風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:菜の花

奈良県明日香村の甘樫丘の桜と橿原市の藤原宮跡の桜と菜の花 3月27日分4-4。

次に甘樫丘へ移動。見学自由・駐車場無料。
雲が増えてきた。桜は満開散り始め。

_S9A1648

次に藤原宮跡へ移動。見学自由・駐車場無料。
桜は5分咲きから7分咲き。菜の花は中心部が残る終盤で、ボリュームがない。
広い絵はいまいちなので、アップで少しだけ撮影。

_S9A1716

次に天理市の幾坂堤の桜へ。まだ7分咲き。

夕方、甘樫丘に戻り、夕日と絡めて撮影するが雲が増え今一つの感じ。

_S9A1732

滋賀県守山市の第一なぎさ公園の菜の花 2月7日分。

兄が3月上旬に定年で、兄家族が帰ってくるのに合わせて、
自宅を現在リフォーム中。
兄が打ち合わせで、3週間ほど帰って来ていたので、
工事が休みの日曜日に、母と姪っ子と4人で久しぶりのお出かけ。
奈良から宇治田原を抜けて、第一なぎさ公園まで2時間ほど。
無料駐車場・簡易トイレあり、菜の花畑見学自由。
茎の下の方の花はもう落ちて、真ん中の方が満開で見頃後半。
写真的にはぎりぎり。例年ピークは1月下旬ごろ。
空の抜けも悪く、人も多いので写真は少しだけ。

https://www.moriyamayamamori.jp/spot/329

_V9A1108


その後、ピエリ守山で昼食。

近江八幡市の八幡堀や安土城の天守が再現されている信長の館を見学。

https://www.omi8.com/

http://bungei.or.jp/

帰りは信楽経由で帰宅。



奈良県明日香村の橘寺の桜 4月5日分6-4。

無料駐車場有り。拝観350円。
桜は散り始め。門前の菜の花も見頃。

_V9A1385

_V9A1421



奈良県橿原市の藤原京跡の桜 4月5日分6-2。

無料の臨時駐車場有り。

_V9A1328

兵庫県淡路市の「あわじ花さじき」の早咲き菜の花 2月2日分3-3。

洲本城跡を見た後、昼食をはさみ、
1時半ごろに洲本ICへ。洲本城跡からは17分ほどの距離。
30分ほど走り、東浦ICで下りて、
下道を10分ほどで、あわじ花さじきに到着。
駐車場、見学自由。9時から17時まで。
現在リニューアル工事中で仮設の建物で運用中。
もう展望所のある立派な建物はできていて、公開は近そうな感じ。

http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/

早咲き菜の花、40万本が見頃。ストックも見頃。
(遅咲きの菜の花は3月上旬から4月中旬の開花)

_V9A8497

_V9A8530

_V9A8590

_V9A8615

帰りは北進して淡路ICへ向かう。10分ほど。
3時前に
淡路ICから高速へ。
帰りもすいていて、途中京橋PAで5分ほど休憩したものの、
4時20分前には法隆寺ICへ。
すいていると、1時間15分で帰れるなんて、意外と淡路島近い。
今日の総走行距離は345キロほど。


滋賀県近江八幡市の水郷の桜 4月13日分4-3

次に近江八幡市の八幡掘りへ移動。

9日に来たときは満開だったが、
今日はやや散りが多くぎりぎりの感じ。
前回、平日で船が続いてくることが少なかったので、再訪。

水郷巡りは、八幡掘りの八幡宮から2キロほど。路肩駐車可。
橋の上と下と、どちらからでも撮れる。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



滋賀県長浜市の余呉川と余呉湖の桜 4月12日分2-1。

朝から滋賀県へ。
天気は晴れているものの雲が多く白っぽい空なので、
北上しながら、のんびりと撮影。

長浜城で少し寄り道してから余呉川へ。
路肩駐車可。

菜の花は綺麗なのだが、桜並木はかなり弱っている感じ。
桜は満開。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


