風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:花火

九州取材記その8 熊本県八代市のやつしろ全国花火競技大会 10月19日分2-2。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月19日。天気は高曇りのち少し晴れ間の見える曇り。

2時半ごろに八代市に移動。
もうやつしろ全国花火競技大会の臨時駐車場はかなり埋まっていたが、
第二中学校の臨時駐車場に何とか停めれた。駐車料金500円。

http://www.kinasse-yatsushiro.jp/spots/detail/40
http://www.kinasse-yatsushiro.jp/news/detail/165

駐車場から新萩原橋まで30分くらい歩き、さらに川沿いを10分ほど歩いて、
花火会場の対岸の北東側へ。この辺りは屋台はない。臨時トイレは完備。
もうかなりの人出だが、充分に広いので二列目を確保。

対岸を選んだのは北風だったから、花火は風向きが重要で、
風下にいると煙で全然見えない。

花火は6時15分から8時15分まで。
なかなか見ごたえがあったが、打ち上げ場所や花火の高さが頻繁に変わるので、
写真的には撮りにくい感じ。

_W6A2769

_W6A2770

_W6A2978

_W6A2999

夜はかなり冷える。ジャケット1枚だけでは寒かった。
8時50分ごろに駐車場に戻る。
八代IC付近は大渋滞。夜間に高速移動して宮崎県に向かう。

残暑お見舞い申し上げます。

滋賀県 長浜市 長浜・北びわ湖大花火大会 8月5日分3-3。

臨時駐車場はあるが遠くて、たぶんシャトルバス。
近くはすべて有料で、かなり早い時間に満車になる。

花火は7時半から8時半まで、1万発。

正面は全て有料席で、チケットのある人しか近くには行けない。

https://hanabi.walkerplus.com/topics/article/197083/

https://kitabiwako.jp/event/event_40993

長浜花火1

長浜花火3

長浜花火4

岐阜県 岐阜市の長良川花火大会 8月3日分3-3。

夜に金華山の展望台から長良川花火大会を撮影。

長良川花火大会は岐阜新聞と中日新聞の主催で7月末と8月初めの2週続けて行われる。
今年は7月末の花火大会は天候不順で8月17日に延期。

https://www.gifucvb.or.jp/event/detail_summer.php?eid=00015&syu=1&season=summer&shiki_keisai=1

_W6A7720

長良川花火




東京都のお台場とレインボーブリッジの夕景と花火 12月15日分2-2。

夕方、マリンハウスの2階から撮影。
今日は花火があり天気も良いので、カメラマンは多かったが、
2時半ごろはまだまだ余裕があった。この時点で三脚13本ほど。

自由の女神近くの展望デッキは朝10時半時点で三脚8本で、
あと数本というところ。

デッキの上は花火開催時は三脚禁止。

冬場、夕日はかなり離れたところに沈むので、
残照は少し早め。4時ごろに撮影。日没は4時半ごろ。

イメージ 1

クリスマスシーズンはレインボーのライトアップ。

イメージ 2

デックス東京ビーチのテラスから撮影。
手すりは広めでカメラを置いて撮影可能。
自分はRRSのクランプ使用。

イメージ 3

7時から花火開始。10分ほどで終わるのであっという間。

イメージ 4

イメージ 5

テレコムセンターの展望台から撮影。

イメージ 6

イメージ 7

愛知県豊川市の豊川手筒花火 8月25日分3-3。
最後に豊川市野球場で行われる豊川市民まつり「豊川手筒花火」へ。
臨時駐車場あり、無料。

三脚使用可能なカメラマン席は3000円。観客席の右側になる。
当日券は3時から発売で、球場入場は4時から。
観客席は1000円だったと思う。シートに座るタイプで椅子の持ち込みは不可。
観客席の外側は無料だが、距離はかなり離れる感じ。

3時半に着いたときはすでにカメラマン席待ちで、
すでに50人近く並んでいたが、まだ十分余裕あり。
後ろの方は400mmくらいの望遠がいるので、手前から埋っていく。
手前の方はかなり斜めからの撮影になるので、アップ撮影向き。
全体を撮りたい自分は一番後ろ側で撮影。

