風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:茶畑

奈良県山添村の茶畑と鍋倉渓 5月23日分。
朝から快晴。

山添村の1本杉のところの茶畑の寒冷紗がとれているとのことで、
さっそく行って来た。
日照時間の調整で、かかっている場合が多いから、
タイミングが難しい。
寒冷紗があると、まったく絵にならないわけじゃないけど、
やっぱり緑のほうがいいかな。

1本杉、一部枯れかけているのが残念。もう戻らないだろうな。

この場所、すでにネットでGPS情報出してしまってる人がいるが、
観光地としてすでに有名な有料の寺社とか公園や、充分インフラ整っている場所、
アクセス自体が困難で訪問者が少なそうな場所以外は、
詳細な場所を出すのはやめた方がいいと思う。
SNS時代は、場所がわかるとあっという間に人が増えるので、
中には狭い道に駐車する人が出てきて、マナーが問題になる。
下の広い道から歩いても7分ほどしかかからないので、必ず歩きましょう。

イメージ 1

イメージ 2

鍋倉渓。駐車場と簡易トイレあり。


イメージ 3

神野山の躑躅は見頃過ぎの感じだったので、行かなかった。



京都府和束町の茶源郷 5月15日分。

晴れているものの雲の多い天気。
午後から和束町へ。京都のお茶所。


和束の茶畑、今の時期は全体的に寒冷紗(黒い布)で被覆されている茶畑が多く、
原山の円形茶畑も被覆されていたが、
石寺はほとんど被覆されていなくていい感じ。
ここは午後の光線がおすすめ。

和束の茶畑周辺は狭い道が多いので注意。
運転に自信のない人は歩きましょう。
路肩に停めれる場所は少ないです。

石寺は目の前にカフェがあり、駐車場があります。
原山も少し下に5台くらい停めれる無人の有料駐車場ありますが、
場所がわかりにくいし、道が狭いので歩いたほうがいいです。

イメージ 1

イメージ 2


岐阜県池田町の天空の茶畑 5月22日分2-1。
朝6時45分に出発。
法隆寺ICから入り、名阪国道経由で、東名阪道へ。
鈴鹿ICで出て、国道306・365号を北上。
名神の関ヶ原IC近くまで、約3時間(休憩15分含む)
関ケ原から岩手峠へ、県道257・32号線を通り、
約1時間で天空の茶畑に到着。
無料駐車場有り、20台分ほど。
駐車場に簡易トイレあり。お茶を売ってる売店あり。
歩いてB展望台まで11分、さらに上のA展望台まで2分。
観光客は、ぱらぱら程度。
朝夕の立ち入りは不可、志納。

A展望台から。西向きに見ることになる。昼前後の光線がおすすめ。
簡易ベンチあり。35フルサイズで横位置50mmくらいで全体が入る。

イメージ 1

イメージ 2

B展望台から。簡易ベンチあり。
ここは日陰になるので、休憩するならこちらがおすすめ。

イメージ 3

静岡県浜松市の段々茶畑と龍山不動滝 6月20日分3-3。

国道152号線をさらに南下。
途中、未開通部分は林道を通り、静岡県浜松市に入る。

龍山町瀬尻にある段々茶畑。
静岡県棚田十選にも指定されている、石垣で組まれた茶畑は珍しい。
駐車場あり。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

すぐ近くの龍山不動滝。
駐車場あり。歩いて3分。

イメージ 4

12時35分に、新東名の浜松浜北ICから高速へ入る。
伊勢湾岸道経由で東名阪道の亀山PAまで、2時間15分(途中20分休憩含む)
亀山で30分休憩。3時20分過ぎに出発。
名阪国道経由で4時半ごろに西名阪の法隆寺ICを出る。

今回の20日間の総走行距離は3484キロ。結構よく走った。

取材記は、これで終了です。ありがとうございました。


京都府笠置町の笠置山の桜、和束町の茶畑と蓮華寺の桜 4月4日分4-1。
天気は、朝曇り後青空が広がり、午後遅くから再び曇り。

朝から京都府相楽郡笠置町の笠置山へ。

山上に駐車場があるが、途中の道は狭い。
一応駐車料金500円となっているが、無人だった。

笠置の駅は桜で有名で、昔は山へ向かう途中から桜に包まれる駅が見れたが、
木々が生長して、今はもう見れない。

山上の駐車場から笠置寺までは5分ほど、入山300円。

磨岩仏と桜。

イメージ 1

山上の自然公園の桜、昔に比べてかなり減ってしまった感じ。
前日の雨でうっすら霧が出ていた。

イメージ 2

その後、北上して滋賀県の大津市に向かう。

途中の相楽郡和束町の茶畑と桜。
この辺りは宇治茶の生産地である。

イメージ 3

蓮華寺の桜。

イメージ 4

宇治田原町を抜け、宇治川沿いを北上して、大津市へ。

宇治田原町の御栗栖神社、犬打川、宇治市の宇治川沿いにも桜が多く、どこも満開。

続く。

高知県仁淀川町の大渡ダムと茶畑の桜 4月9日分2-1。

四国取材記、4日目2-1。
 
朝から大渡ダムの桜を撮りに行く。満開ぱらぱら。
周辺茶畑が多い。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 3
 
