風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:葛城市

奈良県葛城市の當麻寺護念院の枝垂れ桜 3月22日分

天気は高曇り。
溜まっていたデスクワークもとりあえず、本格的な桜の開花には間に合いそうな感じで、
久しぶりにプチ桜散策。

當麻寺周辺の駐車場は1日500円。
北側のギャラリー「らしい」近くのコインパーキングは1時間200円、最大500円。

當麻寺は境内自由だが、塔頭ごとに拝観料を払うようになっており、
枝垂れ桜が咲く護念院は拝観300円。

護念院の枝垂れ桜は満開見頃。境内の染井吉野はパラパラ開花はじめ。
奥の院の枝垂れ桜もかなり咲いてきている感じだったが、行かず。

http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/02west_area/taimaderagonenin/


_V9A9488

_V9A9496

_V9A9527

_V9A9544

三郷町の遍照院の枝垂れ桜も見に行ったが、パラパラ開花はじめ。
香芝市の専称寺もネット情報では同じくらいらしい。

奈良県葛城市の當麻寺の紅葉 11月25日分。

天気は曇りのちどんより。

朝から葛城市の當麻寺へ。
コインパーキング1時間200円、最大500円。
境内は自由だが、塔頭ごとに有料。
https://www.city.katsuragi.nara.jp/index.cfm/14,2686,53,214,html
http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/02west_area/taimadera/
 
西南院(さいないん) 拝観400円、JAF割で360円。
紅葉は見頃後半。
赤い方はもう傷んでいる部分が多い。黄色い方は色変わり中。
修復中の塔の覆いは取れているが、まだ工事中で塔の下の重機が気になるので、
アングルを下げて隠している。
2つの塔が入る構図では、晴天の朝のほうがよさげなんだが、
北側からの撮影で、コントラストがきついので、曇り日がおすすめ。
http://www.taimadera-sainain.or.jp/


_V9A6063

_V9A6064

_V9A6082

_V9A6086

_V9A6083

奥院 拝観500円、JAF割で400円。
紅葉は見頃後半。もう傷んで散っている部分も多い。
冬桜も結構咲いている。
http://www.taimadera.or.jp/

_V9A6089

_V9A6094

_V9A6113

_V9A6117

_V9A6122

_V9A6128

_V9A6131

_V9A6106


奈良県香芝市の専称寺の枝垂れ桜、葛城市の當麻寺の桜、御所市の九品寺の桜 3月29日分。
 
天気は黄砂の影響か、抜けの悪い空模様。
 
上の姪っ子が帰省したので、下の姪っ子と母を連れて4人で近場の桜巡り。
 
まずは先日も訪れた三郷町の遍照院の枝垂れ桜、志納100円。満開散り始め。
 
次に香芝市の専称寺へ、志納。満開散り始め。
サンシュユを背景に。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
昼食後、葛城市の當麻寺へ。
枝垂れ桜は満開ピーク。染井吉野は7分咲きくらい。
 
拝観は塔頭ごと。奥院は拝観300円。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
サンシュユとヒュウガミズキ。
 
イメージ 9
 
ミツマタ。
 
イメージ 10
 
護念院の枝垂れ桜。工事中。
 
イメージ 11
 
最後に御所市の九品寺へ。枝垂れ桜は散り始め、染井吉野は7分咲きくらい。
ここで、ブログ友達のヨピリンさんとばったり。世の中狭いです。
 
イメージ 3
 
 

奈良県葛城市の當麻寺奥の院と西南院の桜、御所市の高鴨神社・一言主神社、葛城市の葛城山麓公園 4月8日分。
 
月曜から木曜まで好天が続いたが、月曜の早朝以外、別の仕事で出られず残念。
今日は朝からくもり、午後から小雨模様。
昼前から葛城方面へ。
 
まずは奈良県葛城市の當麻寺へ。
當麻寺の東側の桜並木で桜のアップの撮影。
アップの撮影は曇りの日が最適。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
當麻寺奥の院の桜。拝観300円、當麻寺の共通駐車場500円。
染井吉野は満開。奥のしだれ桜は一部散り始め、八重紅しだれ桜は咲き始めと5分咲き。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
西南院も見頃、拝観300円。
 
イメージ 16
 
その後、御所市の九品寺へ移動。
染井吉野は満開。枝垂れ桜は散り始め、八重紅枝垂れ桜は5分咲き。
 
次に高鴨神社へ、染井吉野は7分咲き~満開。
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
次に一言主神社へ。
周辺の染井吉野は7分咲き。桃や雪柳も見頃。
 
イメージ 10
 
最後に、葛城市の葛城山麓公園へ、無料。
染井吉野、大島桜など満開。椿は見頃終盤、早咲きの石楠花が見頃。
こいのぼりが面白い。撮影ポイントが多いわりにカメラマンはいない穴場。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 

