風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:華厳の滝

栃木県日光市のいろは坂と華厳の滝の紅葉 10月30日分3-1。

天気は朝は曇り、次第に快晴に変わる。

朝8時ごろに明智平に到着。
既に駐車場は満杯状態で、ぎりぎり駐車できた。

いろは坂の紅葉。

_V9A4704

ロープウェイは8時40分からだが、すでに行列ができており、
密にならないように16人乗りに11人しか乗せないので、
始発には乗れず、5分おきの運転で、9時20分の便で頂上駅へ。往復740円。
https://www.nikko-kotsu.co.jp/ropeway/

頂上駅の上が展望台。
紅葉は見頃終盤に近く、なんとかぎりぎりの感じ。
華厳の滝は日本百名瀑。右手に見える男体山は日本百名山。

_V9A4735

_V9A4757


栃木県日光市の戦場ヶ原と華厳の滝 6月4日分3-1。

朝3時起きで、3時半に赤沼のバス乗り場へ。
3時35分に車内へ、料金は300円、下りる時に払う。
寒いので薄手のダウン2枚にレインジャケットを着込む。

4時に出発、乗客は9人。
小田代ヶ原へは、このハイブリッドバスか歩いていくしかない。
バスは、この時期は土日祝日のみの運行。
歩いていくと40分ほど。

4時12分ごろに小田代原に到着。
しかし、風があり朝霧はなし、残念。
おまけに5D4にエラー40頻発。
なかなか正常に動かない。5.6回電源を入れなおしてやっと動く感じ。

雲は少し焼けたがいまひとつ。
その後、遊歩道を散策。
小田代原から戦場ヶ原を通り、歩いて駐車場に戻る。

戦場ヶ原。

イメージ 1

その後、再び華厳の滝へ。
駐車場310円。
上の展望台から望む華厳の滝。
ツバメを綺麗に入れたいのだが、タイミングが合わないし、
手前に来ればピントも来ないし、滝の落ち方もいろいろでかなり難しい。

イメージ 2

イメージ 3

その後、下の展望所へ、有料550円。
この時期は、8時過ぎからの20分ほどしか虹は見れない。
昨日は訪れたのが遅かったので再訪。

虹は太陽の位置が高い、夏場がいいと思う。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、歩いて明智平の展望ポイントへ。
第2トンネルから15分ほど登った鉄塔のところ。
ツツジはもうほとんど散っていた、残念。

イメージ 7

続く。

栃木県日光市の竜頭の滝・戦場ヶ原・華厳の滝・東照宮 6月3日分。

嵐が過ぎて朝から快晴。

しかし冷え込みが半端ない。
薄手のダウン2枚とレインジャケットではまだ寒い感じ。

朝から再び、竜頭の滝を撮影。

茶屋の前のツツジ。

イメージ 2

全景では、左側のツツジがもう落ちて少ないのでいまいち。

イメージ 1

三本松駐車場からすぐの展望所から望む戦場ヶ原。

イメージ 3

湖畔展望台から望む中禅寺湖。

イメージ 4

イメージ 5

華厳の滝。駐車場は310円。
滝下の展望所へは有料550円。朝9時から。

イメージ 6

10時過ぎには雲が増え曇りに変わる。いい天気は続かない。
町まで移動して、工事が終わり綺麗になった東照宮などを参拝。
記念公園の駐車場300円。東照宮拝観1300円。

有名な見ざる聞かざる言わざる。

イメージ 7

東照宮。観光客でいっぱい。

イメージ 8

夜は早めに赤沼の駐車場で車中泊。

このページのトップヘ