船野のひょうたん桜は5分咲きくらい、九十九折の三つ目の所、午後がおすすめ。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
続く。

京都府南丹市の美山茅葺きの里のお田植祭、和束町の茶畑 5月16日分。

10時45分、神事の開始1時間前に到着、すでにカメラマン20名ほどが場所とり中。
だが、一番いいと思うポジションは空いていた、ラッキー。
始まるころにはカメラマンは30名ほど、観光客も多い。

11時半から早乙女のお田植え予定だったが、15分ほど早く始まり30分ほどで終了。
午後からは一般の方の田植え体験があるが、申し込みは少なかったみたい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

町中では、そこかしこで、こいのぼりが泳いでいた。

イメージ 6

今週日曜日は美山かやぶきの里では放水訓練があります。
見ごたえがありますので、ぜひどうぞ。

帰り道、寄り道で京都府和束町の茶畑へ、まだまだきれい。

イメージ 7


京都府宇治田原町と和束町の茶畑 5月9日分。


京都府宇治田原町と和束町の茶畑へ。

高級茶の玉露などは、収穫前の2週間ほどの間、
霜よけや日当たりを避けうまみを出す為、
黒いシート(バロンと呼ばれる、白いのもある)で覆われるのだが、
写真的にはとてもいただけない。
しかたがないことが、撮るタイミングが難しくなる。

宇治田原町の茶畑。

イメージ 1

和束町の茶畑。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

和歌山那智勝浦町の漁港の卸売り市場・茶畑・口色川の仙人滝、新宮市の熊野川 5月3日分。

翌3日月曜日、3時半起床、橋杭岩の日の出を撮るためスタンバイ。
しかし、誰もいない、ちょっと早すぎ。

そのうち、ぼちぼちカメラマンが増えてきて、
日の出の5時ごろ、最後は10人ほどになる。
ゴールデンウィークのため、観光客も20人ほど。

橋杭岩と太陽の位置のバランス的に5月と8月の上旬は、最適なのだが、
残念ながら雲が厚く朝日は失速、撮影せず。

その後、那智勝浦町の漁港の卸売り市場でマグロを撮影。
初めて見たが、けっこう壮観な眺め。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

その後、那智勝浦町の茶畑や棚田などを撮影して廻る。
天気は晴天だが、やや白っぽい。
色川の辺りはお茶どころで有名、棚田もけっこう多い。馬蹄形のお茶畑はカメラマンに人気の所。


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

口色川の仙人滝へは、分岐を車で2分で駐車スペース(2台分)、後徒歩15分。
最初と滝が見えてからの道はわかりにくい注意、基本沢沿いの道を進み獣道には入らないこと。
滝は西南西向き、トップライトの昼頃に行ったが右が陰っていた、
晴天時はあと1,2時間後のほうがよいと思う、もちろん雨天がベスト。

イメージ 10

その後、少し昼寝をして新宮市で食事後、国道168号線を北上。
写真は新宮市田長付近から見た熊野川。

イメージ 3

夕方は、田辺市の熊野本宮大社近くの山在峠へ(雲海で有名な篠尾の南西側)
正面に太陽が沈むのだが、残念ながら雲に隠れてしまい撮影せず。

夜は近くの渡瀬温泉へ、700円。
ゴールデンウィークですごく込んでいたが、日本最大級の露天風呂なのでまだ余裕がある。
8時頃車中泊。

続く。


奈良県奈良市の月ヶ瀬梅林 3月8日分。


朝は、くもりでさえない天気。
10時ごろに出発、京都へ向かう途中で晴れてきたので、
予定変更で木津川から月ヶ瀬梅林へ向かう。

11時ごろに月ヶ瀬梅林に到着、そこそこの人出。
展望茶屋に近い駐車場は一律600円、湖沿いの駐車場は無料だがかなり遠い。

紅梅は満開、白梅も7,8分で見頃旬、湖沿いは咲き始めから5分咲きくらいだった。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

天気がよかったのは昼前後だけですぐに曇ってきたので移動。
月ヶ瀬湖を見下ろすゴルフ場近くの茶畑で撮影した後、当尾の浄瑠璃寺に向かう。

イメージ 6

浄瑠璃寺では、白梅と三重の塔の組み合わせで撮影、1本のみ。
境内無料、駐車場は300円。

ここで約20年ぶりに、昔勤めていた奈良の老舗写真館の元同僚に再会。
観光集合写真の撮影に来ていたみたい、嬉しい再会であった。

奈良県山添村の神野山の茶畑からの朝日 10月17日分。


山頂へ向かう途中の道沿いで、茶畑を前景に撮影、他にカメラマンは見当たらず。
天気予報はよかったのが、朝から雲の多い天気。
だが快晴より、雲があったほうがいい味になったりするのが、風景写真の面白いところ。

周辺には、日の出の撮影ポイントはいっぱいあるが、
山頂付近は、夏場の日の出向きで、秋冬は撮りにくい。
また周辺、すごく狭く入りくんだ道が多いので、要注意。

イメージ 1

その後、ロケハンしてから昼前に帰宅。

このページのトップヘ