奈良県三郷町遍照院の枝垂れ桜、香芝市専称寺の枝垂れ桜、葛城市當麻寺護念院の枝垂れ桜・當麻寺中ノ坊の枝垂れ桜、御所市九品寺の枝垂れ桜 4月3日4日分。
 
3日日曜日は、午前中はくもり、午後からしだいに晴れ。
4日月曜日は快晴、早朝のみの取材。
写真は、日曜日と月曜日混ざっています。
 
三郷町遍照院の枝垂れ桜。
志納100円、駐車場なし。
晴天の午前中がベスト、夕方もよい。
 
イメージ 1
 
イメージ 11
 
イメージ 16
 
イメージ 15
 
香芝市専称寺の枝垂れ桜。
志納、駐車場なし、ライトアップあり(7時半まで)
朝は8時からだが、少し前には開いている。
晴天の日の午前中がおすすめ。三脚禁止。
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
イメージ 20
 
イメージ 6
 
イメージ 21
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
葛城市當麻寺護念院の枝垂れ桜。
拝観300円、當麻寺の駐車場は500円。
朝は8時からだが、少し前には開いている。
外からも見える。晴天の日の朝がおすすめ。
 
イメージ 7
 
同じく當麻寺中ノ坊の枝垂れ桜。
拝観500円、當麻寺の駐車場は500円。
朝は9時から。外からも見える。
晴天の日の朝がおすすめ。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
御所市九品寺の枝垂れ桜。
無料、駐車場あり。晴天の日の午後がおすすめ。
 
イメージ 10
 
イメージ 13
 
イメージ 12
 
イメージ 14
 

奈良県葛城市の當麻寺の枝垂れ桜 3月26日分。


早朝は快晴だったが、8時過ぎに雲が増えてきて9時頃には小雨も。

當麻寺境内は無料だが、各塔頭ごとに有料、有料駐車場あり。
しだれ桜数本は満開、染井吉野は咲き始めから5分咲きくらい。
早朝の為か、観光客・カメラマンともにほとんどいなかった。

中之坊の枝垂れ桜と東塔。

イメージ 1

護念院の枝垂れ桜。

イメージ 2

護念院の枝垂れ桜と西塔。

イメージ 3

奈良県葛城市の屋敷山公園の桜の紅葉 11月12日13日分。 


12日水曜日の朝は葛城方面へ、山際の雲が厚く日の出は見えず。
その後、快晴になる。
帰り道、屋敷山公園で桜紅葉を撮影し帰宅。

屋敷山公園の桜の紅葉。

イメージ 1

13日木曜日の朝は鳥見山へ、快晴だが朝の冷え込みはいまひとつで雲海は少なかった。
鳥見山の紅葉は、桜は半分くらい散り、つつじと楓は見頃初めだが痛みも多い。

奈良県御所市の葛城古道の九品寺周辺と一言主神社周辺の彼岸花、葛城市の石光寺前の彼岸花 9月20日分2-1。


今朝は4時半過ぎ出発で葛城方面へ。
台風一過で好天になるのを期待したが、朝はどんでんで朝日は望めず。
のちに日差し出てくるものの、晴れ間はあまりなく雲の多い空模様。

大川杉辺りは、ぱらぱら状態。

九品寺近くの彼岸花の群落は見頃旬、周辺はまだつぼみのも多い。
裏山の千体地蔵辺りは色抜け、ぱらぱら状態。
工事で楓の枝が切られて小さくなった残念。

九品寺近くの彼岸花の群落。

イメージ 1


イメージ 2


一言主神社周辺は見頃、まだつぼみのも多い。

一言主神社周辺の彼岸花。

イメージ 3


イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6

イメージ 7

当麻寺周辺はぱらぱら。
石光寺前の彼岸花は見頃、周辺まだつぼみのも多い。
葛城古道全体的に、まだほとんど稲刈りはされていない。

石光寺前の彼岸花。

イメージ 8

イメージ 9

昼過ぎに一度帰宅。

奈良県葛城市の石光寺と当麻寺の百日紅と蓮 8月15日分。


石光寺門前の百日紅はすでにピーク過ぎ、下のほうは落花済み、
この間から2回行っているのだが、いずれも曇り空で、
青空で撮りたかったのだが、間に合わなかった。
駐車場は無料、早朝の為、参拝はせずに失礼した。

イメージ 1

続いて近くの当麻寺に移動、駐車場は500円。
駐車場が閉まっている早朝は、裏の公園に駐車可能。
塔頭の奥院は8時からということだったが、
7時40分には入れてもらえた、300円。

当麻寺の他の塔頭は、ほとんど三脚使用不可だが、
ここは、三脚使用可、入場料は個別。

百日紅は1本のみピーク過ぎ、他数本は満開にはまだ少しあり、
蓮は全体的にはピーク過ぎだが、数本は見頃のものがある。
午前中の光線がおすすめ。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