プログラムは、手筒花火の他に仕掛け花火やスターマインなど。
風がなく、煙が滞留するので、
仕掛け花火やスターマインなどは今一つの感じだった。

また手前の観客席の人たちが動き回るので、すごく邪魔。
座って下さいと、何回も案内があるんだけど、花火関係なく完全に宴会。
もう少しマナー良く見れないものかな。

手筒花火だけなら手持ち撮影可能。内容似てるので、途中で帰る人も多い。
手筒花火は、5人から最高8人まで横並びで行われる。




イメージ 1

イメージ 2

京都府亀岡市の亀岡平和祭保津川市民花火大会 8月9日分。

2時過ぎに法隆寺駅を出発。JRで奈良・京都駅経由で亀岡駅へ。

もとは7日の予定だったのだが、台風で9日に順延。

亀岡平和祭保津川市民花火大会の詳細↓



4時ごろに到着。歩いて河川敷へ、20分ほど。

まだ人は少なくガラガラの感じ。
場所は広いので、直前に来ても撮影場所に困らない感じ。

現場で出会った写真愛好家の方たちと、会話が弾むので、
長時間待ちも苦にならず。

神戸でも出会った本田さんにまたしてもばったり。

正面の舗装道沿いの土手の所に腰かけて撮影したが、
ここからだと縦位置で24mmでぎりぎりの感じ。
横位置で撮る場合もっと広角要。

夕方から風がほとんどなくなり、煙が滞留。
撮影条件としてはかなり厳しい。
連続で上がるスターマインなどは煙で真っ白、全滅の感じ。
煙の少ないものを数枚選んで合成。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

帰りは大混雑。なんとか9時40分頃の電車に乗れたので、
深夜12時過ぎに帰宅できた。帰りは京都・大阪駅経由。

車と電車、所要時間同じくらいなので、どちらにするか迷ったのだが、
座れたので、あまり疲れず助かった。


兵庫県神戸市みなとこうべ海上花火大会 8月5日分。

1時前に法隆寺駅発、1時45分頃に大阪駅で乗り換え、
2時10分頃に三ノ宮駅着。
ポートライナーに乗り換え、中公園で下りる。
歩いて2時30頃にしおさい公園。


一般客はほとんどいないが、カメラマン席はほとんど埋まってる。
ホームページでは、一応2時以降から場所取り可ということだったが、
暑くてへばるのに、みんな早い。

今年は神戸開港150年ということで、例年より5000発多い、
15000発の花火が上がるということで、
同日開催の大阪の淀川花火大会より、人が多かったかも。

知り合いの本田さんにばったり。
6時ごろに来られたそうで、すでに20本くらい三脚が並んでいたらしい。

早い人は朝4時半から待機していると、ツイッターに出ていた。

まぁ数百人分の場所はあるが、あまり良い場所とはいえない。
一般客席に対して、カメラマン席は狭すぎる気がする。

風があり、日陰ではまだ過ごせるものの暑い。
露店はほんの少しだけ、食べ物・ドリンク類は事前購入がおすすめ。
トイレは臨時のがところどころにある。手洗いの水はなし。

長時間待つなら、日よけのテントとイスは欲しいところ。
慣れてる人はしっかり持参。

結局移動して、テラスのところのコンクリートの壁の上に雲台を固定して撮影。
三脚はNGのようですが、カメラうまく固定できれば、撮影可能。
わりと遅めの時間でも、いい場所キープできそう。

4時過ぎから一般客もかなり増えてくる。

大阪はすごい夕立あったみたいだが、神戸はなし。
天気予報で、夕方雨になりそうな大阪を避けて、神戸にしてよかった。

7時半に、花火の打ち上げ開始。
もう少し写真向きに左右上下ばらけて、打ってくれればいいのだが、
打ち上げ位置がかたまるので、合成前提で撮影するしかないような気がする。

まぁフィルムのころに比べて、事後合成が可能なので、
撮影自体はかなり簡単になった。

ポートタワーなどのライトアップは初めの方はついているが、
しばらくすると消える。花火終了後に再点灯。

昼間に比べてやや風が少なく、たまに煙が滞留。

花火見物のボートの事故があったこともあり、
港付近かなり規制しているようなのだが、
暗くなってきたら、かなり無理やり突っ込んでくるようで、
阻止する規制のボートがいっぱいですごく邪魔。