次に余呉湖へ、湖畔の桜は少なめ。

イメージ 6

静岡県南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」2月20日分2-1。

前夜に高速移動、沼津近くで車中泊。

朝から南下して、静岡県南伊豆町へ向かう。
朝のうちは雲が多かったが、少しすると雲が減り快晴に変わる。


駐車場は700円。
前夜の雨で少し散っているものの、河津桜はほぼ満開。
今年も平均より早めの進行。
河津桜の開花期は長めだが、見に行かれる方はお早めに。

日野菜の花畑のほうは満開だったが、桜の下の菜の花は少な目。
二年前に来た時より少ない感じ。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、河津町に移動。


新潟県妙高市のハートランドの菜の花 5月6日分5-3。
惣滝を見た後、近くのハートランドに移動。
無料駐車場あり。建物内にトイレあり。

周辺の菜の花は見ごろ後半のところは多かった。
毎年、場所は変わるようだが、今年の場所はいまひとつ。
妙高山を背景に入れようとすると建物が目立ってしまう。
なので、反対方向を撮影。

イメージ 1

長野県大町市の中山高原の菜の花 4月23日分4-3。

中山高原に移動。無料駐車場あり。
見学志納。

写真の菜の花畑は見ごろだが、ピーク過ぎ。
上まで開いて、下の花は落ちているので、ボリュ―ㇺがない。

桜の木があるところは、桜はまだつぼみで菜の花も咲き始め。

イメージ 1


徳島県神山町の江田の菜の花 4月5日分3-2。

10時ごろに、江田の菜の花畑へ。
無料駐車場有り。
上の方はまだ早かったが、下の方は満開。



駐車場から展望所へは歩いて15分ほど。

道路を挟み駐車場の反対側に見える古民家の前の道を左へ道なりに進む。
途中、花が美しい民家を過ぎ、
お墓のあるカーブを過ぎて、少し上ると展望台の標識がある分岐。
竹林の中を3分で展望所。

先客1名。前夜の雨で雲海が山にかかりいい感じ。

イメージ 1

イメージ 2

展望所に至る途中にある民家の庭。
染井吉野と陽光の組み合わせが美しい。

イメージ 3

イメージ 4

車で1周する途中から見た展望。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9




埼玉県幸手市の権現堂堤の桜と行田市のさきたま古墳の桜、東京都の飛鳥山公園と隅田公園の桜 4月5日分。

埼玉県幸手市の権現堂堤の桜。
まだ桜、菜の花ともに6分咲き程度。
数日開花足踏み状態。
明日から天候下り坂で、今年はダメかも。

天気も抜けが悪く、全景撮影意欲わかず。
参考までに1枚。

イメージ 2

せっかく来たので、イメージ写真を撮影。

イメージ 1

イメージ 3

1時間ほど撮影して次に移動。

埼玉県行田市のさきたま古墳の桜。
駐車場付近は、7.8分咲きだが、古墳付近は、5.6分咲きくらい。
ばらつきも多く、いまひとつの感じ。

天気も抜けが悪く、全景撮影意欲わかず。
参考までに1枚。

イメージ 4

天気は完全に高曇りに変わる。

東京に戻り、飛鳥山公園へ。ここはほぼ満開。

イメージ 5

隅田公園。
かなり開花してやっと満開。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

徳島県徳島市の眉山から望む朝日、吉野川市の川島城、石井町の高瀬橋、兵庫県淡路市のあわじ花さじきの菜の花畑と国営明石海峡公園、神戸市の天覧台と鉢巻展望台から望む夜景 3月19日分。

朝から眉山からの日の出を撮影。
地平線の雲が厚く、いまひとつの感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、吉野川の沈下橋と菜の花のポイントを撮影。

吉野川市の川島橋。菜の花は満開ピーク、少しだけ。

イメージ 5

吉野川市の川島城と河津桜。

イメージ 6

イメージ 7

天気は快晴なのだが、PM2.5の影響で抜けが悪い感じ。

石井町の高瀬橋。河川敷の菜の花は多いのだが、沈下橋のすぐ近くにはなく、
雑草などが邪魔で、橋と綺麗に合わせて撮るのは難しい。

イメージ 8

イメージ 9

10時に高松自動車道の板野ICから高速へ。
10時15分に淡路島に入る。
連休の為か、洲本ICから渋滞だったので、洲本ICで下りて、
下道を走り、淡路市のあわじ花さじきへ、洲本ICから約1時間。