仕事がたまっているので、1時間ほど撮影してすぐに帰宅。

奈良県御所市の九品寺と大川杉、五条市の賀名生皇居跡と賀名生梅林と貝原のしだれ桜、
葛城市の当麻寺の雪景色 2月9日分。


昨日は朝から日中にかけて雪が降るというので、
早朝4時から定期的にネットのライブカメラや実況報告で降雪具合をチェック。
しかしなかなか降り出さず、9時頃にやっと降り出したので、葛城方面へ向かった。

40分頃で当麻寺付近に到着したが、まだ樹々の着雪が弱く、
降雪の様子を見ながら葛城市や御所市のいろんなポイントを廻った。
終始吹雪いていたが、ピークは昼頃だろうか、予報よりもかなりずれたみたいだ。

ピーク時は吹雪がすごくて撮影はたいへんなので、その間に移動して後でまた撮影することにし、
昼過ぎに五条市に移動、賀名生皇居跡のしだれ桜や賀名生梅林の雪景色を撮影。
その後、下市町に移動して貝原のしだれ桜の雪景色を撮影。

雪景色としては比較的マイナーな場所ばかり廻っていたせいか、
九品寺でカメラマン一人にあっただけで、ほとんど独り占め状態。

帰り道に再度、降雪の落ち着いた葛城市や御所市のポイントを撮影しようと思っていたのだが、
5時過ぎにはもう薄暗くなってきて、当麻寺の遠景を撮影したのみ。
少し欲張って移動しすぎたみたいで反省。
夜に少し降雪があるかもとということだがやや期待薄。

今日も朝から葛城方面へ、樹々の着雪がかなり落ちてるので、いまひとつ。
少しだけ撮影して早めに帰宅した。

1枚目の写真は、御所市の九品寺の雪景色。

イメージ 1

2枚目の写真は、御所市の大川杉の雪景色。

イメージ 2

3枚目の写真は、五条市の賀名生皇居跡のしだれ桜の雪景色。

イメージ 3

4~6枚目の写真は、五条市の賀名生梅林の雪景色。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

7・8枚目の写真は、五条市下市町の貝原のしだれ桜の雪景色。

イメージ 7

イメージ 8

9枚目の写真は、葛城市の当麻寺の雪景色。

イメージ 9

奈良県葛城市の當麻寺と石光寺の牡丹 4月29日分。


天気はひさしぶりの快晴、青空が広がっている。

朝8時に當麻寺の北門近くの駐車場(500円)に到着。
ここは、各塔頭ごとに牡丹園がある。

まずは、中之坊(500円)に行く、牡丹はここが一番綺麗に咲き誇っていた。

當麻寺の中之坊の牡丹。

イメージ 1

次に千仏院(200円)へ行く、牡丹は数は少ないが向かいに東塔が見える。
続いて御念院(300円)へ行く、
西塔が近くに見えるが、牡丹と組み合わせて撮影するのは難しい。
続いて西南院(300円)へ行く、ここは三脚禁止、牡丹の上に覆いがある。
裏の庭園には牡丹はないが、さつきが咲く頃はよさそう。
また庭園の展望台からは、2つの塔が見える。
最後に奥院(庭園のみは300円)へ行く、ここは広いのでカメラマンが多かった。

當麻寺の千仏院の牡丹。

イメージ 2

10時頃にすぐ近くの石光寺(500円)に移動、
観光客が多く、第2駐車場(無料)もほぼ満車状態。
牡丹の数は、當麻寺よりこちらのほうが多い。
満開なのだが、天気が良すぎて花に元気がないので少しだけ撮影。
この後、躑躅を撮りに行こうと思っていたのだが、
連日の疲れで気力ダウン、帰路についた。

帰ってからは、一昨日から続けているホームページのギャラリー追加作業をしていた。
近日中に5月の祭りと花風景をアップします。

石光寺の牡丹。

イメージ 3

奈良県平群町の福貴畑の里と葛城市の葛城山麓公園 3月24日分。


朝はくもりなのでゆっくり、犬の散歩をしてから出発。
まずは平群町の福貴畑の里へ、ほどよく小雨が降ってきた。

福貴畑の里は花卉栽培が盛んで、
春には山の斜面一帯に花が咲き写真愛好家の人気が高い所。
ネットで白木蓮が満開との情報を得たので訪れた。

白木蓮とさんしゅゆと里桜が満開、遅咲きの梅が7分から満開、
椿は散り始めといったかんじで、
一番の見頃とあって今日は写真愛好家が多かった。

1~3枚目は、福貴との境の貯水タンク周辺。
追記、二本並んだ木蓮の木は切られたので現在はありません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昼過ぎに葛城山麓公園へ移動。
白木蓮とさんしゅゆが満開、椿は散り始めといったかんじ。

ここの遅咲き梅の巨木はなかなかよいのだが、満開過ぎだった。
しかし公園の北側の田園の中にある遅咲き梅の巨木は満開で見頃。
巨木で風格がありなかなかよかった。

イメージ 4

このページのトップヘ