カメラ固定していても振動とかで微妙に建物の位置がずれるので、
撮影した複数の花火をフォトショップで整列し、位置合わせ。
上中下の位置にある花火を複数枚合成して1枚に仕上げる。

2枚目の方は、ライトアップ消えてたので、
花火終了後にポートタワーとかのライトアップも合成。

イメージ 1

イメージ 2

花火は8時半ごろに終了。
歩いて、ポートライナーの駅へ。
込んでるので、三宮まで1時間くらいかかった。

大阪駅では、淀川花火大会の観光客も加わるので、さらに大混雑。
結局家に着いたのは11時半ごろ、疲れた。

車の方がずっと早かったかもしれない。




滋賀県彦根市の彦根・北びわ湖大花火大会 8月1日分。

昨日の午後、橿原のドラムヤカタで開催されている
「Xで魅せる美しい風景写真アンコール展」へ。

吉崎さんと岩本さんにお会いできて、楽しい時間が過ごせました。

途中一時雨になりどうしようか迷ったのですが、
彦根は雨はなさそうなので、
2時50分ごろに橿原から、京奈和道へ。
郡山から名阪国道に入り、4時前に上柘植インターから出て、
コンビニで15分ほど休憩して、甲賀経由で農道を北上、
日野に入り国道307号線をさらに北上。

5時半ごろに渋滞する彦根の手前から抜け道へ。
しかし、みんな考えることは同じようで、国道8号線を横切るところで渋滞。

渋滞避けるなら、多賀あたりから、国道8号線横切ったほうがいいかも。

それでも6時10分位には外堀にある駐車場へ、300円。
花火会場から遠いからか、思ったよりもがらがら。

そこから彦根城の天守閣と花火が撮れる撮影ポイントへ。
先客27名ほど。思ったよりも多い。

まぁなんとか隙間から撮れるかなと思っていたら、古川さんとばったり。
間に入れてもらえて、遅れていったにもかかわらず、
いい場所から撮影できました、感謝。

中継の放送聞くのにラジオも持参されていて、さすが慣れてる。

彦根・北びわ湖大花火大会の詳細↓

夕方、少し空が焼けたものの今一つ。
直前までいい雲が出てたのだが、残念。

自分の後からも少し人が増えて最終的にカメラマンは35人くらい。

花火は7時半から8時半予定だったのだが、途中一時中断したので、
10分ほど延びた。打ち上げは、合計1万発。

4号や5号玉の打ち上げが多いが、城が邪魔してよく見えない。

花火の大きさ↓

天守閣と合わせる場合、7号玉以上の高さが必要で、
たまにしか上がらないので、かなり効率は悪い。

ラジオ放送で、「4号玉10連発です」とか流れると、
みんな「4号か~~」という感じで。
7号玉2発とかだと、「おお~~」という雰囲気。

この位置からだと天守閣の上の方しか入らないのが、残念なところかな。
離れれば、下の方も入るのだが、電線が多く、
ビルの上に上らないと、ダメっぽい。

適度に風もあり、煙が滞留することなく、
まぁ何とか数枚はいいのが撮れました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

帰りは9時前に出発、城の南側から8号線を横切り多賀に抜ける。
帰りもほぼ同じルート。
まったく渋滞にも合わず、11時半ごろに帰宅。

愛媛県宇和島市のうわじま牛鬼祭り 7月23日分。

1泊2日で、四国の端っこの宇和島まで、弾丸旅行。

朝6時20分に西名阪の法隆寺ICから入り、阪神高速・第二神明・
神戸淡路鳴門自動車道・徳島自動車道・松山自動車道経由で宇和島へ。
12時50分頃に到着。走行約6時間半(途中休憩4回の合計で、1時間7分含む)

予約していたホテルの駐車場に停めて、歩いて子供牛鬼パレードの出発地点へ。
1時20分、ちょうど始まった。
今日は子供牛鬼のみで、下見半分なので、のんびり撮影。
出発時、陸橋の下を通るので、上から撮影可。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夕方、花火と宇和島城を合わせて撮影できるポイントへ。
愛宕山からではなく、少し東側に行った開けたところ。