ここも人でいっぱい。
駐車場は車でいっぱいだが、第1駐車場を通り抜けて、
下に降りる第2駐車場はわかりにくいためか、空きがある。

早咲きの菜の花が見頃ピーク。広さはあまりない。

イメージ 10

その後、国営明石海峡公園へ。
駐車場500円、食事か買い物をすれば無料。

まだ花はほとんど咲いていない。
早咲きの桜がほとんどの感じ。

メジロと古里桜。

イメージ 11

イメージ 12

4時過ぎに淡路ICから高速へ。
山陽自動車道の神戸西ICで下りて、
神戸市の六甲山上ロープウェイの上にある天覧台へ。
抜けがいまいち。


イメージ 13

イメージ 14

帰りに県道95号線沿いの鉢巻展望台へ。
ここはトイレはない。

イメージ 15

イメージ 16

7時20分に出るが、渋滞で住吉浜ICまで1時間もかかった。
住吉浜ICから西名阪の法隆寺ICまではスムーズで1時間。

今回の旅の総走行距離は、1348キロ。

高知県四万十市の岩間・佐田の沈下橋と菜の花、入田の菜の花 3月17日分2-2。

天気は快晴になる。

その後、四万十川の沈下橋と菜の花を撮れるポイントを廻る。

岩間の沈下橋。
少しだけ菜の花がある。午前中早くがおすすめ。
手前の畑の菜の花は、もう少し後。
木が伸びて撮りにくそうな感じ。

イメージ 3

佐田の沈下橋。
ここが一番のポイントだが、今年は少ない感じ。
しかも流れてきた木の根っこの固まりが邪魔。
午後の光線のほうがいいので、少しだけ撮影して移動。
(天気が午後から曇るかもしれないので、一応押さえておく)

イメージ 4

イメージ 5

昼頃に入田(にゅうた)の菜の花を撮りに行く。
無料駐車場あり、簡易トイレあり。
菜の花は満開ピーク。今年の進行は早い、例年はもう少し後。

理想的には、もう少し下側の花も落ちずに残っていたほうが良いが、
アップでなければ気にならない感じ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

午後から再び佐田の沈下橋へ。
少し雲が出てきた。観光客はパラパラの感じ。

イメージ 9

イメージ 11

夕方は、PMの影響か、すっきりしない空に変わる。

夜は、宿毛市のビジネスホテル泊。
2800円と格安だったが、さすがにボロかった。

長崎県諫早市の白木峰高原の桜と菜の花、福岡県久留米市の浅井の1本桜 4月4日分。

朝は小雨のち曇り、たまに日差しあり。

今日も朝から長崎県諫早市の白木峰高原の桜と菜の花を撮りに行く。
桜は満開散りはじめ。雲海が流れてとても綺麗。
撮影中入れ替わりでカメラマンや観光客が数名程度。意外と穴場かも。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、長崎市の桜の里を見に行くが、すでに散りはじめでいまひとつ。

夕方諫早ICから高速移動、久留米ICまで1時間半ほど。

福岡県久留米市の浅井の1本桜。無料の駐車場が、数か所ある。
屋台も出ている、簡易トイレあり。
ライトアップあり。桜は満開、周囲の桜は散りはじめ。

カメラマンが20名ほど、多いときは100人くらいいるらしい。

高台と池の前に見学スペースがある。
高台のほうは広いが木道なので、撮影は人が歩くと揺れると思う。

イメージ 7

夜に久留米ICから高速移動、熊本ICまで1時間ほど。

道の駅で車中泊。

佐賀県嬉野市の轟の滝公園の桜、長崎県大村市の大村公園、諫早市の白木峰高原の桜と菜の花 4月3日分。

天気は曇り、夕方から雨。

天気がいまいちなので、ロケハンメインでのんびり。

佐賀県嬉野市の轟の滝公園の桜、満開。

イメージ 1

イメージ 2

長崎県大村市の大村公園、桜は満開散りはじめ。日本の桜百選。

イメージ 6

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

長崎県諫早市の白木峰高原の桜と菜の花。桜は満開散りはじめ。
小雨が降りだし、しだいに本降りに変わる。

イメージ 7

イメージ 8

晴れていれば、有明海や雲仙普賢岳がよく見えるのだが。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

夕方、早めにホテルへ。

新潟県津南町の龍ヶ窪、長野県栄村の秋山郷、飯山市の北竜湖の菜の花、長野市街の夜景 5月10日分。

朝から秋山郷へ、新潟県の津南町から長野県の栄村にまたがっている。
朝は雲が多かったが、次第に晴れてくる。
新緑が綺麗な季節、桜は少ないがまだ満開少し散り始めくらい。
残雪が残り、山ノ内町への通り抜けはできない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

