の般若寺に移動、駐車場400円・入園は500円。
境内のコスモスは6分咲き、彼岸花は見頃。
ここは午後の光線のほうが良いが、
4時を過ぎるとかなり陰ってきたので、帰路に着いた。

奈良市の般若寺の彼岸花。

イメージ 7

このページのトップヘ