愛宕山からは左に、東の高台の寺辺りからは右に外れるので、
中間あたりになる。

あいにく風がなく、煙が滞留、花火が綺麗に見えにくい。
こればかりはどうにもならない、残念。

城のライトアップは、花火の間は消えるので、後で合成必要。

花火自体が煙でわやだったので、合成はせず、そのまま。
参考までにこんな感じ。いつかリベンジします。

イメージ 4


続く。

滋賀県大津市の2016びわこ大花火大会 8月8日分。


奈良の斑鳩の自宅を午後1時半ごろに出発。
京奈和道、宇治、山科経由で比叡山へ向かう。
4時15分に、比叡山のドライブウェイ入り口に到着するものの、
道路渋滞ということで、通行止め。

以前来たときは、午後6時ごろでも入れたのだが、
最近はかなり早めに通行止めになるみたい、大失敗。

予定が狂ったので、抜け道を通って、4時半ごろに皇子が丘公園へ。

駐車場は、まだ3分の1くらいしか入っていなかったが、
木が伸び過ぎ、見えるスペースは少なく、すでに人はいっぱい。

あきらめて、すぐ近くの以前に地元の写真家のSさんに教えてもらった穴場ポイントへ。

高度もあり、見晴らしもよく、人も地元の人が少し来るだけ。
場所は広くて余裕なので、30分くらい前まで車で時間をつぶす。
トイレがなく皇子が丘公園までいかないといけないのと、
横から見ることになるので花火が重なるのが難点。

カメラはキャノン5D3、レンズは100-400を使用したが、
200まであれば充分。

7時半から花火が上がり始める。
始めはちょぼちょぼ、10分後に特大花火。
急にでかいのが上がったので、全景は入らなかったが、
まぁ画面いっぱいで、こういう感じもいいかも。

イメージ 1

18分後ごろとラスト5分前ごろにも大きいのが上がった。

プログラムは毎年変わるし、詳細は発表されていないので、
なかなか難しい。

花火撮影ひさしぶりだし、定番撮影に専念。

花火は、同じような位置のが続き、
高さも左右もあまりバランスよく散らばらないので、
同じアングルで複数枚撮影後、フォトショップでバランスよく比較明で2・3枚を合成。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

水上花火は後半にまとめて上がる。適度にばらけてくれるといいのだが。

イメージ 8

8時40分ごろに帰路につく。あまり渋滞せずバイパスへ。
9時35分ごろに宇治、10時10分ごろに京奈和の木津IC出。
10時45分ごろに帰宅。

以前比叡山から帰ったときは、渋滞で12時前になったのでかなり早い。

奈良県五條市の吉野川祭り納涼花火大会 8月15日分。
最近の悪天続きで計画していた花火撮影もほとんどお流れ。
天気はいまいちだが、なんとか雨も降らなさそうだったので、
吉野川祭り・納涼花火大会に行ってきた。
ここは実に10年ぶりの撮影。

前回は車で行って大渋滞に巻き込まれたので、今回はJR利用。
法隆寺駅から王寺駅で乗り換え、6時30分ごろ五条駅へ、約1時間。
改札ICカードが使えず、大混雑。

歩いて堤防まで行き、さらに橋を渡り、7時半ごろ橋の下南側に到着。
この辺りはカメラマンがいっぱいだが、まだ余裕がある。

8時から8時54分頃まで花火、4000発。レーザー光線もある。

定番の構図、空に流れるレーザー光線は暗いので、同時には写りにくい。
レーザー光線を強めに写すなら感度・絞りを変えて撮影し合成するしかない。

イメージ 1

ピン送り、曇り空でテンションも低く、
久しぶりの花火で打率が悪かったが、そこそこは撮影できた感じ。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