新潟県津南町の龍ヶ窪。名水100選。

1ヶ所、水際まで降りれるところがある。

日の出前か午後の光線がおすすめ。

イメージ 9

長野県飯山市の北竜湖の菜の花。

ここは遅く、まだ1部分が満開になった程度。

カメラマンには有名なところだが、規模は小さい。

日の出前か午後の光線がおすすめ。

イメージ 10

長野市街の夜景。

飯綱町から南下する道路の九十九折の所から、

展望スペースはなく路肩からの撮影になる。

イメージ 11

今日一日、前輪タイヤの所からわずかな異音がしていたので、

前回修理をお願いしたところで再び見てもらう。

二度あることは三度あるとはいうものの、

今度はブレーキパッドが減りすぎて警告音がなっていたみたい。

もうそんなに走れないので、部品交換のため三度修理預かり、

またも日曜またぎで代車を借りることになった。

なんちゅうこっちゃ。

山梨県富士河口湖町の河口湖の桜、笛吹市御坂の桃畑と菜の花、長野県池田町の陸郷桜仙峡・陸郷夢農場 4月19日分。 

朝はうっすら霧。
その後少し青空も見えてくるが、富士山がすっきりとは見えない。
河口湖北岸の円形ホール周辺の桜。
円形ホール周辺の開花は、長崎などに比べやや遅い。

イメージ 1

その後、富士山はあきらめて、笛吹市に移動。
笛吹市御坂の桃畑。桃の花まつり会場周辺、路肩駐車可。
道の上下の桃畑に菜の花が植えられているのだが、道の上には電線があり、
写真的にはどちらかになってしまう。
道の下側の見晴らしのいいほうに、菜の花がもっとあればいいのだが。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

天気下り坂なので、
夕方に雨でも撮れそうな、長野県池田町の陸郷桜仙峡に移動。
今年は上から下まで一気に開花で桜の具合は良好、後は天気しだい。
駐車場3ヶ所あり、それぞれの中間あたり2ヶ所に遠望の撮影ポイントがある。
北向き斜面をを遠望することになるが、
手前には桜はないのでバリエーションはあまり撮れない。

イメージ 7

桜仙峡から見える陸郷夢農場。
地形に変化があるので、いろんなアングルでバリエーションが撮れる。

イメージ 8

山梨県笛吹市御坂の桃畑と菜の花 4月18日分。 

朝から小雨、曇りの繰り返し、時々日が差すものの、
富士山も見えないので、ひさしぶりにブログ更新。
その後、笛吹市へ。桃の開花具合を見に行く。

笛吹市御坂の桃畑。
桃の花祭りのため、菜の花が植えられていてとても綺麗。
もっと広範囲でやってくれるといいのだが。

イメージ 1




京都府京都市の伏見の酒蔵と菜の花 4月9日分2-1。
 
朝は白い空、しだいに青空が見えてきたので、京都へ。
 
京都市伏見の新高瀬川沿いの松本酒造の隣の土手に咲く菜の花。
天気は快晴に変わる。菜の花、今年は少ないかんじ。
 
すぐ横のコーナンの駐車場2時間まで無料。(買い物忘れずに)
三栖公園にも100円パーキングがある。
 
イメージ 1
 
その後、北上するがすぐに曇ってくる。
トヨ商事に立ち寄り、修理で預けていたハスキーの三脚を受け取る。
エレベーター部分の部品が抜けてしまったのだが、
穴が磨耗で広がってしまった為ということで、基部を交換。
また動きにくくなった各部にグリスつけてもらった。
両方で修理&オーバーホール代金15225円。
 
その後、福知山市の夜久野に移動。続く。
 
 

このページのトップヘ