最後に今回撮影した素材を使い簡単に合成。

イメージ 7

帰りは大混雑。座りたかったので、最終の10時過ぎの臨時列車乗る。
駅に留めていた自転車がパンク、歩いて11時半ごろにやっと帰宅。





北海道札幌市の真駒内滝野霊園のモアイ像、千歳市の支笏湖、洞爺湖町の洞爺湖のロングラン花火 8月1日分。
 
朝はくもり。
 
ひまわりは、まだ少し早いので、
北竜町から札幌郊外を通り洞爺湖まで向かう。
 
札幌市の真駒内滝野霊園のモアイ像。
奇怪遺産マニアには有名なスポット。
 
イメージ 1
 
千歳市の支笏湖まで来ると少し晴れ間が見えた。
 
イメージ 2
 
支笏湖から少ししか離れていないのに、洞爺湖町の洞爺湖まで来ると再び曇り空。
 
夜、湖畔からロングラン花火を撮影。
打ち上げる船は、湖畔のホテルに沿って移動する。
ある程度の場所を絞ってゆっくりな移動で、規則的な打ち上げならいいのだが、
こまめに行ったりきたり、打ち上げも不規則で、撮影は非常に難しい。
 
イメージ 3
 

京都府南丹市の美山茅葺の里、伊根町の新井の千枚田、宮津市の炎の天橋立 8月1日2日分。

1日金曜日から3日日曜日まで、先週に続き再び美山と丹後半島に行ってきた。

1日金曜日の午後に出発、まずは京都府南丹市の美山茅葺の里へ。
花や鮎釣り風景、夕暮れを撮影。

京都府南丹市の美山茅葺の里。

イメージ 1

イメージ 2

その後、綾部市を通り丹後半島に向かう。

途中休憩しながら、10時半に丹後半島北部の丹後松島の展望台駐車場に到着、車中泊。
暑いていまいち眠れず。

翌2日土曜日4時半起床、雲が厚く朝日はいまひとつ。

少し仮眠した後、天気がよくないので、
今回もロケハンをかねて、丹後半島をいろいろと見て廻る。

門人皇后前は、年内護岸工事中。

細川ガラシャの碑周辺の桔梗と紫陽花は見頃過ぎ。
近くの味土野大滝の水量は豊富、案内板はなし、路肩に駐車可。


日本の棚田百選にも選ばれている新井の千枚田は、現在ほとんどが休耕田になっていて、
もう昔のように朝日をからめて撮影することはできない、とても残念だ。

新井の千枚田。

イメージ 3

夕方3時に天の橋立ビューランドへ、
今日は炎の天橋立の日、6年前にも来たことがある。

先客のカメラマンの三脚が2本。
4時過ぎに12本、このあたりまではなんとかいいところあり。
5時に18本。
6時に30本、一般客も増えて場所的にかなりきついと思う。

7時過ぎに日没、空が結構染まった。
7時半に天橋立の松明点火、5分ほどで見頃。
7時40分には、かなり暗くなる。

以前は7月の海の日(20日前後)にあったので、
日没が今より10分程度遅かったこともあり、撮影には多少余裕があったのだが、
点火時間はそのままで、8月上旬に日程変更になったので、
結果的にシャッターチャンスが減ってしまった。

ただ、砂浜の反対側も松明を点火してくれるようになったので、
北側からも撮影可能になったみたい。

7時50分、最初に小さい花火が、
続いて大きいのが上がるのだが、全部で50発しかなく、
しかもペースが速いので、あっという間、4分くらい。

花火が上がるころには真っ暗なので、フィルムの場合は前露光が必要になる。
デジタルの場合は別々に撮影してレイヤーで合成するほうがよいと思う。

炎の天橋立(数枚をレイヤー合成)

イメージ 4

帰りは、リフトとモノレール待ちの行列、モノレールで下に降りれたのは9時過ぎ。
以前来たときは、もっと込んでいて10時ごろだった。
撮影がすんだら、できるだけすぐに並ぶべし。
ちなみに下に降りる歩道はない。

9時10分にクアハウス岩滝へ、(入浴のみは500円、タオルなし、10時まで)
ここは水着着用のプールもある。

その後夕食、11時前に丹後半島北部の道の駅へ移動、車中泊。

滋賀県甲賀市の忍者の里夏祭りの甲賀手筒花火 8月5日分2-2。

最後に甲賀市の忍者の里夏祭りの甲賀手筒花火を撮りに行く。
7時に着いた時は堤防の駐車場は満車、
しかたなくかなり離れたところに停める。

いろんなイベントもやっていたが、メインはやはり花火。
8時45分頃から9時20分ごろまで、
仕掛け花火や打ち上げ花火をはさみ豪快な手筒花火が行われた。

甲賀手筒花火。

イメージ 7

9時半に車に戻り、名阪国道を通り11時前帰宅、疲れた。

滋賀県東近江市のコトナリエサマーフェスタ2007 8月4日分3-3。


多賀大社の万灯祭の撮影を早めに切り上げて、
東近江市のひばり公園に移動、途中夕立が降ってくるがすぐに止む。

8時過ぎにひばり公園に到着、すでに駐車場はいっぱい。
路上駐車可能だったので路上駐車する。
道の駅のマーガレットステーションからシャトルバスも出ていたみたい。

コトナリエサマーフェスタは、
25万球のイルミネーションによる光の祭典。
8月4日から15日(8月7日は休み)19時半から21時半。

夏にこのようなイベントはめずらしく、
初日の4日は花火も行われたので訪れたしだい。

デジタルカメラでストロボを使い、
スローシンクロで写り具合を確認しながら撮影した。

予定より15分遅れで、9時25分ごろから10分ほど花火が上がる。
手前にイルミネーションを入れて雰囲気がある写真が撮れた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

10時過ぎに移動、長浜市に向かう。
夏は暑くて車で寝るのはきついので、24時間サウナに泊まろうと思ったのだが、
あいにく彦根や長浜辺りにはないので、しかたなくインターネットカフェに。

めずらしくフルフラットの部屋があり、枕と毛布もあるので助かった。
明るいのと音楽が流れたままなのがやや難だが、
ドリンク飲み放題、夜間6時間パックで1500円は安い。

三重県伊勢市の伊勢のお木曳行事、桑名市の水郷花火大会、亀山市の関の宿場町 7月28日29日分。

20年に1度の伊勢のお木曳行事(川曳き)に行って来た。

朝6時過ぎ自宅を出発、大宇陀から国道166号を通り三重県伊勢市に向かう。
9時過ぎに内宮近くの五十鈴川堤の臨時駐車場に到着。

前回の陸曳きは、伊勢神宮外宮の行事で外宮近辺で行われたが、
今回の川曳きは、伊勢神宮内宮の行事で内宮近辺で行われる。

出発前にスナップを撮影した後、橋の上に移動して待つ。
9時半頃から、五十鈴川での最初の川曳きが始まった。
今日は順次4組のお木曳きが行われる予定。
例年行われる伊勢おおまつりで、
米俵を運ぶ時とコースは同じなので、撮影ポイントはばっちり。

二ヶ所の橋の下を神木が通り抜ける時は、
橋の上を通行止にするのだが、あまり徹底されていなかったのが残念。
観光客だけでなく、祭りに参加している人も平気で横切っていた。

途中休憩を挟みながら、最初の組は1時半頃に内宮に到着。
宇治橋下は立ち入り禁止なので、橋の上から撮影。
2組目が到着したのを撮影した後、
他の組を撮りながら川沿いを駐車場に戻り、3時過ぎに移動。

伊勢の川曳き神事。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

夕方は同じ三重県桑名市の水郷花火大会を撮る為に23号線を北上。
6時過ぎに桑名市内の臨時駐車場に到着。(駐車場の数はとても多い)

歩いて15分で、揖斐川(長良川)の打ち上げポイントが見える所に出るが、
風下なので、さらに15分ほど風上になる北側に移動する。
ここは対岸の長島町も含めて、かなり広い範囲から見ることができ、
風向きに影響される花火撮影には、好都合。

7時半から花火が始まった、
水郷花火大会には、初めて来たのだが、
なかなかいいプログラムで見応えがあった。
35mmと645で、風景としての花火写真とイメージ写真を両方撮影。

8時45分ごろ終了、なんかラストはあっけなかった。

桑名水郷花火大会。

イメージ 9

イメージ 10

その日は四日市の24時間サウナに泊まる。
鈴鹿で8時間耐久レースがあったので、すごく混んでいた。

翌日曜日は、帰り道にある三重県亀山市の関の宿場町を撮影、昼過ぎに帰宅した。

関の宿場町。

イメージ 11

このページのトップヘ